会社を辞める勇気がない人はまだ会社を辞めたくないだけ 

会社を辞めたいのに辞める事を伝える勇気がなくてまだ働いてる。

ズルズルと辞めずにいる時間が伸びている。

 

本気で辞めたくてメンタル病みそう、でも退職願いを出す勇気がない。

 

それって本当にその会社を辞めたいのでしょうか?

 

辞めたいのに辞めた方が良いのか周りに聞いてる時点で辞めれない

他人に今の会社のおかしいと思うところ、不満に思うところ、人間関係が辛いことなどを愚痴ってやめた方が良いかなと聞いている時点で辞められない。

そこで周りがそんな会社辞めた方が良いよ!と言ってくれる人もいれば、うーん、もう少し続けた見たら?せっかく入ったんだし、どこの会社もそんなものだよ。と言われる。

 

他人に意見を求めるのは『辞めた方が良いよ!』と言ってもらって自分の選択は間違っていない確証が欲しいだけ。

そうやって辞める勇気を周りから集めている時点でその会社を辞める意思がまだ不安定とも言えます。

 

とは言っても周りに辞めたいアピールをしているのはなかなかの末期状態です。

 

何かのきっかけさえあれば辞めれる、そんなすれすれの精神状態であるが、それよりも会社を辞めてフリーになる怖さが勝っているから周りの意見を聞いているという段階ですね。

 

まず一つ言いたいのが他人が辞めた方が良いよと言ってやめた場合、その次に例えば仕事が見つからなかったり、転職先が前の会社よりも酷かったらそのやめた方が良いよと背中を押してくれた人のせいにしてしまわないでしょうか。

自分の意思ではなく、誰かの意思を借りようとして辞めるのもあまりお勧めできませんね。

 

会社を辞めるのに勇気はいらない

勇気って不安や恐怖を感じることに恐れずに立ち向かう行動の事です。

 

いらなくなった本や服を捨てるのに決断は必要かもしれないが勇気はいりませんよね。

 

辞める恐怖ではなく、本当は先へ行く恐怖のせいで辞められないんじゃないでしょうか。

私がそうでした。

 

本質的に辞めることに対しては勇気なんていらないんです。

 

無職になるのが恥ずかしい!【誰のために生きてるの?】

在職してて次の仕事が決まって退職なんてそんなに簡単ではないです。

引き抜きにあえば話は別ですが、働きながら転職活動って本当に難しい。

 

理想はいったん会社を辞めて転職活動した方が、気持ちも時間もゆとりができるので 転職活動に100%の力を注げます。

それがなかなかできない世の中。

 

しかしふと考えて見て、嫌な会社と仕事を続けて辞めたいと心の底から思っているのに一旦無職になるのが恥ずかしくて辞められない。

それって自分は世間のために生きているってことでしょうか。

 

自分のために生きるべきです。周りの目を気にして辞めたい会社に居続けるって不幸でしかない。

 

無職になるのは恥ずかしい事ではなく次へ移る準備期間です。

誰もが1つの会社に依存しています。その会社から解雇されたり、会社自体が倒産したらあっけなく無職になってしまうのです。

 

誰もがなる可能性のあることが恥ずかしいと感じてしまうのはむしろ日本人が世間体を気にしすぎるあまり自分をおろそかにしているのでしょう。そんなの気にしていたら何もできないです。

 

家庭があるからそう簡単にはできないね

家庭があって背負うものがある人の転職はリスクがあるのでできないことがほとんどですが、それでもこの世の中には自分と同じように家庭があっても行動へ移す人はいるのも事実です。

 

別に転職を勧めているわけではなく、何を天秤にかけるか。

自分が今の会社を辞めたいけど家族のためだからと諦めて、幸せを感じず嫌々会社にとどまった結果家庭環境が悪くなっている状況を見て家庭を守っているとはなかなか胸を張って言いずらい。

 

本質はどこにあるのか。家族のためってどこを視点にして考えるのか。

家庭が笑顔ならいい、お金が安定していれば喧嘩が絶えなくても仕方がない、もしくは自分が体を壊すくらいで家族が守れるならそれでいい。

 

そういった状況に耐える人もいれば家族と相談して片方が踏ん張ってもらったり、転職期間中はバイトをして行動に移している人たちがいる。

いろんな理由で行動をためらう人もいれば、同じような状況で行動していく人がいます。

 

逆にいうと一人身で自分以外に迷惑かかることが無い人は転職しやすいとかも思われるかもしれないが、一人身は誰もフォローをしてくれません。

 

自分の失敗や不安な状況も全部自分の責任です。

 

それぞれ立場や状況がみんな違うけど、やる人はやる、やらない人はやりません。

 

辞めたい会社で働き続けると将来働けなくなる【鬱病】

個人のストレス耐性にもよりますが、辞めたい会社ってそれなりの辞めたい理由が強くあります。

私が会社を辞めたいと思ったのは待遇が悪いとか年間休日が少なすぎるとかの問題もありましたが、何よりもパワハラが辛かった。

 

自分が居たくない環境って精神的に苦痛を感じていて、ストレスが慢性しているところです。

 

そんなところで働き続けてうつ病になってしまい、病気で退職はできたとしてもそこから這い上がるのは年単位です。

うつ病はすぐには治らない。

 

今いる環境のせいで今後働けなくなるし、自分で稼いだお金を治療に使わないといけなくなる可能性を考えると何ともやるせない未来です。

動けるうち、判断できるうちに決断するって今だけではなく今後の自分に大きくかかわってくることを想定しておきましょう。

 

本気で辞めたいなら行動しろ【本気じゃないなら辞めたいと思うな】

次の仕事が決まりそうだったり、転職活動へ前向きになれば辞めたい会社に留まる理由がなくなります。

人間って見えない未来に対して大きな不安を感じます。

その不安を1つずつ潰して行けばいいだけなのに、それを怠っているから永遠に現状を変えられないんです。

 

転職活動への行動が億劫で始められない。

でも会社は辞めたい。

 

それならまだその会社にいましょう。

 

辞めたいけど辞める不安を潰すための行動する勇気がないのならそれはまだその会社を辞めたくない・辞める時ではないという事です。

 

私も会社を辞めたい辞めたいと言って何も行動できなかったけど、一度きっかけを作って行動したらどんどん前向きに転職活動が進み面接に行ったり、エージェントに相談して次の仕事への準備に繋げられました。

 

踏み出すのが難しいだけで1度入り込んでしまえばあとはリズムが出来上がります。

 

転職への必勝法なんてない

わたしは会社を辞めてすぐに転職活動に集中し仕事が見つかりましたが、ぶっちゃけますと転職への必勝法はないです。

 

ただ言えることは、転職活動で次の会社がいいか分からないから怖い、すぐ決まるか分からないという人は圧倒的に行動力と、会社の情報収集、そして次への目標が弱いです。

 

まず今の仕事に在職して辞める勇気が欲しいなら企業情報は貪欲に集めましょう。

今は情報社会です。少し検索すればいろんな視点から気になる会社の情報が手に入れられます。

 

転職活動で一番初めやすいのがこの情報収集です。

不安な人は無料で転職支援をしているエージェントと相談し、自分に合う会社をピックアップしてもらう事で自分で探すと膨大な会社の数から悩む時間も使いません。

 

短期集中で転職したいなら大手転職サイトとエージェント複数に登録

 

  1. DODA
    ⇒10万件以上の求人数・転職の悩みを解決し自分の納得のいく転職ができる
  2. マイナビエージェント
    ⇒日本最大級の転職サイト・履歴書の添削や面接のノウハウなどのサポートにて熱い
  3. リクルートエージェント
    ⇒求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1のリクルートエージェントは転職者の強い見方です
  4. リクナビNEXT
    ⇒転職者の約8割が利用するサイト・雇用形態に豊富な仕事が探せる

 

 

今から始めて来月には笑っていられるのか、来年もまたこの会社辞めたいと言っているのかを今決断しましょう。