Webエンジニアが勧めるWeb系に強い転職エージェント4選

Web業界で働きたいけど業界未経験。

転職失敗やブラック企業に引っかかりたくないという人におすすめなのがWeb系の仕事に特化した転職エージェントを利用すること。

 

私はWebエンジニアもといフロントエンドエンジニアとしてWeb制作会社に未経験で転職しました。

前職はフリータです。

 

未経験からのWeb業界に飛び込むのは右も左も分からない状態だったのですが初めに利用していたハローワークやWebやITについてあまり知識のない転職エージェントを利用して採用されたWeb制作会社が超絶ブラック企業でした。

 

その後このブラックWeb制作会社を退職し、今度は転職に失敗したくないとWeb業界に精通している転職エージェントを利用して待遇や会社の環境がかなり良いホワイトなWeb制作会社に転職できました。

 

転職活動は半分賭けのように考えている人も少なくありませんが、自分の転職失敗体験から勧める失敗しないWeb業界に転職する方法について書いていきたいと思います。

 

 

本記事で伝えたい内容

 

  1. Web・IT業界に強い転職エージェントを紹介
  2. 転職エージェントは複数利用すべき理由
  3. Web業界に転職するメリット
  4. 転職活動は思い立ったらすぐに始めるのが吉

 

Webの仕事を探しているなら必須で登録しておくべき就活サイト

 

  1. Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター

    ⇒大手マイナビのWeb系特化型転職エージェント/業界トップクラスの求人保有でマッチングも高いので登録して損はないです
  2. あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

    ⇒未経験からでも業界転職可能/連絡が早くて案件がリクナビ系列なので大手が多い
  3. Tech Stars Agent
    ⇒Web業界の経験問わず/20~40代の幅広い年齢層にも対応/かなり厳選して求人を絞っているので本当に働きたい会社を探せる
  4. 内定率が高いレバテックキャリア
    ⇒内定率が高い事が強み/業界特化型な上キャリアアドバイザーの専門知識の信頼性が高い

 

この4社はWeb業界にかなり精通している転職エージェントです。

はっきり言ってどの転職エージェントが良いのかという大差はありません。

 

自分と企業とのマッチングで転職は決まりますので転職先である会社を紹介してくれる媒体は多い事に越したことがありません。

 

マッチングした会社が4社あればその中から自分がより良い企業を選ぶ特権が生まれます。

 




なぜハロワや自分でサイトから求人を探すよりも専門の転職エージェントをおすすめするのか

相談場所の選定

ハロワや自分で見つけた求人情報からWebの仕事を探すことをおすすめしない理由はブラック企業に引っかからないためです。

 

特にハローワークは無料掲載なのでブラック企業案件の巣窟になっているので利用することは止めませんが転職エージェントも併用して企業情報を最大件に集めるべきです。

 

私は初めのWeb業界に転職した時にハロワを利用して就職が決まったのですがまさかの初ブラック企業でした。

ブラックならではの荒れた職場環境であったためパワハラと理不尽な八つ当たり(いじめ)が蔓延していました。

待遇もボーナスが出ない、昇給も無い、年間休日が104日で少なすぎるし、忙しいのに人材が少なく毎日残業が強制的に発生し体を壊すような環境でした。

 

ブラック企業で働くのはどんな業界であろうと自分が苦しんで最悪体を壊すだけなのですぐに退職してください。

こんな企業に当たったのはハローワークなどの企業への調査をしない案件を掲載しているところで仕事を探していたからです。

 

会社の環境や待遇などをしっかり把握している転職エージェントは企業少佐が徹底していてブラック企業を完全に排除していますので、初めからホワイト企業のみの求人から仕事を探すことができます。

 

転職エージェントは業界に精通した専門のコンサルタントに相談できる

 

ブラック企業排除の特権の他にも特化型の転職エージェントを利用する最大のメリットはその業界について専門的なコンサルタントが在籍しているという事。

 

ハロワの職員や他のWeb系に特化していない転職エージェントは仕事をただ紹介する専門であってWeb業界の事を何一つ知りません。

このことから自分がWeb業界でもどんな会社が適正なのかを診断することができないんです。

 

Web系に強い転職エージェントではキャリアコンサルタントがWebの知識に精通した人しかいないので専門的なアドバイスや、かなりコアな要件や相談にも対応してくれます。

 

まだWeb業界について迷っているけど興味があるという程度の人でも、コンサルタントのカウンセリングを受けるだけで自分がどんなWeb業界に入りたいかの選択肢を絞ってくれるので、心強さと安心は大きなメリットです。

 

転職エージェントを複数利用すべき理由

 

転職エージェントを複数利用することをおすすめする理由

 

  1. 選ぶ会社の数が増える
  2. 企業情報をより豊富に知れ比較できる

 

エージェントによって保有している会社が違っていますしキャリアコンサルタントが持っている企業の情報も違ってきます。

より自分とのマッチングが高い会社を見つけるためにすべきことは会社の情報を多く集める事です。

 

また比較できる対象があれば単純に転職の視野に入れている会社の善し悪しが分かってきますよね。

 

転職エージェントを複数利用するのは自分がより良い会社を見つけるためですのでお勧めです。

 

転職は妥協ではなく挑戦するものなので自分の納得のいく会社を探しましょう。

 

 

転職するなら大手や有名企業が良いの?→そんなことはない

Web業界で大手といわれる会社でもいいとは限らないです。

理由として大手だからと言ってホワイト企業とは限らないからです。

 

報酬が良くても待遇の悪い大手企業はたくさんありますし、その逆のも然りです。

 

私の身内の話ですが大手企業に勤めてたけど転勤が多く、残業時間も長いとかなりストレスをため込んでいました。

その結果激太りしていましたね。

 

私はブラック企業だったWeb制作会社から同業のWeb制作会社(中小企業)に転職しましたが残業は繁忙期の時のみで年間休日は120日以上、昇給査定も年に2回あり職場環境も良いところに転職できました。

 

世間が言う大手や有名な会社で働いても大変な思いをしている人はたくさんいる。

大事なのは自分が働きやすい環境であり納得のいく働き方ができる会社であることです。

 



保守的に働いてはダメ 行動しないと現状は動かない

転職は自分の価値を高める

今は情報社会です。

 

一昔前のように1つの会社にずっと務める事に価値がある考えとは変わってきています。

自分のいまいる会社と他の会社、また今いる業界と別の業界を比べる事が可能になってきていて、ステップアップをして自分の価値や環境を高めていくことのできる時代となっています。

 

別の業界に興味があるけどなかなか行動に移せないのは自分が保守的になっていて現状を変えようとしていないからです。

行動したものこそがどんどん環境を良く変えて行くことができます。

 

Web業界に興味があるならその時から行動に移すべきです。

 

ズルズルと今の事を続けていて迷う時間を増やしているのは本当に無駄な時間だと気づいて欲しいです。

 

そもそもWeb業界へ転職するメリットとは

実は安心の職種

 

Web業界は今もこれからも上り市場

 

Web・IT・ゲームなどのプログラミング業界はこれからどんどん成長し需要もより一層増えていくことが約束された業界です。

つまり仕事に困らない業界と言えます。

日本だけでなくアメリカを見ても分かるが富豪はIT関係で上り詰めた人たちが多いという事。

 

有名な人を上げるとアメリカではFacebookの創始者のマーク・ザッカーバーグ。

マイクロソフトの元会長ビル・ゲイツ。

Amazonドットコムの共同創始者のジェフ・ベゾス。

 

日本ではホリエモンやZOZOTOWNの前澤友作があげられます。

ホリエモンはwebのプログラミングの知識が初めて企業をした当時からあったようで、捕まっていなければアメリカよりも先にスマホを先に作っていた人物と言われていました。

 

見て分かるようにWeb系の仕事がほとんどであり、これからの時代を作って行くのにどれも必要な会社ばかりです。

 

まだまだ日本はWebの知識に精通した人材が確保できておらず今の時代は未経験でも就職幅が広げられております。

自分にWebのスキルをつけるのには絶好の時代となっております。

 

Webのスキルがあれば食っていくのに困らない

Webのスキルがしっかりと付ける事ができれば仕事に困ることなく食っていくことが可能です。

会社に所属せずとも独立してフリーランスとして仕事を得ているWebクリエイターは年々増えてきています。

 

みんなステップとしてはまずは業界に潜り込んで必要なスキルを学んだら独立されています。

 

実際私が働いていたWeb業界でもスキルが高い人ほど会社に残らず、独り立ちして会社の年収を超えるほどの手取りを儲けている人を見てきました。

 

もちろん転職にも有利な職でもあり、1つの会社にとどまらず良い会社や憧れの企業に入社する門も広がってきます。

まさに自由に働ける夢が持てる仕事でもあります。

 

Web業界のスキルはやりがいを感じ、常に新しい事への挑戦が待っているので経験者の身から言わせていただくと飽きる事のない仕事です。



現役でWeb業界で働いているけど転職するか悩んでいる

同職系で他社で働くメリット

上記までは業界未経験に向けての内容でありますが、すでにWeb業界で働いているけど同職のWeb業界に転職したいという人。

 

Webなどのプログラミングやデザインなどのクリエイティブな仕事は職場を変えることでステップアップができる職種です。

1つの会社に何年も働いている人もいますが、正直2年もすれば”その会社での”できないことが無くなってきます。

 

しかし別の会社に行けば世間が変わります。

企業が扱っているサイト(顧客)やプログラム言語・デザインスタイルによって求められる能力が変わってくるのでその場でまた培った能力にプラスαができる。

 

私自身Web会社で初めに働いていた職場はJavaScriptを使用せずjQueryを主に使用していましたが今後の可能性を考えるとJavaScriptを学んだ方が良いと判断し、自分が力をつけたい言語を取り扱っているWeb業界に絞って転職したものです。

 

ステップアップって能力を高めることもそうですが、幅を広げることでもあるので転職で自分の可能性を探すことをしてみたいなら是非やってみるべきです。

 

Web業界におすすめの転職サイトを徹底比較【未経験向けあり】

 

マイナビ

 

マイナビ

マイナビクリエイター
はマイナビが運営しているWeb系に特化した転職サイトの中で最大規模の転職サービス会社です。

コンサルタントがついてくれる就活エージェントでもありますがマイナビサイトから自分でも応募ができます。

 

ネームバリューからの安心度は高いですし実際に企業案件数も充実していますし就職率の実績も高いです。
保有している企業が豊富な分自分がこれだけは譲れない条件をクリアしたWeb会社が見つかります。

 

企業案件数 約24,000社 (2019年3月現 ※未公開案件覗く)
対象 未経験 同職の転職 性別年齢問わず
ここが良い サポートが安心で充実
就職者のリアルな口コミが聞ける
公式サイト マイナビクリエイター

 

 

ワークポート

 

転職相談するならワークポート

未経験からの転職ならWORKPORT
と言われるほど業界未経験者にとって強い転職エージェントです。

 

実際に利用したことがあるのですが連絡が早く案件情報の共有がかなり迅速でした。

紹介された求人も待遇がいいものばかりでしたが、私が住んでいるところから少し離れた会社が当時は多かったため辞退しました。

こういった感じでマッチングが高くても譲れない条件があって辞退することもあります。

 

ワークポートはIT・Web業界への転職に力を入れている会社でもありその案件は充実しています。

未経験でもWeb業界へ転職できる実績は確かのものでワークポートを利用された人で業界未経験な人がWeb業界へ就職される方は多いです。

 

企業案件数 約7,000件(IT業界のみの求人数)
対象 未経験 転職希望 性別年齢問わず
ここが良い IT・Web業界への転職に力を入れている
エージェントが必ずついてくれてバックアップが手厚い
公式サイト ワークポート

 

Tech Stars Agent

 

TechStarsAgent

Tech Stars AgentはIT・Web・ゲーム業界に特化した就活支援サービスです。

原則としてIT・Web・ゲーム業界の仕事の経験者に限ります。

こちらは自分でサイトから求人を探すことも可能ですし担当のエージェントを経由して応募することも可能です。

サイトでの仕事探しもマッチングを使った探し方で大変分かりやすく使い勝手が良いです。

 

Tech Stars Agentは他の転職サイトと違ってIT・Webの案件に特化しているためサポートに当たるエージェントもその道のプロです

今のWeb業界についても詳しいですし、そのためより具体的な就活支援を受けられます。

 

また転職先のWeb業界が大手であることも過去の実績から分かるように転職後に給料待遇ともにランクアップできる企業を持っているのも強みです。

現在Web業界で働いていて転職したい、給料や待遇を上げたいという人におすすめです。

 

企業案件数 有名企業含めた100社以上
対象者 業界経験者 性別年齢問わず
ここが良い 登録が1分で完了できる
TechStarsしかない有料求人が多数
転職者の平均年収83万円アップを実績に持つ
公式サイト Tech Stars Agent

 

 

レバテックキャリア
レバテックキャリア

レバテックキャリアは原則としてIT・Web・クリエイターの仕事の経験者に限ります。

2019年度の3月の段階では107,000人を超える利用者実績があります。

 

実際にレバテックキャリアを利用して転職した人は年齢にかかわらず年収が290万アップの実績を持っています。

驚きですね。

理由としてIT・Webの専門知識のあるエージェントが個人個人の能力を分析して適正な企業へと導いてくれることに力を入れていることでしょう。

レバテックキャリア利用者は内定率が高いこともおすすめポイントです。

 

企業案件数 4,000社以上(非公開あり)
対象 IT/Web系エンジニア、クリエイター経験者 20~30代
ここが良い 内定率が高い
転職後の年収がランクアップ290万の実績あり
登録が30秒で完了
公式サイト レバテックキャリア

 

 

女性でもWeb業界で働く人が増えている

Web業界に参入する女性社員の増加

IT・Web系の仕事と聞くと難しそうで男性ばかりの職場かと想像してましたが、女性のWebエンジニアも増えてきています。

 

Web言語を使ってのプログラミングに至っては1~2ヶ月集中して学習すれば十分実務に使えるスキルになります。

ただインターネットでサイトを作るために命令文を書いているだけと考えれば容易だと思います。

 

Webの仕事を探しているなら必須で登録しておくべき就活サイト

 

  1. Webクリエイターの転職ならマイナビクリエイター

    ⇒大手マイナビのWeb系特化型転職エージェント/業界トップクラスの求人保有でマッチングも高いので登録して損はないです
  2. あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

    ⇒未経験からでも業界転職可能/連絡が早くて案件がリクナビ系列なので大手が多い
  3. Tech Stars Agent
    ⇒Web業界の経験問わず/20~40代の幅広い年齢層にも対応/かなり厳選して求人を絞っているので本当に働きたい会社を探せる
  4. 内定率が高いレバテックキャリア
    ⇒内定率が高い事が強み/業界特化型な上キャリアアドバイザーの専門知識の信頼性が高い

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX