wordpressのテーマを自分で作っちゃう【作業用環境作り】

今回Wordpressのテーマを自分で考えたものに一から作ることに挑戦しました。

いろんなサイトのHow toに助けられ形にはなりましたが自分のフィルターを通して作成の過程をまとめてみます。

【Wordpressのローカル環境を作る】
Wordpressで既にブログサイトを運営していたらローカル環境を作る。
私の場合すでに運営しているWordpressの既存のテーマを使ってブログを公開していたのでこの環境でいじることができませんでした。
なので、ユーザーから見れない作業用のローカル環境でWordpressを動かして作業していきました。

このローカル環境でWordpressを動かさないといけない事に気づかずに
本番サーバーの方のWordpressのテーマが入ってるフォルダに自分のテーマ用のフォルダを作りそのディレクトリを検索すれば表示されると思ってたんだけど、真っ白のままでなんでだなんでだとなり一向に作業が進まなかったんです。拡張子をhtmlに変えると表示はされるんですがPHPじゃなきとそれぞれのページでの受け渡しのコードなどの確認が取れないため他のページが作れないんですよね。
PHPエラーやデータベースエラーが発生すると、画面に何のメッセージも表示されず、ただ真っ白な画面が表示される場合があります。(Wikipedia抜粋)



で、エラーが出るように記述を加えました
Wordpressの最初のディレクトリ内にある『wp-config.php』に

/* 白画面からエラーコードを出す*/

define(‘WP_DEBUG’, true);

を書き加える。

Fatal error: Call to undefined function get_header()
意味)ワードプレスのサイトのヘッダー部分を読み出す関数get_headerが見つからない

というエラー文が出てくるようになりました。

テーマを有効化しないとPHPを扱えるサーバー環境に切り替わらない(?)仕組みになってるのか、PHPが使えないことに気づきました。

なのでWordpressのテーマを作るのにPHPが実行できる環境を作ってあげましょう。

私が使ったのは【XAMPP】というアプリケーションを使用してPHPのプログラムを使える環境を得ました。
(XAMPP以外にも『MAMP』というアプリケーションもありましたが私はこれがうまく起動しなかったので今回はXAMPPを使用しました。)

XAMPPをダウンロードをし、ApacheとMySQLをスタートさせModuleがグリーになったらローカル環境を使う準備が整った合図です。

XAMPPダウンロード先:XAMPP公式サイト

次にWordpressのローカル環境用の新しいアカウントも作ります。
一つのアカウントで有効化できるるのは一つのテーマのみなので現在使用しているアカウントがあればひとまず置いておいてください。
新しいWordpressを作成しサーバー契約をしなければ環境は無償で使えます。
なので制作用にローカル環境のためのアカウントを持っていても損にはなりません。

ダウンロード先:WordPress公式サイト



ここまで来たら自由にこの環境を使って制作実験できます。
簡単にここまでの流れを説明。

【XAMPPをダウンロード】
ダウンロードしたらエクスプローラー内の
C:\xampp\phpMyAdmin のなかの config.inc.php を開く

$cfg[‘Servers’][$i][‘password’] = ”; にダウンロードの際に決めたパスワードを入力しておく。

【Wordpressを新しいアカウントではじめる】
公式サイトでダウンロードし、zipなので解凍しておく。
でwordpressというフォルダ(名前変更可)ができるので
C:\xampp\htdocsにそのフォルダを置く。

【エディターとWordpressのローカル環境を連結させる】
私の場合Atomでの連結。

作業効率が上がります。

設定の仕方はAtomを開きファイル→プロジェクトフォルダの追加から動かしたい環境を指定できます。

ただこれだとAtomで保存したらすぐに反映されるため、バックアップを取ることが忘れがちになります。

バックアップが必要な場合は保存更新前にメモ帳などに残すか、バックアップ用のフォルダを作成しFTPで更新前に残しておくのがいいと思われます。(´▽`)

これで自由に使えるローカル用のWordpressの環境が整いました!