初学者がプログラミングスクール経由でフリーランスになりたいけどまず就職すべき?【いきなり独立は迷惑】

フリーランスで自由に働くきたくてプログラマーになりたい!

これを機に転職を考えているけど全くプログラミングができないのでプログラミングスクールに通ってスキルを付けようと検討しているが、スクール卒業後に企業に就かずにいきなりフリーランスで働けるのかな?

少し調べたらスクールでも未経験から学び始めてフリーランスとして独立した受講生の話とかある。

でも、どう考えても安定したルートで行くなら一度企業に入ってまずは働いた方が良い気もする。

 

悩んではいるけど最終的には自由に働いて稼げるフリーランスにはなりたい。

 

こういった疑問をお持ちの方に向けた記事となっております。

 

プログラマーとしてフリーランスで働きたいプログラミング初心者でプログラミングスクールを検討しているなら、まず第一段階としてはおすすめします。

 

まず私のバックグラウンドですがWeb系のプログラミングスクールでフロントエンド言語とWebデザインのスキルを学びWebエンジニアとしてWebサイトを作るお仕事をしています。

私はフリーランスではなくWeb制作会社で働く会社員ではありますので、フリーランス事情について少し頼りないかと思いシステムエンジニア(SE)として会社員9年勤務を経て独立して2年目の知り合いからフリーランスで働く大変さや、内部事情などを教えていただけたのでここで共有したいと思います。

 

まずここで結論を申しますと、初学者でプログラミングスクールでたった数か月の学びからいきなり独立されても稼げませんし、同業であるしっかりと会社で職務歴を積んだベテランエンジニアのフリーランスの方々にとって迷惑な存在である。

 

本記事を勧める人

 

  1. プログラミング初学者でスクール経由でフリーランスを目指している
  2. フリーランスになるかIT企業に就職するか悩んでいる
  3. プログラマーがフリーランスで働くことについて知りたい
  4. 現在プログラミングスクールに通っているけど卒業後の働き方を参考にしたい

 




初学者がプログラミングスクール経由でフリーランスになっても稼げないし自滅する

稼げない・自滅

まずITやWeb業界で働いた事が全くなく、そしてプログラミングのスキルもスクールや独学などで数か月程度学んだ程度でいきなりフリーランスとして独立しても稼げません。

 

その理由についてですが、まず会社によって業界ルールなどは様々ですがプログラマーとして職務歴がないという事はどのようにして仕事が成り立っているのか、またこの仕事においてのクリティカル(致命的失敗)をまるで分かっていません。

 

SEのプログラマーの方でしたら設計士からの資料を基にプログラミングを組みますし、WebエンジニアでしたらWebデザイナーがデザインしたPDFを基にサイトを制作します。

Webエンジニアの話をしますとサイトの見栄えで『1px』のずれも許されないし、コードの書き方によりプログラムがうまく配置できないなどの不具合が出たり、ものすごく長いコードを書く羽目になりサイトが重くなる、そのため他のエンジニアが読解しずらくなるなどの汚いコードが出来上がってしまいます。

業務経験が浅い人間からしたら余計に仕事を増やしてしまうような仕事の進め方をしているようなものです。

 

エンジニアの仕事には当たり前ですが納期があります。この納期に遅れてしまっては場合によっては顧客から損害賠償を請求され会社に大きな損失を与えます。

その即戦力として雇われるフリーランス業の方がまだまだ業界未熟って頼りないですし無能と分かれば契約破棄になります。

契約を切られてしまえばもちろん稼げないといった状態になってしまい、フリーランスになることは慣れるが生活苦に陥ってしまいます。

 

フリーランス詐欺をしてしまっている

フリーランスは言ってしまえば派遣社員のようなものです。

自分で営業をかけて仕事を探したり同業のプログラマーから仕事を紹介されるなど以外でしたらだいたいが仲介業者であるフリーランス職を斡旋してくれるエージェントを経由します。

エージェントが紹介してくれた会社に面接に行き、契約が決まればひとまず働けますが、基本的にこの面接は雇う側の企業の条件に全てYESと答えないと採用されません。

なので自分ができないことがあれば仕事がもらえない。こうなってはお金が稼げないのでスキルのないフリーランスの方はできないことでもできると応えひとまず会社と契約を結びまずが、仕事をすればバレてしまいます。

 

上記で書いた事とかぶりますが、会社側がこいつ無能だと分かれば本来6ヶ月期間のプロジェクトで雇われたのに1ヶ月で契約は切られます。

ひとまず1ヶ月分の給料は支払われますが、これを繰り返す無能のフリーランスは企業側からしたら詐欺師です。

 

こういった稼ぎ方をしているフリーランスのプログラマーは割と出てきてしまっていて一部のIT企業に限ることかもしれませんが『フリーランス=詐欺師』と考えている企業も出てきます。

これによってフリーランスを雇う事をやめてしまう会社も出てきているので結局自分たちが働く場を自分たちで減らしているのです。

 

業界未経験者がいりなり独立されたら同業者にとって迷惑

フリーランス=詐欺師という認識が企業に浸透してしまうとスキル上級者のフリーランスの方々にとっても打撃があります。

 

IT企業を辞めてフリーランスとして独立して2年目のSEプログラマーの方はこのことにかなりいら立っているようでした。

とはいえしっかりと仕事ができるスキルが高いフリーランスの方は自分がブランド化して行くので、フリーランスの多くは詐欺師みたいなのが多いが○○さんなら仕事をお願いできると信頼を勝ち取っています。

 

フリーランスとしての働き方は雇われた会社との信頼関係を気付くことが何よりも重要ですので、業界未経験や業界歴が浅いプログラマーがフリーランスとなって役に立たなければその人は信頼性を失い仕事も紹介されなくなります。

結果的にこういう薄っぺらいスキルでフリーランスをしている人は消えていきます。

 

自分で自分を自滅させているので、こうなりたくなければしっかりとプログラマーとしてのスキルはもちろんですが、実際に会社で働かないと身に付かない業界の基礎的な知識もしっかりと付けるためにひとまず会社で最低でも3年以上は働くべきでしょう。

業界で働いた経歴があればそれが自分の付加価値にもなりフリーランス業に移った時に仕事をとりやすくなります。

 

フリーランスで稼げている人は業界でのスキルと信頼を積んだ人です

フリーランスで稼げる!とよく聞くけど実際稼げている人はそれなりに業界で下積みを積んできたバックグラウンドをお持ちの方々がほとんどです。

また高級な案件を貰えるのってエージェントを介してよりもエンジニア界隈でのやり取りで仕事が紹介されています。

 

つまり質が良い仕事はスキルがありエンジニアとしてコミュニティを持っている人がもらえる特権でもあります。

なので業界知らずでコネも何もない素人のフリーランスの方に当てられる仕事は単価の低いものや、ブラック業務を当てられる可能性が大いにあるという事です。

 

フリーランスにおいてエンジニアのコミュニティがあるのはとても重要で、会社にただ勤めるだけでなくセミナー・勉強会に参加して同職系のエンジニアの知り合いを増やして行ったり最近ではSNSで知り合って仕事を紹介されるというケースもあります。

これがまずできるのはそれなりのスキルが証明されているかという点が大きいです。

 

自分への価値を深めるのはスキルを磨くこと。

そしてそれを活かすために働く場を提供してくれるエンジニアの仲間を作ることがフリーランスとして稼げる人間になることです。

もちろんプログラマーとしてスキルが高ければエージェントを介して仕事を貰う事でも同じことが言えます。

できることが多ければそれなりに高単価で質のいい仕事を紹介してもらえますし、それらの会社で実績を残せばフリーランス業績として功績が増えていき、口コミや評価で仕事が途切れる事はありません。

 

どちらにせよフリーで仕事をしたいなら信頼を作るのは鉄則です。

その信頼を作るにはまず説得力のある業務年数やプログラマーとしてのスキルは必須ですのでやはり会社で経験を積むのが一番かと思います。

 

スクールの『未経験から独立できる』に騙されないで

数か月のスキルは数カ月の命

プログラミングスクールで未経験からでも独立できるとか謳われていますがここまで読んでいただけた方なら『フリーランスになれたとしても生活できない』という事が分かったと思います。

 

フリーランスとして自由に働きたいからスクールに通われる方はそれなりに業界に精通している方で少し横のスキルが欲しいとかの人でしょう。

横の言うのは例えばWebデザイナーとしてのスキルは5年以上あるがプログラミングについては少しわからないところがある。

デザイナーとして仕事を取っていくにもWebエンジニアとしてのスキルも分かっていた方が交渉に役立つかもしれない。

 

このような方でフリーランスとして独立を検討されているのなら見合ったスクールの利用の仕方だと思います。

 

プログラミング初学者が業界経験なしにフリーランスになっても自滅してしまうのでスクールのフリーランス斡旋内容の就活には騙されないでください。

 

本気でプログラマーになりたいなら業務内容を愛してください

プログラマーって今ではほんとに流行りの仕事になってきていて、また業界でもまだまだ人材不足です。

未経験からでも転職がしやすい業界ではあるが前提として、独学かプログラミングスクールなどである程度の知識がある人に限ります。

 

こういったインターネット業界って割と稼ぎやすいとか、自由な時間が作れるとか言われていますがこれに至っては事実ではあります。

 

営業や販売員などに比べたらある程度職務経験を積めば一気に年収が上がりますし、自分で仕事を取れるようになってくるほどになれば会社を辞めて独立し週3日しか働かないというフリーランスとしての働き方にチェンジする方もいます。

 

能力がある人はどんどん自分の時間を作れる仕事でもあるし稼げる職業でもあります。

 

ただそこに至るまでは本当にプログラミングが好きで極め切った人たちです。

プログラミングが好きでもないのに自由に働けるからとか稼げるからと言った理由で目指すならしょぼいエンジニアにしかなれないという事だけはお伝えします。

 

プログラマーの仕事が好きだからこそ後からついてくるのが『働きやすさ』になってきます。

まずはプログラミンが好きなのか、そこを大事にしてください。