留学前にスマホの契約はどうしたらいいのか?一番安くするには解約か契約一時休止か悩んでいる人必見

留学前に必ず手続きしないといけないことの一つスマホなどの携帯電話を契約している会社(キャリア)との契約状態をどうするか。

 

私は値段を重視で一番お金がかからない方法を選択したかった人間でした。

契約状態を解約するならば違約金とその月までの使用料金を支払って終わり。

電話番号やメールアドレスを残しておきたいという人は契約を一時休止し月300~400円ほどで電話番号を保管状態にしてくれます。

(auの場合)

 

私は1年間留学に行くという前提でどちらがお金がかからなきかと計算していただいた結果一時休止状態の方がお金がかからないと言われ、電話番号を残して契約を仮停止状態にする方法を取りました。

 

お金をとにかくかけたくないという人にとってはこれが結果的にあまり良くなかったなと感じたので、留学やワーキングホリデーなどで長期日本を離れる方でスマホの契約をどうすべきか悩んでいる人で、解約した方がいい人はこんな人だという事を書いていきたいと思います。

 

少しでもお金をかけずにしていきたいと思っている人向けです。




キャリア契約を一時停止のメリットとスマホの契約の一時停止が向いている人

 

  1. 留学やワーホリでの海外渡航期間が1年未満
  2. 違約金を払いたくない
  3. 電話番号・メアドを変更したくない
  4. 帰国後も一時休止解除ですぐに再利用できる

 

キャリアでの契約の一時停止が向いている人はこの4つを抑えておきたい人です。

 

短気留学の人は解約せずに一時休止に契約を切り替えた方が絶対にお得です。

短期でも3ヶ月~1年未満。

 

違約金制度などの2年縛りも見直されてきておりそのうち消滅はするような動きもニュースなどで見えてきましたが、今のところは違約金にどの携帯会社も1万円ほどかかってしまう。

 

その料金と海外に1年ほど行くとして月400円ほど一時休止料金がかかってくることを考えると、一時休止状態だと1年で4,800円。

違約金を払うよりは安く済むわけです。

 

なので海外へ1年未満で行かれる場合は解約せずに仮停止状態の一時休止契約にする方がお金がかかりません。

 

また一時休止料金は2ヶ月に一度引き落とされ806円~808円の間の金額でした。



キャリア契約を解約のメリットとスマホの契約を解約するのが向いている人

 

  1. 留学やワーホリでの海外渡航期間が2年以上
  2. 更新月で違約金が発生しない
  3. 電話番号やメアドを残さなくても良い
  4. 海外でスマホが故障・紛失しても契約会社への連絡が不要
  5. 帰国してから再契約会社が選べる

 

キャリア解約のメリットは主に5つです。

 

電話番号などは昔に比べLINEなどのアプリで連絡を取り合う人がほとんどで電話番号を残しておくことに重きを置いている人は少なくなっていると思います。

 

中でも違約金が発生せず電話番号などに執着がなければ無駄なお金が一切かからないので金銭を気にする方は迷わず解約する方が多いと思いますが、問題は更新月ではないので違約金が発生するから解約は辞めようと考えてしまう事。

 

仮に留学に2年行くことが決まっていれば一時休止料金だと約9,800円かかるので違約金と2,000円ほどしか大差がありません。

なのでこの場合は電話番号を残すか否かで判断し解約か一時休止化を選択すると思います。

しかし1年ほどだったら一時休止にする方が5,000円ほど料金が浮くので、契約を切らない選択を取りがちです。

 

ただワーキングホリデーに至っては1年で行くつもりだったがVISAを延長して2年間に変更することも可能です。

ワーキングホリデーに行かれる方でどれくらい海外にいるかは未定だが最低でも1年はいるし、もしかしたら延長するかもしれない方は思い切って解約して行かれた方がおすすめです。

 

また1年ほどで帰国を確実に考えている方でも後々別の格安SIMなどで契約を考えていたり、長い目で見てスマホ料金を抑えたいならばこれを期に解約した方が効率が良いことに気付きました。

 

この休止することには1つ落とし穴がありました。

 

一時休止すると縛りの継続期間がリセットされ休止解除後また2年縛りが1から始まる

帰国して知ったのが一時休止した場合はそれ以前の履歴は2年縛りから排除され、休止を解除し通常契約に切り替えた月からまた2年縛りの契約が始まったことでした。

 

これによって、一番初めのスマホの契約時に入っていた1~2年間はキャンペーンなどで料金が下がるなどの特典が休止中に終了してしまい、それで抑えていたスマホ代が月々4,500円から7,300円にまで引きあがりました。

 

好きなキャリアだからとか、安心信頼できる携帯会社だからとかは私には一切なく低コストにするためにこのキャンペーンで値段が下がっていたから良かったので、キャンペーンが終わって引き下がっていた料金が通常料金になり、違約金が発生するので少し高くなるけど更新月まで1年弱契約すればよいかなと思っていたら帰国して再利用手続きをしたら新しく2年縛りがスタート。

しかも料金は通常料金からので、新規契約や乗り換えなどで付いてくるキャンペーンによる優遇が一切ないので魅力が全くありませんでした。

 

それを知っていたならば出国前に解約して違約金支払って、帰国してからは格安SIMなどに変えた方がコストが大幅に削減されます。

 

さらには留学前に解約しておけば月々400円ほどの料金もかからなかったわけです。

 

ちなみに使用していたのはau会社で今はマイネオに乗り換えています。

結果7,300円から1,600円にまで引き下がりました。

 

私の場合、スマホにお金を必要以上にかけたくない人間だったため、留学して休止期間が2年縛りの中に含まれなくても留学前の期間は縛りの通算月に入ると思っていたので帰国してしばらくして更新月が来たら解約しようと考えていました。

が、まさかの2年縛りリスタート。

 

こういったお金をとにかくかけたくない人で留学が終わった時にきっと2年間の縛りももう終わるから帰国してからの更新月に解約したろう~と考えている方はその全くの逆の事が起きるので留学までに解約してしまいましょう。

 

解約してから行く場合は帰国してからWi-Fiが無いところではスマホでインターネットを使えないデメリットはありますが、気に入った会社で契約をするのには半日もかかりません。

休止契約を解除するより少しだけ手間がかかるだけで、大差はないように思います。



留学先で故障や紛失することも視野に入れる

留学した先で仮停止(休止)契約状態で持ってきたスマホが故障や紛失してしまう可能性もあります。

契約を続けたまま持ってきたスマホが使えなくなってしまえばその一時休止も無駄になってしまいます。

 

実際に海外旅行中に契約を一時休止にして来ていた日本人がスマホを失くしてしまい、すぐに日本のエマージェンシー系の機関に連絡を入れ契約を切ってもらったりとしていました。

恐らく保険などで料金などはまかなえたと思いますが、それだけの価値があるのかはどっこいどっこいのように思います。

 

また中にはスリに遭ってしまい盗まれた人もいて、海外で新しく購入せざるを得ないことも珍しくないと留学をして思いました。

 

紛失故障することを考えると1年以上2年と海外へ行かれる方は違約金が発生するかもしれないが解約しても良いと思います。

 

今後2年縛りが無くなるなら迷わず解約がおすすめな理由

近年携帯料金の異常な高さはニュースにも取り上げられており近々この無意味な2年縛りという会社が得する制度は廃止される日も近いようです。

 

スマホでの連絡手段ではSNSやLINEを日本人は主に使っており電話番号を使う場合は仕事以外では不要となってきています。

留学やワーキングホリデーに行かれるならば仕事を辞められてきていると思うので、電話番号を残す必要はないのがほとんど。

気にするところと言えばやはり料金だと思います。

 

また契約したキャリア専用のメールアドレスも使えなくなりますが、フリーのメールで十分なわけです。

電話番号は必要であるが価値は昔ほどにはなくなってきている。

 

解約することで使えなくなるものもありますが代用できるものがフリーのもので十分にあるので不便に思う事も無いです。

 

留学やワーキングホリデーは少しでも無駄なお金を使わない方が絶対に良いので、長い目で安く済む方を考えた方が良いと思います。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX