日本も大麻が合法化され解禁になる可能性について | マリファナはほんとは危険ではないのに違法になった理由

日本では最近やたらと薬物による逮捕者が目立ちます。

しかし一部では薬物である大麻はむしろタバコやアルコールより害も依存性もないし良いんじゃないかという情報が出てきましたがこれは事実です。

 

日本は大麻取締法という条例がありかなり厳しく取り締まられていますが、大麻で亡くなった人や気が狂って殺人を犯した人ってあまり聞いたことがありません。

合成麻薬や覚せい剤、麻薬は別ですよ。

その違いについて以下で触れています。

 

大麻について頭の狂ったやばい奴、闇組織がやっているものというイメージが定着しているが、実は大麻が人体にも環境にも良いものだと言われたらどう思いますか?

 

海外に行くと必ず大麻であるマリファナを吸っている人を見かけます。

本当にどの国でもいました。

 

もちろんそれらの国でも大麻は違法ですが、日本でいうと少しだけほろ酔い飲んじゃったけど車の運転してもいいよね。

そんな感覚なようにも感じます。

 

もちろんダメなことだけど、気が狂ったり判断が鈍るほどではない程度なら今でも酒気帯びで運転している人がいるようにバレなきゃいいという感覚で外国ではみんなマリファナを吸っているように私の目には映りました。

しかし日本ではマリファナである大麻は他の薬物同様に幻覚を見て気が狂ったりする、体に悪影響がある、重罪になるヤバい薬って認識されているんではないでしょうか。



麻薬と大麻と覚せい剤の違い

 

麻薬とは

 

日本の法律ではケシ系薬物とコカ系薬物(コカイン)を麻薬と定義付けしています。

 

ケシ系薬物は植物のケシを原料にした薬物。

ケシの実から抽出される精神作用のある物質でアヘンです。

ケシから得られる薬物効果は鎮痛・催眠作用と共に陶酔感が得られます。

モルヒネやヘロインはこのアヘンから抽出された薬物で、特にヘロインに至っては『薬物の王者』といわれ依存性と禁断症状共に強く出る薬物の代表です。

 

コカ系薬物つまりコカインはコカノキから作られる薬物で依存性はモルヒネやヘロインに比べて極めて低いとされているが中毒症状により幻覚や妄想を見るとも言われています。

 

大麻とは

 

今回のテーマである大麻は主にマリファナ、ハシシ(ハシュシュとも)があげられます。

大麻とは、アサ(麻)科の植物、大麻草のことであり、この葉や花穂などを乾燥させたり樹脂化したりしたものを吸引します。

大麻の加工の違いでマリファナかハシシかに別れます。

 

葉を乾燥させたものはマリファナとなり、タバコのようにして吸煙する。

 

 

大麻から分泌される樹脂を粉末にした薬物がハシシと呼ばれる。

 

大麻は薬物の中でが比較的危険性が低くマリファナに関してはいくつかの国の一部の地域などでは合法となっています。

2018年からシアトルのワシントン州では市民の7割が大麻合法化に賛成となり解禁され、またカナダでも大麻が合法になりました。

 

大麻であるマリファナを吸煙していた人を海外で何人も見かけましたが、みんな楽しくなるといっていて見た目は酒に酔った酔っ払いのようでした。

専門的にマリファナ、大麻を勉強し国家資格を持っている医療関係の女性がマリファナについて語っていたのですが、マリファナに関しては依存性はない、たばこに比べて体に害はないと強く言っていました。

 

そんなタバコやアルコールより害がなくコカインや覚せい剤と比べて依存性も禁断症状や精神異常もないのに多くの国では違法となっています。

 

 

覚せい剤とは

 

麻薬や大麻は主に植物の成分から作られた薬物であるが覚せい剤は科学的に合成された薬物です。

おもな覚せい剤はアンフェタミンやメタンフェタミンがあげられます

俗にいうシャブです。

 

日本では戦後にヒロポンという商品名で売られていましたがこれがメタンフェタミンです。

疲労回復や眠気解消や士気向上の効果を期待され、当時の日本軍の使用目的として販売されていました。

 

しかし中毒になると幻覚や妄想などの禁断症状に苦しめられるます。

 

麻薬や覚せい剤と混合されるが大麻は依存性が低く体への害も低い

麻薬、大麻、覚せい剤の違いを分けて説明してみましたが、大麻だけ依存性や禁断症状などについては触れられていません。

依存性や禁断症状についてはほぼ安全な領域であるからなんですよね。

とくに依存性に関してはオーストラリアで知らあった日本の医療関係の人が依存は極めて低いと熱弁していました。

 

コカインやヘロインなどの麻薬や、覚せい剤による精神異常者の報道と共に大麻(マリファナなど)も混同してしまい同じような危険薬物とイメージが定着しているが、依存性や幻覚症状などの精神に害を及ぼす症状は、日本で嗜好品とされているお酒やたばこよりも低いのです。

あと麻薬と大麻の文字が似ているのも混乱を招いているなと思います。

 

依存性や有害性が分かるグラフがこちらです。

 

 

タバコもアルコールも共に身体的有害性と依存性が『2』のグラフを超えていますが大麻はその下の数値にとどまっている。

むしろタバコやアルコールを禁止にした方がいいんじゃないかという声も最近では多く聞こえてきます。

 

日本人が如何にメディアや社会が決めたことに洗脳され、本当の情報について無知なのかが伺えますね。

 

 



大麻の原料アサは現代に役立つ万能な植物だった

 

大麻は万能な資源

 

マリファナの原料であるアサ(麻)は服、紙、環境に良いとされるプラスチック、バイオ燃料、建築素材、医療関係に使われている植物でかなり活躍しています。

また放射の除去にも効果があるが日本の大麻取締法により福島の原発では使われることはありませんでした。

 

大麻は自然のものなので環境にも良いことは証明されていますがい日本では違法なので使用ができないのです。

 

大麻は医療品

 

大麻は医療目的として病気の症状を改善する薬としても使用されていました。

癌や精神病など様々な病気に効果があるといわれています。

 

しかし自然のものなので思うような効果が出ないこともあり、そこで開発されたのが合成医薬品でした。

合成医薬品が出始めてからその絶対的な効果の違いに医療関係の人たちは大麻を医療品として使う事をやめました。

ちなみに合成医薬品は強い薬なのでそれなりの副作用があるといわれています。

 

何故大麻が違法になったのか

日本でも戦前、戦後間もないころは大麻を嗜好品として吸っている人や、医療でも使われていたが、アメリカの主導により大麻取締法ができてから大麻の所持使用が違法になりました。

ここからは大麻が違法だと言われているのはかなり誘導された理由による陰謀っぽい歴史について語ります。

 

主にアメリカの話ではあるがこれが日本の大麻に関する法令が決まったので深い関係があります。

 

もともとアメリカでは大麻は違法ではありませんでした。

それが違法となった理由としてアルコール禁止法を解禁するための代わりに大麻を禁止にしたことと、産業革命、主に石油産業を成長させて経済を上げるための2つの理由から大麻が禁止されたといわれています。

 

 

人種差別と関連付けて大麻に対するイメージを悪くする

 

 

今ではアメリカのいくつかの州で大麻合法化が進められているがそもそも大麻への取締法自体がなかった時代の話です。

 

その頃は大麻の原料であるアサを繊維原料として衣服の製造に使われていました。

しかしその後にアサで衣服を作ることから綿を原料に変えて生産するように、余った大麻をタバコのように吸うようになったのが始まりだといわれています。

 

大麻を吸い始めたのが人種差別を受けていた黒人たちが大半だったことから大麻は奴隷や民度の低い奴らがしている怪しい行いとして広がっていきました。

これもアメリカ政府が仕込んだといわれるイメージ操作です。

 

 

アルコールを禁止したら治安が悪くなったので代わりに大麻を禁止にした

 

大麻が禁止される前アメリカではアルコール禁止令ができてしまい、そのため国民は猛バッシング。

国を良くするために設けた法だったがギャングたちも暴れる始末で治安がかなり悪化した。

 

代わりに別のものを禁止にしないと他に取り締まるものが無くなるので、大麻を禁止にしよう。

大麻を禁止する代わりにアルコールは解禁になりました。

 

この時に大麻をすると気が狂ってしまう危ない薬物というイメージを刷り込んだのです。

 

 

石油産業を発展させるのに大麻が邪魔だった

 

この話は何んともアメリカらしいお金儲け主義の思考です。

 

1937年アメリカではマリファナ課税法ができました。

これは大麻を市場に流出しないためのものです。

 

その理由が合成製品や化学薬品、林業を成長させたかったから。

 

大麻は当時、服にも紙にも、医療品として万能に活躍していたこともあり、科学製品製造会社を成長させるために大麻は邪魔な存在だったようです。

そこで大麻を排除して経済を上げようと考えたのです。

ここに人種差別の話を絡めて大麻は危ない薬物だからと国民にイメージづけて禁止にしました。

 

日本でも昔は大麻は嗜好品だったけどアメリカが大麻を禁止にことにより、日本でも大麻が禁止になりました。

 

これはアメリカ日本だけでなく経済を上げたい国では当たり前のように大麻が禁止となっています。

禁止となった理由の裏を除くと、結局金かよという事です。

 

お金のために環境に優しく体への害が少ない大麻よりも、環境に悪く体への影響に害がある化学製品を発展させていったのです。



大麻であるマリファナを吸っている人たちと実際に関わって思う事

全部海外に住んでいた時の話であるが日本人含めていろんな国の人がマリファナをタバコのようにスパスパを吸煙していました。

マリファナ喫煙者は独特の甘い匂いがするといわれていますが、残念ながら私はその匂いについては分かりませんでした。

 

主にイギリス、イタリア、トルコ、オーストラリアに行った時にマリファナを吸っている人たちと知り合いましたが、目の前で吸っている人をみてきましたが、とにかくずっと笑っていて、楽しそうで、しかし会話は成立していました。

だけど深くいろんなころと考える事よりも楽しい気持ちが出てきてしまって、見た目はお酒に酔った人に見えました。

 

別の人ではマリファナに慣れているのか、お酒に酔っぱらった感じまでは行かずいつもより明るくて機嫌がよさそうな程度だったりとどちらも共通するのは大変リラックスして楽しくなっているという事でしょうか。

 

トルコで出会ったトルコ人はマリファナを吸いながら仕事や運転をしていましたからね。

ちなみにトルコでも違法です。

 

イギリスでも留学生が寮でマリファナを吸っていたところを何度か見ましたし学校関係の職員の人もしていました。

イギリスも大麻は違法になっています。

留学生についてはどこで手に入れたのかは謎です。

 

このことから分かるように日本と同じく違法であるのにもかかわらず、かなりみんなオープンに大麻を楽しんでいるんですよね。

表向きは違法だけど、大麻の効果や害のなさについて日本人より圧倒的に知識があるのか、それともただ罪を犯すより楽しさを優先したいのかそのどちらかかも分かりませんが、大変緩いです。

 

また彼らを見て禁断症状が出ていて気が狂った人ではなかったので、大麻で精神異常になるという認識は違うんだなというのは見て思いました。

 

違法だったものが合法になることへの受け入れは日本では難しい

アメリカでもマリファナを合法化へするための国民の活動が活発になりだんだんといくつかの州で合法化が認められてきています。

しかし、一つの国であるのにA州では合法だが、B州では違法だったり、ついこの間まで違法だったのに合法になったからと全ての国民が受け入れられるのだろうか。

アメリカでも違法だから吸ってこなかった人や、合法化が進んでも受け入れられない人がいるのは違法だった過去があるのだから当然です。

 

これが日本でも大麻の認識が変わってきて合法化への動きが出てきたときに、多くの国民は受け入れられないだろうと思います。

日本はアメリカや他の欧米諸国に比べて大麻などの薬物に対しては絶対的な悪、だから違法なんだと歴史的にしみ込んでいます。

いくら医療関係で役立ち、たばこよりも体に害はなく、環境にも良いと説明しても、戦後から違法薬物として認識されてきているのでそんな話をまず受け入れられる国民はまだまだ少数だと考えます。

 

理屈云々ではないってことですね。

 

またメディアによる報道の仕方も大麻は麻薬や覚せい剤などの精神異常をきたす薬物と混同して報道されているし、海外に比べて日本での薬物を使用した人はどんな人であろうとも社会的に抹消されます。

分かりやすくアメリカのハリウッドなんかを見ると、精神異常が出て依存性の高い薬物(コカインや覚せい剤)をしていた俳優でも社会復帰している人たくさんいますよね。

大麻・マリファナくらいだったら、報道もされないこともあるのだとか。

 

日本だと何週間にもわたり深堀して大麻を含む薬物を使用していた人を報道します。

 

まるで大麻も麻薬や覚せい剤のようにかなり危険で、精神異常をきたす危険なものであるかのように。

 

上記で説明したように大麻は特に危険なものではないとされているが日本での認識を正すのはかなり難しいでしょう。

それ以前に日本では大麻は違法なので絶対に辞めましょう。

 

真実と現実が必ずしもマッチングするものではないという事でしょうか。

 

個人的にはマリファナ解禁についてはもし解禁されたら面白そうだし、硬い考え方の日本人ももう少し緩くなりそうだなと感じます。

 

まぁ大麻が日本で解禁されるとは誰もまだ言っていないですが、アメリカの大麻解禁の動きを見ると日本への影響も少なからずやってくる時が近いように感じます。