ニート期間ありの転職で月労働300→160時間・年収280→450万円【報酬は能力ではなく会社で決まる】

第二新卒で採用された会社では手取り19万円ちょっとでしが、まぁ初任給にしてはいい方だと思いました

ただ1日の労働時間が苦痛でした。

休憩時間は1時間あったのですが、休憩していたら残業が伸びることが確定していたので私は当時休憩を一切取らず長い時で15時間ぶっ続けで仕事をしていました。

 

そうでなくても平均労働時間は12時間~14時間。

終電で帰る日の方が多く、また終電を逃したこともあり会社に泊まり込んだこともありました。

一応職種を言っておきますとWeb系のエンジニアの仕事です。

 

極めつけに祝日のない会社だったので毎月22日出勤とほかの会社に比べて2日ほど毎月出勤が多い会社でした。

 

単純計算で

【1日の労働時間(13時間)× 月間出勤日数(22日)= 月の労働時間の平均(286時間)】

と大体300時間くらい働いていました。

普通の労働の約2倍をこなしているって今思うと頭おかしいです。

また残業代はほぼサビ残だったので残業しても雀の涙ほどしか給料に反映されませんでした。

 

ほんとにきつすぎて体を壊しかけたし、疲れているのに全く寝れない日もありました。

周りの社員たちもエナジードリンクが必ず机の上に置いていあり、入社した時は気にもならなかったことですが、疲れてき始めてからそういった体に鞭を打って働いている部分が節々から見え始めてちょっとここヤバいなって思い始めました。

 

本記事では過去の私みたいに残業を含む労働時間が長いのに、年収が300万円程と上がらず働くことにつかれているしモチベにもならない方に、私が転職したことで変わったことをお伝えしたい記事です。

 

結論を言いますと、自分の能力で年収や労働時間が決まるのではなく選んだ会社で決まります。

 

本記事で紹介しているキャリアップにつながる大手転職エージェント

  1. リクルートエージェント保有企業数国内NO.1!転職希望者の約8割が利用しています
  2. doda:アドバイザーの質が高いので自分の希望している仕事に出会いたいならココに相談
  3. マイナビエージェント:20~30代の若者の転職に強い!私の友人はココを利用して大手企業に転職しました

 

初めての転職は失敗だった!会社が地獄だった話

安易な転職

私は大学の新卒で会社が決まらず、ニートからフリーターになり、そこから何とか社会復帰して中途採用で社会人になりました。

最初に入った会社は辞めた後にブラック会社だったなと気づけたのですが、他にも職場でパワハラやいじめも受けていてメンタルと体両方壊してしまい1年未満で会社を辞めました。

その後私は海外に留学することが決まっていたので、前職のスキルが活かせる同職のエンジニアにアルバイトで入社しましたが、正社員の話も持ち掛けられてかなり悩みました。

時給は1,300円とよかったのですが、留学のためにお金を減らすことができないのと少しでも貯金をためておきたいという思いで入った会社でしたが1年したら正社員にしたいことを考えているといわれて、留学に行こうと考えててそのつなぎなんですとか言えなかったです。

結局、いろいろありましたがそのエンジニアのバイトを辞めて留学し、帰国後にまた就活をして仕事を得ています。

 

日本では3回転職しています。(もっと厳密に言いますとちょっとだけ働いてすぐ辞めた会社もありましたが。)

私は年齢はまだ20代でありまして、20代で3回、4回の転職って割と多い方だと思います。

 

間に留学を挟んだのは大きかったと思いますが、この転職経験から失敗したなというのは初めのフリーターから社会復帰で就いたブラック企業でした。言わずもがなですが。

 

この転職に失敗してしまうケースって安易な転職をした結果です。

会社を受けてみてちょっとでも変だなとか直感的に感じたら少し疑ってみること。そして自分という価値を必要以上に下げて就職に臨まないこと。

妥協して入った会社は続けられないです。

 

ブラック企業に転職していた時の働き方

職場の環境事態が新人にとって精神衛生上よくなかったです。

理由としてはいつまでにこれができなければクビになるとか、態度でいつになったら使い物になるのかな?と感じさせられるプレッシャーがあったり、しょっぱなからエンジン全開で働かないとヤバいと思い込まされるような環境でした。

やる気があって良いねという評価はいただけたけど、無理をして働いていたのでその馬力が無くなればしぼむだけでした。3~4か月経つ頃にはストレスと疲れで十分に寝ることもできず、その代わりに暴食をして気持ちを落ち着かせていました。(お酒が飲めないたちなのでそこだけは助かった。)

 

新入社員の人で最初から100%で頑張る人がいますが、大体が病んでいったりうつ病になってしまいます。

最初の頃はとにかく会社になれることと、どんなことがあっても体力をチャージするために睡眠時間は確保しないといけない。

70~80%くらいの頑張りでも十分すぎるんだということ。

 

身体を壊しても会社は責任を取ってくれません。

この初めて入った会社で体を壊してから学んだのは、自分がしなくてもいい仕事、楽ができるところでしっかり手を抜くかということ。聞こえは悪いですが成果にもつながらないことにも全力でやっていては体がもちません。

何が利益でどこで頑張るべきなのか、またこの部分はそこまで頑張らなくてもいいのでダメだしされない程度に仕上げようとか、力の抜き具合が分かってくると成果を出すべき仕事に労力を使えるので評価にもつながりました。

 

とにかく何でもかんでも頑張っていてすべてにYESと言っていた時は、報われないことの方が多かったです。

 

そんな働き方をしていたのと勝手に自分にプレッシャーをかけていたこともあって残業は4~5時間1日にありました。

そして休憩を取らない日もありましたので、家に帰ったら発熱があり、それが2週間以上続いた時もありました。

年間休日は104日と祝日がない会社だったので1か月大体22日出勤は確定。

 

残業が多い会社は多くありますが、それに加えて休みが少なかったので、体調を崩しても休める休日がないし病院にも行けない。

本来だったら休みの日は友達と遊んだり、趣味に使いたいものでしたがただ寝るか、1週間分の家事をするかだけの休日でした。

 

アルバイトの方が休みがあって時給が高かった【時給700→1,300円】

皮肉にも最初に入った会社で働いていた時よりも次に就けたアルバイト雇用の方が稼げました。

最初の会社は1日13時間平均で22日働いて手取りは19万円ほど。

日当は8,000円くらいしかない。13時間働いて8,000円って時給6~700円です。

今思うとほんとにいいコマだったなって思います。

 

そのあとに期間限定で働いていたところは残業なしで時給1,300円。

1日8時間勤務だったので余裕で1万円超えていました。

交通費も支給されて月給は21万円ほどで手取りで考えると16~7万円くらいだったのですが、休みはとれるし時間は作れたし、体調も良くなった。

そして職場環境も良かったので、最初に働いていた会社と比べると変に緊張して自分にプレッシャーをかけて働かず、のびのびとできたのも自分の能力をうまく自分で使いこなせる環境下にあったなって思います。

また働けばその分だけもらえたので、アルバイトの方が良いんじゃないかって感じましたね。

ちなみにこのバイトで2か月ほど働いてたあたりから能力により時給アップで100円上がり、時給は1,400円になりました。

 

もちろん不安定な雇用であるのでゆくゆくは正社員にもしてくれると話してくれた会社でしたので、留学を控えていなかったらそこでずっと働いていたと思います。

 

職歴1年未満+ブランク2年あったけど転職で年収UPした

能力よりも会社の選び方

最初に働いていたブラック企業は10か月で辞めてしまい、そのあともアルバイト雇用で別会社で働いていたので履歴書に書ける職歴って1年未満しかなかったのです。

留学をして、帰国後すぐに仕事ができたわけではなく1年ほどニートや家の仕事の配達や事務の仕事を手伝ったりしていました。

ブランク的には2年ほどたっていたのですが、そこから転職活動をして結果的にタイトルのように、月300時間労働が160時間にまで減ったのに、年収は約450万円まで上がりましたし、昇給も年に2回ありますので2~3年勤務で500万超えるのは確定です。

 

何年も働いてキャリアアップだったら確かにあり得るという話ですが、私は日本での職歴1年未満でしたが大幅なキャリアアップにつながりました。

ただちょっとタイトル釣りみたいになってしまっていますが、最初から年収450、月収で考えると大体36~8万円も貰っていたわけではなく、最初は30万円からのスタートでした。

 

職歴が1年未満でブランクもちで月収30万円スタートができたのは会社選びです。

 

最初の転職の時に自分には社会人経験もスキルも乏しいので給料が低くても、休みが多少少なくてもステップアップしていくためには苦労は買って出るべきかなとか考えていたのですが、当時自分と同じようなスキルや経験の知り合いは残業手当がしっかり出て昇給も年に2回は必ずある会社に就職して、初任給は手取り18万円程度でしたが年々給料が上がっていき、今では十分に貰っています。

 

最初から求めすぎるのはよくないですが、明らかに搾取されているような働き方をしているならば転職して時間が作れて体を休める働き方ができる会社や、給料がちゃんと上がっていくモチベーションに上がるところに就いた方が本当に楽です。

 

給料を上げたいならスキルや職歴よりも業界や会社選び重要だと気づいた理由

業界選びは特に重要

転職におけるキャリアアップはスキルも当然重要ですが、会社選びはそれよりも重要だと思う理由としては最初の手取り19万のブラック会社では5年働いていた先輩も大きな昇給はしておらず何と手取り20万円ちょっと。

スキルがあるのにこの会社だったから給料が伸びずに休みもない働き方。

5年、6年とキャリアを積んだベテランの先輩でも新人の私と1万円ほどしか違わなかったのです。

またおかしな会社でもあったので課長とか部長ではなく副社長みたいなポジションの方がいた部署では技術職と比べてスキルがいらない事務仕事だったのですが23万円ももらえてたらしく、能力のいる部署であったエンジニアやデザイナーなどの技術部署では不満が駄々洩れでした。

 

2~3年、ましてや5年も働いているのに思うように給料が上がらない、または周りの平均を見ても自分は働きすぎていたり、その割には年収が低いならその会社は辞めたほうがいいかと思います。

自分にとって何もいいことないです。ただ会社に低コストで働いてくれる社員として人生を搾取されているだけ。

 

転職するかどうかは自分で決めることなので強くは言えないですが、ただ現状に悩んでいるのに転職するのがめんどくさいだけで何も行動しないのなら本当にもったいないです。

今の働き方や給料に愚痴っている、不満があるならいっそのこと自分が満足できる会社を探して転職してみましょう。

 

3回も4回も転職した身として言えることですが、転職活動は思い悩むほど難しいものでもないです。

 

年々転職エージェントの質とかがよくなっているようにも感じ、転職の仕方とかでも自分であれこれわからないなりに行動するよりも転職のプロに1度相談し的確なアドバイスと相性の良い会社を紹介されるのでそれに沿って就活していれば大体はうまくいきます。

ただ1つのエージェントに偏るのではなくできることなら2~3社は併用して、それぞれのサポートをうまく利用すること。

自分にとって最適だと思う会社に出会えるきっかけを増やすのは大事です。

 

同じ営業職でも業界チェンジで年収が2倍になった話

知り合いの話なのですが、ブライダル系の営業職をしていた友達が新型コロナウイルスにより結婚式典が激減し会社が倒産秒読みとあって転職しました。

営業の仕事ではあるのですが海外法人の車関係の会社に転職し年収が700万になったと話してくれました。

 

私は会社によって年収も待遇も大きく違ってくるなと感じましたが、その友達は同じ営業の仕事でもブライダル系と自動車メーカとで業界によって大きく年収が変わりました。

 

他にも建築系の仕事をしている知り合いも外の現場監督のポジションから設計の方に移ったことで、いくらかはわかりませんが大きく年収が上がっと話してくれた友達もいて、業界は同じでも働くポジションで年収ってこんなにも簡単に変わるんだと思いました。

外で現場監督をしていた時は危険と隣り合わせだし責任も必要でとにかく体力勝負だったけど設計業務に移ってからは体力面でかなり楽になったとも話していました。

 

年収や休みなど働き方を変える場合は、会社とそして業種を見て転職先探しをすることをお勧めします。

 

残業を減らして給料を上げたい人に勧める転職エージェント

転職エージェントは必須

私はエンジニア職に特化した転職エージェントを利用したのですが、一般職全般向けの転職エージェントでもリクルートエージェントdodaが個人的にはお勧めです。

リクルートエージェントはとにかく保有している企業数が国内トップですので仕事情報を多くの中から比較して探したい人にお勧めで、dodaは求人数はそこまで多くはないのですがエージェントの質が高いので希望に沿った仕事を一緒に探してくれます。

 

他にも友達でホワイト企業で初任給30万円からジョブチェンジして自分がしたい仕事を探せたマイナビエージェントは20~30代の若者転職に強いので必須で登録しておきましょう。

 

大手どころは利用者数も多く実績も確かなので、多くの会社とのパイプが太いですし、サポートも安定しています。

 

IT系のエンジニア職に興味がある方はフロントエンド・Webエンジニアで働いてるけど年収が低い【年収280万→550万超えにキャリアアップ転職】にて未経験からでも高収入のエンジニア職を紹介してくれます。

別の道にこの際進んで挑戦していきたい人、またインターネット業界に興味がある人はぜひ参考にしてください。

 

転職で収入が上がったり休みが増えれば暮らしも体調も良くしてくれるし将来に対する不安も消えてるので、今の会社での待遇に悩んでいるのならまずは少しでも行動してみましょう。

 

本記事で紹介したキャリアップにつながる大手転職エージェント

  1. リクルートエージェント保有企業数国内NO.1!転職希望者の約8割が利用しています
  2. doda:アドバイザーの質が高いので自分の希望している仕事に出会いたいならココに相談
  3. マイナビエージェント:20~30代の若者の転職に強い!私の友人はココを利用して大手企業に転職しました

 

 

人気記事転職4回経験して本当に役に立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント【保存版】