プログラミングのスキルなしで転職してもWebエンジニアになれるものなの? – Abstract-ous

プログラミングのスキルなしで転職してもWebエンジニアになれるものなの?

プログラミングのスキルは全くないけどIT業界・Web業界に憧れて転職を考えている。

エンジニアの仕事って高給なイメージだし、最先端な仕事でもあるのでこれからの時代需要が高い。

 

プログラミングスクールとか独学で転職や就職する人が多いみたいだけど全くの知識なしで未経験から転職した方の話を聞いてみたい。

 

こういう方に向けた記事となっています。

まず私自身はプログラミングスクールでWebデザインとコーディングやプログラミングのスキルをみっちりつけてから未経験転職したのですが、業界に入ってみると割とプログラミングについて全く勉強してこずにスキルゼロから入社されてくる人もいます。

 

彼らの話にスポットを当ててプログラミングスキルが全くの無しからのWebやIT業界にエンジニア転職ってどうなの?というところを書いていきます。

 

今未経験でなおかつスキルもないけどエンジニア転職を考えている方の参考になればと思います。

 

私が未経験からWebエンジニアになれた話は既卒が無料のプログラミングスクールに通ってWebエンジニアにストレートでなれた体験談で語っています。

 

スキル無しでもエンジニアにはなれるが苦労します

 

まずプログラミングのスキルがなくても雇ってくれるWeb制作会社はあります。

年齢も20代までならいけるんでしょ?って思う方も多いですが、確かに20代であるなら将来性が銃砲されて『未経験の応募者枠』では採用されやすいです。

ですがプログラミングの勉強はしたことがない30代の方も会社に入ってきたこともあるので、あくまで確立の話であって30代でいきなりエンジニア転職は無理というわけでもない。

 

しかし30歳を過ぎるとそれなりに運とタイミングも大きく影響してくると思うのでエンジニア転職を考えているのならまずはプログラミングのスキルをスクールなり、独学なりで身に着けて何か簡単なWebサイトでもアプリなどを開発してみた方が就職の確率は当たり前ですが格段に上がります。

 

年齢の壁は手に職を言わす業界はそれなりに厳しいです。

 

スキル無しでも就職できる「可能性」はあることがわかったと思いますが、なぜ苦労するのか?

就職が難航するというのもあるかもしれませんが、一番大きな理由は就職してからです。

 

やっとエンジニアになれたけど、きつすぎで即退職

勉強せずに就職できた先にある分岐点で一番怖いのがこれですね。

 

エンジニアになれたけど1からプログラミングを仕事をしながら勉強するって過酷です。

エンジニアの仕事だけでなくいろんな仕事に言えることだろうけど、手に職をつけて自分の能力を売りにする仕事はそれが如実に表れます。

 

ちゃんと会社も未経験でスキルもないことを分かって採用しているのでしっかり教育などはしますが、大手じゃない限りなかなか難しいのが現実です。

先輩方も自分の仕事があるわけで、スキルがある未経験の子でもそれなりに付きっきりで教育しないといけないのですが、プログラミングのスキルが一切ないのならその拘束時間は何倍にもなります。

 

また会社としてもこの時期までには業務に関わってもらいたいというプランも立てているので、それにちゃんとついていってスキル習得に時間を惜しまないかどうかというのは重要です。

 

スキルもない未経験転職者に多いのが「残業はしたくない」「家で勉強はしたくない」とエンジニアにとってはじゃあなんでエンジニアになろうと思ったの?という人もたくさんいます。

 

未経験で入るなら最初の1年はがむしゃらに勉強して、会社が終わっても独自で課題をこなしたり、通勤時間もはやりのコードの書き方やWeb業界での流行りについていこうととにかく勉強します。

それが楽しくもあるのですが、これがしんどい、つまらない、思っていたのと違うとなって辞めていく方が多いです。

 

エンジニアは突き詰めれば楽と言われている理由

 

エンジニアとしての働き方って考え方によってはずっと仕事しているようにも見えますが、そのスキルは自分だけの財産です。

私の先輩は私が入社した当時からレジェンド呼ばわりされていて、数か月後6年勤務した会社を辞めて独立しました。

能力が付いて会社に雇われなくても自分で会社に雇われている以上の報酬で働けるようになったからです。

 

また業務中も担当していた制作物が早くに終わってしまえば残りの就業時間は自分の自由時間です。

私は早くに仕事を終わらして、就業までの残り3時間は自分の知識を磨くためにPHP(プログラム言語のひとつ)で制作管理に役立ちそうなツールを開発するのに遊んだりしていました。

その出来上がったものがチーム内で使われて、だれがどの作業をしているのか、どこまで進んでいるのか、変更点があったのかなどがツールを開けばわかるようになるというものです。

チームのための開発ではあるけど自分のスキル向上のための方が大きいです。

 

一応会社では任された業務はこなしますが、終わってしまえば自由時間で勉強したいことに時間をさける。

業務上でももちろんプログラミングの組み方やエラーやバグなどで1日つぶれて何やってたんだ今日はという日もあるけど、それが解決したら一回り成長できている。

 

スキルが付けばつくほど自分が楽になっていくような職種でもありますが、最初からそれを求めて入ってくる方は挫折します。

 

スキル無しでも働けるが続けられるかは本人の努力次第。

なので個人的には本気でエンジニアになりたいと強い熱量がないのなら、まずはプログラミングスクールで3か月程度基礎的なことをみっちり勉強してから就職される方が挫折する率は減ります。

就職してから仕事ができない、分からない、だけど早く仕事ができるようにならないとというプレッシャーがまずかなり軽減されます。

 

プログラミングスクールでも広告でたった3ヶ月でプロになれる!とか言われていますが、なれません!

エンジニアに就職できたことをプロと言っているなら、それは中身のないプロです。

 

業界で揉みにもまれて5年ほど勤めて初めてプロって呼べるかなと個人的に思っています。

 

現在エンジニア転職を考えているけどプログラミングを先に学んでから転職を考えようという方は早めの行動をお勧めします。

きっかけがなければ勉強ってなかなか手につかないというのもありますが、5年前とかに比べてスクールなどでスキルをそこそこつけて転職されてくる方が増えてきているので、エンジニア転職もそれなりにハードルが上がってきています。

 

いきなりエンジニアになるのはできるけど勉強してからの方が楽!

 

今よりも1か月、3か月後の方が難しくなっている場合もある。

数か月単位は少し言い過ぎではありますが、私がWeb業界に入ってからの5年間でもだいぶ変わってきたなと感じています。

 

スクールでも29歳までなら無料で通えるプログラミングスクールがあります。

就職支援もついているので、スクールにお金をかけたくないという方にはお勧めですが、就職先は関東圏が主です。(地方向けのスクールもあります)

 

無料で通えるプログラミングスクールに興味がある方は【全て無料】ニート・フリーターに勧める転職保証付きのプログラミングスクールで紹介しているスクールで無料体験レッスンやキャリアカウンセリングをオンラインで行っているのでひとまず受けてみましょう。

(オンライン不可のスクールもありますがコロナの影響でほとんどのスクールがオンライン化しています)

ただこちらの無料スクールは転職支援とプログラミングスクールが一体となっているので就職が主となっています。なので就職先がプログラミングスクールが保有している会社を卒業後に紹介されて、ほぼストレートでエンジニアになれるので楽ではありますが、どうしても入りたい会社が決まっているという方には向かないと思います。

 

年齢が30代の方や地方で就職したい方、就職先は自分で選びたい、それなりにお金はかけても良いという方は【無料あり】未経験からWeb系のエンジニアに転職したい人に勧めるプログラミングスクール3社で紹介してるスクールはカリキュラム内容も就職成功率なども高いのでお勧めです。

期間にもよりますが大体3か月で30万円ほどです。スクールの中には転職成功で受講料全額キャッシュバックされたり、体験コースとして無料でコースを1週間受けられるスクールもあります。

 

プログラミングスクールではこれからエンジニアになった場合にどんなことが待ち受けているのかをシミュレーションできる機関としてはベストです。

プログラミングの世界を全く知らずに入社してガッツとやる気でバリバリのベテランになっている方もいますが、学生時代にプログラムをかじっていてその延長線上でエンジニアになった方や、専門学校やスクール上がりの人が多いです。

 

プログラミングが好きで、自分の時間を削って勉強を惜しまないというのは新人を採用するにあたって絶対条件でもあるので、自分が就職してから少しでも楽に働くため、そして就職の幅と確立を上げるためにプログラミングスクールは利用する価値はあると思います。

 

それでも勉強無して先に転職を考えているなら

 

スキル無しでも採用してくれる会社はあります。特に関東に多いので東京に近い方でしたらチャンスは大いにあります。

ただ未経験案件のWebエンジニアの仕事を一人で探して就職活動するのはやめた方が良いです。

スキルがあってもお勧めしないです。

その理由がブラック企業につかまりやすいというのが一番大きな理由で、残りは就活が難航するということ。

 

それを避けるためにWeb・IT業界に強い転職エージェントを利用するのは必須です。

エンジニア未経験の方もそうですが経験者の方もハロワや一般職を多く扱っているマイ〇ビ、リク〇ートエージェントなどを利用するよりもWeb業界の転職に特化したエージェントを利用します。

Web専門のエージェントを利用することで、未経験案件でも相性の良い企業を紹介してもらえるので採用率も上がりますし、書類添削や面接についての不安もしっかりサポートしてもらえます。

コンサルタントがWebやIT業界に精通しているので、転職のプロの中でも自分がいきたい業界に特に長けている人に相談した方が安心できますし自分の可能性を知ることもできます。

 

会社に入ってからスキルをつけていかれているエンジニアの方もたくさんいますのでまずはとにかく転職を先に考えている方はまずは行動を始めてみましょう。

 

人気記事【全て無料】ニート・フリーターに勧める転職保証付きのプログラミングスクール
 

人気記事【無料あり】未経験からWeb系のエンジニアに転職したい人に勧めるプログラミングスクール3社