イギリス留学に行く前に知っておきたいWi-Fi事情 | フリーWi-Fiが使える環境と通信が遅くて不便だった環境

昔は地図や現地のガイドなどに頼ったりして海外ではネットに触ることなんて珍しかったけど、スマホができてからは外国だろうかどこだろうがインターネットにつながらないとめちゃくちゃ不安です。

 

イギリスの語学学校に通って地味に不便だったのがWiFiがなかなかつながらないことでした。




イギリスの学校でもフリーWiFiが飛んでいるが役に立たない

留学先の学校や寮ではフリーで使えるWiFiはあります。

ただめちゃくちゃ弱いです。

 

学校用のWiFiは学内でご飯を食べるカフェから飛んでいたので教室へ行くとWiFiをキャッチすることはできません。

じゃ、カフェに行けば通信がいいのかというとそうでもなく生徒が多く利用するお昼の時間帯はあまり役に立ちませんでした。

 

教室では翻訳アプリなどを使う時などにスマホはかなり便利でしたのでWiFiがつながれば利用できましたが、ほぼ繋がりません。

私の経験談からもし英語辞書を留学へ持っていく場合は電子辞書よりも紙媒体の本の辞書を持参する方がおすすめです。

電子辞書は電圧変換機を使っていたのにもかかわらず壊れてしまいましたので。

 

また私は学校と同じ建物に備え付けられた寮に住んでいたのですが、寮は寮で別のWiFiが設備されています。

寮生のみがパスワードを知れるのですが、この寮のWiFiもかなり弱いです。

数名しか使わないのに酷いものでした。

 

恐らく安い通信レベルを使っているんでしょう。

 

ほんとに頻繁にWiFiが切れてしまい、その代わり少し離れたカフェのWiFiを拾っていたりしていました。

カフェのWiFiに繋がっても学校にいる一般の学生が使えるものなのでかなり速度が遅くあまり使い物になりませんでした。

 

寮専用のWiFiはすぐにWiFiが切れたり、WiFiを飛ばしているルーター自体がよく不具合を起こしていましたが速度はカフェのWiFiの通信速度は速かったです。

といってもベースが遅いので最適ではありませんでした。

寮のWiFiに接続していてもカフェの方のWiFiの方が電波が強いのかよく切り替わってしまっていて、切り替わったがいいがカフェのWiFiなのでとにかく通信速度が亀即です。

 

まとめますと寮のWiFiは通信速度はまあまあ良いがよく接続が切れる。

カフェのWiFiは通信速度が遅いがよく接続される。

 

放課後などの学生がいなくなった時間帯になれば遅めからやや遅めくらいの速度になりますが、日本の通信速度に慣れていたらちょっとやきもきしてしまいます。

 

学外意外でのレストランや公共施設でのWiFi事情

ロンドンの飲食店はWiFiをフリーで提供しているところは多いです。

ただWiFiを利用するために個人情報を提供する必要があります。

 

入力項目は住んでいる場所の郵便番号とメールアドレスくらいですので個人情報といっても留学に来ている身分であるならば学校の郵便番号を入力してフリーのメールアドレス(YahooメールかGoogleメール)で十分です。

少し手間がかかりますが一度入力した場所では再入力は基本必要ないです。

 

その他の公共施設、例えば駅・構内などはWiFiがありませんでした。

外は基本的にWiFiはありませんがたまにイギリスの一部の携帯会社専用のWiFiスポットはあります。

イギリスでその会社の携帯会社と契約しないと使えませんがそのスポットはそんなにたくさんは見かけませんでした。

 

レストランやカフェでWiFiを提供しているところは店員さんにパスワードを聞くところがほとんどです。

しかしWiFiを提供していないレストランやカフェの方が多いです。

 

チェーン店のカフェ、特にスタバはどこの店舗も無料でWiFiを提供してくれているのでちょっとした穴場ですし店舗数も多いです。

後は携帯ショップもWiFiを貸してくれますが、こちらがサービスを購入するために来た客の立場だった場合のみです。

まぁ当たり前ですね。

 

ただしAppleStoreに関してはストア内でのみ利用できるWiFiが個人情報入力やパスワード無しで利用できました。

 

 



そもそもイギリス留学でWiFiは重要なのか

イギリス留学や旅行などでWiFiってどれほど重要なのか。

 

メリットとしては店を調べたり、目的地までのルートを検索したり、お勧めの観光地やその料金などイギリスで行動するのには大変便利です。

学校においては授業で辞書代わりに使ったりもしたのでこれもインターネットにつながっていなければ調べることはできません。

 

ただイギリスに留学に行かれる人で長期滞在を考えている人ってSIMフリーの携帯を日本か現地で購入してイギリスでSIMカードを契約をしてインターネットを使う人がほとんどです。

現地でSIMカードを買えば電話番号も使えるし1か月間(30日間)の契約した分のギガ数は使えるので外で道を調べたり行きたいところを検索する程度だったら2ギガくらいで十分だったりします。

 

ただYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスで映画を見たりすると1日で使えなくなってしまうので、そういったインターネットを使っての娯楽を楽しむ分にはフリーWiFiは重要です。

留学って結構暇なので動画とか見て時間をつぶしている留学生は日本人、外国人問わずほとんどがしています。

 

寮で一緒の部屋だったルームメイトはみんなNetflixかYouTubeにある映画を見ていました。

その映画が英語音声のものなのでリスニング目的で見ているようでもありました。

 

ただ上記で書いた通り学内のフリーWiFiは日によったり時間帯によっては通信がめちゃくちゃ不安定で頻繁に切断されていましたが、それくらい仕方ないと思えれば日本からポケットWiFiを持ってくる必要はないように感じます。



WiFiがなくて絶望的に困る場合

WiFiがなくても基本的に学校にいる分にはそこまで不便ではありません。

あったらちょっとした調べ物に便利かなという程度。

 

ただ当たり前ですがインターネット環境無しで土地勘もない状態で外へ行くの非常に困難です。

 

土地勘がないので一人行動が難しい

留学して寮に入らずいきなりホームステイかどこかのフラットを借りて独り暮らしなどをする人は初めはネット環境がないとかなり不便です。

 

ホームステイに関してはステイ先のファミリーによりますが、良心的でない家庭ももちろんあります。

 

ステイ先からの学校の行き方や近くのスーパーなどは教えてくれると思いますが自分が行って見たい観光地の情報についてはやはり自分で調べないと納得いかないことがほとんどです。

意外にも現地に住んでいる人って観光名所の行き方とか知らない場合も多いです。

 

フラット(アパート)で部屋を借りて独り暮らしの場合はその部屋にもしWiFiが無料で使えるならそこで色々調べてから外に行くしかありません。

 

携帯を現地で買う場合も携帯ショップはどこにあるのか、どの会社のSIMカードがいいのかなどを前もってリサーチしなければならないので、道に迷ったり、店に着いてから相場を調べたりなどその時々の思い付きで調べたいことができないので場合によってはかなり絶望的です。

 

特に道に迷ったときは本当に困りました。

留学に来てまだ日が浅く周りの人に聞くのも英語が拙くて話しかけられない、そもそも人があまりいない場所だったり、今どの位置にいるのかもわからない事がネットの繋がらない携帯しか持っていなかった時は言葉通り迷子になって2時間ほどさまよいました。

 

現地で出会う留学生が必ず助けてくれるわけではない

寮に住んでいてもみんなフレンドリーとは限らないし、タイミングによっては同じ時期に来て自分と同じようにイギリスの土地勘が分からないという場合もあったりと、人任せでいては成り立たない状況も十分にあります。

 

留学したら周りの留学生が教えてくれると頼り切るのはちょっと危険だと私は思います。

 

私はイギリス留学した時期はかなりタイミングが良かったようで、私が来る前にすでに住んでいた寮生の皆がそこそこ仲良くなり始めてみんなイギリス生活に余裕が出始めた頃に新参者として到着したので、私は良い具合に受け入れられましたし親切にされました。

 

寮には洗濯機がないのでコインランドリーの場所や近くのスーパー、携帯ショップなども連れて行ってもらったり、バスや電車を利用するときに必要なオイスターカードが作れる駅まで案内してもらったりとしてもらってばかりでした。

これが当たり前だとは言いませんが、ちょっと甘えていましたが、こうやって親切にしてくれた人に

“留学に来たらみんな教えてくれるんだね。”

なんて言ったらこう返ってきました。

 

“あなたは寮に来たタイミングがすごくよかったよ。

私が来たときは寮生でグループができててすごく入りずらかったし、ランドリーの場所も教えてくれなかった。

全部自分で調べるしかなくてすごく苦労した。”

 

タイミングによってはこんな親切な対応はあり得ない。

 

その苦労話をしてくれた日本人留学生は日本でSIMロックが掛かっていないフリーの携帯を購入して、イギリスの空港でSIMカードを買っていたのでWiFiが飛んでなくても自分の携帯の通信ギガでいろいろ調べられたので、苦労はしたけど携帯に助けられていたようでした。

 

備えあればなんとやらです。

 

事前に海外で使うための携帯を用意するか、レンタルでWiFiポケットなどを契約するかは留学に行く前には準備しておいてください。

 

私はイギリスの格安携帯会社『Three』でSIMカードを購入しました。

Amazonでも購入できますし、以外にも日本人留学生に至っては留学準備中にすでに日本でAmazonから購入している人が4割ほどいました。

 

 

ThreeのSIMカードは私が留学先で知り合ったほとんどの学生が利用していましたのでかなりメジャーでおすすめなSIMカードです。

 

私はイギリスで3GBの契約でSIMカードを購入した時は確か20~25ポンド(3000円前後)しましたのでAmazonで今調べてこんなに格安で売られているのは驚きました。

日本で準備してくる人が多いのが頷けます。

 

今留学準備中の方は日本で買ってからいかれた方が多いGB数で格安で利用できます。

 



現地でSIMカードを買うか日本でWiFiを用意するのとどっちがいいのか

現地でSIMカードを買って通信ギガを確保するのが向いている人と日本からレンタルWiFiをしてくるのが向いている人について。

 

現地でSIMカードを買うメリット

 

  1. 数か月から長期でイギリス滞在に向いている
  2. イギリスの電話番号を取得できる(ワーホリ必須)
  3. 失くしても打撃が少ない
  4. 契約内容やプランを現地の携帯会社から比較できる
  5. 日本でWiFiを借りるよりコストがかからない

 

一番大きなメリットはイギリスの電話番号を取得できる事でしょう。

ワーキングホリデーとして留学される人は履歴書(レジュメ)に連絡先は必須なのでイギリス現地でSIMカードを購入しないとかなり不便です。

 

といっても短期の留学生(1~3ヶ月間の留学)でも現地でSIMカードを購入している人は多いです。

理由としてはイギリスのレストランで予約を取りたい、店が開いているのか確認したいなどイギリスのお店に直接電話で切るからです。

日本と違ってホリデー期間などはがっつり営業しないレストランや美術館などが多いため、オープンしているのか不安な場合は結構電話して直接確認していました。

 

イギリスで購入していたSIMカードは使用し始めてから30日間利用可能で、それを過ぎると購入したSIMカードの会社で継続する手続きをするか、新しくSIMカードを買うかでまた新しく30日間利用できます。

ちなみに継続も新しくSIMカードを買うのも値段は同じですが、電話番号が変わってしまいます。

 

なので考え方によれば使い捨てなので、契約している会社に申告する手間もないし使用ギガ数にもよりますが値段も20~30ポンドが相場ですのでもし失くしてしまっても打撃が少ないです。

ただ端末をSIMフリー用に買わなければいけませんがそれはWiFiをレンタルしていた場合でも同じです。

 

iPhoneの場合はiPhone6より上のバージョンだと契約している日本の携帯会社に頼めばSIMロックを解除してくれますのその場合は新しい端末の購入は不要です。

 

これらの事から、紛失や盗難による保険は基本的にありませんが、日本でWiFiをレンタルするよりはコストがかかりません。

 

現地でSIMカードを購入をしましたが、上記で述べたように日本でもAmazonなどから購入できます。

 

日本でWiFiをレンタルするメリット

 

  1. 短期留学(数週間~1ヶ月)
  2. 速度制限を気にせずネットを使いたい
  3. 新しくSIMフリー用の端末を買わなくてよい
  4. 紛失した時の保険対応がある

 

短期留学やインターンで1か月ほどしか滞在しない人は日本で利用している携帯会社か海外向けのレンタルWiFi会社からポケットWiFiを持ってきていました。

 

SIMカードは最低30日間通信ギガを利用できるプランから始まるのでそれ以下の滞在だとも余った通信ギガがもったいないです。

イギリスのSIMによる通信ギガもそこまで悪くはないのですが、使いたい放題ではないのでしょっぱなから動画を見たりしていると後半は低速で我慢しなければなりません。

レンタルWiFiも使いたい放題とまではないですが、やや割高な分1日に使えるギガの量や通信速度は速いです。

またレンタルWiFiは日ごと計算なので無駄なお金を払う必要はありません。

 

そしてわざわざSIMロックが解除された端末を購入する負担も無くなるし、もしくは持っているスマホを携帯会社に行ってSIMロックを解除してもらう手間がいらないので、その分費用も時間も余裕がもてます。

 

ちなみにスマホのSIMロックが解除されている格安の端末でも2~3万円は超えます。

私はイギリスの中古ショップで1万円ちょっとで購入しました。(110ポンド)

 

長期でイギリスに滞在する分には値打ちがありますが短期で行かれる場合はお金がかかってしまいます。

 

あと契約したWiFiルーターをレンタルした会社から紛失盗難などに対しての補償制度が設けられています。

帰国予定日が空港の遅延などでずれてしまったりしたときもこの補償で延長分の金額請求が免除されますので、安心して想定内の金額内でWiFiをレンタルできます。

 

海外旅行や留学においてWiFiレンタルの補償や料金が安くて十分なプランを組めるのはイモトのWiFiがおすすめです。

 

それぞれ契約しているキャリア(au/docomo/Softbankなど)からも海外用のWiFiレンタルは豊富にありますが、国によって値段が変わってきます。

ヨーロッパの方ですと1日900円から1000円ほどかかるので、コストを下げたい場合は海外WiFiのレンタルに特化したWiFi専門の企業から借りた方が好ましいでしょう。

海外Wi-FiレンタルならイモトのWiFi