20代で転職がうまくいかない理由は将来への軸がないから【改善点と成功手段】

会社を早期に辞めてしまって転職活動をしているけどなかなか決まらない。

収入がないので貯金を今は切り崩して生活していてお金が減る一方…金銭的にも不安が募る一方だ。

弱気になってても仕方がない、とにかく今はいろんなところに受けて行動を止めないのが唯一できる事だ。

 

とはいえメンタルやらせそうだ。何かいい打開策は無いものか。

 

この原因は転職活動において自分の将来への軸がまるでなっていないからです。

今転職活動をしているけどうまくいかなくて辛い人に読んでいただきたい記事となっております。




転職をする目的が自分のためだと忘れている

日本での就活は本音よりも建て前をうまくアピールできた人間の方がうまくいく。

日本ってそういう社会ではあるが、本当にこれがうまくいく人って実は本音をうまく言いながら建前と言う名のセールス法で企業にアピールできているからです。

 

まずはっきりさせないといけないのはそもそも転職は何のため、誰のためにするか?

 

スキルアップのため、給料アップのため、ジョブチェンジ、前職が合わなくて急きょやめたから、フリーターから正社員に成りたいからと自分への価値や報酬を上げるために本来するものです。

そう、自分自身のためにするのです。

 

しかしそんな自分本位な事情をそのまま会社の面接で言ってしまうのはご法度。

自分よりも会社のための自分であることをうまくアピールできたり、また自分の今ある能力がその会社にとってどんなメリットがあるのかを伝えることができれば面接での掴みは良好です。

 

しかしそれが分からなくなっていて、とりあえず今の状況から脱したいからどこかの会社に入りたいという目的であるならば転職はうまくいかない。

 

何故その会社を受けるのかに自分の願望をセールスできていない

何故その会社を選んで応募しているのか?

うまく本音をセールスできていないと面接ではうまくいきません。

 

本音のない建前(セールス)なんて薄っぺらくなってしまい面接では全くと言っていいほど印象には残らない。

本音とは自分の将来への軸がしっかりしている人が持てるものです。

まずそこがなっておらずその場しのぎの転職になっているのなら何を言っても相手には響きません。

 

転職活動がうまくいかない人って転職する本質が分からなくなっていて本音も何もない状態でもあったり、自分をセールスするのが下手だったりなのが共通している。

 

例えば求人を見てなんとなく気になったから受けていたり、自暴自棄になって職種は定めてるけけどその会社がしている事業での成果内容などはあまり気に留めていなかったりと下調べが不十分。

興味が無いところに何度受けに行っても意味はない。

これは何度も言うが、自分が転職する本質を見失っているからです。

例えばプログラマーになりたくてIT系の企業に受けまくってるけど未経験だから弾かれる。

 

ここでまず何故プログラマーになりたいのかを本質を探る。

興味があるから、これからの時代はIT業界に需要が集まるから、給料がいいから、カッコいいからなど色々あると思います。

 

しかしこれらの自分本位な志望理由を述べても落とされます。企業にとってもメリットのある人材でないといけない。

だから自分が転職したい本質をブレさせずにセールスするスキルが転職活動では必要となってきます。

 

プログラミングが好きだから企業を受けましたでは、好きならなんだってなれるのかとなってしまう。

好きだから貪欲にプログラミング言語を学び場合によればITパスポートを取得する意欲すらある。

 

接客業や営業だったら人と接するのが好きだからだけではなく、お客様を笑顔にし、クレームや問題時にも俊敏に対応できる能力を発揮するのにやりがいを感じる。

そして会社の利益につながる訴求力を学び商品を買ってもらえるための働きを行いたい。

 

など、本質はその仕事が好きでだから選んでいるが、好きゆえにできる能力をしっかりと会社にセールスできているかはとても重要です。

 

面接で聞き返された時に詰まってしまったりしているのはどんな自分になりたいのかの将来性がぶれている、つまり現時点での本音の軸がぶれているから。

 

その考え方をトレーニングして自分を見つめ直し、自信をつけ、企業から見てこの人は一味違う。ぜひ採用したいと思わせる魅力を呼び出さないといけない。

 

就活は自信のある人間ほどうまくいきます。

その自信はまず自分の意思がしっかりしているところから始まり、それが外見に溢れているだけ。

 

割と転職で失敗続きの人あるあるだが、暗くなりがちだったり、志望理由が弱かったりなどはこの軸が定まってなくて自信がなくなっている人ほど自分の将来への軸を見失いがちです。

 

面接に手ごたえを感じないままとにかく受け続けても進展しない

面接で毎回落とされてしまうのはそれなりの理由があります。

 

転職で自分の興味がある企業や業種を受けているのにうまくいかないのは自分の将来の軸がぶれているからと説明しましたが、職探しに迷走してしまっている人は八方ふさがりです。

 

転職でうまくいかない原因を究明しない限り就職で成功することはないし、引っかかった企業があったとしても誰でもいいからとりあえず雇いたいと思って採用したブラック企業の可能性もあります。

 

自分が転職して良かったと思えなければ無意味な活動となってしまいますので、そういった悩みをかみ砕いて解消し企業に求められる自分をセールスできる軸を作ってくれる転職エージェントを紹介します。

 

転職活動がうまくいかない人に勧める転職エージェント

優良企業に憧れるけど自信が無い・転職に悩みを抱えているなら【ゲキサポ!転職
ゲキサポ!転職

 

ゲキサポ!転職を勧める人

 

  1. 転職活動がうまくいかず暗くなっている
  2. 第一志望の会社に入りたいけどうまくいかない
  3. 転職活動に3ヶ月以上かかっている
  4. お金がかかってもいいから長く見て稼げる仕事に就きたい

 

ゲキサポ!転職は他の無料の転職サービスと違って有料の転職エージェントになります。

期間8週間で費用は33万円と高額です。

 

ちょっとお金がかかるのは…と思われると思いますがゲキサポ!転職の強みは内定がなかなか決まらない、入る会社は子会社で奴隷のように働かされるのに給料が少ないなど就職でうまくいかない人の『何が原因でキャリア選択がうまくいかないか』を特定して2カ月で希望の会社に就職するためのトレーニングやサポートがあることです。

有料である価値がしっかりとあるのです。

 

『何が原因でキャリア選択がうまくいかないか』の特定の仕方ですが、専属トレーナーがマンツーマンで徹底指導で対面トレーニングやチャットトレーニングで自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から面接対策までしっかりとトレーニングしてくれます。

 

ゲキサポ利用者の口コミ

どの口コミもポジティブなものばかりです。

 

8週間で33万円は確かに高額であるが自分への投資と考えればそこまで高いとは感じないはずです。

その証拠にゲキサポ!転職には転職者の年収最大150万アップの実績があり、なにより求職者が第一希望とする会社に入社で来ている事例が大変多いです。

 

実例として、転職で30社落ちたのにゲキサポ利用で博報堂子会社への転職成功者や、50社落ちたけどゲキサポを利用したら第一志望の企業の内定を貰えたなどの逆転実績を持っています。

 

現在転職を考えているけど失敗が怖くて動き出せない人、今仕事を辞めていて休職中などの転職に悩みを抱えている。

とはいえいきなり33万円も転職活動に投資するのは難しいならひとまず無料相談で自分にとって求めているサポートなのか、なんか違ってたなと感じるのか納得してきましょう。

 

1人で悩んで時間が過ぎて行ってしまっているならゲキサポ!転職でたった2カ月で変われます。

 

 

 

じっくりマイペースで就職したいならウズキャリ
ウズキャリ(UZUZ)
企業案件数 登録企業数1,500社以上
年齢 18〜29歳
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート可能)
対応地域 首都圏、横浜、名古屋、大阪、福岡
ここが良い 初回2時間にも及ぶ入念なキャリアカウンセリング
紹介された会社への入社を強要されることはない
ブラック企業徹底排除
転職が成功しても入社後の悩みや不安を相談できる
費用 無料
公式サイト https://daini2.co.jp/

 

こんな人にウズキャリはおすすめ

 

  1. 早期退職・フリーターからの転職
  2. どんな仕事がしたいのか分からない
  3. カウンセリングを受けて自己分析に繋げたい
  4. 自分のペースて納得した転職をしたい

 

ウズキャリの最大の魅力はブラック企業やパワハラ・モラハラが横行しているようなブラック企業は徹底排除している企業調査に力を入れている部分です。

ウズキャリ経由で就職が決まった方は定着率93%とかなりの高い数値が出ている実績からウズキャリは求職者側の希望を第一に考えて就職活動を斡旋してくれます。

 

私がウズキャリを利用してみようと思ったきっかけが書類選考時に企業に登録者の強みをアピールする事で書類通過率80%超えであることと、日本で唯一キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒で自分と同じ経験をしているから気持ちを理解してくれると感じたからです。

 

ウズキャリは他社と比べ10倍時間をかける丁寧なキャリアカウンセリングを行っているため自分が何がしたいのか、どんな仕事をしたいのか分からないと就職するにも何も考えられない人には最適です。

初回のキャリアカウンセリングでは2時間ほどじっくりと行います。

 

学歴やバイト歴など今までしてきたことや、特技や考え方などをしっかりと分析してまずやりたい事を一緒に見つける事から始めてくれました。

特に私のように既卒でフリーター、社会での職歴なしの劣等感の塊な人間でもちゃんと強みや将来性を分析してくれます。

就活に不安、なかなか行動に移せない、とにかく自信が無い人はウズキャリでの相談でその不安が解消され就活もうまくいきます。

 

ウズキャリは企業と求職者のマッチングを重視しているのと、あくまで就職をするのは求職者なので求職者の意見を最優先する。なのであまり興味がない求人などでも断りやすいし強制的に面接させようとされることはありません。

 

いろんな企業と比較してじっくりと自分のペースで就活を行いたい人にはウズキャリを利用しましょう。

対応地域に住んでいる方なら、ぜひカウンセリングを受けておきたい優良エージェントです。

 

 

 

転職がうまくいかないなら原因突き止めないと堂々巡り

まとめになりますが転職活動がうまくいかない原因を突き止めるための自己分析を徹底しないといくら企業を受けてもただ時間とメンタルとお金がすり減っていくだけです。

 

場数を踏んでとにかくいろいろ受けてみる行動は確かに素晴らしいですが、どこを受けても手ごたえを感じない、もう3ヶ月も転職活動しているという人は自分を見つめなおすきっかけをくれる転職エージェントを利用してください。

 

紹介したゲキサポ!転職は2ヶ月33万円の費用は掛かるが利用者はみんな転職に満足のいくものばかり。

第一志望の会社や自分が希望する企業に入りたいと長い目で会社で働くことを考えていて、中年層(30~40歳代)になったら500~800万の年収を狙いたいと自分に投資ができるなら『ゲキサポ!転職』。

将来的に考えるなら33万円で転職が成功できるなら安いですが、自分が納得せずの33万円は高額です。

相談は無料ですのでまずは相談を受けてみましょう。それで納得しなければ誇科のエージェントに乗り換えればいいだけなので。

 

そもそも仕事で何をしたらいいのか分からない、方向性を見失っている。

職歴も浅く転職活動をしてもなかなかうまくいかない。有名どころの転職エージェントだと業務経験が2~3年以上が対象なので利用できないという人は『ウズキャリ』。

こちらは利用は完全無料です。

気になる方はまずは相談を受けてキャリアコンサルタントから面談を受けてみましょう。

 

本記事でお勧めしたおすすめの転職エージェント

 

  1. ゲキサポ!転職
    ⇒33万円かかるが自分が希望する会社に就職できる【将来を見据えて長く働く会社に就きたいならココ】
  2. ウズキャリ
    ⇒20代対象でどんな仕事をしたらいいのか分からない、職歴が浅い人はココ