留学したのに英語が話せない 同じ日本人留学生と英語スキルを比べて落ち込む

英語話せない




留学したのに英語環境なのに英語が伸びない

留学したのに英語が聞き取れない、うまく話せない、発音ができない。

 

留学と書いたがちょっとだけ訂正すると、私の場合イギリス留学とオーストラリア留学で語学学校に通っていた間は英語の伸びしろを感じていました。

厳密にいうとワーキングホリデーとして海外で働くようになってからそう感じた。

 

学校に通っていた時は毎日何かしらの英単語を覚え日に日にその覚える量が多くなっても苦にならなくなってきた。

英語も最初に比べて聞き取れるようになってきた。

 

しかしそれは所詮、語学を学びに来ている似た者同士がいる世界(学校)で起こっている事。

とても大事ではあるが、いざレストランやショッピングなどをする際にネイティブな人と会話しても分からないことが多かった。

学校でも上級レベルの人の英語はボキャブラリーの豊富さの差に驚かされ焦った。

 

 

もっとつらかったのはオーストラリアに移り最初の1か月間の学校生活が終わりワーキングホリデーとしてバイトだけの生活になった時、

私は英語の伸びしろを感じなくなった。

 

留学として学校に通っていた時は英語を学ぶ楽しさがあったが、ワーキングに変わったとたん英語を学ぶ環境がかわり身についていなと感じ始めた。

 

周りはネイティブか英語が巧みに話せるワークメイトばかり。

自分の英語レベルがいかに低いかを思い知らされ、また自分のレベルでは理解できない環境にいても英語が伸びないという事がわかった。

 

人それぞれ英語が伸びる環境は違っていて、周りがネイティブの方がリスニング能力がついて英語のスキルが向上する人もたくさんいる。

しかし私の場合は学校に通っていた方が遥かに語学の向上を感じていた。

 

自分には学校で英語スキルを伸ばす方が合っている事と、仕事上で英語がなかなか伸びないという事に気付いた話。




自分より若い日本人の学生と英語能力を比較して落ち込む

イギリス留学ではさほど感じなかった英語を他人と比べて落ち込むという感覚をオーストラリアに移ってから日々感じるようになった。

 

同じフラット(アパート)に現役大学生たちが1ヶ月の短期インターンシップで来ていたり、または大学卒業後すぐにワーホリに来たという人がほとんどだった。

私のように社会人を経験してからワーホリや留学に来ていた日本人に私は出会える環境にいなかったのです。

 

そして彼らは英語ができる人が多かった。

英語に特化した大学に行っている人がほとんどでまだ来て数日なのに外国人と話す度胸まであった。

 

私がイギリス留学に来たときは周りが何を言っているのかさえ分からず、自分の意思を伝えることもできない。

挨拶すのでやっとだった。

1か月くらいしてやっと慣れ始めてきたのを彼らはたった数日でこなしていた。

 

かなり嫉妬もしたし、自分には英語を話すセンスや努力、様々なものが足りないんだと痛感し辛かった。

 

バイト先でも英語のできる年下の日本人と一緒に働いていた期間があった。

しかも彼女は私よりオーストラリアに来たのは後だった。

 

しかし彼女はお客さんとも普通に話せていた。

彼女は英語がわかる分、仕事を教える側の説明が1度で済むのでそれを見ると自分はあんなに聞いてしまったことを1度で理解できるのはすごいな…と羨ましく感じた。

それを店長に如実に比べられ、自分でも気にしていたが他人にも言われてしまってさらにへこんだこともあった。

 

一時期仕事以外では英語を話すのを避けるようになった時もありました。




私は外国人のフラットメイトと特に仲が良かったのですが、インターンや留学に来ている同じフラットメイトの日本人たちが加わると英語がわからない事、うまく話せていないことを彼らに見られているのが怖くなってしまった。

みんなで盛り上がっている中私はスッと席を外すことが増えました。

 

それを心配してメッセージを送ってくれたスロバキア人やブラジル人の友人に対して本音を打ち明け、

“そんなこと気にするな。君にはただ練習が足りないだけ。”

と励まされたりもしたけど、やっぱり比べてしまうことはやめれなかった。

 

フラットメイトは私が英語が拙いことに対してはあんまり気にしていなかった。

気にすることはないって言ってくれても、こればかりは自分の問題だったため励ましの言葉はありがたかったけど心に響かなかったのです。

 

英語を話せるようになると思って留学・ワーホリに来たけど、実際はなかなか話せるようにならない。

それどころか自分より後から国に来た日本人にスイスイと追い抜かれてしまっている。

 

悔しいし悲しいと思うのは当然でした。

 

英語が話せないのが怖いのはみんな同じだった

私と同じように第2か国語として英語を学びながら専門職の免許を取るための学校に行っている外国人が隣のユニットに住んでいました。

その中の一人のブラジル人のルーカスとはほんとによく話したものです。

 

私から見ると彼はとても英語を知っていて流暢ではないけれど生活するうえで困らないレベルの英語スキルを持っているように映っていた。

しかし彼はいつもいつも自分の英語はひどい、ネイティブの言っていることは早すぎて全く分からない。

洋画なんてサブタイトルが無いと聞き取れないと言っていた。

 

こんなに話せているのに分からないんだと思ったのが素直な感想でした。

 

まぁでもゆっくり話してもらったり字幕があれば分かるのはかなりいいと思いましたが。

 

しかしこのルーカスか英語がわからないのと私が英語がわからないのレベルは大きく違っていたがきっと同じような気持ちではあったように思う。

 

他にもハンガリー人の元フラットメイトもかなり流暢に英語を話せてはいたがそれでもネイティブとの会話時はわからないときは多いと言っていた。

 

日常でもっとも必要とする言葉が自在に扱えないのはストレスでもあり、その言葉がわからないことで恐怖にもなります。

みんな他の国からオーストラリアに集まって英語を学び名が生活してきているのでその気持ちを深いところまで理解してくれました。




流暢な英語はいらない 必要なのは理解者

チリ人の友人はいつも私は発音の事でからかわれていた。

周りの日本人と比較して落ち込んでいた私にとっては追い打ちのような発言も多かった。

 

しかし私が発音で間違えるとからかいはするがいつも訂正してくれる。

正しい発音をトレーニングしようと付き合ってくれていました。

 

今思うととてもありがたい行為を受けていたんだなと思います。

 

英語で私が最も苦手だったのがリスニングでした。

聞き取るのが本当に困難だった。

英語の伸びが早い人はリスニング能力が高い人だと思います。

 

文字ではなく音から入ることでごちゃごちゃした情報を省いてクリーンな状態で英語を受け入れれるからです。

これは多くの英語教師やバイリンガルの方たちも日本人は聴覚的感覚を鍛えて発音を勉強した方がいいと言っています。

 

日本人は特に英語に馴染みが無いのに文字から音のイメージを勝手に作りだしてしまっている。

 

 

私はどうやら文字での英語の読解力はあるが耳で英語を理解することが苦手でした。

音を聞き取れないので下で音を作ることなんてもっと難しかった。

 

何度も何度も友人たちに発音のトレーニングに付き合ってもらいました。

このトレーニングも私から申し出てしたものではなく彼らが会話の合間に私の間違えている気になる発音を訂正してまた話していた話題に戻るというような感じでした。

 

こんなにしてもらっていたが、私は結果的に自分が満足するほどのまた自覚できるほどの英語スキルを身に付けることができませんでした。

 

気にしていたそんな時、いつも私の発音をからかっていたチリ人の友人に

“あなたは英語を流暢に話す必要はない。

ただ理解される人を作るべきだ。”

と言われ、これには心に響きました。

 

 

英語を自在に話せればもっと輪が広がるのは事実ですが、別に流暢でなくても私は周りのみんなと会話していました。

仕事もできていました。

相手がどんな気持ちなのか何をしたいのか、またそれに対しての自分の意見をしっかり伝えられていました。

 

伝わればそれでもう言葉なんだなって思いましたね。

 

英語を話せるようになりたいってネイティブな人を見て思っていたけれど、相手に自分の思いが伝わって相手の想いも理解できていればもう話せているんだなって感じました。

 

私が英語に自信がないことを伝えると

“私はあなたが何を言っているのか理解できるよ。”

と言われたこともあり、それが楽しかったし嬉しかったのを思い出しました。

 

語学留学ってこういう事なんだなって思いました。