30代未経験からフロントエンドエンジニアに転職を成功させる人の共通の条件

30歳代でしかもWeb系に関しては全くの未経験だけどWeb業界に転職できるのか?

年齢的にも未経験転職はネックになっているけどWebサイトを制作するフロントエンドエンジニアに興味がある。

 

そんな30代の未経験からWeb制作会社でフロントエンドエンジニアに転職を成功させる人の共通点を上げて行きたいと思います。

おのずとこれらがあれば未経験の30代からでもWeb業界に入れるしフロントエンドエンジニアとしてばりばりWebサイトを作る側にもなれるという事です。

 

30代未経験からフロントエンドエンジニアになれる人の共通点

 

  1. Webを愛せるか【意欲】
  2. プログラミングの勉強は私生活を削ってでもできるか【意欲】
  3. 利用するエージェントがWebに精通しているか【行動】

 

この3つです。

とくにWebプログラミングの勉強意欲が熱いなら割と行けますしスキルが付くのも早いし生き残れる人材にもなれます。

 

そもそもWeb業界にいる人ってWebが好きだし、エンジニアになる人間は勉強熱心です。

 

未経験者にWebを愛せるのかって、知らない業界を語っても薄っぺらいのでそこは勉強して愛せる世界になれるかってとことですね。

Webの知識を身に付けるために自己学習への時間を惜しまないかと言うところです。

Web業界でやっていけている人ってこのスキル習得を惜しまずできてその結果Webが好きになっていっているので。

 

Webの勉強を何よりも優先してできないのらWebを愛せないしそんな人は業界でも役立たずです。

Webを愛すって臭いですがそもそも好きでもないのにWeb業界に入ってもストレスで病んでしまうので、初心者だけど勉強して行くしその結果Webの世界を愛せるかはぶっちゃけますと自分のためです。

 

なので無いスキルを補うために自主的に勉強する意欲がしっかりあるのかと言うのは未経験からのエンジニアを採用するに当たって必ず採用者が気にします。

そして働く側である求職者がブラックなWeb業界につかまらないためにWeb系に精通している転職エージェントをうまく利用するのも重要です。

 

Web系に未経験から転職するなら絶対に勧めないのはハローワークで探すことですね。Webに精通していない職員しかいないのと未経験だからと紹介される会社がブラックな会社であることが多いのでお気を付けください。

 

Web業界の採用担当が未経験の30代の応募者に求めていること

  1. コミュニケーション能力
  2. 自主的に勉強をする意欲が強いか

 

30代と20代の未経験の求職者をそれぞれ比べて30代に圧倒的に求められるのがコミュニケーション能力です。

若さではどうやっても勝てないのでここは切り捨てて自分の年齢に付加価値を付けてくれている社会人としての人間スキルを発揮させましょう。

 

一般常識はもちろん人間関係を円滑にするためのコミュニケーション能力が備わっているのは30代の強みです。

またこのコミュニケーション能力が高い人は業界経験者をも凌駕できます。

 

つまり未経験者が経験者に勝てる唯一の見せ場でもあるのがコミュニケーション能力です。

 

エンジニア職ってわりとコミュニケーションが重要でもある仕事なのに人見知りが多い職種でもあります。

そこでそんな内部事情を未経験だけど前職営業職してた人とか人と関わる仕事であるADや元お笑い芸人、美容師などの割とコミュニケーション能力が高めな人はWeb業界の人間からすると求められます。

 

納期などでピリピリしている時の対応だったり、チームワーク制で仕事がうまくいく業界ですので、経験があっても変わり者だったり下手におとなしそうだと採用されないこともあるので、未経験で30歳代なら話しやすいとか明るいなど人の良さで勝負するのは割と現実的なんです。

 

つまり未経験うんぬんよりも応募者の人柄を一番見ているWeb制作会社が増えているので30代の未経験からでも採用は全然あり得る。

もっと言うと40代でもありえます。(実際にいます)

 

とは言ってもやはり業界未経験者にとってはWeb業界は狭き門で、20代でもスキルが無かったら就活でも場数を踏まないと採用されないことも多いです。

だからここでWeb業界に精通している転職エージェントを利用釣ることが重要となってきます。

闇雲に分からない業界に突撃して行って無意味な結果になることを防ぐためですね。

 

そして30代からの転職って一般的に考えるとキャリアアップ(同業から同業へ)のためとなりますが、異業種から未経験でWeb業界へ転職したいという人はなぜWeb業界を突然目指そうと思ったのか明確にしておきましょう。

 

 

Web・IT業界に強い転職エージェント

 

賢くWeb業界に転職する人はWebやIT業界に精通している特化型の転職エージェントを利用しています。

未経験からの転職でも手厚く面倒を見てくれるエージェントは必須で活用しましょう。

 

  1. マイナビクリエイター

    ⇒マイナビのWeb職・ゲーム業界に特化した部門の転職支援サービス
  2. WORKPORT
    ⇒未経験からのWeb・IT業界の転職に強い

 

フロントエンドエンジニアの仕事とは

まずフロントエンドエンジニアって長い名前でWeb系の仕事について少し調べた人じゃないと聞かない職種です。

一般的に良く知られていのはWebエンジニアですが、Webエンジニアでも2つの仕事に分けられます。

 

それがバックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアです。

 

バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

 

  1. Webサイトを表面を制作したい⇒フロントエンドエンジニア
  2. Web関係の裏側のシステムを作りたい⇒バックエンドエンジニア

 

フロントエンドエンジニアは割とデザイナーよりもエンジニアとも言われています。

Webデザイナーと一緒に仕事をすることも多いので自然とデザインについての知識もついてきますし、内部的なプログラミングではなくデザインを視覚化するプログラマーですのでデザイン寄りのエンジニアと考えてもらえたら良いと思います。

 

他にもWebエンジニアはWebアプリを制作するところもあるのですがフロントエンドエンジニアは完全にWebサイト専門です。

 

バックエンドエンジニアとはゴリゴリにエンジニアとしてプログラミングをする、システム系のプログラミングを組むエンジニアの仕事です。

仕事もエンジニア同士でやり取りするので一般的にイメージしているプログラマーの人たちはこちらになると思います。

 

フロントエンドエンジニアの主な仕事はWebサイトの制作か運用、修正などです。

Webサイトはインターネットに上がった時点で24時間誰でも閲覧できるので、不具合が出たりちょっとしたサイトデザインの崩れやテキストの誤字脱字などはすぐに修正しないといけません。

 

データを扱う仕事なので常にバックアップを取って、大きなデータ移植の時などは大変緊張する仕事でもあります。

 

絶対あってはいけない話ですが、バックアップを取っておらずデーターを書き換えてしまったり誤って消してしまった場合はもの凄い損害賠償が発生します。

 

フロントエンドエンジニアはWebに関わる仕事のあらゆる知識がついてくる

 

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーと常に一緒に仕事を遂行するので、エンジニア職の中でもデザインにも偏りのある仕事からデザインの知識も割とついてきます。

フロントエンドエンジニアだったけどWebデザイナーに転職したり、その逆も割とよくある話です。

他にもサーバーサイドのプログラミングをするシステムエンジニアや、マーケティングの部署とも連携をとりつつ業務を行うので基本はフロントエンドエンジニアとしてWeb制作のスキルを高めていますが、他の部署でのスキルも浅く広く身に付けられる面白い立場でもあります。

 

まとめますと、フロントエンドエンジニアとして働くとWebデザインとしてのデザインソフトのスキルやデザイン能力、サーバーサイド側の知識(主にPHPやJavaなどの言語)、マーケティング・SEOの知識(検索順位を上げるためのキーワード選定能力など)が学べるきっかけにもなる。

 



30代で異業種から未経験でWeb業界に入るのは苦労する?⇒ちょっとだけです

30代から未経験でWeb業界に転職は少し頑張れば意外といけるがそれなりには苦労するかもしれません。

 

とはいえ他の専門業界に比べたら本当に少しだけです。

 

仮に30代で営業職をしていたけど美容師になりたいと未経験で転職ってかなり難しいですよね。専門学校に通わないといけないし、下積みもしないといけない。

美容師はかなり専門職なのでちょっとイメージしずらいかもしれませんが、私が言いたいのは未経験から異業種へ転職は難しいのですが、その中でもWebやIT業界は異業種からの転職者に対して割と寛大なんです。

 

他の職種に異業種から転職することと比べたらWeb業界って割と入りやすい業界です。

なので未経験からならちょっとだけ頑張らないといけないという事です。

 

他の職種と比べたらWeb業界への転職は割と楽な理由

楽と言うと語弊を生むが、それでも他の業界へ未経験から転職を考えると割と楽な方です。

理由としてはWeb業界ってここ最近流行ってきているいわば発展途上な業界です。

プログラミングスキルやデザインなども日進月歩変わってしまい、流行りのプログラミング言語も数年単位で流行りが変わってきます。

つまり今から流行りのWeb言語を学び始める現役プログラマーもいるという事。

 

ちょっと専門用語を使いますが、プログラミング言語で少し前までjQuery(正しくはライブラリ言語だが)を使っている会社が多かったのですが、その後にやっぱりJavaScriptが基礎でないといけないと言われて学びなおしたり。WordPressというオープンソースのブログソフトウェアを扱う企業も増えてきてPHPに需要が高まり、最近ではアプリ開発で話題の言語Rubyも扱いやすくWeb制作にも役立つという事で注目されています。

つまり時代によって流行りの言語が変わってくるんですよ。

 

なので今からWebのプログラミング言語を学び始めたとしてもちろん基礎となる言語は最低限必要ですが、今流行りの言語を学ぶことで現役のプロを追い越すチャンスはいくらでもあるんです。

プログラミング言語って1つ1つ若干違ってきてはいますが、ベースは似ているので1つ覚えてしまえば他の言語への習得もかなり早くなってきますが勉強始めたものがどんどん伸びていく世界です。

 

こんなことを書いているとプログラミングの知識をちゃんとつけてから転職活動した方が良いのかと思ってしまうかもしれませんね。

 

Web初心者でもプログラミングのスキルを付けた方が良い場合

Web業界へ転職を考える人でプログラミングスクールに通ってある程度のスキルを付けてから転職を考える人もいます。

私がこれでした。

 

どんな人にプログラミングのスクールをすすめるかについてですが、会社を選びたい人です。

 

スクールはそれなりにお金がかかりますが通う期間の目安として3ヶ月で十分です。

 

プログラミングスクールでスキルが付くと履歴書で書けるスキル項目が増え、その分受けられる会社の数も増えますのでそれだけ求職者側が選べる会社の数が増えるという事です。

とは書きますが、数が増えても結局は未経験には代わりがないので企業側はフィーリング重視で採用を見ています。

 

あとは自分が会社に入ってから覚える事が少しでも知っていることに変わるかの違いですが、割と大きな違いではありますのでたくさんの会社の中からWeb制作会社を選びたい人や、会社に入社してからスパルタ業務が嫌な人はスクールに通って基礎知識をつけましょう。

 

スクールで付けらる知識までにはいかないが、プログラミングってどんな感じなんだろう?と知るくらいには無料で学習できるプログラミング学習サイト『Progate(プロゲート)』で学習しましょう。

勉強する言語は『HTML&CSS、JavaScript、jQuery』ですね。

 

実際に未経験者を採用する時にこのサイトである程度のレベルをクリアすることを採用課題で出したこともあります。

スクールに通うとなると時間とお金がかかるので業界に飛び込んで体で覚えていくことは30代からの転職者は割と多いです。

家族がいて出て行くお金よりも行動が優先される年代でもあるのでその必死さが伝わって採用することもあります。

 

言ってしまえばお給料をもらいながらWebのスキルを学べるし、現役のエンジニアが周りにいるのでスクールでは学べない業務知識がぐんぐん上がるのでスクールに通うよりも実践場にいきなり応募するのは効率が良いですね。

 

未経験でもOKと採用してくれる会社はちゃんと教育機関として3~6ヶ月はプログラミング言語の基礎知識と業務内容を覚えてもらうために課題が設けられているので無知だからと怯える必要もありません。

 

ひとまずは業界へ飛び込んでみましょう。

 

  1. マイナビクリエイター

    ⇒マイナビのWeb職・ゲーム業界に特化した部門の転職支援サービス
  2. WORKPORT
    ⇒未経験からのWeb・IT業界の転職に強い

 

プログラミング初心者でも3ヶ月もすれば基礎スキルが付いてくる【あくまで基礎】

プログラミングのスキルって毎日がむしゃらにやっていれば早い人で1ヶ月、平均的でも3ヶ月で十分なWebサイトが作れるスキルは整います。

と言っても本当に基礎中の基礎なのでここからどうやって成長していくかはベースを作った後の努力次第です。

 

プログラミング初心者が本気で頑張って3ヶ月でなんとかWebプログラミングの基礎ができつつあるという期間であるので、ネット上では簡単にスキル付くとか言われているのを鵜呑みにして舐めて勉強している人はそもそもWeb業界には向いていないです。

 

ただこの初心者から基礎スキルを付ける期間が一番きついです。

これを乗り越えたらプログラミングの世界ってすごい楽しいなと思えるしWeb制作に関わっていける人材にもなれているので、仕事の楽しさややりがいも実感できる時期になります。

 

私がプログラミングを初心者から学び始めたときはご飯を食べる時にもコードのことを考えて、電車での移動時間にプログラミングで気になったことをググっては知識を広げていきました。

大変だけどただのめり込んでみるとめちゃくちゃ楽しい世界です。

 

基礎スキルが付けばそこからは業務を通してスキルを磨いていくだけですので、仕事が自分の勉強時間になってしまうんでよね。

そういう業界でもあるので半年~1年あれば未経験からでも一人前になれます。

 

初心者がプロになるまでに人にもよりますが頑張れば1年でなれるし3年務まればベテランにもなってきます。

自分から学びに行き調べる姿勢があればWeb業界では重宝される人材に育ちます。

 

30代未経験からフロントエンドエンジニアに転職は夢がある

フロントエンドエンジニアとして働いて思うのはWebサイトを完成まで持ってい砦のような仕事であるという事。

デザイン、システム、マーケティング、広告、テキスト情報などサイトに必要ないろんな情報がフロントエンド側に集まってそれを組み立てるのがフロントエンドエンジニアの仕事です。

 

最後に完成を手掛けられるって本当にやりがいがありますし、その制作過程でもいろんなことが学べます。

 

説明したようにフロントエンドエンジニアはWeb業界の部署でも制作にかかわるすべての部署のパイプ的な役割をしています。

フロントエンドエンジニアとして必要なWeb言語だけではなくあらゆる知識が広くついてくるので、フロントエンドエンジニアをしつつデザイン能力を高めたり、システム系に興味が出てきたらまた足を入れやすい。

 

フロントエンドの仕事ってやりがいがあるし、どんどん発展していく将来性がある。おまけにいろんな道を味見できるような仕事でもあるので夢がある仕事ではあります。

 

なによりまずは行動へ移さなければなれるものにもなれません。

Web系の仕事に精通している転職エージェントを活用してサクッと転職を成功させましょう。

 

  1. マイナビクリエイター

    ⇒マイナビのWeb職・ゲーム業界に特化した部門の転職支援サービス
  2. WORKPORT
    ⇒未経験からのWeb・IT業界の転職に強い

 

 

人気記事フリーター・異業種の未経験からWeb業界への転職に強い転職エージェント