ワードプレスのパーマリンクを変更しなとタイトルの情報が変わらない パーマリンクとカテゴリーのおすすめ設定法【WordPress】

ワードプレスで投稿した後にタイトルを変えたいってことがあるのですがその時に起こった現象についての記事です。


タイトルを変更し、ちゃんと更新ボタンを押したのにもかかわらずブログ画面ではタイトルが変更前の状態のままでした。

※ただしGoogleなどの検索画面ではクローラが来ない限り変更前のタイトルのままです。

こちらはクローラーが来て新しいタイトルに変更されるのを待つしかありません。


ブログ内の最近の投稿から飛ぶと変わってるのですが、ブログ内部から直接閲覧になると前の情報が残っています。

 

何が関係しているんだろうとキャッシュクリアなど試しましたがパーマリンク変更でうまくいきました。


自己見解ですがパーマリンクと連動しているいるので、同期化されたか、キャッシュの軽減につながるのかという考えに至りました。
※下記にも関係してきますがパーマリンクはタイトルを引き継ぐため日本語になっていると思いますが、編集で英数字を推奨です。

 

タイトルのキャッシュが残らないためにもまずパーマリンク設定が必須条件です。

以下はパーマリンクの設定方法についての記事になります。

パーマリンクのお勧め設定方法

WordPressの管理画面からの説明になります。

 

投稿画面の初期状態は『ここにタイトルを記入』となっている項目の下にパーマリンクがあります。
右側にある『編集』から末尾のディレクトリを変更しましょう。

 

またこれは初期ではタイトルの内容がそのまま反映されますがタイトルと分けたい場合もこちらでの編集が必須です。
パーマリンクは実際にユーザーが見るURL欄に乗りますので日本語を表記させたくない場合などはほかの記述に変えることをお勧めします。

 

そもそもパーマリンクって何?


ウェブサイトの各ページに対して個別に与えられているURLの末尾部分のことです。
もとはpermanent(パーマネント)の略で、永続する、(半)永久的ななどの意味を持ちます。
パーマリンクは末尾に付属していることからページが増えても変わらないリンク(固定リンク)と呼ばれているためパーマネントと名付けられたらしいです。
なのでブログのように日々更新されページが膨大化するものには必須のリンクです。

 

日本語がURLに交じってて大丈夫なの?

結論から言うと大丈夫じゃなかったぁ!!!!!

理想のパーマリンク構造
http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名(英数字)

 

URLに日本語が含まれるとエラーページに繋がったりURLが文字化け(エンコード化)になってやたら長くなってしまうデメリットがあるため英数字での表記をおすすめします。

 

パーマリンクを英数字にするメリットですが。

1,短くシンプルである

2,URLを見ただけでどのようなページかがわかる

3,解析がしやすい

4,URLが文字化けせずエラーページになるのを防ぐ(下記で説明)

etc…

 

今後使っていきなおかつ情報が肥大して管理が難しくなるもの(まさにブログなど)は初期段階にルールを決める必要がありますね。

 

TwitterやFacebookにURLを載せると変な文字列になる

URLに日本語が含まれると必然的にURLが長くなりTwitterなどの文字制限があるところではアドレスが乗り切らず正確にサイトを伝えられない。

 

勝手にエンコード化『%56%78%78%02』とかの文字列が長く続いているURLになってるものもよく見かけます。

このエンドコード化は日本語でURLを設定しているために起こりますので、ブログの記事を投稿する前に半角英数字の表記に変更する方が望ましいでしょう。


そして一番厄介なのが外部ブックマークサービスやトラックバックからのアクセスでエラーページとして表示されることもあるようです。

これじゃせっかく来てくれそうなユーザーがついてくれなくなります。


このエラー現象はワードプレスのバージョンアップでエラーページになることもあるみたいで、作り上げたページが無駄になるという危険なデメリットばかりです。

 

毎回変えるのめんどくさい!何かの設定でできないの?

ありました。
おすすめされているのものを紹介いたします。

 

ワードプレス管理画面より『設定』→『パーマリンク設定』のページで『カスタム構造』を選択してください。

http://〇〇〇〇〇/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/


〇〇〇〇〇は自身のサイトの第一階層のドメイン名(トップレベルドメイン)です。

 

 

初期では『/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/』となっていますので『/%category%/%postname%』に変更しましょう。


またカテゴリーのみでいい場合は「%category%」のみでいいみたいです。それ以降の表記は省略されます。

このままだと日本語での明記が残ってしまいます。カテゴリーやパーマネントを決めているページを編集しましょう。

 

URLのカテゴリーとパーマリンクを設定変更

WordPressの管理画面から『投稿』→『カテゴリー』

カテゴリーページにて変更可能です。

 

またこれらの変更は初期段階で済ますことをおすすめします。

膨大な記事数がある場合、URLが変更されるという作業を行うためブックマークされている方はリンクをたどるためのリダイレクト処理が行われるみたいですがそれに時間がかかります。

 

またせっかく育ててきたSEOの力がリセットされるみたいでグーグルでの検索欄からのランキングから落ちることになります。( ;∀;)

なので一番初めにしておきたい設定といえるでしょう。

 

さてここから設定の本題に参ります。

新規カテゴリーを追加の下に『名前』と『スラッグ』があります。


URLのカテゴリー位置に表示されるのはスラッグで設定した名前になります。

『名前』の項目には自分でわかる日本語でカテゴリー名を決め『スラッグ』の項目でURLに表示させたい英表記を記入しましょう。

 

登録後右側に登録されたカテゴリーが出てきますので目視確認またのち編集もできます。

 

 

また記事の投稿時は一つの記事に対して1カテゴリー望ましいです。

最後に最上部で説明したパーマリンクの編集をして完了です。

 

これによりブログページ内で内部でブログを閲覧している場合過去のタイトルが残っている現象が無くなりました。

パーマリンクと関連性がなさそうに思いますが、この設定後に改善されたのでまだブログが新しめの人でパーマリンクの設定まだだよという人は試していただきたい。