【Photoshop】自分用のワークスペースを作成

photoshopを使いやすくる豆知識

Adobe photoshop CS5での設定方法ですがCS5以上でも基本操作は変わらないみたい。

photoshopで作業しててパネルなどがだんだん散らかってくるの何とかしたい時、またPhotoshopを開いたとき前回の情報が残ってて散らかった状態から作業始めたくないときはPhotoshopの画面右上にある『初期設定』ボタンで既存の初期状態に戻ります。

これ結構作業するうえで便利です。

初期設定、デザインなどもともとあるワークスペース以外にも自分で使いやすい状態でパネルやアイコンの位置を記憶させ自分用のワークスペースを作るのがおすすめです。

まず先に自分が使いやすいパネルなどの位置、表示もしくは非表示を決めます。

その時の画面の状態をPhotoshopは記憶します。

次に右上にある『>>』マークをクリックで出てくる項目の

『新規ワークスペース(N)』をクリックで選択。

 

 

すると新規のワークスペース用の名前を決めるダイアログが表示されます。

 

 

名前はお好みで。

これで右上の初期設定の左に設定した名前が表示され、新しく自分用のワークスペースが出来上がります。

もし作業に入るときに散らかったパネルを整えたいときはこれをクリックで自分が設定して記憶させた状態の画面になりますで便利です。

※photoshopの情報記憶は永久ではないのでしばらく使っていると設定が消えていることもあります。やはり機械ですのでその時はまた設定し直すしかないです。