【Google searth console】 サイトマップの作成

Googleクローラーが頻繁に来てもらうために必要なのがサイトマップというサイトの全体図をGoogle側が把握するためのものです。

 

WordPressを持っている場合とない場合2通りできるみたいだけど、Google searth consoleのサイトで純粋に作ってしまったのでその方法と、その後にWordPressから専用のプラグインをインストールしてサイトマップの設定をしていきましたのでそれぞれまとめていきます。

※おそらくWordpressを持っている場合プラグインからの設定を先にしてからサイトマップを作成が正しいようです。




Google searth consoleサイトから作成する方法

Google searth consoleのマイページにて左の項目一覧から
クロール→サイトマップからサイトマップのページに行き、右上にある赤いボタン『サイトマップの追加/テスト』をクリックするとURLを追加するダイアログが出てるのでサイトマップを作成したいサイトのドメインと/(スラッシュ)の後にsitemap.xmlを記述し送信を押します。

 

入力する際の注意
http://自分のサイトのドメイン/sitemap.xml
と入力します。

 

 

※今回私の場合は既に登録していたのでドメインが入っています。

 

送信完了し、更新後に下にあるサイトマップ(すべてのコンテンツの種類)
のしたに追加されてることが確認できます。

 

また作成されたことの確認方法ですが、
http://自分のサイトのドメイン/sitemap.xml
http://自分のサイトのドメイン/robots.txt
のそれぞれを検索欄で検索してもらい以下のような画面になっていたら完了されていることになります。

 

【sitemap.xml】

sitemap.xml画面

【robots.txt】

robots.txt画面

これでサイトマップは出来上がってることが確認できます。

 

WordPressからサイトマップの作成方法

WordPressのプラグインの項目にて『Google XML Sitemaps』をインストールし有効化にします。

 

次に設定からGoogle XML Sitemapsのページに行き設定していきます。

 

設定終了後『設定を更新』で『The URL to your sitemap index file is:』という文字が記載された画面になりそのあとのURLをGoogle searth consoleのサイトマップページで使うサイトマップの作成用のURLが出てくるみたいですが、私は先にGoogle searth consoleにてサイトマップを作成してしまったのでそのような文字が出なかったです。(´Д;)

 

なので、先にGoogle searth consoleから登録が終わってる場合は設定のみをして更新でOKです。


Google XML Sitemapsでサイトマップの設定

私の個人的な設定を残しておきます。

 

1.基礎的な設定

項目の一番下の『匿名の統計を許可する』以外すべて選択。

 

 

2.投稿の優先順位

』を選択。

 

 

3.Sitemap コンテンツ

『ホームページ』『投稿』『カテゴリーページを含める』を選択。

 

 

4.Excluded Items

未分類のみを選択。

 

 

5.Change Frequencies

毎日がデフォルトですので個人の更新に合わせて変えていきます。

毎日:『ホームページ』

毎週:『投稿(個別記事)』『カテゴリー別』

毎年:『古いアーカイブ』

更新なし:『固定ページ』『今月のアーカイブ』『タグページ』『投稿者ページ』

 

 

6.優先順位の設定(priority)

1.0がMAXで、0が優先に反映されないとなっています。

こちらは様子を見つつ変える可能性が大きいので現段階のものを画像で置いておきます。

 

 

 

これで完了です。(´-ω-)

調べながらいろんなサイトを参考にするとやり方の違いで少し混乱することもあるけど、やり終わってみるととてもシンプルなものだった。

 

こういう勉強しながら作業するのは探り探りなので、やり終わった後に納得することが多いです。

謎のままのも多いけど…(;´ρ`)