子供を産みたくないと思う女性が増えているその理由【子供を持たない夫婦も幸せである】

女性が結婚してからの一大イベントでもある出産。

子供を産むことについてのテーマです。

 

前回は結婚したくない女性の本音をまとめた記事を書いたのですが今回は結婚したとしても子供がいない生活を選ぶ話です。

 

 

そもそも結婚=子供を産むという固定概念が強すぎる日本。

好きな人と人生のパートナーとして一緒に生きることが結婚の目的であってもいいのです。

 

平成に入ってから女性にとって『こどもを産むこと』が当たり前ではなくなってきている時代になり、産まない選択をする女性が増えてきています。

 

先進国でも特にアメリカは女性が子供を産まず子供のいない夫婦生活を満喫しようとしている人たちも増えてきていますが日本人女性が子供を産みたくない理由NO.1が『子育てに自信がない』という事でした。

 

またこれに加え日本の社会が子育て支援に対して非協力なことから子供をつくることは家庭の経済を圧迫するなどの金銭面も大きく影響してきています。




夫婦の間に子供がいることが幸せだという風潮が強い日本

結婚するからには子供を産んで育てるのが使命という風潮が強い日本。

少子化が進むことで世間体が女性に対して子供を産めという世の中。

 

しかしそんな中でも子供を産まない選択をする女性は増えています。

 

子供がいない人生を楽しみたい、夫婦2人で幸せになりたいと考える人はたくさんいるのです。

 

世に言う

子供がいる家庭が幸せである。

子供のいない家庭は不幸である。

本当にそうでしょうか?

 

絶対そうとは言えないわけです。

 

夫婦だけで幸せに生活を共にしたい人。

または何らかの原因で子供を産みたいと思えない女性がいてもおかしくはないしそれを主張しても良いわけです。

 

女性が結婚したら子供を産めと圧力をかけすぎているとも感じます。

 

では結婚したけど子供がいない人生を選択する人はどういった理由があるのかについてまとめていきます。

 

結婚したけど子供を産みたくない理由

 

  1. 夫婦の時間を充実させたい・今の生活に満足している
  2. 子育てが不安
  3. 親がいない家庭で育った
  4. 親に虐待を受けていたから子供を愛せる自信がない
  5. 出産での死亡リスク
  6. 経済的不安
  7. 子供が嫌い

 

これらの理由を深堀していきたいと思います。

 

今の夫婦だけの生活に満足している

夫婦だけの生活に満足しているので子供がいない家庭を選ぶことは特に欧米で多くアメリカでは子供を産まない理由1位にもなっています。

日本ではこの理由はあまり上位ではないのですが、夫婦だけで十分に幸せと思える家庭もあります。

 

子供がいたら養育費に使っていたお金が浮き、夫婦で旅行へ行ったり、買い物や趣味を楽しむために使えるのでその満足度も増していきます。

 

子育てが不安

日本人の既婚女性が子供を産みたくない理由の第1位にもなっているのが子育てができるのかが不安という事です。

 

何故不安なのか。

 

不安度が高い理由として2つの理由を挙げて見解を説いてみます。

 

  1. 親がいない家庭で育ったから自分が親になれるか自信がない
  2. 親に幼少から暴力や暴言、酷い場合は虐待を受けていて子供に同じことをしてしまう可能性がよぎるから

 

どちらも結婚した女性の生い立ちに関係があります。

育った家庭や親子関係にいい思い出がなくむしろトラウマになっている人は子供を産まない選択をする人もいるという事です。

 

親から暴力と暴言、差別的な態度をされ続けて育つと精神疾患になるケースも多く、よく言われるのがアダルトチルドレンという症状。

これは精神的トラウマから必要以上に『良い子』で異様とする子供らしからぬ態度で育ってしまいます。

また暴力的なことがなくても親からの期待などの重圧にプレッシャーを感じてアダルトチルドレンになるケースもあります。

 

このように幼少時の親子関係がきっかけで精神的外傷を負い、自分がもし子供を産むとなったらどのように接したらよいのか分からない、または自分の親が幼少時にしてきたことと同じように接してしまうかもしれないという恐怖があります。

 

一般的な親子関係について分からないのです。

 

また自立する前に両親が離婚した家庭で育った人や、両親が何らかの事情で一緒に暮らさなかった女性も同じように子供を産むことに対しての不安があります。

 

有名な話で女優の山口智子さんが子供を産まない理由

 

小学校に入学するとすぐ両親が離婚し、山口智子さんは母親に引き取られて妹と3人で長野県へ。

しかし、ずっと遊んでくれていた祖母のことが忘れられず、家出をして祖母のいる栃木県に戻ってしまいます。

そんな娘の気持ちを考えた両親は、祖母と一緒にいられるよう旅館の跡継ぎである父親に親権を移し、そのことをきっかけに母親と妹とは疎遠に。

この時から、山口智子さんは祖母を「お母さん」と呼ぶようになったといいます。

しかし、成長するにつれて重荷になったのが、旅館の跡継ぎの問題。

同旅館には山口智子さん以外に跡継ぎとなる人がいなかったのですが、両親や祖母が苦労する姿を見ていた山口智子さんは跡継ぎになることがイヤで仕方なかったそう。

「家に帰りたくない、旅館を継ぎたくない」という一心で、現在の女優という仕事を選んだのだとか。

こういった生い立ちがあり、山口智子さんは「私は血のつながりを信じていない」と語ったこともありました。

引用:https://grapee.jp/558569

 

自分の両親による影響力は一生ものです。

 

このような具体的な理由がある場合は強い意志で子供を産まないと選択する人もいますが、ただ何となく不安という女性もたくさんいます。

命を授かりそれを育て上げる義務ができるわけです。

人の命が誕生するという事は喜びと大きな不安が隣り合わせであるのです。



出産での死亡のリスク

出産は母子ともに死亡リスクがこの医療が発達した現代でもまだぬぐいきれません。

 

出産で亡くなられる女性や死産してしまうなど出産は双方にとって死と隣り合わせです。

それを思うと子供を産むことが怖いと考える女性も当然いるわけです。

 

ナースの友人から聞いた話ですが、研修で出産に立ち会ったことがある話をされ、よく言われている鼻の穴からスイカが出てくるという表現をリアルに語ってくれました。

女性が子供を出産する時、100%膣は裂けて子供が出てくる。

 

普通に出産のケースもあればお腹を切って子供を取り出す帝王切開を行う事もあり、母体への負担は相当なものです。

 

経済的不安

子供一人を大学まで行かせる養育費は1000万~1500万円が最低でもかかると言われています。

私立学校や習い事、医療(生まれ持った持病や歯の矯正など)などにお金をかける場合はもっとかかることもあり、3000万円かかると言っているところもあります。

 

また日本は子供が産まれたとしても他の先進国に比べ圧倒的に手当てや支援がありません。

産めば産むだけお金がかかります。

 

そんな経済的な不安から子供を産みたくない、現実的に見て産めないと考える家庭も今の不景気な日本では増えてきています。

 

子供が嫌い

子供嫌いな夫婦もいます。

 

子供が嫌いなのに産む選択を作ってしまっては最悪子供を虐待したり育児放棄するリスクもあります。

 

子供が嫌いなので子供を産むために結婚したという概念がないので夫婦二人で子供のいない生活を充実させることでしょう。



子供を産まない選択はおかしなことではない

産まない自由

子供がいないとダメと言われ続けたり、世間体的に見ても子供がいない家庭として風潮が厳しい。

夫婦に対して子供がいるのかと尋ね『いない』と応えられたらどう感じますか?

 

可哀想と考えたり何か理由があるのかなど勝手な先入観で憐れむ人は多い。

しかしこれって差別的な考え方だと思います。

 

その人たち(夫婦)が決めることを世間体からの尺度で子供を産みたくないと思う事はおかしい、かわいそうというのは何を思って言っているのか。

子供がいない家庭を選ぶことも幸せな暮らしを作る一つの選択ですし、何も違反していなければ他者に迷惑もかけていません。

 

子供が産まれることはきっととても嬉しくて感動する。

だけどそれは産んだ人にしか分かりません。

 

わが子は可愛いし、命を授かる喜びを知れることは本当に素晴らしい事でもあるがそれを選択しない人たちを卑下する権利はないと思います。

子供を産みたくない、産まないことを選択した夫婦と子供がいる家庭とで比べたりしておかしい、かわいそうと言われるのは心外的行為ではないでしょうか。

 

子供がいないことで夫婦との時間は何倍にも増え、自分たちだけに時間とお金を使う事も幸せである。

子供を産まない自由があってももちろん良いのです。

 

信頼できて好きになった人とずっと一緒に夫婦として暮らすことは幸せなこと。

子供を産まない選択を取ったから不幸だと決めつけて当事者をとやかく言う権利は誰にもないのに日本はまだまだこの考え方が強く、また少子化問題もあって風当たりが強い。

 

結婚したんだから子供を産むべきでしょうとかいう概念や風潮が重すぎる。

結婚して子供を産まない選択を取ったとしてもそれは自由だと思えるような生きやすさがもっと浸透したらよいと感じます。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX