ブログのコメント欄はストレスが溜まるしデメリットが大きいので廃止した




ストレスでコメント欄を排除した理由

変なコメントと言うか疲れるコメントが最近多くなったためこのブログでのコメント欄を無期限で停止することにしました。

 

アンチコメントや煽りコメントなどの誹謗中傷としてわかりやすいものもありますが、質問系のコメントも疲れました。

ブログには私ができうる限りで情報を提供しています。

それに対して自身で調べればわかる内容だったり、またその質問コメントがあった記事内で既に説明していることを質問されると

『読めや!ボケ!!』

とぴきついてしまったので…。

(関西人なのでお下品めな言葉遣いですが心の中も荒んでますのでご注意を。)

 

あぁ~これは自分にはコメント欄でのコミュニケーションは合わないなと思い停止させました。

 

アンチコメントや煽りコメント

書いた記事で私の人間性を煽ってくる人や、結構酷いのは”日本出ていけば?”といった内容。

そう思うなら自分の発信場を設けて『こういう人間は日本に不要』とか言って発信すればいいのにただただ叩きに来ているだけのものがちらほら出てきたのでしんどいんでコメント辞めます!

 

名前が『監視人』という人がいて気持ち悪さもありましたね。

 

自分で発信して同じ考えの者と話してろと思います。

 

ブログなんて1人の人間の考えに過ぎない。

私の人生内でできたわずかな経験やそれによってできた思想を書いているだけ。

 

そんな言葉に対して叩きたいならお門違いだろう。

私には何の影響力もないしアンチするだけ時間も無駄です。

私も時間無駄にします。

 

ノーメリットなんですね。

 

また酷いコメント来たら効いちゃう繊細寄りな正常な人間です。

私には何言ってもいいんだろうっていう精神の持ち主のサイコパスじゃないんだ!



既に説明している内容を質問するコメント

質問系のコメントってそこまで多くなかったのですが、たまに質問を受けて新しく記事を書いたりもします。

 

自分なりに分かりやすく書いていますが、その記事は自分がわかった範囲内の記事です

 

私自身分からないことや、質問者のような状況を私が経験したことがない場合理解ができないことがあるのに質問を丸投げされても答えられない。

私はボランティアじゃないと思ってしまったんですね。

 

そんなコメントの内容は

“自分のウェブ環境分からないんですがここで書かれてある通りでいいですよね?”

といった内容で、YESなんて言えないんですよね。

その方の制作環境も状況も知らないので。

 

なのでコメント切りました。

 

分からないことを人に聞くんじゃなくて自分で調べるなり実験してほしいものです。

みんな同じ問題にぶち当たっているわけではない。

 

私は自分がぶち当たった問題に対して解決できたとき同じ問題で躓いている人がいれば助けになればいいと思い記事にしているが、それ以上はできない。

 

コメント欄で説明し、そのために私側が調べて答えを提供するのも疲れるし、そこまでしたのにまた質問で返ってきたときの打撃が一番堪えたんですね。

何よりもブログ書くの嫌になっちゃうので何回も言いますがコメント欄無期限で停止します!



良いコメントが読める機会も逃す

質問系のコメントが来る記事は自分が躓いた経験のアウトプットなのでその程度ですが、

アンチや煽りコメントが来る記事ってめっちゃいいコメントも来るんですよね。

 

ほんとに何回も読み返したくなるような内容で、ジーンとすることもあります。

共感してくれるコメントや、私の記事を介してご自身が思う考えをぶつけてくれる熱いコメント、応援されるコメントもあります。

 

めちゃくちゃ嬉しい。

アンチがあれば私にとってポジティブなコメントもある記事はこのブログ内での狭い話ですがそれだけ影響力がある良い記事でもあるように思うので、ポジティブなコメントが見れなくなるのは悲しいです。

もったいなくも感じてますね。

 

またいつかコメント欄復活させるかもしれない。

それまでは良い悪いのコメントどちらも見られなくなるけど、また寂しくなったり刺激が欲しくなったら復活させます。

 

最後に、記事読んてくれてる方々へ。

私のブログを読んでどんな気持ちになってしまっているのかは分かりませんが全員に読んでくれてありがとう、とここで残しておきたい。