ドメイン変更後に行うリダイレクト処理

ドメインを変えた後にリダイレクト処理をしていくため.htaccessをたくさんいじりました。

今まで全く触れてこなかったエリアなので探り探りでしたね。(´-).。oO

 

.htaccessって聞いてた通りとても繊細な部分なのでこまめにバックアップは必須だと痛感しました。

今回私がドメインの移管にあたり行ったリダイレクト処理をまとめていきます。

 

主に自分のホームページとWordpressの.htaccessにリダイレクトの記述を追加していきました。



新アドレスにリダイレクトを行う記述

RewriteEngine On

RewriteCond %{http_host} ^旧ドメイン

RewriteRule ^(.*) http://新ドメイン$1 [R=301,L]

 

の3行を自分のホームページに追加しました。

1つのアクセス先に2つのURLからアクセスされるのはgoogleがコピーサイトだと勘違いしてSEOの力が育たないなどが起こるのでリダイレクトさせ一つのURLからのアクセスですよ!と呼びかけみたいな感じですかね。

 

WordPressのURLのリダイレクト

【Wordpressでのリダイレクト処理を行う記述】

 

WordPress用の.htaccessにて

 

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.)?http://oldドメイン.com$ の下に
RewriteRule ^(.*) http://newドメイン.com/$1 [R=301,L]

 

を追記もしくは

 

Simple 301 Redirects』というプラグインからも簡単に処理できます。

 

プラグインでリダイレクト処理

 

左が旧ドメイン 右が新ドメイン を入力で変更を保存で完了します。

 

ただWordpressかなりキャッシュがきついので私は『WP Fastest Cache』というプラグインも導入してキャッシュをクリアにし確認したところリダイレクト成功していました。

 

それでも変更しない場合はブラウザのキャッシュも一度クリアにして再更新してみると反映されてます。

しかしまだいくつかのアクセス方法で旧ドメインが残ってしまっている部分があり、キャッシュ問題なのか...少し様子見です。



リダイレクト処理後に行ったこと

リダイレクト処理行った後、旧サイトのURLを設置しているところへ回り新しいURLの変更を行いました。

サイトを登録・設置していた場所

1.Google アナリティクスで古いものから新しいURLに書き換える

2.Google Seach Consoleで登録していたURLも追加変更し古いものは削除。

3.自分がURLを設定したサイトでの変更。TwitterやFacebookなど…

 

アナリティクスの方はもしかしたら以前の閲覧履歴など消えてしまうかと思っていたんですがうまく引き継いでいて安心しました。

グーグルサーチは古いURLを削除し新しいものに書き換えて、次の日に
site:アドレス名
の検索でサイトが検索に引っかかるようにクローラーが来てくれたことが伺えました。

最初のサイト立ち上げの時より早く反映されたのでよかったです。(´-ω-)=3 フゥ

 

次の記事でGoogle アナリティクスとGoogle Seach ConsoleでのURL登録の変更をまとめています。