既卒が無料のプログラミングスクールに通ってWebエンジニアにストレートでなれた体験談

既卒で就職先が決まらずフリーターをしばらくしていましたが、クリエイティブ職についてみたいなと考え始めて目を付けたのがWebエンジニア・デザインの仕事でした。

 

ざっくりとWeb系の仕事をしたいと思ったのですがハローワークでは未経験からなんて無理だと門前払い。

事務や営業職を進められる始末でした。

 

そこで私が頼ったのは就職支援のある無料のプログラミングスクールでした。

 

本記事をおすすめする人

 

  1. 既卒・もしくは20代のフリーター
  2. Webエンジニアになりたいけどスキルがなく不安
  3. プログラミングスクールに通って就職できるのか知りたい
  4. お金がないので無料のプログラミングスクール希望

 

プログラミングスクールではWeb系のエンジニアに必要な言語の知識とデザインソフトの使い方の基礎を学び卒業するころには自分でデザインしたWebサイトを一からコードやプログラミングを書き4つ完成させることもできました。

 

そしてプログラミングスクールの支援も受けて卒業後の2週間後にWeb制作会社に入社できWebエンジニア(フロントエンドエンジニア)としてWeb言語でプログラムを書いたりするお仕事を手に入れられました。

 

既卒でもWeb・IT系のエンジニアには簡単になれるのに人生の勝ち組にもなれる

既卒でプログラミングスクールを利用してWeb系やIT系のプログラマーになるのはいわゆる勝ち組になれます。

そして私自身が実際にプログラミングスクールに通った体験から言えますがそれなりに大変ではありますがしっかりとスクールに通っていれば3~4ヶ月程度で実務経験並みのスキルが付きますし就活もスムーズに決まります。

 

既卒の就活で勧められるのは事務・経理・営業職

勝ち組になれるって何を言っていると思われるかもしれませんが、そもそも既卒で就活してもいい仕事に就けるのってほんとうに難しいんですよね。

新卒で就職に失敗して既卒で就活をしても年収300万円とまりの工場や介護職、また稼げるかもしれないが体力勝負で面白くも無い営業職がほとんどです。

 

私の周りでも(女性ですが)アパレルでの販売員や事務員や経理関係の仕事に就いていて正直詰まらなさそうだなと感じました。

 

実際こういう仕事に付いて3年もたたず離職してしう人が多いですがWebやIT系に就職でしたり、もしくはプログラミングスクールで十分な基礎知識が備わったらフリーランスとして働いて20代で年収1000万円稼いでいる人もいます。

 

Web・ITエンジニアになればフリーランスで自由に働ける・会社でも安定する

私が入社したWeb制作会社で3~5年務めた先輩や上司もフリーでの仕事の方が会社の年収を超えてしまったので退職し今では自由に働きながら、旅行を楽しむ程優雅な生活を送っています。

中には退職後にプログラマーとしてのスキルを活かして起業して社長になった上司もいました。

 

WebやIT系のプログラミングスキルって本当に希少でありながら需要が高くのフリーランスで高収入稼げることも可能です。

またこれから発展していく業界でもありますので企業に勤めていても高給で安定しています。

 

プログラミングができれば学歴や男女差別を気にしなくて済む

私がエンジニアやプログラマー職に対して感じたのは男女差別がありません。

例えば事務やアパレルは女性社員が多いし工場や土方なのの力仕事、総務や人事系の仕事は男が多いなど性別によって区別されやすい仕事ってあります。(実際はそんなことはないのだけど)

だけどプログラミングのスキルがあれば男でも女でもスキルを持っている人間が重宝されるのである意味年齢も性別もそして学歴も関係なしに勝負できます。

私がいた制作会社のエンジニアで元カラオケ店でアルバイトをしていた人、主婦だった人、高校卒の人、美容師だった人など過去の経歴は本当に様々でしたがみんな肩を並べて仕事をしています。

 

既卒が一発逆転できる職種でもあり未経験からでも十分になることができる業界ですので私がWebエンジニアになるまでの経緯と無料のプログラミングスクールってどうなの?と言うところをお伝えしていきたいと思います。

 

既卒で就活しても相手にされなかった

冒頭でも書いていますが、新卒で就職できずに既卒になりフリーターとなってからの就職活動はある意味迫害的な感じでした。

自分が希望していたのがWeb業界で働きたいという事をハローワークで相談しに行ったのですが、私の担当になった職員兼カウンセリングをしてくれた人が『ちょうど今Web会社で営業職をしていた同僚が戻ってくるから話を聞いてみるかい?』と聞かれでその人と話しをしてみました。

 

Web系でプログラミングをかデザインとかしてみたいという事を話してみたら口外一番にいわれだの『あーむりむり。そういう業界はね、即戦力が一番なんだよ。50代60代でもスキルがあれば20代よりもそっちを雇う。スキルがないなら無理だよ。』

めちゃくちゃ腹が立ちました。

 

東京とかだったらまた話が違っていたのかもしれませんが地方でのハロワではこんなことを言われました。

 

結局勧められる求人も営業や販売員や事務員の仕事ばかりで正直やりたくない。

しかも給料は薄給だしブラックじゃないのか?と感じるようなちょっと怪しい質の悪い求人も紹介されて、既卒って本当に舐められているんだなって感じました。

 

そこから自分でいろいろ情報を漁っていたら無料のプログラミングスクールがあることをしり、また就職支援もしているので未経験からでもエンジニアとして働くことができるルートを知りスクールに通う事にしました。

半分門勢払いしてきたあのおじさんを見返してやるという気持ちもありましたね。

 

プログラミングスクールに通って就職できる職種

主にIT・Web業界へ就職できます。

ベースとなるプログラミング言語の基礎は同じですので基礎を学んでからITかWeb業界かを選ぶことは可能ですが私自身がWeb業界でエンジニア職になれたのと、IT業界よりも必要なスキルが簡単なわりにクリエイティブな仕事でもあるのでお勧めです。

 

主になれる職種

 

  1. IT・Webエンジニア・プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. IT・Webディレクター

 

ふり幅は様々ありますしエンジニアやプログラマーと言ってもコーダーやマークアップエンジニアだったりフロントエンドエンジニア、インフラエンジニアなどさまざま。

また制作側からディレクターやマネジメント職に転職する人、またその逆もよく見かけます。

スキルがあれば職種を跨ぐことが簡単な業界でもあり、いろんなことに挑戦できる部門としては大変面白い業界だと思います。

 

このようにプログラミングの基礎知識は今後自分がどんな仕事をしていきたいのかの道を広げてくれます。

 

無料だけど大丈夫なの?

無料のプログラミングスクールが何故無料なのかと言うと就職ありきのスクールだからです。

つまりスキルを付けて企業へ就職させた場合就職先の会社から紹介料が支払われるため受講生には一切費用が必要ないというシステムです。

他にも実質無料のスクールもあり、授業料や教材費などを支払うが就職できればぞれらの費用全額返金される制度です。

 

なので無料と言っても受講者が支払うか企業が支払うかの違いであり無料のスクールだからと言って質が悪いとかはないですね。

 

未経験の既卒・20代におすすめなプログラミングスクール

私がおすすめするのは『GEEK JOB』です。

 

GEEKJOBは完全無料のプログラミングスクールです。

 

他にも無料のプログラミングスクールはありますが実質無料としているスクールで就職できれば返金制度がありますよと言うスクールです。

 

完全無料かつ就職支援に力を入れているプログラミングスクールはGEEK JOBが一番おすすめですね。

 

 

なぜGEEK JOBがおすすめなの?

GEEK JOBはプログラミング学習と就職サポートが始めからセットになったスクールです。

 

GEEK JOBは企業側からお金をもらっているので受講生が1円も費用を負担する必要のない完全無料なスクールですが、私がこのスクールをおすすめしたいのは就職支援が既卒・第二新卒・20代向けに特に力を入れていることと、プログラミング言語のなかでも需要が高くまた今後も必須となってくるPHP、そして今注目を浴びているRubyを専門的に受講できるコースがあるからです。

 

プログラミング言語でも需要のないC言語なんて習っても今後使い道がなくなりつつあり、現在でも需要が減ってきています。

学ぶなら今後も需要が伸びる言語を効率よくつけるべきなのは了解だと思いますが、GEEK JOBは今需要の高いPHPやRubyを学べるのはかなりポイントが高いです。

 

GEEK JOBの特徴
GEEK JOB
スクール料金 無料
学習期間 3ヶ月
身に付くスキル PHP/Java/Rubyの3つの言語から1つを選んで学習
ここが良い 転職先500社保有
就職率97.8%
受講者のほとんどがIT・Web業界へ就職
就職先の口コミも良い
公式サイト https://camp.geekjob.jp/

 

気になる就職情報

 

GEEK JOBは就職先の口コミも良好で未経験からスキルを付けて優良企業・ホワイト企業への転職で働きたいならおすすめです。

GEEK JOBの転職先の紹介は正社員雇用がメインです。

 

Web系志望な受講生はWebプログラマー、エンジニアとしてWeb業界へ入っているようです。

主な企業としては『IMJ』『DMM.com Labo』『サイバード』『BOOK-OFF グループ』などの有名企業でWeb開発・Webサイト制作の仕事を紹介してくれます。

 

またGEEKJOBの就職先は残業月20時間未満で、これは週にすると5時間程度、1日1時間あるかないかの残業はこの業界ではかなりのレアです。

ブラック企業経験者の私からすると週に20~30時間以上(1日平均3時間ほど)残業してましたので、こんなのと比べるのもおかしな話ですがかなりホワイトな待遇の会社を保有しています。

 

WebエンジニアやWebプログラマーとしてWeb開発に関わる仕事に未経験から確実に入りたい、ブラック企業でこき使われたくないという人はGEEK JOBでスキルを付けて転職活動をおすすめします。

 

GEEK JOBの就職情報についての詳細はこちら

 

基礎知識があるだけでWeb・IT業界での就活に有利だった

就職支援としてポートフォリオ制作や履歴書添削、またキャリアコンサルタントとの相談など就職にあたるバックアップは充実していたので学校の対応は満足ではあったのですが、それを差し置いて少しでもプログラミングのスキルがあるだけで就職のやり安が段違いでした。

分かる・書ける言語があるだけで紹介される求人量が全然違います。

 

また面接のときに役立ったのがプログラミングスクールのネームバリューでした。

WebやIT業界ってスクール上がりの人もそこそこ多いですが、企業同士に繋がりもあるので優遇されることもありました。

 

既卒でエンジニアやプログラマーになりたいのならプログラミングスクールを利用してスムーズに就職しましょう。

いらない苦労は不要です。