【Saatchi Gallery】おすすおロンドンの現代美術館 アートがわからなくても最高に楽しめる

イギリス行って美術に興味なくてもほとんどの人が楽しめる美術館。Saatchi Gallery(サーチ・ギャラリー)

アートとかってわからないし、なんだが難しそうだし、美術館ってつまんなさそう…なんて思い込みを変えてくれる美術館だと思うので紹介します。



Saatchi Gallery(サーチ・ギャラリー)

Saatchi Galleryはロンドンの現代アートを専門にした美術館です

私が訪れたのが2017年11月21日。英語学校の放課後の少し日が落ち始めた寒い時間帯にバスに乗ってたどり着きました。

外観も大きく美術館の前には広い芝生の広場があり、SAATCHI GALLERYと大きはネオンが目印で暗くても分かりやすかったです。

Saatchi Galleryの門前

暗い…遅い時間かな?と感じる写真ですが大体の美術館は夕方ごろに締まります

到着してすぐに撮ったので午後4時半の写真です。

奥にあるのがサーチギャラリーです。ギャラリーだと思っていたのですがちゃんとした美術館で、結構大きい建物でした。

そして無料で入館できます。イギリスの美術館や博物館は無料のところがほとんどです。


現代アートって結局何が面白いの?

あまりアートに興味がなくても、我々の生活に寄り添ったテーマで親近感を持たせて見せてくる作品も多く、そこが現代アートの面白いところでもあります。

コンセプト内容に限らずアートは自分が見ていて好きかも、なんか面白い程度で十分なのです。

私は現代アートを初めて見た時、面白い映画を見終わった後にジーンと胸の内に浸透していく感覚のような気持になりました。

バレリーナの格好をした男たち ※2017年時の展示内容です

タイトルは分かりませんが、こういう作品があります。

うわぁ…ってなる人がほとんどのように思いますが。

見入ってしまいます。

過激なシーンではないのにそう感じてしまう。

あまり踏み込んではいけない世界の人たちのワンシーンをのぞき見してしまい、少しばかり後ろめたい気持ちになってしまったり。

一般的な美しい背景の写真ではなく、美しくはないのに見入ってしまい、見る側にストーリーを連想させる意味深な作品が多く展示されていました。

 

世界の政治関係を皮肉というか煽りがはいってる表現の作品 ※2017年時の展示内容です

これ怒られないか、大丈夫?と思わせられる世界の政治関係を題材にした風刺作品もありました。

ネットでやってるコラ画像と変わらないことをしちゃってます。

美術館内は基本撮影OKです。たくさん撮らせていただきましたが、撮るのを忘れてしまうくらい内容の過激さと面白さでした。

宗教画 ※2017年時の展示内容です

はっきり言って何を意味してるのか、また何を言いたいのか分からないのに、笑えてくる作品もあります。

宗教的な題材ってとてもデリケートなものなのに笑かしに来てるのかな?と思ってしまったり…。

その他の展示内容は写真作品や立体、また映像作品がありますので、平面だけではないのは見る側も飽きません。

映像作品で、おそらく何年も昔の事件。

道で放火され火事が広がるシーンを防犯カメラがとらえ、周りにいた人がどう動き消防隊の対応などが収められたサイレント映像があったのですが。

ものすごく臨場感があり、無音で白黒の映像なのに見入ってしまいまいました。


そういう映像をアートとして見せていることが人によったら、これをアートとは言えないと思う方もいると思います。

宗教をテーマにした作品もそうですが、ちょっとモラルに欠けるなど思ってしまう、好き嫌い分かれるような作品も存在します。

でもそれでも見てしまう…好奇心が勝ってしまいます

現代アートを見るとどんな感情になるのか

うまく表現できないのですが、若い子が悪いことって知らなくて悪いことをやってしまいました、てへっ。的な感じで大人たちからすると倫理的によくないことだけど、それを判断できない無垢な状態の子の発想に似たものを見せられてる気にもなります。

良くないことなのに、どうしても気になって見てしまったりすることありますよね。人の性です。

もともと倫理概念にそぐわないものを持っててそれを理性でコントロールできているのが人なので、現代アートはそこに切れ込みを入れてくるものが多く、胸の内で共感せざる得ない分野のアートだと思います。

そして美術品なのでそれを堂々と楽しめます。

アートとして割り切って見れるので罪悪感も何もありません。見てるだけで悪いこと何にもしてませんしね!

そうやって人を少し悪くしたり、考えさせたり、良くしたり、普通に生活してて非日常なものを見せられる場所です。

お土産エリアだけで満足できちゃう

他の美術館にはないマニアックすぎて面白いアートブックがたくさん

この画集欲しかったんですけど次回にしようと思い結局買えずじまいでした。

イギリスは有名なアーティストが多い国ですので、国の代表的なアーティストの画集や、世界の現代アートをまとめた図鑑のような本・また(上の)写真のようななんか面白そう!という好奇心くすぐる写真集などたくさんあります。


現代アートが好きな人は好きな作家の画集を買えるし、全然わからなくても変なアート写真の本もたくさん置いてあり、お土産に買って行っても話題になるだろうなと思いました。

おしゃれなコルク抜きなど日用雑貨もたくさんあります

その他にもおしゃれでかわいいカードや髪飾り、クリップ、オブジェなど変わったものも多くて、実はこのお土産エリアにいた時間の方が美術館回ってた時間より多く居てしまったという笑い話です。

それほど充実していて目新しいものが多いです。

 

もっと気軽にアートを楽しみたい方へ イギリスの街のギャラリーへは下のリンクから

 

ロンドンおすすめ美術館と博物館全集