オーストラリアでの仕事探しは英語が話せないと見つからない ワーホリで稼ぐには投資金と英語力とコネがいる

オーストラリアでの仕事探しは積みゲーだった




オーストラリアで働くための知っておくべき前知識

イメージと180度違うオーストラリアでの仕事探し
イメージと180度違うオーストラリアでの仕事探し

私は仕事探しに困らないとオーストラリアの中でも最も都会とされるシドニーを拠点としてオーストラリア生活を過ごしました。

 

オーストラリアで良い仕事に就きたい、時給が高い仕事がしたい、オージー(オーストラリア人)の人たちがいる英語環境で仕事したい。

主な仕事探しの条件ってこれだと思います。

オーストラリアって賃金がよくワーホリで行く日本人が豪語しているのが“旅行をしながら貯金ができる国”とされていて、お金に対するイメージがとてもポジティブな国というイメージがあると思います。

私もオーストラリアで仕事探しを始める前まではそうだと思い込んでいました。

 

日本で契約したエージェントもいいことしか言わなかったので稼げないという事実を一切考えなかったんです。

 

現実は

“違法低賃金の日本食レストランで働く。

オージーとの関りはほぼゼロ。

英語は伸びず貯金もできない。

近場の観光なら行ける。”

というものでした。

バイトのシフトが無い日はビーチや山、カンガルーに会いに行ったりとそれなりに旅行ができたのはよかったですが、お金は稼げず、家賃や食費などの生活費だけでも出ていくものの方が多かったのでとても辛かったのです。

 

バイト先を変えるためいろんなところへ面接へ行ったがどこも似たり寄ったりのドングリ状態。

高収入で面白そうで英語環境で働くにはインターンシップとしてそれなりの企業に多額のお金を払って契約しなければならないという意味の分からない現実でした。

 

高収入・楽しい・英語環境の仕事に就くには数万から数十万のお金がいる

オーストラリアで仕事探すにあたり、私はJams.TVと日豪プレスをメインに使っていました。

そこで気づいたのが興味がそそられて高収入の仕事は大体有料のエージェントを通してインターンシップ制度として面接を行い、契約金やらなんやらを支払わないといけないというシステム。

 

仕事内容的にはクルー(船)での接客や調理、クリーナー、スキー場でのインストラクターアシスタント、住み込みでリゾート地で働くなどもあれば、IT系や銀行での受付など企業に入り込んで働けるものもありました。

しかしこの企業で働く場合はほとんどが無給での契約になるため、英語力と職歴のみを海外で作りたい方にはマッチしていますが、私は金銭的な部分が全く余裕がなかったため給料無しで長期で働くという選択肢はできませんでした。

 

そして、エージェントを通してリゾート系の仕事や企業系などでオージーと一緒に働ける仕事、いわゆるローカルジョブにこのエージェントを通して有料で申し込むには英語のレベルチェックがあります。

私はそのレベルに1歩及ばず、そもそも申請できる資格はありませんでした。

そのレベルチェックはオフィスで無料で何度でもできます。

 

英語のレベルがクリアしていてもすぐに仕事が見つかるわけではなく、いろんなインターンのできる職場から空きを待たなければなりませんし、残りのワーホリVISAが半年以上、できれば8か月以上なければ申請段階で落とされる確率も上がります。

 

運よくすぐ見つかる場合もあれば、丸々1か月待つことも時期やタイミングによって長く待たされる場合があります。

 

そして大体の場合このようにエージェンシを使う場合で仕事と探しと契約を申し込む場合、数万~20万近く契約金としてお金を支払う必要があります。

(金額についてはあくまで私が訪れたオフィスでの話しです。)

面接先の条件やインターンシップを探してくれるオフィスにもよると思うのですが私が行った仲介会社はもしも面接に落ちたとしてもそのお金は戻っては来ないというお話で、聞いていてリスクしかないような気になりました。

 

まぁそれだけ高額な資金を払うわけですからエージェントさんがなんとしてでも面接を合格させる努力をしてくれるようですが、でも絶対ってないですからね。

こういう仕事の探し方をしないと広告などで見たあの楽しそうな仕事に就けないのかと思いました。

 

これがオーストラリアに住み始めた1週間目の事でした。


日本人を含めアジア人の多くは稼げない

日本人を含め私が学校や住んでいたフラットメイトのアジア人のほとんどは違法低賃金のアジア系レストランで働いていました。

私も日本食レストランで働く結果になり、その給料は聞いていた額の半分ほどの低い時給でした。

 

私がオーストラリアにいた2018年では19ドル弱が時給額の最低ラインで、一般的には20ドルを超えるところが普通とされいます。

あまり最低ラインの賃金で雇うところはなく学校のラテン系の国から来たクラスメイト達は23~25ドルがスタートラインの時給のところがほとんどのようでした。

 

それ以下は違法賃金となり、政府の管理下にない雇い方をされ働いていることになります。

 

多くの日本食や韓国レストラン、タイ・中華などのアジア系のレストランはその平均の賃金に満たしていないところが90%越えと言っていいでしょう。

私が働いていた日本食レストラン(略してジャパレスと言われています)は時給14ドルでした。

 

この14ドルですが、周りの日本人やタイ人韓国人中国人などの知り合いと比べるとまあまあいいレベルであり、どうやらこの低賃金報酬レストランの界隈では平均的な時給の様です。

同じフラット(アパート)だった他の人たちは10ドル~12ドルで働いていました。

 

ただこの違法賃金ですが、先ほども書いたようにオーストラリアの政府の管理から逃れているため税金を払う必要がありません。

だから違法なんですけどね…。

なので25ドルの時給で働いていても実際の手取りは少なくなりますが私の場合働いた分だけきっちり貰えるという違いはあります。

 

そして働き方の話になりますが、日本の飲食店とあまり変わりません。

少ないギリギリ足りていないスタッフでシフトを回し働きづくめでした。

私が働いていたところであとから面接にきて働き始めた中国人や韓国人、マレーシア人そして日本人も大体1週間でバックレていきました。

そのせいで休みだったのに急にシフトに来てくれと寸前に連絡が来たりすることも頻繁にありました。

 

 

同じ学校だったタイ人の女の子もタイレストランに仕事が決り、仕事はどう?なんて聞いたのですが

“時給7ドルで今は働いている。(正しくは日給制で1日数十ドルらしくそれを時間で割ってみたら7ドル程度でした。)

スキルアップしたらもう少し給料は上がるから大丈夫。”

と私の時給の半分なのに笑顔で語ってくれたのには複雑な気持ちになりました。

 

タイ人ってとっても笑顔で優しい国民の人たちなので、大変そうなのに暗い感じで愚痴ったりすることをしないのはほんとに尊敬しました。

 

フラットメイトだった中国人の男の子も中華食材専門のスーパーの品出しの仕事をしていてなんと時給10ドルとこれもかなり低い場所でした。

その後彼は職場を変えたけどそれでも13ドルのところでしか働けてなかったです。

 

また同じく5名ほどの日本人が同じフラットに住んでいたが彼らも12ドルから良くて16ドルの時給のレストランで仕事が決っていました。

 

中国人に至っては英語環境で不自由しないレベルだったけど、私を含めアジア系の人たちでエージェンシを頼らず何のコネクションもない場合は低賃金の職場で違法労働させられる道がほとんどです。


アジア人以外の留学生やワーホリで来ている外国人は高収入

お金ないんだけど?
お金ないんだけど?

もしすべての国の留学生やワーキングホリデーとして来ている外国人が私たちのような状況であるなら仕方がないと思えるでしょう。

しかしブラジル、コロンビア、スペイン出身の同じ英語レベルのクラスメイトは平均で25ドルは超えているところばかり。

また土日になると30ドルを超える時給に変わり、聞いていて羨ましい話ばかりでした。

 

また私のルームメイトだったチェコ人の女性は全く英語が話せない人でしたが、彼女が国で契約したエージェントの紹介で良い仕事に就いており時給25ドル+チップがもらえたのでとても稼いでいたようでした。

彼女はワーホリではなく学生ビザで来たのですが、ワーホリVISAで来た私より高級な仕事をしていたのにはエージェントの力を感じました。

 

フラットメイトのブラジル人、スロバキア人、チリ人と隣のフロアはとても多国籍でそれぞれいろんな職場に就いていました。

彼らは全員学生VISAで来ていたのでワーホリVISAと比べると仕事探しはやや難しいとされます。

それでも彼らは最低ラインの賃金を軽く突破した合法賃金の仕事場所で働いておりました。

 

彼らとも給料の話を相談したのですが、

“そんな低賃金で働くなんて狂っている。

貴方の仕事のオーナーを殴ってやりたい!

早く辞めて新しいところに行くべきだ。

なぜあなたはワーホリVISAなのにそんなところで働いているんだ。

もっといい仕事ある。”

と猛烈なアドバイスを毎度されました。

 

しかしどこを探しても私のような立場と状況では難しかったのです。

 

結果的に私は他の仕事を探し、面接などに行ったりもしつつその時給14ドルの日本食レストランで半年間働きました。

 

 

土日に働くと給料2~3倍

土日祝に賃金が上がる話ですがオーストラリアは国民性がとてもゆっくりでルーズ。

言い方を変えれば怠け者が多いのです。

 

なので祝日や土日などの休日は絶対に働きたくない、なので代わりに働いてくれるなら平日(通常)の2倍~3倍給料が上がるような給料設定が一般的なのです。

学校に行きながら働いている留学生からしたらとてもありがたい制度。

 

しかし私が働いていた日本食レストランはそんな制度もちろんありません。

他の似たような状況だったアジア人に聞いてもみんな同じような感じでした。

稀に土日祝は給料が上がる日本食レストランもあるようです。

 

日本でもそうですが休みの日ってほんとにお店はごった返しピーク時はパニックにもなります。

ありえないくらい忙しくなるのでそれが平日と同じ給料だと思うとあまり働きたくなくなるんですよね。

 

それもあってオーストラリアのローカルジョブやアジア人が働くような違法労働の職場以外は、その忙しさを見越して時給を2~3倍にしているのも大きな理由です。

日本でもこういうシステムあったらいいのにね。



英語を劇的に伸ばしたくば自力で仕事探しよりもエージェンシを使う方がおすすめ

仲介人を使った海外就活

働いていた日本食レストランで良いこともあったが、給料が低い以外にもお客さんが外国人なだけで日本と変わらないなと思ってしまったのも事実。

 

英語も接客対応で使うおなじみのフレーズばかりであまり英語の伸びしろを感じず、私個人で英語を伸ばすのにあっていたのは学校に通うことだったんだと気づきました。

 

周りでお金を支払って仕事を紹介してくれるエージェントを雇いホテルのクリーナーやリゾート地へ仕事をしに行った日本人は何人か見ました。

エージェンシ(仲介会社)ですが私が日本で契約したところとは別で、現地に日本人スタッフが在中している仕事探し仲介オフィスはいくつかありました。

日本で契約したエージェントは仕事探しには一切無関心です。

トラブル時のみの対応になります。

 

 

私がシドニーにいたのも大きかったと思いますが、セントラルの方へ行くと仕事も職探しの会社も多かったです。

 

オージーや英語のスキルが高い環境に揉まれてオーストラリアを過ごした方が語学環境が違う国で働いていると強く意識できるのでモチベーションは下がらないと思います。

 

ただ現実的に見て私のような日本食やアジア系レストランで低賃金で働く日本人も多くいることは確かです。

その環境の中で満足するのかそこをバネにステップアップするのか、または語学よりも観光を重視している者からするとエージェンシを使って探した仕事と比べると圧倒的に身動きがとりやすい働き方なので、好き勝手いろんなオーストラリアの地域に行きたい人間からすると見合った働き方です。

 

私は運良くも働いていたスタッフのメンバーは日本人がほとんどおらず、仲良くしていたのは韓国人とネパール人の人たちだったのでそれなりに英語は使えた環境ではありました。

また住んでいたフラットメイトもブラジル人、チリ人、ハンガリー人、チェコ人、スロバキア人、コロンビア人などといった他国籍の人と仲良くしていたので必然と英語を使わなければならない環境下にいたのはラッキーでした。

 

エージェンシを使うのは一つの手ではあるが、それなりに資金がいるので貯金が少ない者には難しいように思います。

 

私はオージーを含むネイティブスピーカーの人たちと過ごすことはほとんどなかったが、自分と同じような環境の中にいる他の国籍の人たちと一緒に過ごしたことで英語での会話が困難・言葉が通じない時や、自分の国と違う環境にいるストレスを理解しあえるので精神的にはとても助けられた。

どの環境にいても自分が居心地がよいと思える場所や、成長を感じられる場所に身を置くのは大変重要に思いました。

 

あまり関りを持たなかったが、学校にいた日本人の話を聞くと仕事環境も日本語、住んでるルームメイトも日本人といったガッチガチの日本語環境にいる人もたくさんいたので、自ら英語環境を求めて行動しないともったいない期間になってしまうのも良くある話です。

 

そういった場所にいて不満を感じているならいっそエージェントに頼って価値ある時間に変えてもいいという意味ではエージェンシを使うのはおすすめです。

いろんな過ごし方選び方があるので不安にならず自身にあった海外生活・ワーホリを楽しんでいただきたい。