理化学研究所 スーパーコンピューター『京』の最後の一般公開

スーパーコンピューター京の最後の一般公開

2018年11月23日の1日のみに一般公開されいた理化学研究計算科学研究センターに見に行ってきましまた。

 

友人が理化学研究所で自動車の仕組みなどについて研究をなされていて、

全くの畑違いの分野でしたがとても興味深いイベントでした。

 

スーパーコンピューターのことをスパコンと呼ばれていることすら知らなかった無知人間がイベントに参加した感想になります。

 

イベントブースがマニアック

ミニ四駆を使っての実験

友人が企画したこの車が走ることでできる空気の流れをスーパーコンピューターで計算しどの形の車が速く走れるのかという実演をされていました。

写真はそのために使ったミニ四駆とレールです。

 

赤と青のミニ四駆のトップカバーは3Dプリンターで製作したらしく1つ2万円かかったそうです。

そのぐらいするよーっていうお客さんの声もありましたが、相場は置いといてえらい高いですね…(゚ω゚;)タラー

 

どっちの車が早いのか?

ミニ四駆の空気の流れをスパコンで調べてみよう!

赤と青の2種類のフォルムの異なるミニ四駆を用いてどちらがより速く走れるかという実験を行っていました。

 

ここで拝聴した内容は私は今回初めて知ったことばかりだったのですが、車の速度を主につかさどっているのは空気抵抗の差らしく、より空気からの反発が少ない車が速く走れるという話でした。

 

見た目的に赤の方が早いんじゃ…?と思ったのですが

意外にも我々が一般乗用車としてなじみ深い形の方の青い車の方が速く走れるというお話しでした。

 

スーパーコンピューターが計算でたたき出した結果を証明するために、実際にその2つのミニ四駆を使用し実際にどちらが早いのかをタイムを測って実演されていました。

 

モニターでの統計やイメージ動画もありましたが、やはり実際に動くものを使って結果を直に見れたのは納得がいきますね。

 

その他にもPCの中でたんぱく質に触れられるブース、や、私は見れなかったのですがざっと見て10室ほどのブースがその部屋にはありました。


見に来ている人は大人から子供まで、特に小学生くらいの子連れが多く見られました。

嬉しいことですね。

 

大人も子供もワクワク興味津々で見に来られている人がほとんどで、熱心に内容を聞いていたり、また質問していたりと理化学研究所で行われている研究に理解を深めようと足を運ばれていたのが伺えました。

 

スーパーコンピューター京の知らなかった管理法と設備

テレビでしか見たことのなかったのですが、ガラス越しに生で見ることができました。

スーパーコンピューター京

ものすごく大きな空間にずらりと規則正しく並んだ板がスーパーコンピューター京。

 

いろいろ説明していただいて初めて知ることばかりでした。

 

この部屋は50メートル×60メートルほどある、だいたい体育館2つ分の広さの空間で、この空間でしか京を設置することができなかったらしいです。

その理由が部屋を裁断してしまう柱がないから。

 

確かに見渡すと柱は一切ありませんでした。

もし柱が存在してしまうと、柱の周りに配置したパソコン同士を接続する回線の長さが他と異なってしまうため計算がとてもややこしくなったりくるってしまう原因になってしまうのだと教えていただきました。

 

スーパーコンピューター京は常に冷やされている

この部屋の上下に冷水を外から巡回して溜めて冷気を作っている冷却空間があるらしく、

また下からは冷気をこの部屋に送るためにコンピューター同士の間に黒い縞鋼板のようになっていて、冷気が送り込まれているらしいです。

縞鋼板は上の写真から確認くださいませ。

 

冷やし方について分かりやすい図解付きの説明パネル

 

私の説明よりわかりやすいスパコン(スーパーコンピューター)室の冷やし方がわかりやすく書いてあります。

 

 

スパコンそれぞれに赤と緑の光を点灯するライトがついているのですが、赤いと熱い、緑だと冷たいと温度計代わりの役割を果たしています

 

温度計の役割をしているライト

どうやら25度以上になると赤色になるらしいです。

今回私が見たときはオールグリーンでした。

 

普段は20度を保っているらしく、温度管理はコンピューターを長持ちさせるためにとても重要な役割ですね。

 

スーパーコンピューターって何をしてくれてるの?

9つの課題

 

主にスパコンのおかげで劇的に私たちの暮らしに変化をもたらしているのが3つあるとのことです。

1つは天気予報、予測

2つは薬の実験

3つは車の改良

 

今回私が覗かせていただいたブースは3にあたる車の改良。

ミニ四駆から分かる空気の流れを説明されていて、車の形を丸くすることで空気抵抗が逃がされスピードの減速を防いだり、また車の側面に強風が来たときにでもハンドルが奪われないように抵抗を軽減する、など実験し形にされていました。

 

こういった機能面って、運転するものからしたら重要ですが、運転してみないと分からない目に見えない進化なのでCMなどでももっと宣伝されても良い気がしました。

時代によって車の形のデザインが変わっている背景にこのような研究が付随していたのは初めて知りました。

 

 

1つは天気予報、予測

また、天気については今後来るであろうゲリラ豪雨などの天変地異を予測しいち早く私たち人間に情報を与えてくれるので災害による被害が減る。

また、地震も予測するとのことで、私たちの今後の暮らしにはとても大事な役目を果たしてくれています。

 

この話を聞いて一つ気になった疑問を私が質問したのですが、

それは火山運動の予測はできるのか?噴火の災害も少なくないのが日本です。

 

地震と大きく関係しているのかなと思い込んでいたので火山も含まれるのかなと思ったのですが、火山はもっと複雑らしく、今のスパコン(スーパーコンピューター)では計測や予測といった火山の動きを追うことは難しいという回答でした。

 

意外ですね。



2つは薬の実験

薬の実験ってほんとにともうもないらしく、人間がこぞって実験をしても数百通りが限界。

そして実験にもとても時間がかかります。

 

しかしスパコンを使っての計算によると時短で数億通り(?だったかなとりあえず計り知れない数でした)の実験結果を正確にたたき出せることで薬の研究に必要不可欠な存在になっているようです。

 

医療にも関わっているなんてすごい…。

医学の発展が著しく伸びている現代、私が願うのはアレルギーに抗体を作る薬ができてくれればうれしいです。

 

スーパーコンピューター京はもうすぐ新しくなる

イベントでも“最後”となっていますね。

 

どうやら2020年度に京を新しくする話が決っていることを伺いました。

入れ替えが行われるのは2021年の初旬になるのか後丸2年後ほど先ですね。

 

最近できたものだと思い込んでいましたが、実際6年前。

まだそんなに古いとは思えない年月ですが、世界水準の技術が上がってきて他の国と比べると新しいものへ替える必要があるようです。

 

2年先だと8年目かぁ…適齢期な気もするけど科学の進歩って音速だね。

 

京がニュースで取り上げられた当初はほんとに話題でしたので、まだ記憶に新しい

です。


新しくなる次のスパコンはAI機能が加わりよりハウテクなものに生まれ変わるそうです。

これはとても興味深いですね。

スパコンによりAIの研究に拍車がかかるのは間違いないですね。

 

 

これ全部撤去されるそうです。

 

充実したイベント風景

ブースに入る前の通路

ブースに入る前の通路でコンピューターの仕組みについての展示と説明がされていました。

10時半ごろに着いたのですが、すでにとても賑わっていて人だかりができていました。

 

巨大ハードディスク

 

スパコンが計算し結果を保存するハードディスク。

『グローバルファイルシステム』という名前です。

 

スパコンもそうですが大きさから相当な情報量が積まれているのが想像できます。

ハードディスクときいて、えっ?これが??

と内心その大きさに驚きました。

 

パソコンの中にあるシステムボード

これがスパコンの中に入っているシステムボードの一部らしいです。

銅のパイプが他のところに繋がっていますがこの銅線内に冷水を流していて、スパコン同様冷やすシステムは中身にも必要なんですね。

すごい細かいです。

 

CPU

これが上の写真のシステムボードの中にいくつも組み込まれているCPU。

掌の半分ほどのサイズで、ほんとこんな小さな世界で人間の脳をはるかに超える仕事をしていると思うと科学の進歩ってすごいですね。

恐ろしさまで感じます(゚ω゚;)タラー

 

 

スパコンの配列にもこのトーラス構造が使われているらしいです。

こんな感じでスパコンは他のスパコンと連結しているんだと想像しやすいですね。

複雑そうにも見えますが見た目はシンプルで、無駄のない作りに感じました。

 

感想のまとめ

未知の世界でしたが、子供たちでも楽しんで理解を深められるイベントとなっていて難しくて分かんないんじぁないかという不安はありませんでした。

なによりテレビでしか見たことのなかったスーパーコンピューター京を見れたのはよかったです。

 

いくつかの実験、研究内容もその結果が楽しみです。

興味深く違った世界を見ることができて、今回の貴重な一般公開に行けたのはほんとによかったです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX