海外留学の恋愛関係が過激?留学中に不倫・浮気をする留学生

日本からすると海外って性欲にたいして素直でオープンです。

日本と海外とを比べるとやらしいやエロいみたいなのより、ただ本当に性欲にはまっすぐだなと感じる事件がいくつかありました。

 

気になる人がいたらすぐにアタックして、”体の関係になりませんか?”

みたいなノリです。

 

また日本じゃありえないと声に出してしまうような関係の留学生グループが来た話、男女関係のややクレイジーな話について書いていきたいと思います。

 



付き合ってないけど好きだからセックスしよう

外国人とカップルに

学校の黒人の男の子が、ある日本人の女の子の事がずっと好きだったらしいのです。

私を含めその黒人も日本人も学校の寮に住んでいました。

 

日本人、仮にAさんと言います。

Aさんはワーキングホリデーとしてイギリスに来ていたので学校を卒業する少し前に寮を出て一人暮らしを始めたのですが、残りの授業のため学校に来ていて、寮を出てからも私たちは交流が続いていました。

 

また彼女はその黒人の男の子と同じクラス。

 

ちなみに年齢は黒人の男の子は当時18歳。

日本人の女性Aは25歳でした。

 

とあることがきっかけで、この黒人の想いが爆発し事件が起こりました。

この時期が以前書いた寮母が変わったことで規則が変わり、夜になると学校がクラブ状態になった時期とかぶります。

 

そのことについてはこちらの記事にまとめていますので割愛します。

 

この日も学校のカフェでお酒を飲みダンスをし、荒れまくっていたらしいのですが、黒人の男の子がAと学校の適当な教室をラブホ代わりに使ったとの事。

未遂だったらしいですが。

 

夜の学校は基本先生方もおらず寮生と寮母のみになりますが、少し前に寮母が新しくなりいろんなシステムが酷い有様になっていたんです。

このクラブ状態は本来あり得ない事態です。

 

この時、Aは酔っぱらっていたのもあったのですが寸でのところで体の関係を持つことにストップをかけたんです。

それに対して黒人の男の子

“俺の事嫌いなの?”

と尋ねられ、彼女はこれに対してはもちろん嫌いではない。

ただ友人として好きな気持ちしかなく、恋愛対象で見れなかったらしいのです。

 

好きだけどセックスはできないと答えるとそれは嫌いって意味だろとミニマム国際文化の口論が勃発したことを聞きました。


外国人は告白しない

告白の文化

私の実体験や海外で知り合った知人の話で共通する点が、外国人の特に男性にとって異性(女性)として見る意識が日本より強いようで、

異性に対して友達として好きという概念が薄い。

 

絶対とは言い切れないが、日本人の感覚よりもっとはっきりと”好き=恋愛として”と分かれているなという印象。

 

そして好きなら付き合ってないけどセックスするよねという日本人の感覚からするとやや飛ばし気味な感じです。

今の日本人も似たようなものかもしれないけど…。

 

外国人の付き合い方って日本人とは真逆なことが多く、付き合ってから相手の事を知っていくスタイルが多いです。

日本人は相手の事を知って恋に落ちて告白っていうのが王道ですが、それと考えると見事に逆。

 

そして外国人って日本の文化のように告白して付き合うという儀式がほとんどありません。

ずっと同じ時間を過ごしていることがもう付き合っていることになるらしく、結構友達から恋人になる境目がなあなあな感じです。

 

海外ドラマとか見るとしっかり告白してるというよりお互いの気持ちを確認しているようなシーンが多いのはそのためなのかな。

映像作品では告白という工程を踏む海外ドラマ・映画はもちろんたくさんありますが自分自身で体験したことや周りの日本人で外国人と付き合い始めた人・また今回のような事からしっかりと”告白”することをしないことも多いのも事実です。

 

見つめて、手を握って、キスできたらもうここから付き合っているってなる。

 

日本みたいに雰囲気作ってしっかりと好きです。付き合ってください!というよりも、いい感じになって軽く好きという気持ちの発言はありますが、付き合って欲しい、彼氏(女)にして欲しいとまで明確に言うことはあまりないようです。

 

そして、異性に対して友人として好きという考えを持つ私たちの文化と、好きは恋愛感情のためという価値観の違い。

実際にイギリス在住の歴が長い日本人が言っていたことなのですが、

 

今回のように襲われているシチュエーションで日本人Aが友達として好きと答えてしまったことは特にかなり危険な返しである。

“友達として”というのも日本人ならではの説明の仕方で、それを英語で伝えても”LIKE”と言ってしまったら結構重い意味になるようです。

このシチュエーションではなくても好きか嫌いかと聞いてくる時点で恋愛対象となっているので、そこで友人として好きとか人として好きなんて言っても通じない。

 

外国人にとって友達としてという概念での好きが無いとは言えないが、もう襲われちゃってる段階でこの質問をしているのは、友達の好きは彼にとっては嫌いと同じことだったのです。

 

これは日本のナンパとか遊び目的と比べるとまた違うんですよね。

彼は本当に彼女の事が好きで、だからいきなり体の関係になっても構わないよねという価値観。

純愛な気持ちがあったんだろう。

 

日本人が同じことをするといろいろ飛ばしすぎてて、この人遊びたいだけだろと勘違いしちゃうような攻め方ですよね。

 

 



離婚したのに元夫婦同士で留学に来た

離婚していた

私がイギリスに滞在していた最後の方にロシア人の団体留学生が来ていて私たちのクラスに入ってきました。

 

人数的には6人ほどで、留学期間も2週間と超短期です。

そのロシア人団体ですがほとんどが仕事をリタイアをした年代の人たちで50代後半から60代のおじさんおばさんでした。

 

そのおじさんおばさんの中になんと昔は夫婦だった2人がいて、かなり驚いたことを覚えています。

 

そのロシア人の元夫婦関係にあった2人ですが、なぜ離婚したのに一緒に留学来てるのと尋ねたところ

“どちらかが誘ってこのイギリス留学に来たといっていて、普段からも食事などに行ったりもする。”

と話していました。

 

しかもこの話ですが授業のスピーキングの時間の時にペアになった人に暴露していたので、そのオープンな姿勢もなかなか驚きました。

 

既婚だろうが女遊びは当たり前

不倫関係

留学生で年齢関係なくがっつり遊んでる人、遊ぶことは大事だと公言している人もいます。

 

モンゴル人の25歳の男性が学校終わったら女の子をとっかえひっけ引っ掛けて遊んでいる話をそのロシア人で離婚した夫の方の人と話していました。

しかもこのモンゴル人自分の国に奥さんがいる既婚者でお子さんもいるらしい。

彼は見た目は微妙な人だったんですがとにかくガツガツ行く人でした。

 

このモンゴル人イギリスに来て1週間もたたず女の子と遊び始めたようで、不倫するために留学したのかなとしか思えなかったです。

 

この不埒なモンゴル人に対して例の離婚した元奥さんと一緒に留学に来ていたロシア人のおじさんは

“当たり前だよね。”

だったか、

“まぁ普通だよね。”

 

みたいな返しをしていてそれを聞いていた私たち日本人はあり得ない…と絶句していました。

 

彼女がいたり妻がいても浮気や不倫するのは普通の事だよ。

とまでそのロシア人の人が言っていてそれにモンゴル人は同意して、特に盛り上がる様子もなく日常の何かを確認するみたいなテンションで話されていました。

 

感覚が違いすぎたし、それを授業中の雑談時間にさらりと言っているのが何ともヘビーでしたね。

 

しかもロシア人のおじさんに至ってはすぐ隣に元奥さんがいるのに堂々とそしてゆったりとした態度でしたし、元奥さんもその話に触れることはなく何にも気にしていない様子に見えました。

そしてこれもまた授業中での話です。

 

授業中に何話してるんだという感じですね。

 

どこでもセックスする

誘い誘われ

学校でのセックス事件は結構あります。

 

私がまだイギリスに来る1週間前に男子寮にいたモンゴル人(上記の不倫モンゴル人とは別人)が同じ学校の年上の同じモンゴル人の女性を連れ込んで自分の寮のベッドで最後までハッスルしたという話を聞きました。

 

その連れ込まれたモンゴル人の女性は私と同じクラスだったため、その話を後から知って見る目が変わってしまいました。

彼女は25歳にもなっていたのに…。

 

これも酔っぱらった結果だったみたいですが部屋に他にも人がいるプライベート0の寮の部屋でセックスするって完全にイカレテルって思いました。

セックスの最中に寮メイトが帰ってきたらしくかなりもめたらしい。

寮母にもチクられ、学校側からそのモンゴル人の男の子は寮から追放という通達が来たのですが何故か私が住んでいる間もずっと寮に住んでいました。

 

 


日本人は性の対象として狙われる

狙い

これも若い10代のブラジル人の男の子が日本人としたいしたいとずっと言っていたらしく、一人の日本人の女性とこれも学校で最後までしてしまった野蛮な話。

 

ブラジル人だけでなく結構いろんな国籍の若い留学生が下ネタトークになった時に日本人の女性については話題になっていました。

チャンスがあれば誰かとヤリタイという下世話な感覚ですが会話として話す分にはあまり気に留めていませんでした。

 

ブラジル人とエッチをしてしまった日本人の女性の方には婚約者がいるらしく、彼女は年齢は23歳であったがいろいろ緩みすぎているのと、自分とは住む世界が違いすぎて引きました。

 

ちゃんとゴムをつけていたわけではなく、日本人の女性は”中に出されてどうしよう。”と言っている割にそれを楽しんでいました。

 

貞操観念というかモラルというか、この動物園状態の事態に嫌悪感を持っていたものも多く悪い噂としてこの話は知る人ぞ知る話になっていました。

私の友人もこの事態に何人か引いていましたね。

 

ただ誤解してほしくないのはブラジル人だからこういう行いをしたと思わないで欲しい。

私がオーストラリアで出会ったブラジル人の男性はとてもいい人で今でも仲良しです。

 

ただ日本人のモラルや常識と比べるとかなりぶっ飛んだ下世話なことが起こっていました。

留学という別の国に身を置くことで自由で監視のない暮らしを手に入れることができたようなものなのでタガを外す人は多いという印象です。