フロントエンド・Webエンジニアで働いてるけど年収が低い【年収280万→550万超えにキャリアアップ転職】

最初に働いていたWeb制作会社では月収23万円で手取り18万円ほどでした。

未経験転職からの初任給で23万円はまぁまぁいい方かもしれませんが中には自分と同じような状況の未経験からの入社で初任給30万円のWeb制作会社もあると知ってちょっとショックでした。

 

極めつけは私が働いていた会社の先輩は3年働いても給料が5,000円しか上がらなかったこと、しかも上司に何度も交渉しての結果がこれとかなり憤っていました。

また同じ会社でも制作関係の部署はなかなか給料が上がらないのにマーケティングや営業部などの部署によっては給料の査定が大きく好転し同じ年月を働いていて初任給は同額スタートだったのに部署が違うだけで10万円以上も差ができていました。

 

そして一番衝撃だったのが、私が働いていたフロントエンドの部署は5年働いていた先輩が手取り21万円もなかったのを知って『あ、ここに長くいても貧困になる…。』と察しました。見てしまったきっかけはその人の家に行ったときに机に給料明細が出しっぱなしで見えちゃいましたので故意ではない。

 

まずWebエンジニアの仕事って給料が低いといわれていますがそんなことはありません。

会社選びや独立するなどの働き方によって月収は確実に上がります。

 

一昔前は転職は会社が合わないとか、うまくいかないとか逃げ腰でするものと考えられていたものですが、現代では転職=キャリアアップです。稼げない会社に依存するのではなく稼げる環境にどんどん乗り換えていくべき時代。

 

本記事は現在Web制作会社でフロントエンドエンジニアやマークアップエンジニアなどWebサイトを作るWebエンジニアの仕事をしているけど年収が低すぎる方が給料アップを目指せる転職について考える記事となっています。

 

給料が低いまたは昇給が望めない会社は辞めるべき

自分が生きやすい組織

給料が手取り20万どころか16万、14万円代のWeb制作会社もゴロゴロあります。

転職活動をハロワでしてた時、年間休日は80日前後で給料が16万円とあった求人は誰が応募するのかと本気で思いました。

 

まず給料が低い会社に勤めてもどんどん昇給できる体制ならモチベーションとしても働いていられるが、給料も低く、なかなか昇給も期待できないような会社、または昇給したとしても平均と比べるとまだまだ低いという会社はあまり未来が期待できるような良い会社とは言えないです。

 

給料が増えない会社=社員を大切に思っていない

会社自体が儲かっていないというのが一つ上げられますが、経営者が社員にお金を配りたくないような会社でもある場合もあります。

特に下請けのWeb制作会社は取引先の会社がどんな会社なのか、売り上げは年どれくらいなのかというのを把握しておくべきでしょう。その経済をWeb制作に回しているので十分にお金をかけられないから安くサイトを作ってくれる会社に頼んでくるというシステムが出来上がってしまいます。

 

取引先がしっかりしているところなのかどうかというところと、また働いているWeb制作の会社の経営者が社員に対してどう考えているのかも大きなポイントです。

 

社員の成長や成果を評価して給料を上げていくのは普通のことであるが、中には残業をどれだけしたか、いかに汗をかいて頑張っているように見えるかで給料査定を上げるような会社もあります。

能力で報酬を上げてくれないということは自分の功績を認めてもらえないことでもあります。

 

言ってしまえばそんなケチな会社に居続けても満足のいく給料がもらえるのはなかなか難しいという話です。

 

それなら転職がしやすい今一番若い時にキャリアアップのための転職をした方が後々後悔しないです。

 

給料以外にも不満があるならいる必要なし

自分がいたWeb制作会社で月給23万円と初任給としてはそこまで悪くはなかったのですが、ボーナスは出ない、年間休日が100日程度と少なすぎる、残業がとくに不要な時も半強制的、そして昇給が最初の2年間は一切なしといった会社で働いてて半年もしてくると不満が募ってきました。

また人間関係もお互いの仕事や部署間のやり取りで揚げ足をってきたりして相手をあおってモチベを出させるようなやり方がどうも合わなかった。

 

給料以外にもパワハラだったり、そもそも会社自体がブラックだったというならその会社にいるメリットってないですよね。

 

そんな外れWeb制作会社に当たってしまったのであればWebの知識や職歴をつけるための最初の踏み台だと思って1年、最高でも3年たったらキャリアアップしていきましょう。

 

Web業界ではとりあえず3年ワードが根強くささやかれている会社もありますが、実体験から職歴1年未満でも転職はそこまで難しくはありませんでした。

とりあえず3年といってそこに居続けても作業化した仕事をただこなしている3年間と、とにかく自分の今後のためにステップアップするためのスキルと知識を貪欲に勉強し続けて業務での実績をグングン上げていった1年間では濃度が全く違います。

 

働いた年数ではなく自分の持っているスキルを評価してくれる会社は認められることが前提であるので本当に働きやすいし、有能な会社である証拠でもあるので給料面でも待遇面でも不満になることがなくなります。

 

すべての会社に言えるわけではありませんが転職活動の時の会社選びの時点で少し参考にしてみてはいかがでしょう。

 

どんなに好きでも低収入は生活も仕事へのモチベーションも保てない

仕事内容は好きなんだけど収入が低いってだんだんやる気がなくなってきます。

好きでも労働には変わりありません。会社のために働いている。その労働に見合った報酬があってこそもっと頑張ろう!もっと成果を出そうとやる気に変わりますが、先を見て昇給が難しい会社にいるってそれだけでやる気がなくなります。

 

やる気って仕事の作業すべてに影響されるので、モチベがなければ仕事が雑になったり、そのせいで成果が下がったり、態度も暗くなったり適当になったりと職場での人間関係も落ち込んできます。

 

また人には生活でのステージアップが必要です。恋人がいるなら大人な自分をアピールするために交際費も多くなりますし、結婚を考えいずれ家庭を持ちたいのであれば収入面は本当に大事です。

相手が低収入だったからとお付き合いを断られることもあるので、収入って自分だけの生活水準を上げるだけでなくこれからの出会いを呼び寄せたり、人間関係を良好にしていくことだってできるのです。

 

今はそこまで考えられなくても、同じ仕事内容なのに今のところは年収300万もないけど、転職したら一気に450万まで上がってゆくゆくは800万円は目指せる会社であるなら会社の仕事の仕方への意識が変わってきます。

 

どんなに好きな仕事でもまずは生活を豊かにする収入が満足のいくものでないと幸福だと考えられない。きれいごとでは生きていけないです。

今後もフロントエンドエンジニアとして働きたいけど今の会社が低収入で不安なら、キャリアアップを目指した転職を検討し始める時期かもしれません。

 

転職の仕方で年収が確実に上がる

転職方法でもうまくいかなかったり、前の会社の方がよかったかもしれないと失敗してしまうケースってあります。

その理由ですが、ちゃんと会社を『IT・Web業界に特化した』転職エージェントを利用していないからというのが割と大きな理由です。

 

私も最初はハローワークを頼ったのですが、ハロワの人って職の紹介はしてくれますがその紹介した業種へは特に知識がありません。

ただ紹介するだけ。ほかにも大手の転職エージェントにも相談へ行ったことがあるのですが、Webエンジニア・フロントエンドの仕事を探していたのに、Web系に特化していないこともあり担当となったコンサルタントがインフラエンジニアの仕事を紹介してきました。

インフラエンジニアってあまりよくわかっていなかったので、何をするエンジニアなのかと聞いてみても『エンジニアの仕事ですから○○さんが今までやってきたプログラムのスキルも活かせると思います。』と全く答えになっていなくてあきれたことがありました。

 

フロントエンドエンジニアって業界について全く知らない人だったら、IT系のエンジニアって大体同じなんでしょう?ってな感じと思っているエージェントもいるようです。(もちろん担当となったコンサルタントの質にもよりますが。)

 

こういった専門性に欠けるアドバイザーに相談しても自分が欲しいアドバイスや、仕事の紹介ももらえないのでなかなか前に進めません。

 

キャリアアップを目指したい、Web会社でも今いる会社よりも良い会社へ入りたいと思うのが当たり前です。

そのためにWeb業界に精通しているアドバイザーが吟味して、企業との相性などもカウンセリングの時点で判断した求人のみを紹介してくれる転職エージェントを利用すべきだと痛感しました。

 

【激選】経験問わずで年収を確実に上げられる転職を斡旋してくれるWeb系転職エージェント

頼もしいサポーター

中にはまだそこまでながくエンジニアとして勤められていないという方にとっては年収UPを目指せる転職が可能なのか不安な方もいると思います。

これから紹介する転職エージェントは経験問わずで厳選された会社を紹介してくれますので興味がある方はこのままお進みください。

 

給料UP平均83万円!インターネット業界特化の専門エージェント【Tech Stars Agent】

Tech Stars Agent
運営会社 株式会社Branding Engineer
対象 経験問わず
専門転職部門 IT・Web・ゲーム業界
ここが良い 厳しい審査に通過した厳選された求人のみ
TechStars経由でしか出会えないレアな職場が多数
平均83万円年収UP
転職だけでなく独立の支援も行っている
エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当
公式サイト https://techstars.jp/

Tech Stars Agent(テックスターツエージェント)エンジニア特化型のダイレクトリクルーティングサービスです。

エンジニア・ディレクターなどの各職種から検索できます。

 

Tech Stars Agentはフロントエンドよりもアプリ開発系のWebエンジニア職に強い転職エージェントです。

求人では未経験からでも300万スタートでステップアップして1000万円の年収を設定している会社が多い印象です。

その証拠に転職後の収入は平均で83万円UPとかなり収入面で大きく前進できるサポートをしてくれています。

 

企業に関する情報が詳細までしっかり記載されており、求人の概要にも必須条件・歓迎条件・求められる人物像などが具体的に書かれているため応募の際の参考にすることができます。

またエンジニア経験のあるエージェントに相談することもできるので転職先の会社とのミスマッチを防ぐための的確なアドバイスが貰えます。

また転職だけでなく独立への支援も行っているので双方興味がある方にとってもいい発見が得られます。

 

 

【関東の転職に強い】Web業界特化型のマイナビクリエイター

マイナビクリエイター
運営会社 株式会社マイナビワークス
年齢 20代〜30代
職歴 Web職・ゲーム業界に転職意欲のある方
既卒・第二新卒(未経験でも美大・芸大卒なら有利)
対応地域 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県
ここが良い クリエイティブ業界特化型
キャリアアドバイザーがゲーム・Web/IT業界に精通している
ポートフォリオ制作・中途採用セミナーやイベントが充実
企業とのマッチングを重視しているので就職後のミスマッチがない
費用 無料
公式サイト マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは個人的に一押しです。

業界経験者向けの転職エージェントですが未経験からでもポートフォリオなどスキルを証明できる方でしたら利用可能です。

 

主に20~30代の転職希望者をターゲットにしているので若者転職支援に強いかなという印象です。

Webでもフロントエンドやサーバーサイドのシステム関係、アプリケーション開発など幅広いWeb業界への部門を専門にしています。

またマイナビクリエイターはエンジニアの仕事だけでなく、デザイナーやマーケティング、映像などWebに関するあらゆる職種にも適応しているので、今まではフロントエンドの仕事をしていたけど、次はSEOについて学べる仕事を探したいなど異業種への転職にも向いています。

 

またマイナビクリエイターはキャリアアドバイザーが業界に精通しているのでWeb業界への転職に欠かせないポートフォリオの制作や添削などを指導してくれしっかりと就職が決まるまでサポートしてくれます。

 

ただデメリットを上げるなら関東で就職を目指す人に対応しているので地方の方は利用したも満足のいくサポートが受けられないことです。

逆にマイナビクリエイターに来社可能な一都三県に在住の方でしたら迷わず利用していただきたいです。

 

東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県に会社があるので来社可能な方はぜひ利用しましょう。

 

 

雇用よりも自由な働き方を求めるなら『Webist』

Webist

Webistは国内最大級を誇るWeb業界・広告/出版業界で活躍しているクリエイター専門の求人情報(派遣・転職)サイトです。

正社員雇用求人はもちろんですが中には週3日で働きたい方、残業はしたくないので派遣や契約社員として働いてプライベート重視で働きたい方にもぴったりな求人を探してくれます。

私もWebistは利用したことがあるのですが、まずどんな働き方だしたいのか、Web制作でもどんな商品に興味があるのかとせっかく働くなら興味のある製品や商品についてWebサイトを制作する仕事がいいよねと話しが進みました。

あと、Web業界に限らずではありますが正社員から契約社員に変わる方も比較的多いと聞きました。

 

雇用形態によるメリットデメリットは杜トンあるが非正規だと責任感が少し減らせて残業のなく週4日程度で働きたいけどちゃんと組織には属したいという願いがかなえられるのでバリバリ働きたくはない方は雇用を変えた働き方を相談してみましょう。

 

連絡は『クリーク・アンド・リバー社』と名乗られる場合もありますが、Webistを運営している会社のことですのでご心配なく。

 

 

年収1000万円の独立を目指すなら【レバテックフリーランス】

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスはIT・Webエンジニアやデザイナーの方たちの独立に特化したエージェントでSEの友達もここを利用して独立して仕事を貰い働いています。

 

独立した友達はフルタイム勤務で働いてはいますが、中には週3日勤務で自由な時間を確実に確保できているのにそこそこ良い報酬で働いている方もいます。成果型なので一気に300万円2~3か月で稼いで後はのんびり趣味程度に働くというやり方ができるのもフリーランスの特権ですね。

 

登録後にメールで

 

企業紹介の参考にするため、お持ちの職務経歴書をメールにて送付いただけますでしょうか。

デザイナーとしてご応募いただいている場合は、履歴書、職務経歴書と合わせてポートフォリオもお送りください。

 

と言う内容のものが届きますが履歴書と職務経歴書は完璧に仕上げなくても大丈夫ですし、ポートフォリオも準備ができていなければエージェントとの相談時に携わってきた会社の制作物を見せながらの面談でもスキルを図ってくれます。

または就活には出せないけど簡単なポートフォリオがあるならばそれを持っていきましょう。

 

書類やポートフォリオは結果的に用意すべきですが相談時にはひとまず自分のスキルが軽く分かる程度で十分です。

 

独立して自由に働ける生活スタイルを考えている方は相談してみましょう。

利用は完全無料です。

 

 

IT・Web業界の転職は環境に縛られずキャリアアップしていくためのもの

冒頭でも話しましたが古風な考えをした方はすぐに転職するのは我慢が足りないとか、逃げだとかいろいろ言います。

一生1つの会社に身を捧げて評価が貰えてた時代はとっくに終わり、某大手企業も数年前に終身雇用を続けることは困難だと終身雇用の崩壊が始まっています。

つまり年功序列の社会ではなく能力やステップアップしていく行動力で年齢は関係なくどんどん稼げる時代に変わりつつある。

 

その最先端でもあるのがIT・Web業界です。

 

何の不満もないのであれば1つの会社に居続けるのもありですが、給料を上げたい、もっと質のいい大きな企画にかかわってみたいなどキャリアアップを考えるなら、今の会社でそれが実現で来そうにないのであれば転職してみるのが良いでしょう。

 

ステータスを上げるのは自分の行動でできますし、業界的に最低1~2年未経験からでもキャリアを積めば収入アップを目指せる転職が可能です。

 

現に最初の会社は23万でだったけど1年ほどで転職の結果28万→32万と給料があがり、また昇給も年2回しっかりとされてそう遠くない未来は600~800万円にはなっていくような会社にランクアップできている方は珍しくありません。

また独立した友達と先輩が2人いるのですが、一人は週3~4でのんびり働いて年収600稼いでいて自由な時間が増えたことに満足している働き方を得ていて、先輩はエンジニア仲間から良質で高単価な案件を貰いそこで自分をどんどん売り込んで結果的に年収1,000万円を超えていると話してくれました。

 

こういったエンジニアとしての仕事にやりがいを感じていてどんどん自分が挑戦的にやってみたい仕事をとっていきたいと思える方ってフリーランスが向いているなと感じました。

会社でするようなコピペみたいな作業ではなく毎回レベルの高い開発と構築を携わるのでどんどんスキルが飛躍して結果的に自分への社会的価値も上がっていくルートが出来上がっています。

 

会社を変えて安定的に給料を上げるもよし、独立して挑戦的に給料を上げるもよし。

せっかくこの業界に入れているのですから稼げる自分になりましょう。