イギリス料理は実際美味いのかまずいのか ロンドンのレストラン料理や家庭料理を食べてみて

イギリスの主にロンドンの飯事情について書いていこうかなと思います。

まずい不味いといわれてますが、まぁ結構おいしくないことが多いですが、

 

食べる環境によって

うまいもんはある。

 

差が激しい食文化だなって思います。



不味かったロンドンでの失敗飯

スーパーのチンして食べる飯に当たりは無い

豆カレー

買う前はおいしそうに見えて試しに買ったんですけど、そんなにおいしくはなかった。

お米が日本米ではなくイギリスの多くはタイ米を使用しています。

よく見た銘柄がジャスミンというもの。

 

タイ米もおいしいけど、ご飯に甘味がないので少し味気ないしもっちり感がないんですよね。

 

イギリスのスーパーにあった冷凍食品ですが、日本のコンビニ飯よりやや高いくらいの値段です。

 

カレーのルーもコクが感じられなくて、味はしっかりついてたけど全体的にとにかくおいしくない。

食べれなくはないけどお金払って食べたくはなかったかなという感じでした。

 

他にもサンドイッチとかトルティーヤ・パスタとかもあり食べてみましたが、日本のコンビニで食べるものと比べると今一つです。

やっぱり日本の食材やコンビニ飯ってすごくクオリティーが高いんだなって思いました。

 

ちなみにおにぎりは売っていませんでした。

分かってたけどつい探してしまいました。

 

特にお米を使用している系のインスタントや冷凍食品はほぼハズレだと思っていいと思います。

 

ロンドンのチャイナタウンのレストランはぼったくりでクソまず飯

とある中華レストランに入ったのですが、サービスも御飯もぼったくりだった。

焦げ焦げのチンジャオロース

イギリス料理ではなく中華料理を選んでしまう。

 

ロンドンの中心街にある中華街は日本料理屋タイ料理韓国・中国と結構豊富な亜ギアレストランが集結しています。

結構人で賑わっていてどの店もお客さんがたくさん入っているのですがこの店は接客も飯も値段も全部最悪でした。

 

チンジャオロースの定職を頼んでのですが、写真のとおりパサパサで焦げ焦げでものすごくまずくて苦くて食材も硬かった…。

出も値段は16ポンドくらいしてたかな…。

2000円を超える値段になります。

 

高すぎる。

こんなの日本で提供されたら即つぶれるようなクオリティーだったけど店内は満席状態でした。

 

また接客態度がすごく雑で、ウエイトレスは中国人の人でした。

私はイライラしつつもお腹が空いてたのでおとなしく待った結果がこんな人い料理だったので悲しくなりましたね。

 

ほんとおいしくなかった…。

 

中華料理って世界3大料理の1つとして大変おいしいものですが、店員さんの中国人たちは、これが自分たちの国のご飯って思われてもいいのかなと思いました。

 

中華街はロンドンをよくわかってない観光客が来るエリアみたいで、住んでる人はやはり美味い不味い分かってます。

現地に住んでいた友人に

あートラップには引っかかっちゃったね…

といわれました。

 

まぁでもその他にも韓国料理やタイ料理、そして日本食もこの中華街で食べましたがそれはとてもおいしかったです。

値段も高かったけど。



おいしかった!ロンドンでの満足飯

不味いもんばっかりじゃない。

外食でおいしかったロンドンごはん。紹介します。

 

定番のアフタヌーンティー

お昼前にお茶を楽しむ

アフターヌーンティーをウィンザー城に行ったときにしてきました。

イギリスといえば私は紅茶でゆっくりと時間が過ぎるのを楽しむイメージが強いので、できて良かったです。

 

 

素朴な見た目ですがめちゃくちゃおいしかったです。

スコーンにクリームとジャム

食べかけで申し訳ない(-_-;)

こんな感じでアツアツのスコーンのクロテッドクリームというバターより柔らかいクリームとイチゴジャムをたっぷり塗って食べるのが嗜好!

このクロテッドクリームってのが知らなくて、聞いたところバターになる手前の段階の状態のものをいうらしく、バターより柔らかくあっさりしています。

 

他のお店でもティータイムしたのですがどこもおいしかったです。

 

お茶の種類が豊富で、香り高くとてもリラックスできました。

 

熱々のスコーンにその二つを塗って食べるので、クロテッドクリームはじわぁーっとすぐ溶けてジャムとうまくなじみあってほんとにおいしかったです。

 

ただ、イギリスに長期でいたのに、有名なフィッシュアンドチップスを食べなかったんですよね。

有名だったというのも知らなくて、2か月ほど暮らしてから知った人間です。(ー△ー;)

 

イギリスのアートや歴史遺産には興味あるけど食文化はおざなりでした。



ハンバーガーはボリューム満点で最高だった

肉厚パティーのハンバーガー

牛肉のバーグのハンバーガーです。

 

めっちゃ分厚かった!!!めっちゃおいしかった!!!

ポテトも大きくてサクサクで満足でした。

 

ほんとお腹いっぱいになりました、確かポテト食べきれなかったかな…。

 

放課後に学校からそれほど離れていない小さなカフェでいただきました。

 

ロンドンの都心であるピカデリーサーカスやオックスフォードなどの人が集まるところはまずいくて高いぼったくりなお店もあるけど、少し田舎で、でもそこそこ人がいるところのお店は普通においしいと個人的に分析します。

 

日本食は裏切らない

どこに行っても安心です。

日本食は海外でもたくさんありました!

友達が働いていた日本食店

 

焼肉屋さんあります!

同じ学校の日本人がワーホリで来ていたので、この日本食レストランで働いていました。

 

おいしかったし、海外には居酒屋という文化がないので、このKINTAN(キンタン)という焼肉屋さんでその気分を味わえました。

めちゃくちゃ高いけど働いていた友達と一緒に行ったので割引があって、確か半額にしてもらいました。

 

それでも一人35ポンド(4,000円超え)超えてたかな…。

 

日本食レストランは海外でもほんとにブームなのでどこに行っても見かけます。

日本人がオーナーのところはほぼ間違いなくおいしいと思いますよ。

 

平均点なラーメン

豚骨ラーメン
餃子3つです

インド人らしき風貌の店員が接客していたラーメン屋さんに入ったのですが、普通においしかったです。

 

ラーメン自体久しぶりだったのもありおいしさと懐かしがありましたね。

 

冷静においしさを分析すると、日本での有名なラーメン屋さんレベルではなく、チェーンの中華料理とかで出てくるレベルの普通においしいラーメンでした。

 

ただ、餃子セットで頼んだのですが、餃子少なっ!ってのが一番に思いましたね。

写真の通りミニフライパンごと出てきました。

 

日本食ってほんとにうまい、こんなにおいしいのが日常にある国に生まれたことはほんとに恵まれてると思います。

日本人で良かった。

 

日本人なので無意識に日本食は求めてお店に入ってしまってましたね。

 

イギリスらしい食べ物が少なくて申し訳ないです…。(-_-;)



中華街(チャイナタウン)でもおいしいお店はたくさんある

ビビンバ

チャイナタウンでの韓国料理屋さんはそこそこおいしかったです。

あとチヂミなども頼んで食べました。

 

てか、おいしいって思ってるのほとんどアジア料理だ…\(^o^)/

 

ただ上記で書いた通りアジア系のお店でも、特に中華系のお店は安いのを売りにしてあんまりおいしくないのもあるので、お店の雰囲気やメニュー看板が外に出てたらそこに乗ってる料理の写真などで判断してました。



おいしいお店 不味いお店のそれぞれの共通点

おいしいお店

おいしいお店は接客態度がとてもいいです。

お店によったら楽しませようとしてくれるところもあったり、物静かな感じでにっこりと接客だったり、こちらが気持ちよく注文してレストランにいれる心地よい空気を作ってくれます。

 

あと、大切ですけど、清潔感があるか。

きれいで明るい雰囲気のお店はおいしいです。

 

味に比例してお店にも出ちゃうんですかね。

日本でもそういう判断でお店選んだりしますので、そこは全国共通ですね。

 

不味いお店

上記でも書いてます中華料理店の話ですが、接客態度がめちゃくちゃ悪い。

あとお店の雰囲気が暗かったり、散らかっていたり。

 

心地よい空間を感じられないところだと思いました。

 

これらは私が行ったほんの一部の店なので一概には言えませんが、接客悪くてお店の雰囲気悪かったらおいしいものもおいしくなくなりますよね。

 

いろんな店に行って食べてみないと分からないので、入ってみたいお店に行ってみるのが一番だと思います。

ただ中華街は観光客を釣るための質の悪いお店もたくさんあるので、ご注意ください。

 

イギリスの家庭料理ってどうなの?

イギリス人にご飯作ってもらったのですが、料理めっちゃおいしいです。

家庭料理おいしいよ!

えびのパスタ
トマトクリームのパスタ

何回かイギリスで出会った友人の家にお邪魔した時に作っていただきました。

すごいおいしかったです。

アーモンド酒をソースにしたデザート

バニラアイスに甘いアーモンド酒をかけて食べたデザートですが、アーモンド酒がとても上質な風味を作ってくれていて最高でした。

 

これらは作っていただいた料理の一部です。

 

トップのサムネイル画像の魚料理とマッシュポテトもこのイギリスで出会った友人に作っていただきました。

出会ったのはマッチングアプリを使ってです…。

 

 

イギリス在住の人は料理上手な印象をもちました。

作ってくれた彼が特別上手かったとも思いますが。
レストランのよりおいしかったです。

 

料理を一緒に作ったのですが、パスタのゆでる時間にこだわりがあったり、使う食材も吟味してて料理が好きなんだなと思いました。

 

食べ物がおいしくないといわれてる国だけどちゃんとおいしいものを知っていて作れる人はたくさんいます。

なのにお店のはリスキーなところが多い。

 

また私はイギリス留学中での滞在場所は学校の寮だったのですが、とある事情からホームステイすることができホストファミリーのママがたまに料理を作ってくれたのもおいしかったです。

 

なんでイギリスは御飯がおいしくないって言われてるの?

どうやらイギリスの文化で外で提供している料理は、自身で好みの味にするため味を薄めに作っているらしいです。

塩をかけたりケチャップかけたり、日本でもしますがたぶんもっと極端なんでしょう。

 

もちろんそんなことしなくてもおいしいお店もありましたのでこの文化もだんだん変わってきているのかなとも感じます。

 

知ってはいてのですが、ほんとに日本食が人気でクオリティーも高く、異文化のご飯に慣れなくて苦しむ人って結構いるんですけど、それも昔の話になってきつつありますね。

 

お箸の使える外国人もちらほら見かけます。

微笑ましいです。

 

イギリスの食文化についてまだ書ききれないのでまた掘り下げて別の記事として書いていきたいです。