留学したのに後悔した事 失敗談から学ぶどんな留学生活を送るかで留学価値が変わる

イギリス留学とオーストラリア留学でそれぞれ知り合った留学生の中で2回目の留学をしに来ている日本人に2人会いました。

その方たちになぜ2回も留学したのかの理由。

 

私自身もっと日本で英語学習をしていれば…、留学中ももっと積極的に英語を学んでいればという思いはありました。

英語の自信がなさ過ぎて自分では気づいていないほど暗くなっていき、周りの留学生たちからは関わりたくない対象になっていたのかもしれない。

2回目の留学の理由は最初の留学で後悔したから

留学が2回目だと話した2人の日本人留学生の話してす。

何故2回も留学したのかと尋ねると1人は

“最初の留学は日本人ばかりとつるんでしまい全く英語を学ばなかった。

外国人の友達もできなかったし英語ももちろん全く伸びなかったから後悔した。

だから今度はちゃんと留学の意味を見つけたい。”

 

2人目は

“最初の留学では英語ができなかったせいでトラブルが多かった。

もっと英語スキルを磨いて楽しく海外生活を過ごしたいと思ったから。”

と話してくれました。

 

2人とも最初の留学で後悔があったからもう一度チャレンジしたいという気持ちの共通点があります。

 

留学したのに日本人としか話さなかった

留学して最も多く耳にする後悔話は留学先でも日本人ばかりとつるんでしまい、ただ環境が外国だというだけでその他の事は変わらなかった。

 

留学まで来たのに思い出は日本語で日本人と話して、日本人たちと旅行に行ったことばかり。

それはそれで楽しかったと言っていたが、これって日本にいてもできたこと。

 

せっかく海外に行っていろんな国籍の人たちと出会えたチャンスだったのにその時は外国人と拙い英語で意思疎通を図るより、楽な日本語で友達を作ることを選んでしまったのです。

 

周りに外国人がいたのにほとんど接点がなかったことに帰国してからやっと気づいてとても悔やんど話してくれた日本人女性の顔はとても真剣でした。

 

実際に私の周りの日本人留学生もやはり日本人とつるんでいる人は多かったです。

そんな日本人たちを見て2回目の留学に来ていたこの女性は極端なまでに日本人たちを避けていました。

 

この事情を始め知らなかったので、日本人と絡みたくないし意識の高い人なのかなとみんなに思われていたのですが仲良くなってから彼女は過去の自分の留学での失敗談を話してくれてこの留学はそんな失敗を繰り返したくない意思からだと理解しました。

 

ホームステイ先で意思疎通ができなかった

オーストラリア留学の語学学校で知り合った日本人女性が話してくれたこと。

 

1回目の留学の時もオーストラリアを選びホームステイをしたと話してくれました。

ステイ先はオーストラリア人のご家庭。

 

ここで彼女はオーストラリア人と衣食住共にしていたのですが、彼女自身はじめての留学でもあり、身近に外国人と一緒に暮らすのも初めての事だった。

なので彼女はそのオーストラリア人夫婦からの小さなお願いは気を使って引き受けていたし、やらなくてもいいことを良かれと思ってやっていたり、英語がわからないなりになんなとしていたそうです。

 

しかしその手伝いの加減がだんだん”パシリ”のような扱いになり

“映画を部屋で見たいから家から出たくない。

だからアイス買ってきてくれないか?”

とまぁこれくらいなら1日2日くらいならいいが毎日頼まれるまでになったそうです。

またこれ以外にもお願い(パシリ)の内容が日に日に横暴なものへとなっていき面倒な生活が続いたとちょっと愚痴っていました。

 

住み始めた当初は英語でのコミュニケーションに苦労して何でも”Yes”と答えていたのと、意味が分かっても日本人としての性格からか”No”と断れなくなりそれがホームステイ中ずっと続いて日常化していった。

相手のオーストラリア人夫婦もそれが癖になりいいように利用される関係にまでなってしまったようでした。

 

初めのうちに英語をもっと理解していたり、変に気を遣う弱い自分がいなければやりたくないことを断れたと彼女は言っていました。

 

その理由についてですが

彼女は2回目もオーストラリアに来ていて私たちは知り合ったのですが、この時もホームステイをしていました。

なんとステイ先は初めのオーストラリア留学の時にお世話にもなったしパシリにもされたオーストラリア人夫婦のご家庭。

 

なんだかんだで仲良くはなったし伝手がここが一番濃厚だったからという理由でした。

 

今では英語能力が当時の比ではないくらい伸びておりネイティブレベルの英語も難なく聞き取れるほどの人だったので英語ができなくて戸惑っていた時期があったのはその時の彼女からは想像できませんでした。

 

英語に慣れ始めて、英語が話せなかったとしても自分が断りたいことに対してはしっかりと意思を伝えることを学んだため昔のような関係は改善されたようでした。

 

今では嫌なことは断るし、こっちも要求することもあるから本当に家族みたいになれたと言っていました。

 

この人は2回目の留学であるこの時に過去の留学での失敗と後悔を克服しつつありましたね。

 

また別の日本人留学生でもステイ先の家族と言葉でのコミュニケーションが困難で、シャワーの時間のルールや食事のルールなどを理解できずステイ先のママにすごく怒られた話なども聞いたことがありました。

 

その人はそれがきっかけでもう留学はしたくないとも話していました。

大変もったいないことです。

 

こうならないように留学前の英会話レッスンは本当に重要です。

 



英語が分からないことをアピールしすぎて友達が去っていく

イギリス留学中の私の話です。

 

同じレベルのクラスメイトなのに周りのクラスメイトの英語への理解度と私のそれがけた外れなように感じていた一番初めのころ。

英語で何を言っているのか分からないし、テキストの問題どころか、今何をする時間なのかもわからない。

そんな日が続きました。

 

先生にあてられて答えは何だと聞かれても、何をしていた時間だったのかさえも分からず場違いなことを言って本当に恥ずかしい思いを何度もしました。

しかしこの後に新しい留学生が何人も入ってきて彼らも当初の私のような状態になっていたので誰もが通る事なんだと気づいたのは結構後の事でした。

 

それを知るまでは英語に自信がなくなり、発言することや授業で何をしているか分かっていないことを知られるのが恥ずかしくてせっかく留学へ来たのに英語を学ぶことが怖くなった時がありました。

 

この時私はずっと

“I don’t speak English.

I don’t understand.”

と否定的なことばかり言っていたのを寮メイトに少し怒られたことがありました。

 

これがその時の自分を変えるきっかけにもなりました。

 

他の国の人たちって話せなくて当たり前、間違えるのは恥ずかしい事ではないと失敗に対して前向きなんです。

だから私のように自信がなくて雰囲気まで暗くなっていくことが理解できない。

理解できないは言い過ぎだけど、私の場合できない分からないって言い過ぎたんですね。

 

自信がなくて出た言葉って思ったよりも周りに悪影響があり、このせいでせっかく仲良くなれそうな外国人留学生たちとぎくしゃくした関係になってしまったこともありました。

 

同じ日本人留学生からも

“あんまり他の国の人たちに英語ができないとか暗いこと言わない方がいいよ。”

と指摘も受けました。

 

ここから私は殻を破りましたね。

英語がうまく理解できなくてもネガティブなことを言わない。

その場の雰囲気を読むことで、周りが楽しい雰囲気になっているのに今まで水を差していたことに気付きました。

 

授業でも分からないという怯えたような弱弱しい姿勢でいるよりも、分からないから知りたい理解したいという姿勢で取り組むことでほんの小さな理解がとても楽しくなったし、先生も私が理解して答えを発言したことにめちゃくちゃ喜んだ顔をしてくれたのは今でも脳に焼き付いています。

“Well done”って何度も言ってもらえるようになりました。

 

クラスメイトからも発音がうまくなったと言ってもらえ、また苦手な発音を練習しているときに一緒に練習に付き合ってくれる人までできて自信のない否定的な態度を消し去るだけで周りの見る目も変わりたくさん友達ができ始めました。

 

自信がなくても、話せなくても、理解ができていなくてもいじけたり、否定的だったりとネガティブな態度でいた時期が本当にもったいなかったと思っています。

 

気持ちが前向きになれば自然と英語を学ぶ力が湧いてきますし、留学に来て一人ぼっちなんて人もいるようですがそんなことにはならなかった。