レモンの皮を粉状にすりおろしてくれる調理器具 『Microplane プレミアム ゼスターグレーター』

アメリカ製のグレーター『Microplane プレミアム ゼスターグレーター』を使ってみた感想記事です。

グレーターまたはシュレッダーとも言います。

 

かなり良かったのでおすすめしたい。

 

ケーキなどに粉末状にしたレモンの皮を入れたい人におすすめ

私はこのグレーターはケーキ用で買いました。

グレーターのブレード(刃)

長細いタイプのもので日本では見ない形状です。

歯の部分には保護用の透明ケースが付いています。

 

アメリカの木工具の刃を製造している会社が製作した商品で、アメリカでよく使われるオレンジの硬い皮をすりおろしたい主婦に人気だそうです。

また日本の多くの料理研究家の方も支持しているようで、このグレーターが入っていた箱に日本の料理研究家の方のグレーターを使って食材を調理したお勧め料理のレシピが乗っている小さなチラシサイズの紙も一緒に入っていました。

 

普通のすりおろし道具では無理なレベルの細かい仕上がりにすりおろしてくれるので重宝しています。

 

刃(ナイフ)の部分がかなり特徴的な造りをしています。

側面の部分にもすりおろすための歯があるのでレモンのような丸い形をした食材をすりおろす時は細部まで刃を当てることができます。

1つ1つの刃が小さいからか粉レベルで均一にすりおろせました。

 

ケーキにレモンの皮をすりおろしたものを入れてみたのですが、皮の嫌な存在感はなくレモンの風味だけが強く残るものに仕上がったのでよかったです。

 

擦る力はほとんどいらなくてむしろ力を入れ過ぎないようにする方に気を使ったくらい。

めちゃくちゃ切れ味が良くてびっくりしました。

 

すりおろしたレモンの皮の細かさは素晴らしかったですね。

 

今まで使っていたのでゴリゴリやってた力が不要になったので料理が楽になりました。

 

私が今回すりおろしたレモンなどの柑橘類の皮はもちろんでその他にチーズやチョコレート・アーモンド・ナツメグ・ニンニク・玉ねぎ・ショウガなどいろんな食材をすりおろせるグレーターなので料理をするなら出番が多いです。

 

定価は3,000円(税別)なのでAmazonなどで買う方が時期によったら価格が安いです。

 

 

私は東急ハンズで買ったのですが柄の部分の色が黒しかなかったですが、Amazonなどのネット通販だと11色のカラーバリエーションから選べます。

水色が欲しかったなぁ。

 

レモンの皮がかなり細かく擦れる 実際に使った感想

レモンの皮を擦ってみた

 

かなり薄くて細かく擦れます。

粉状というよりふわっとした鰹節をもっと薄く細かくした感じです。

 

ケーキなどにいれても粒粒感が残らないので舌触りを気にしがちな皮の繊維を見事に細かくしてくれています。

 

洗うのも楽

こんなに細かい刃がたくさんあるのに目詰まりを全くしませんでした。

歯ブラシ型のもので洗おうとしたのですが、水で流すだけでほとんど汚れが取れたので驚きました。

めっちゃ楽。

 

スポンジでも洗えるし、食洗器に入れても大丈夫です。

(付属の刃の保護カバーは食洗器不可)