ブログ9か月目で月15,000PVまで成長 アドセンスでの収入が1日100円超えを安定してくる

本ブログを始めて9か月目に突入しようとしています。

始めた頃の4ヶ月くらいは1日0円の日がほとんどでアクセス数も1日10~20程度。

PVもそれに習って酷い有様でした。

 

本当に誰も見ていないブログだったのですが、9か月目で1日500PVあたりを安定してくれるブログにまで成長できました。




ブログ運営8ヶ月目の後半からアクセスが伸びる

この記事で164記事目になり、2018年の8月3日から運営していますので今年2019年の4月で約9か月目に突入しました。

 

タイトルで月15,000PVと書いていますが、3月内だけの1か月間のPVはやや届かずの14,500PVとなっております。

2019年3月1日~31日までの総PV

2019年3月の1か月間

 

以前150記事を突破した時のブログの状況報告で書いた記事ではPVが後退しクリック率も300PVの時とさほど変わんねーじゃんといじけたことを書いていたのですが、その後の先月後期からアクセスとPV共に増えて今では1日500PVを安定できるようになってきました。

 

モチベーション下がっていた時の記事です。

 

 

まだ1日500PVくらいでは安心できませんがちょっとずつ成長できてきている実感がわきます。

朝の6~7時までの段階で100pvを超えていたら今日は500PV行くなと言う目アスも出てきました。

朝7時の時点でのPV

 

また500PVが安定し始めてから1日の収益が100円~300円に伸びてきました。

 

それ以前の時は100円/日になる収益はほんと稀だったのですが、これが安定してきてくれたのは嬉しいです。

 

関連コンテンツ広告が解放されたのもクリック率が向上した結果に結びつきましたがCPCがそこまで高いものがあるわけではなく、関連コンテンツの平均CPCは当ブログで7円くらいです。

 

ですが1度だけ関連コンテンツで200円近い単価のものがあったのでなかなか侮れないです。

 

それよりも記事内広告や記事終わりに設置している広告のクリック率が上がりました。

クリックが多い広告のここ1か月での統計

1 位記事内広告

2位関連コンテンツ

3位記事下広告

といったところです。

 

1日500PVが安定すれば月3000~5000円くらいは見込める

先月のみの収益が4500円ほどだったため500PVが安定すればこれくらいの収益が見込めることがわかりました。

 

月により広告の単価が変わるため幅は数千円ほどありますが、300PV の時とのクリック数を見てみるとかなり向上していますのであとは広告単価任せです。

単価が1円~250円までのものを見てきたのでほんとに不安定だなと感じています。

 

1日22クリックもあったのですが200円程度の収益の日もあれば、7クリックしかなかったけど300円を超えた日もあったので、クリック数が多いことに越したことはありませんがそれが収益に比例するとは限らないという話です。

 

私のブログでの広告クリック単価(CPC)は7~12円が平均となっており正直これを脱したいですね。

平均CPCと言われているのが30円なので、私の場合大きく下回っています。

 

また今月の4月は広告単価が下がると聞いているのでこれ以上広告単価が下がられるとちょっと結果が怖いですところです。

 

単価の上げ方というのも具体的な方法はないので、仕方がないように思います。

 

Googleアドセンスの振り込み額に届く

9ヶ月目にしてアドセンスの振り込み額である8,000円を超えました。

 

半年ほどまで何の手ごたえもなかったのですが、ここから収益が伸びていくことを願います。

この収益は翌月の21~26日の間に指定した口座に振り込まれるそうなので現状待機です。

 

記事を投稿してから1か月から半年たってから読まれ始める

これは多くのブロガーの方が言っていることですが、ほとんどの記事は1か月から半年たって読まれ始めていることがわかりました。

 

今年2019年の3月にGoogleアルゴリズムにより検索順位の変動があったことも大きいかもしれませんが、時間がたつことで記事の評価が認識され検索されやすくなってきているように思います。

 

ブログはすぐに結果を求める人やすぐにお金を稼ぎたい人には向かないと言われていますが、私はすぐに結果が欲しい人間です。

そして数字によりモチベーションがあからさまに下がったり上がったり一喜一憂しやすい人間でもある。

そして結構な飽き性です。

 

ただ我慢強いというか粘り強いのが私の持ち味なので、根気があれば何とかブログを成長させれると考えています。