海外に行って黒人の友達ができてから変わった差別への意識




黒人の知り合い友達がいなかった時の私

日本の番組やニュースなどで人種差別の話題や、アートの世界からもその訴えはよく見かける。

色の濃い肌を持つ人への態度の違い。

私は正直差別されててかわいそう、なんでそんな事するんだという一般的な感想しかなかったです。

同情はするがそれについて深くは考えないし、歴史なども調べたりはせず本当に軽くしか思った事がありません。

 

イギリスの学校に通っていた時に同じ寮に住んでいた男の子で黒人の子がいました。

彼はすごくフレンドリーですぐに仲良くなれました。

黒人の友達ができたことと、身近に黒人がいる国に行き、そこで出会った黒人ではない人たちに黒人に対する考えやイメージなどを直接聞けたりもしました。

黒人でない人種といっても私と同じような黄色人種。

 

白人も周りにいましたが直接、黒人についてどう思う…なんて聞くことはしませんでした。

 

みんな仲良かったですし、少なくとも私の周りにいた人たちは肌の色による差別と如実に態度に表していた人はいませんでした。

 

オーストラリアでブラジルの友達がでたんだけど、彼はそこまで肌は色濃くはないが、その他にも何人かのブラジル人と知り合いになり、彼らの国では面白いほどに肌の違いにバリエーションがあることに気付きました。

 

私はこうやって海外留学をしてきたが負の面での印象を彼らには感じませんでした。

 

また彼らと仲良くなれたことで、以前の私の考えと比較でき人種差別について考えるきっかけになりました。


人種差別されている黒人が同性愛者を馬鹿にする

イギリス留学の話をまずは書いていこうかと思います。

黒人の男の子が私の担任の先生・ゲビンについて話してたんだけど、(彼と私は英語のレベルが違うのでクラスが違い先生も違います)ゲビン先生はちょっとゲイっぽいと生徒たちから言われていて、特に男の子たちはよくそれをネタにして食堂カフェで笑っていました。

 

私はゲビンの印象は怖くて緊張する人と正直思っていましたが、授業と教え方についてはコンセプトを感じられ好きだったのでちょっと残念な話題ではありました。

 

 

ある日、数人の留学生グループの中に私たち日本人の留学生とその黒人の子とで談笑していました。

 

ただ少し過激な話で、黒人の男の子が男性同士の同性愛者について差別的な発言をしていました。

 

内容は私の担任の先生ゲビンを取り上げ、同性愛者は気持ち悪い。

もし自分の友人の中でゲイがいたら俺は友達をやめるとまで言っていました。

 

それを聞いていた日本人の留学生は、グループが解散した後に個人的に黒人のあの発言について感じたことを話してくれました。

 

“とても言いにくいしかなり偏見的な考えだとは承知だけど
黒人って奴隷とされていた人種なのにそういう差別的なこと言わないでほしい”

 

私はこれを聞いたときすぐに呑み込めなかったんですが数日かけてじわじわ考えるようになりました。

 

確かに日本人が黒人に対するイメージって奴隷されて差別されている人種、乱暴そうで怖い、などというイメージが少なからずあるのではないでしょうか。

 

全く黒人の知り合いがいなくてもそう思ってしまう強い先入観。

 

実際に黒人の歴史的に見ればそう捉えざるを得ない。

その友達の黒人が差別的な発言をしていたことについて、ほかの黄色系や白色の人種が同じような発言をした場合よりとても違和感を覚えるのは納得してしまいました。

 

この時私は以前まで黒人に対して気の毒な歴史を持ちそれに時に立ち向かい時に服従させられやはり可哀想だと思っていた考えが少し変わった。

この日本人が言っていたことを理解できる時点で私も差別的に見ていたことに気づきました。

 

なんかちょっとしんどくなりましたね。

どう処理していいのか分からなくなり、やはり私は日本人ですので深くは考えられても所詮は他人事。

 

いつでもこの考えをやめることもできるし、かわいそうにと思うこともできるし、差別的な目で見ることもできます。

 

肌の色の差別を作品を通して訴えるブラジリアンアーティスト

TEDでこんなムービーに出会いました。

 

一人の写真家の女性です。

彼女は自身の肌の色をダークチョコレートのような色と表現しています。

 

そして彼女の家庭は様々な色の肌を持つ家系だったらしく幼いときは肌の色について意識したことがなく育ったとのこと。

ですが学校に行き始め自分の肌の色に劣等感を感じ、特に美術の時間では肌色という色がピンクに近い色だったことに彼女は混乱したそうです。

 

また肌の白い人と一緒に歩いていると奴隷と思われていたしたと涙を堪えるように語っています。

 

やはり他者からの差別意識は根深くまた、それらの歴史を知らずに生まれた黒い肌を持つ若者たちにとっては本当に過酷なことなんだとこの人の講演で考えさせられました。

 

生まれつきの物、どうやっても変えられないことで差別を受けるってどれだけ辛いんだろう。

 

この講演をしていた彼女のすごいところはその想いをアートにしてみんなに考えてもらおうと活動しているところ。

彼女は写真を撮る。

被写体は人でいろんなタイプの肌の人を撮っています。

写真を撮ったらそのバックを被写体の肌色の代替を占めている色に置き換え、たくさんのそれらの写真を並べたとき本当にいろんな肌色があることに気づかされます。

 

この活動は肌の色が濃いから共感、白いから黒い人に対して私は白人で良かった、黒人はかわいそうと感じさせず、どの人種にも同じテーマとしてみてもらえる作品のように感じました。

 

肌の色、私も日本に生まれたから深く考えたことはありません。

共感もできない。

でも海外に行って彼らに出会って直接話をして関係を築いて自覚したこの意識はとても大きなもののように感じました。



日本人が言っていた黒人に対しての素朴なイメージ

“黒人の男の子と話さなかったら黒人は怖い人ってイメージのままだったな。”

と上記とは別の日本人留学生がポロリと発言した言葉です。

 

彼女には特に追求はしなかったけど日本人らしい意識だと思いました。

 

人種差別について疎い国・人種としておそらくトップレベルだと思うのが私は日本だと思います。

日本はそういったところではまだまだ鎖国的です。

 

だからこの日本人が言った言葉はとても何気なく、先入観の一部が違っていたわ…。

程度の軽い気持ちの確認でした。

これくらいの感覚の人が日本人の大半だと思います。

 

日本は外国人との交流が無さ過ぎて差別に対して鈍感

大学の時にユダヤ系の学生が日本は住みやすいと話していました。

 

それは何故なのかというとヨーロッパやアメリカなどはユダヤ人として私を見て差別します。

でも日本ではその他大勢の外国人として私を見るためとても気が楽だと話していました。

 

島国ということもあり歴史的に見て日本人は人種差別には触れてはいけない分からないもの。

として当たり障りなく意識しない生活を送っていると思います。

 

 

国レベルで外国人に対する差別することがあまりない国。

なので私たち日本人は比較的外国人を受け入れやすい感性を持っていると思います。

(言葉が通じないから怖いという概念ではなく)

 

日本はいろんな国を客観的に見れる国の一つにも思うので、だから他人事のまま評価や意見、考えを表現するにはとても適した国にいる人種ではないだろうか。

所詮は他人事、だから余裕ができ客観的に考えられることもあるんだと思いました。