20代フリーターの職歴なしがハローワークを利用したらブラック企業に就職した – Abstract-ous

20代フリーターの職歴なしがハローワークを利用したらブラック企業に就職した

ハローワークの求人はブラック企業しかないとか聞くけどどうなの?

 

これに実体験からいえることですがほんとにハロワは質の悪い求人のオンパレードです。

ただ使い方によっては良質な求人もあります。ハロワをお勧めできるのはキャリアアップをされる転職者でしっかりと求人を見極められる力を持っている方に限ると思います。

 

特に職歴がない方や、20代などで職歴がまだ浅い方、そして初めての転職などでハローワークを利用される場合は気を付けなければなりません。

ハロワを完全否定はしませんが、現在転職活動やフリーターからの就活でハロワを利用しているけどブラック企業について心配な方に読んでいただきたい記事となっています。

 

本記事をおすすめする人

 

  1. 未経験OKの求人をハロワで探してる
  2. ハローワークで就活しているけどブラック企業に当たるのが怖い
  3. 何故ハローワークではブラック企業が多いとか言われてるの?
  4. 転職活動中だけどちゃんとした会社に早く就職したい

 

20代の若者はハロワはお勧めしない理由

社会人経験がない若者や職歴が浅い方、また未経験からのジョブチェンジを考えていて行きたい業界について無知な方、転職活動が初めてだという、いわゆる弱い分野に飛び込もうとしている方は世間知らずなのです。

 

世界を知らないのでハロワの職員がいっていることを丸呑みしてしまうし、ブラック企業の条件が当てはまるのに『知らないがために』そのまま就職してしまう。

 

特に若者は経験値がどうしても低いので判別する材料を持ち合わせていません。

それに加え職歴や学歴が不安という方にはハローワークも質の高い『経験者向けの』求人は紹介できない。

 

結果的に売れ残った怪しい求人内容や、ブラック企業といった質の悪い案件を出されて『これしかないよ』『ひとまず受けてみな』と勧められるわけです。

 

私自身、既卒の時にハローワークで担当までつけて一緒に仕事を探したのですが結果的に勤めた会社はブラック企業でした。

 

一応表では虚偽求人は職業安定法の違反で罰則規定があるが、私の知り合いでハロワ経由で入った会社がいわゆる架空請求詐欺の会社で1日で退職しすぐにハロワに訴えに行ったのですが、言われたことは『向こうの会社に○○さんの情報が渡っているので下手に動くと何されるかわかりませんよ』と言われたそうです。

つまり黙ってろ、そして我々(ハロワ側)は何も対応できませんよという意味です。

 

こんな感じで仕事に就けても変な会社だったり合わない仕事内容や、求人内容の差異が判明したなどあってはっ就職失敗です。

 

この対策としてハロワを利用するのではなく20代に特化した転職エージェントの利用をお勧めします。

20代を専門としているので、求人も未経験案件が豊富。

なおかつ初めての転職で不安な方も多いのでキャリアカウンセリングをしっかり行い適職を一緒に探してくれる若者の転職活動の悩みに特化しています。

 

なぜ転職エージェントを勧めるかというと、エージェントは採用者が出た場合企業側から報酬をもらって成り立っています。

つまり質の悪い求人を私たちに勧めて直ぐに離職したり、辞退されたり、また転職活動離脱などされては成り立たない企業なのです。

 

お金が動いているということは保証もサービスもしっかりしているということ。

転職活動に不安を抱かず、かつスムーズに進めたいのであれば20代を専門とした転職エージェントの利用は必須と言えます。

 

私がお勧めする職歴・学歴不安でもOKの20代特化型の転職エージェントについては【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】のページでまとめています。

 

ハローワークはブラック企業が多い理由

専門的な視点がない

就職エージェントとハローワークどちらも使って分かったことですが何故ハローワークではブラック企業が多いと言われているのか。

一番大きな理由はハロワでは企業側が無料で求人を掲載できるのでお金のない会社(総じて質が悪い会社)が多い。

 

ハロワ側も特に企業の求人内容で差異がないか、ブラック企業ではないかなどの調査など一切しません。掲載申請が来れば載せられるので質の判別もできておらず、またコストをかけずに求人を得ようとしている世故い会社が集まっている。これが最も大きな理由と考えます。

 

その他にもいろいろ酷いのでまとめてみました。

 

就職エージェントと比べてなぜハロワはお勧めできないのか4つの理由

  • ①人材募集の掲載が無料
  • ②ハロワの職員は掲載する会社の視察に行かない
  • ③求職者と企業のマッチングを考えてない
  • ④掲載している企業に精通していない

 

①人材募集の掲載が無料

 

ハローワークは行政機関のため企業は無料で求人の掲載を出すことができます。

ちなみに転職サイトや転職エージェントで求人を募集すると、掲載期間によりますが100万円以上の費用が掛かります。

 

企業からしたらハローワークは何のコストもかけることなく人材募集をかけることができます。

これに至っては大手企業や優良企業も人材を集める窓口が多いことに越したことはないのでハロワを利用していますが、若者の求職者側からするとどれがブラック企業かなんて見極めるのは無理な場合が多い。

厳選されていないのでホワイト企業もブラック企業もごちゃ混ぜに掲載されています。

求職側が企業について分かる情報はハロワから受け取れる求人票と、その求人票に記載されている企業のHPからしか会社の情報が分かりません。

こんな書面上で箇条書きされた外面だけではホワイト企業なのかブラック企業なのか見分けられないし、職歴が不安だったり、初めての転職だと多床室が悪くても受けてみた方がいいのかなとハロワの方にごり押しされてしまいます。

 

 

もしハロワ以外の企業側が有料掲載求人サイトなどで同じ企業がなくハロワなどの無料で掲載できる職安でのみ求人を公開していたらその企業はブラック企業な可能性が高いです。

 

人材募集に費用も工面できない、またはお金をかけるべきところでケチになっている。

その程度の会社という事です。

 

そんなよくわからない実態の企業が混じっている求人の中から探すよりもちゃんとお金をかけて求人をかけている企業に応募する方が安心できます。

なので転職エージェントは懸念すべきものではなく必須で利用すべきです。

関連記事:【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】

 

②ハロワの職員は掲載する会社の視察に行かない

 

転職エージェントは保有し求人を掲載している企業には定期的に視察に行ったり、実際に働いている社員にアンケートや口コミを調査したりしています。

実際複数の就職エージェントを利用して企業への調査を徹底しているという事に驚きました。

しかしこれが当たり前でもあるんだなと思います。

エージェントは掲載契約として企業からお金をもらっていますし、そのお金は私たちが就職成功した場合に支払われます。

 

お金がかかっているということはそれだけ保証もあり、企業の情報も把握しているということです。(少なくともハロワよりは)

 

私がハローワークを利用していた時の当時の担当についてですが、私が気になる企業の情報について聞いてみても求人票に書いてあることしかわからないからとりあえず面接受けてみろと。

これだったら転職サイトに自分で応募して受けているのと変わりません。

 

転職活動でプロに相談するということは、自分が不安にならない情報をくれたり、ヒヤリングをして企業を探してくれるということです。

 

こんな感じでハロワの就職支援ってかなり古風というかアナログな会社の情報がつかめません。

 

正直求人票から分かることといったら、給料面、待遇面、年間休日、未経験でもいいのか、会社の社員数などくらいです。

私が知りたいのはやはり会社の雰囲気や教育方針などのその会社ならではのカラーを知りたいけどハロワで探してもそれらは分かりません。

肝心なのに見えないものが多すぎるんですよね。

 

就職エージェント利用した時は未経験で入社した数人の人の口コミアンケートを見ることができ、こちらの要望や質問で答えられないことは匿名で企業に伝えてくれて回答を得られました。

また会社によったらパンフレットのようなものも用意していることもあって、そのパンフレットから会社の理念や職場の雰囲気が写真からつかめたし、実際に働いている社員の人も載っていてよりリアルに考えられました。

 

この情報量の違いは大きなと感じました。

 

私は初めはハロワだけを利用して1回目の就職して、その企業がブラック企業だと気づいてから在職しつついろんな転職エージェントに登録してハロワとの情報量の違いとサポートの差に驚きました。

本当にブラック企業につかまったロスは大きかったです。

 

関連記事:【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】

③求職者と企業のマッチングを考えてない

 

転職エージェントではまず就職後のミスマッチを防ぐために求人情報だけでは分からない社風や社員の口コミなどの求職者側が最も気になる『働いている人達の情報』について知っている場合もあります。

 

また業界に精通しているエージェントを採用しているところも増えているので、仕事内容や働き方などが求職者側の求めるものなのかを事前にカウンセリングで分析してくれます。

 

ハローワークにはこれが全くありません。

とにかく希望職を言えばそれにヒットした仕事の求人票を手あたり次第コピーしてきて、この中で気になったら紹介状書くよ!と丸投げな対応です。

これでたまたまマッチした会社に就職できればいいですが、会社には行ってみてなんか違うなとか、求人内容と全然違うということが起きてしまってはその就活にささげた労力は無駄といっても過言ではありません。

 

転職活動は意味のある行動でないのならいくら場数を踏もうが失敗します。

 

④掲載している企業に精通していない

 

何度も書きますが未経験からの就職の場合は特にハローワークでの就職活動はおすすめしません。

ハローワークの職員は『仕事を紹介するのが仕事であり』その仕事内容や業界について全く精通していないので本当に上っ面なアドバイスしかもらえないからです。

たまに詳しい方もいますが、9割が適当にただ仕事を紹介してひとまず受けてみろという感じです。

 

ハローワークの人と一緒に求人票を探していて職員の方たちが見ているのは『希望職に近いか』『年齢』『職歴(未経験OKや業務経験何年など)』くらいです。

こんなの自分で就職サイトで探しているのと同じです。

 

紹介される側である私たちもその会社についてや業界について疎い人から紹介されるって説得力がないしなんだか不安ですよね。

 

自分が突っ込んだ質問をしたとしてもハローワークでは『それは入ってみないと分からない』や『この業界はこうだからな~』と誰が言ったかわからない噂を話すだけ。

 

確かに会社のことはその会社に就職したものでしか分からないのは事実だけど、あまりにも情報が薄すぎる。

 

ちなみに20代向けの転職エージェントなどを利用した時はもう少しまともな情報をくれましたし、適性検査やカウンセリングも充実していたので転職活動に対する不安や焦りを和らげてくれました。

 

転職後に企業とのミスマッチを防ぎ、ブラック企業に勤めたくないのなら何を紹介しているのか分かっていないハローワークには頼らないのが一番です。

 

関連記事:【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】

 

私がハロワで紹介されたろくでもない求人内容

怪しい求人

 

ハロワで就活している方にお伝えしたい、どんなに就活に焦っていても自分を安売りする必要はない。

分かりやすいブラック求人内容だけどほんとに以下のような内容が多いので、転職活動の際に参考にしてください。

 

①年間休日が少なすぎる(78~105日程度)

②未経験でも初任給が高額(よく見たら基本給はかなり低い)

③ボーナスが無い

④昇給・賞与の記載なし

 

業界によって休みの少ない職種や、まとまって1か月間休めるなど特殊な業種を除き基本的に年間休日120日以下はブラックです。

できるなら122~5日程度ありしっかり有休もある会社を探すこと。

 

そしてぱっと見は月収が高くて好条件すぎるのに未経験案件の会社も要注意です。

そんな好条件なのに未経験を入れるメリットはすぐに辞めてしまうような職場環境や仕事内容である可能性が高い。

給料が一見良くても働いてみたら休みは取れないしパワハラ地獄で、保証などもないなどで身体と精神を壊してしまった知り合いがいました。

給料はスキルに見合って上がっていきます。最初からおいしい条件に飛びつく場合は少し調査が必要です。

 

後は保障の問題ですね。ボーナスや昇給。賞与のない会社もあります。

私が勤めていた会社がそうでした。

ハロワの求人票にこれらが空欄の会社は避けましょう。

 

こんなに質の悪い求人を平気で紹介してくるし、自分自身も職歴がないからを自分の価値を下げてブラックっぽいところを受けてみても不採用が続きました。

ハロワでの就活って職歴が不安な方にとってはハードルが高すぎると感じました。

 

こんな遠回りして仕事を探すよりもここまで書けば転職エージェントの方がいいなと考えが付くと思います。

 

ただ転職エージェントでも職歴が1年以上ないと利用不可だったり、行きたい職種などによっては自分の今の状況と合わないところもあります。

 

今フリーター経験やニートをしてて職歴がない方や、新卒で会社で働いてたけど早期で辞めてしまった方など何らかの事情で就職に躓いてしまった方には20代に特化しておりなおかつ職歴なども気にせずに相談できる転職エージェントを活用すべきなのです。

 

なんかごり押ししてますが、ぶっちゃけハロワでの就活だ酷すぎたのでハロワを利用するくらいなら専門の転職エージェントの方が就活が幾分楽になるのは事実です。

 

関連記事:【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】

 

20代で初めての転職や職歴なし・不安からの転職活動では転職エージェントを利用しろ!

決めるのは自分

 

  1. 未経験からの転職
  2. 社会人経験が浅い
  3. 初めての転職活動
  4. 20代の既卒やフリーターの職歴なしの方
  5. 仕事への方向性が決まっていない人

 

これらに当てはまる方で転職活動をされている方は転職エージェントの利用をお勧めします。

仕事を今していなかったり、早く今の状況を変えたいという方は特に焦りと不安で正常な判断ができずらくなっています。

そこに質の悪い求人を紹介されたとしても自己評価が低い状況でもあるので、怪しい求人だろうがブラック企業だろうが受けてしまう。

不採用で難を逃れればよいですが採用されたら社畜地獄がスタートです。

 

また就活を頑張っているのになかなか決まらないというのもハロワの方のカウンセリングやヒヤリングなどがちゃんとできておらず自分にとっての適職を紹介されない、もしくはどんな仕事がいいのかわからないまま就活をさせられている場合もあるので、ゴールのない迷路でとにかく歩けといわれているような状態です。

 

転職エージェントでは適職検査としてカウンセリングをしっかり行ってくれて自分がどんな仕事に就きたいのかなども一緒に考え提案してくれます。なので相性の良い企業に応募できるということでもあるので採用率も上がるということです。

 

早期的に自分が楽しく働ける会社に勤めたいのであれば、1度気になる転職エージェントに相談しに行ってみましょう。

 

人気記事【未経験OK】ニート・フリーターから正社員に就職できる転職エージェント【職歴なしから正社員へ】

 

人気記事ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】