ブログにアンチコメントが来たときの対処法

本ブログにありがたいことに時たまコメントが寄せられます。

 

私はコメントに対しては返すようにはしていますが、私自身も人間であり気持ちや感情があるので難しいコメントや批判の声に対するコメントには対応できないです。

今回いわゆるアンチコメントと言われるコメントが来てしまったので私の場合はそんなときこうするよ言う記事です。

 

他のブロガーさんはアンチでもて丁寧に返される方もいると思います。

 

私の場合でのアンチコメントが来た時の対応・対処、またその理由について書いていきます。



アンチコメントが来たら無視していい

WordPressでブログを運営しているのですが初めてコメントをされる場合はブログの管理者からの承諾がないと表に表示されることはありません。

設定の変更で変えれることもできると思いますが私の場合はこちらでの承諾・非承諾を考えてからになります。

 

アンチコメントが来た場合私はひとまず読んでから、表示の承諾はせずに削除しています。

せっかく書いてもらったけど、何度も読み返すのもこちらもしんどくなってしまうので。

 

対面ではなく文字だけでのアンチコメントは特にダイレクトに胸に刺さって気にしがちなのです。

 

そのメンタル面以外での理由としては、ここは自分のブログですので荒れたコメントを反映させたくないのと、コメントの意味で私の記事の内容が変わってくる場合があるからです。

 

アンチコメントをされている人のメッセージを読むと捉え方が私が思っている通りには伝わっていない人が成されているようで、そういう方にコメントを返しても観点も論点も違う人種だと判断せざるを得ないので、この段階で切った方がいいだろう思いました。

 

自分の経験上ですが、なんか違うなと思った人はなかなか交わることはないと私は思います。

 

アンチコメントと意見コメントは違う

コメントの内容でアンチコメントと意見コメントは当たり前ですが全然違います。

 

私は私のブログの記事に対しての反対意見や、読者の方がどう思われたのかを書かれたコメントについては興味深く読んでいます。

賛同コメントだけを求めているわけではないという意味です。

 

コメント自体実は返信するのがちょっと苦手ではありますが、読むのは楽しくはありますね。

自分の考えや体験についてのブログになっていますので他者の考えや価値観を感じれるのは大変面白いです。

そこからまたブログの記事になるような発想や考えが生まれることもあります。

今回のはちょっと稀な角度からですがまさにそうですね…。

 

アンチコメントについては私は意見コメントではなくただの『誹謗中傷』メッセージだととらえています。

 

書き方でとらえ方は変わってくると思いますが、とにかく暴力的な書き方やけなすような内容が含まれている場合はせっかく書いていただいてはいるが削除する方針にすることにいたしました。

 

個人に対する(この場合私)誹謗中傷、批判はメンタル的にきついのと、そこに理解を求めるすべも、また言い返しても何も生まれることはありません。

ネガティブなコメントでしかないのです。

 

アンチコメントが来るという事は私の記事でもしかしたら何かを批判しているような内容と捉えてしまうような記事になっているものがあるかもしれません。

今後そこは私が善処すべき部分ですね。



アンチコメントに反応すべきではない理由

アンチコメントが来たという事はそういう話題の記事を書いたという事になるのかもしれない。

私のブログの場合そうだったので他のブログについては分かりません。

 

私個人では何かを批判する記事を書きたいのではなく

例えば私が良く書いている記事内容は日本と外国でのどういうところが違うのか、その違いでこんな文化が生まれたんじゃないかというあくまでも個人の見解・思想を述べている記事になっております。

 

そのつもりで書いておりますが、デリケートな内容になる場合もあり読む側は批判したくなるのかもしれません。

また時には何かを批判的に書かないと伝わらない内容になることもあるのでやや偏った表現をするときもあります。

 

しかしこればっかりは考えすぎると記事が書けないし、何も考えるなという結果になってしまうので私はこのアンチコメントに対してやんわりとこういう経歴があったという認識に留めるまでに致します。

 

先ほども書きましたがこのブログ自体は私が作ったものですので、他人に迷惑をかける記事はもちろんダメですが、自分の世界観を壊してまで万人受けする記事を書く必要もないと思います。

私のブログ自体別に世の中を動かすほどの影響力はないので今のところ好き勝手やっていますし、今後もそうだと思います。

 

ブログをやられている方や何かの発信ツールを使っていてそこにアンチコメントが来てしまい悩まれている方はに言いたいのは、ブログは自分の所有物でもあるのでそれを守ることも大切だとお伝えしたいです。

 

守る一方で固めすぎてインターネットに載せているのに他者をブロックしすぎるのは良くないとも思いますので、あくまでも生産性のないアンチコメントに対しての意見です。

 

アンチコメントもそういうコメントが書けるまで私の記事を読んでくれたことになるので、別の方面から見るとちょっと嬉しいコメントでもあります。

ただ私からはそれに対して動きを表示することはできないという話です。

 

ブログもただの1人の人間が書いているマスターベーションのようなものです。

 

ネットに上げているのだからアンチにも対応すべきという考えの人もいるかもしれませんが、そうしてしまうメリットは何なのかと考えると

個人的にこんな弱小ブログでは何の意味もないんです。

 

大きな・規模のデカい有名ブログなどの世の中に影響を及ぼすような場合はこのアンチコメントは逆に自分にメリットになることあるかもしれませんが。

 

まとめますと、アンチコメントに反応しても、影響力が低いフィールドの場合傍から見てたらただの小競り合い・無意味なことでしかない。

と私は思います。

 

違う意見の方もいると思うのでその場合は各々の考えを信じてください。

 

私の記事をただの会話のような軽い内容として捉えるか、記事内戦争起こしてやろうかというくらいに感情をむき出しに読むかは捉える側が起こすことなので、私との熱量が違う場合はブログでの表示はスルーし、自分の中で対処するようにします。

 

アンチは関わらなければ無かったことにできますしね。

 

アンチは極わずかな人数

アンチって実は極わずかな人が行っていることです。

 

その人がただ行動力があり私に対して反発的なことをしているだけでそれ以外の人は私に対して無頓着か賛同のどちらかだと思うんです。

 

その他多くの事があるのに、自分にとってネガティブなアクションのみに焦点を当てがちで、その結果やる気が無くなったり、他の事に目につかなくなったり、そのネガティブな出来事が気になってそれしか考えられないという思考に入ってしまうのはとてももったいないと思う。

 

私のようにもしアンチコメントが来て気にされている方がいたら、それはほんのわずかな人たちの声でしかないんだよとお伝えしたいです。

 

といいつつ結果的にコメント欄停止しました。