美大卒・芸大卒じゃなくてもWebデザイナーになる方法 デザインに画力や絵心のスキルは不要です

美大出身じゃないけどWebデザイナーになれるのか。

Webデザイナーの仕事の本質について知れば実は美大や芸大を出ていない人でもなれる職業だと分かります。

 

Webデザイナーは意外にも美大を出ていない人が多い

 

実際に私がWeb業界で働いていたのですが美大や芸大を出てWebデザイナーとして働いていた人よりも一般大学や美術に全く関係のない専門学校をでてデザイナーになった人、中には大学中退でフリーターから未経験でWebデザイナーになった人の方が多かったです。

 

今回は美大を出ていないけどWebデザイナーになるための方法について書いていきます。

 



Webデザイナーに必要なのはデッサン力や創造力ではない

Webデザイナーのみならずデザイナーとは画力を証明する『デッサン力』や自分の個性を作品で表現するための『創造力』は必要ありません。

デザインは絵を描いたり、自分勝手な作品を作ることではなく、クライアントからの要望に沿って商品を制作する仕事です。

 

ある意味クリエイティブ職という概念とは若干違った感じもありました。

 

WebデザインはWebサイトやサイトに必要なバナーをつくったりします。

すでに素材があって、取引先である制作するサイトの雰囲気やこれだけは守ってほしいという表現があらかじめ決まっていてそれを第一に考えてデザイナーはWebのデザインを始めます。

 

自分が好きなものを作るのではなくクライアントが欲しいと思うデザインを作る。

これがデザイナーの仕事です。

 

美大や芸大を出ている人は今まで自分の中にある創造を表現するために自分のために作品を作ってきたので、いろんな制約や規約、また決められた素材で成果を出すことに抵抗を感じる事もあります。

 

この上で色彩構成や写真配置のセンスなどデザインスキルが物を言わす世界になっています。

まずはデザイナーとは自分勝手な趣味を押し付ける仕事ではなくクライアントの要望第一に制作しなければならない仕事である。

あるいみ自我を出すモノづくりはデザイナーには求められていないんですよね。

 

このことから絵心や創造力といったものは逆に邪魔になることもあります。

 

デザインってコラージュ的な要素が強いので、デッサン力は必要ありませんし、クライアントの要望通りにデザインすることを求められるので創造力よりも忠実にお客様の想像しているデザインをくみ取れる人が向いている世界です。

 

美大や芸大を出ていなくても全然勝負ができる世界です。

 

Webデザイナーはグラフィックデザイナーと比べてハードルが低いが需要が高い

Webデザインとグラフィックデザインって同じデザインをする仕事であるので同じ系統で考える人がいますが全然違います。

グラフィックデザインは雑誌や広告などの紙媒体を主にデザインする仕事であるが、WebデザインはWeb媒体・つまりデジタル世界のデザイナーです。

 

近年の動きでは紙媒体の需要はどんどんなくなってきていてスマホの普及によりほとんどがWeb業界に吸い取られています。

 

Web会社にいた頃元々は雑誌のデザインをしていたけど会媒体の需要がなくなってきた波を受けて会社が倒産しWeb業界に転職した先輩もいましたし、広告デザイン会社に20年近く勤めていた年上の人で働いていてどんどん紙の需要がなくなってきているのを感じ危機感を覚えたからWeb業界への転職を考えている知り合いもいました。

紙媒体で勝負をしていたグラフィックデザイナーの人がWeb業界に流れてきている時代になっています。

 

このようにWebデザインの需要はどんどん高まってきているのですがグラフィックデザイナーや広告デザイナーなどのデザイナーと比べて就職できるハードルが低い職種でもありました。

 

その理由がWeb業界がまだまだ新しい業界であるという事とWebデザインには高いデザイン能力はそこまで必要ないという事。

 

雑誌や広告のデザインと比べても分かるようにサイトのデザインってユーザーがページの見やすさを重視しています。

写真やイラストを見せるのではなく文字情報を見せるのがWebサイトの役目ですのでグラフィックデザインに比べてデザインスキルのハードルは低めです。

 

しかし紙媒体のデザインと違ってWebデザインはパソコンとスマホとiPadなどデバイスによってサイトの見せ方を変えなければならないので1つのサイトでも最低2つ(パソコンとスマホ)のデザインが必要になります。

 

こういったユーザーが何を使ってサイトを見るのかも考慮してデザインを変えなければならないのでデザイン能力だけでなく少しばかりサイトが作られる仕組みを知っておいた方が有利です。

 



 

Webデザイナーに向いているタイプ

何かになりたいという気持ちが一番大事ですがデザイナーとして向いているなと感じる性格について。

 

デザイナーに向いている人はこれを大切にしている

 

①モノ作りが好き

②向上心がある

③デザインと創作をしっかり分けている

 

 

この3つがある人はデザイナーに向いています。

何も特別なことはありません。

 

『①モノ作りが好き』に関してはデザイナーにとっては重要です。

何もない状態から素材を選んでゼロから物を作りたいと思える人。

 

『②向上心がある』はデザインのスキルを伸ばすために必要です。

向上心があればセンスやスキルを伸ばすために勉強し、同じデザイナーに闘争心を燃やし自分のデザイン力を磨いていけます。

同じ会社の同僚のデザイナー同士ではなく有名なデザイナーからもスキルを盗って自分のものしていく行動は一目を置かれます。

デザイン力はとにかく良いと思うところを盗んで自分で実践してその盗んだセンスを自分の色に変えて行くこと。

 

『③デザインと創作をしっかり分けている』に意味についてですがデザインとはクライアントからの要望に忠実に応える仕事です。

自分が赤色が好きだから赤をベースに制作したり、作品のようにデザインを考えているのは仕事ではなく創作物の制作にあたります。

自分が良いと思うからと自己満足にデザインするのは二次創作などの世界になってきます。

プロのデザイナーはクライアントからの要望に忠実に応え、それをデザイン物として制作することのできる人です。

 

Webデザイナーの大変なところ

Webデザイナーにとって大変だなと感じたのはコンペです。

デザイン部署で企画に上がったサイトのデザインを候補メンバーがそれぞれデザイン案件を出してコンペをします。

それに採用された人のデザインがWebサイトのデザインとして正式に決定され、デザイン担当者となります。

 

コンペに落ちてしまう事もあるのでかなり悔しい思いをすることも多くあります。

 

もちろん毎回コンペがあるわけではありませんが大きな企画サイトや新しいサイトを作るなどの一大イベントの時は大体コンペがあります。

しかしこの自分のデザインが採用されたときの気持ちよさは何物にも代えられないし、自分がデザインしたサイトが世に出回るのもとても楽しい世界です。

 

コンペがあるからデザインに向き合い向上心が生まれて自分のデザイン力をどんどん磨ける場があると言ってもいいでしょう。
 



 
 

未経験からWebデザイナーになる方法

特別なスキルがなくてもWebデザイナーとして採用されることは多くあります。

勤めていたWeb会社でも美大卒の人でもなければ前職がデザインに関係する仕事でもなかった人が採用されることも珍しくなかった。

 

元カラオケのアルバイターやミュージャン活動をしていたフリーター、高校卒業後接客業しかしたことがなかった人などがWebデザイナーとして働いていました。

 

転職活動をしていた時もWeb業界の求人を見て感じたのが経歴はそこまで重視しない会社が多い。

まだまだ新しい業界であるのでWebデザインに興味がある人なら採用を積極的にし一から人材を育成することに力をいれています。

 

ただ私がWeb業界の就職先を探すのにハローワークは不向きだと感じたこと。

Web制作会社はWeb業界に特化した転職エージェントに求人を出して求職者とのマッチング率をこの段階で格段に上げている。

 

Web専門の転職エージェントやサイトがあるならばそこに求人を出すのが一般的です。

また最近の転職エージェントはブラック企業対策が徹底して待遇の悪い会社はすべて排除されます。

 

求職者側にとっても安心して仕事を探すことができるのでWeb業界に特化した転職エージェントを利用するのは必須条件で取り入れましょう。

 

 

Webデザインになりたいなら必須で登録すべき専門の転職エージェント

 

 

  1. Tech Stars Agent
    ⇒経験問わずで厳選された優良なWebデザイナーの案件を紹介してくれます/キャリアサポートがかなり丁寧で面接や書類選考対策に強い
  2. ワークポート

    ⇒未経験からWeb業界に転職に強い/連絡が早くて案件も大手企業の求人を紹介されました

 

 

未経験でもWebデザイナーの採用に優遇されるスキル

Web業界専門の転職エージェント使えばWebデザインのスキルがなくても就職は可能ですが選べる会社の幅が少し狭くなるのがデメリットです。

 

Photoshopやillustratorの基本操作スキルがあるだけで採用してくれる会社の数は格段に上がりますし、HTMLやCSS程度のWeb構築に必要な言語が少しわかるとより優遇されます。

 

Webデザイナーはサイトを構築するコードを扱う事はありませんが知識があるのとないのとでデザインしたデザインを形にしてくれる制作側の知識が少しあるとWebサイトをどのようにデザインすべきか分かってきます。

 

Webデザインが学べるスクールの無料体験で少し学ぶ程度でも就職活動では経験ありといえるので試してみるのもありですが、ガッツリ学ぶとしても1~2ヶ月程度の期間で十分です。

 

 

無料体験ができるWebデザインが学べるスクールでお勧めなのが『TechAcademy/テックアカデミー』のWebデザインコースです。

 

TechAcademyは自宅学習で最短4週間で未経験からプロレベルにまでスキルをつけることを強みにしています。

その4週間の内の1週間も無料で体験ができますのでかなりお勧めです。

 

オンラインスクールですので学校に通う事がなく自分の学習できる時間にスキルが習得できます。

 

選ぶ会社の幅を広げたい人はぜひ利用してみましょう。

 

無料キャリアカウンセリングのお申込み

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX