Googleアドセンスの広告ユニット関連コンテンツの解放条件にPVは関係ない 実際300~400PVで解放された

Googleアドセンスの4つ目の広告コンテンツ『関連コンテンツ』が解放されました。

関連コンテンツ解放

ネット界隈でいわれている条件に私は全く満たしていませんでしたが、今の私のブログの状況でも解放されましたのでそのことについてお伝えしたいと思います。



関連コンテンツが解放されるまでの記事数・期間・PVについて

まず記事数ですが140記事に到達後に関連コンテンツが解放されているのに気づきました。

 

Googleアドセンスの『最適化』のページに新しいお知らせが入っておりました。

最適化ページで新しいお知らせ

『関連コンテンツでコンテンツを宣伝する』というお知らせがあったのですが私が初めて気づいたのは『広告ユニット』ページにある『新しい広告ユニット』から直接発見しました。

 

ブログの運営期間はブログを始めて約8ヶ月・アドセンスが合格してからは6ヶ月となります。

 

またPVは、1日のPVが1,000を超えてそれが安定しないと解放にならないという記事が多かったのですが私に場合1日のPVが約350~450PV、稀に500PVを記録する程度のブログですが解放されました。

1日1,000PVも必要なかったのは良い誤算でした。

 

ネット界隈でいわれている関連コンテンツの解放条件

1.1日1,000PVが一定期間安定

2.記事数100程度

3.ブログ開設して期間3か月以上

 

その他に1つのカテゴリーに記事が10以上あることなどがありましたが、それも私の場合は成しえていないです。

 

ネックになっていたPVですが、私のブログはまだ400PV越えは安定していません。

平均して350~450PVという感じです。

 

 

ちなみに1日のアクセス数は300~350程度となっております。

 

中には200PV/日の人でも解放された方や記事数も100にも大幅に満たないのに解放されたという報告記事を読んだことがありますので、これらから私が推測するにPVの推移を含めブログに伸びしろがあると判定されれば解放されるのではないかと思います。

 

今後ブログが伸びていくかという判断ならば、PVの多さはあまり関係ないようですね。

 

記事数やブログの運営期間はブロガーが頑張る部分ではありますが、PVに関してはそのブログがテーマとしているものでなかなか伸び悩むこともありますからね。

 

もしそうならとても公平な審査と思います。



関連コンテンツの広告をどこに設置すべきか

まず私の場合WordPressを運用してブログを書いているのですが、テーマ自体は自分で作ったオリジナルのテーマになります。

 

たぶんWordPressに既存で備わっているテーマや購入して使っているテーマで似たようなものだと思いますが私の場合の設置方法を説明します。

 

関連コンテンツの広告を作成する

まずGoogleアドセンスの管理画面の左の項目蘭から『広告』を展開し『広告ユニット』ページへ行き『関連コンテンツ』のパネルをクリックします。

関連コンテンツ

すると初期画面だと画面に関連コンテンツの作成についてのHow to的なポップアップが出ているので最後まで進み『次へ進む』で閉じることができます。

 

関連広告を作成しよう

ポップアップが消えると関連広告の見え方が左サイドに表示されています。

 

ここで重要なのが『対象サイト』と書かれた項目で関連広告を表示させたいサイトのアドレスになっているか確認してください。

サイトと名前と指定

右側で『広告ユニット名』をつけて私は『保存してコードを取得』にしました。

名前はrelation_Adとかkanren_adなど自身がコードのタイトルを見たときに何の広告かかる名前がお勧めです。

 

スタイルやサイズなどもカスタマイズできますが私はフォントファミリー(書体)を変えただけで特にいじっていません。

お好みでカスタマイズしてください。

 

FTPを開いてコードを設置

この関連コンテンツの広告のコードは<body>~</body>の間に設置すること、とGoogleアドセンスで説明があります。

結構幅広いですが、私が実際に張り付けてみてどの部分がいいのかについての推奨設置方法です。

 

私はWordPressの管理画面から直接書くのではなくバックアップもとりたいためFTPを使用しております。

WordPressの『外観』からも直接コードを貼ることはできますが、何かあった時のバックアップをどこかにメモ書きして行うことを推奨します。

 

設置場所は『single.php』を開きの本文記事の終わりに設置しました。

 

記事本文の直下にコメント欄を設けているのですが、記事とコメント欄の間にしました。

single.phpにコードを張り付ける

人によるとコメント欄の下に設置されている人もいますのでこれもお好みですが、ユーザーが記事を最後まで見てくれた場合一番目に入りやすいのは記事の終わり目だと思うのでひとまずここに設置して様子を見ようという魂胆です。

 

以上で設置は完了です。

 

保存してサーバーにsingle.phpを移動し広告の反映を確認してください。

PCビューとスマホビューの両方問題ないか見てくださいね。

 

広告が表示されていない場合はキャッシュをクリアで恐らく反映されます。

 

崩れていた場合や設置場所がおかしいときはバックアップでコードを設置する前の状態に戻して再チャレンジしてください。