留学前に準備必須の英語勉強法を紹介【3ヶ月を切っていても間に合います】

私自身留学前の4ヶ月前から勉強を始めましたがその勉強法の効率が悪く、結果的にもう少しやっておけばと後悔の残るものでした。

 

そんな状態で留学へ行ったらどうなったのかという辛い体験と、そうならないために準備できる期間内で英語を学習する意味を伝えたいと思います。

今回はこれから留学やワーホリに行くけど英語が苦手、十分に話せなくて不安、中学生レベルにも満たないかもという人に読んでいただきたい記事です。

 




語学留学に英語があまりにもできないと損をする

やれる時にやっておけ!

留学前に準備しておきたいことってたくさんありますが特に不安なのが英語力。

私も実際に留学へ行く前は英語が全く分からない、聞き取れない、話せないと思い込んでいて不安になり留学が近づいてくると吐くほど緊張しました。

 

その緊張も英語に自信がないことから余計に強く出たんでしょう。

少しでも今の自分より英語力が上がれば自信をもって堂々と留学へ行くことができます。

 

自分の今いる英語のレベルによって留学前に備えられる英語力の変わってきますが、ほとんど話せないって人は留学前の少しの勉強で留学での英語のスキルの上がり方が全然違ってきます。

その理由について以下からは十分に留学前に英語の準備をせずに何とかなる!と思い込んで留学に来てしまった日本人の失敗談をまとめてみました。

 

クラス分けテストと面接で本領発揮できない

 

語学留学で初日に行うのがクラス分けテストです。

これは筆記と面接によるスピーキング能力を判断してクラスが割り当てられます。

 

英語にとにかく自信がなくて、全く話せないという人は留学前に少しだけ英語慣れしておいた方がいいでしょう。

自分が思っている英語力よりも1つ2つ上のレベルの可能性があるからです。

私が思うに日本の教育上ほとんどの日本人は準中級~中級までの英語知識は備わっています。

中学生レベルです。

 

それが話すことに変わると一気にゼロになる。

 

イギリス留学で知り合った日本人留学生で、中学生レベルの基礎英語は備わっているが一切英語を話せない人がいて自分が本来いるべきレベルの2つも下のクラスになっていました。

そのクラスはBe動詞とはなどの本当に初歩的な英語の授業で次のレベル分けまで退屈な授業だったと言っていました。

 

クラス分けで決められたクラスのレベルに不満があっても特別な理由がない限り上のクラスには上がれません。

次のレベル分けのテスト(3か月に1回程度)までつまらない授業が続くのは短い留学生活において大変もったいないです。

 

 

英語のレベルが低いと思われると環境もグレードダウン

 

外国人留学生でもHello,Yes,Noしか言えない留学生はたくさんいます。

留学のクラス分けで自分の本来のレベルより下のクラスになってしまった場合は血にも肉にもならない英語力の留学生たちと同じ環境で英語を学ぶことになり、なかなか英語の上達がありません。

留学で一番の英語の伸びを感じるのは授業を差し置いて周りの留学生とのコミュニケーションで培う会話です。

ここでアウトプットして英語を話す力がつきます。

 

しかし周りの環境も英語が拙ければ満足の行く実践をするのも難しいでしょう。

 

周りの通訳してくれる人に頼りがちになる

 

英語の『音』になれていない日本人で多かったのが外国人と混じっての会話中に通訳を頼んでくること。

またこういう人は自ら英語を話そうという意思が弱いです。

 

周りが何を言っているのか理解できないのでその場にいる日本人に

“英語でなんて言ってたの?”

と逐一聞いてきます。

 

留学生でもいろんな英語レベルの人がいますが大体が自分と似たり寄ったりな英語力の人たちとつるみます。

つまり本来は理解できるレベルであり、また上級クラスの留学生でも中学基礎英語がしっかりとあればかなり会話が取れるんです。

 

留学に来て初めの方は環境になれないなどで英語の音に耳が慣れるまで周りに頼るのもありですが、聞き取れないのはしばらくすれば耳が慣れてきます。

周りの留学生も英語ができないから英語を学びに来ているので、彼らの英語が聞き取れないってことはそれは思い込みです。

 

それなのにその聞き取れなかった内容を自分で英語で聞いてコミュニケーションを深めるべきなのですが、英会話の実践が少ない人って

“あなたはなんていったの?”

という英語が話せないんです。

 

英語のアウトプットができていないからなんです。

 

これでは意味がありませんし、何度も続くとこの人は英語の勉強する気あるのかなと思われてしまいます。

 

授業についていけずモチベが下がる

 

上記の英語レベルが低すぎるとは逆に、全く英語が聞き取れないことで授業がチンプンカンプン状態。

はい、これは私の体験です。

レベル分けされたクラスには不満はなく適正だったようですが、圧倒的に英語に耳慣れしておらずよく聞けば分かることを言っているのに、その余裕すらなく1~2週間はかなり苦痛でした。

授業を受けても何を題材にみんなが話しているのか、また今何をする時間なのか、テキストのどの問題を解いているのか、先生がしっかり説明しても分からず隣の席の外国人留学生に聞いて指で刺されてやっとわかるという恥ずかしい体験を何度もしました。

 

また同じレベルのクラスメイトなのにみんな英語がめちゃくちゃできるように聞こえて私はだんまりになっていました。

しかし英語の発音に耳が慣れ始めてよく聞いてみると大したことを言っていないし、生徒も文法や発音が結構めちゃくちゃっだったというのが現実でした。

これに気付くのに2週間ほどかかり完全に慣れるまで4週間かかりました。

 

この時私は日本でもっと勉強しておけばよかったと強く後悔し、4週間かなり勿体ない時間だったようにも思います。

 

英語でアピールできないとスタートが遅れる

 

一通りの英語の知識はあることをアピールするくらいの英語力はあった方が語学学校で良いスタートを切ることができます。

 

私は元々外国人の友人とメールでのやり取りが多かったので英文を書くのは抵抗がなかったのですが、話すとなると少し戸惑ってしまい、留学前に英会話レッスンを受けてはいましたが少し英語に慣れてきそうな兆しが見えたかなという時に留学に行ってしまいました。

 

正直もう少し準備しておきたかったしエージェントの方にももう少し話せるようになってた方が良いのになと言われました。

結果的に私は筆記のテストに救われてPre-intermediate(準中級)のクラスになれたのはよかったです。

 

留学前にスピーキング能力が自分の英語知識に見合っていれば1つ2つ上のクラスに入れる可能性は大いにあります。

 

知っている単語なのにいざ発音するとできない日本人は多いです。

紙に文章を書くことはできるけど話しながら文法を組むことができず頭では理解できているのにぱっと英語が出てこなくて話せない日本人は本当に多い。

ただこれは本当に慣れだけの問題です。

 

早口言葉も言いなれれば言えるようになるのと同じです。

聞こえるものでも言えない日本語があるように英語ではもっとその幅が広いのです。

 

日本でできる英語の準備で十分に補える段階の事なので、留学でのスタートをうまく切るためにできるだけの勉強はしておきましょう。

 



留学前の英語学習はいつから始めるべきなのか

平均的なスタート地

英語学習の準備ですが、もちろん早ければ早いに越したことはないが、平均的に見て3か月前から留学に向けての英語学習に取り込むのが一般的に多いです。

6ヶ月間と長期で学習できる期間があれば十分な対策ができます。

留学に向けて学習できる期間が6~3ヶ月とあるならば英語学習を日常化して少しの事でもいいのでコツコツと取り組むことが望ましいです。

 

留学の出発日も人によったら語学学校にに申し込んで1~2ヶ月後という人もいます。

そんな人は1ヶ月の集中型で英語を学んで少しでも留学先で困らないスキルを身に付けています。

 

留学前にやっておくべきおすすめの学習方法

必ず身に付く勉強法

 

ステップに沿って英語力を伸ばす

 

①中学英語レベルの薄い問題集を短期で終わらす

②英会話スクールでアウトプット(できれば週4以上)

③英会話スクールを継続しつつ自分のレベルにあった教材で追い込み

 

 

留学で中学英語レベルはとにかくつけたい条件です。

問題集などでサクッと学びましょう。

 

重要なのが②の英会話スクールでアウトプットです。

 

英語は書けるようになっても話せるようにはならないのが日本人の学習法です。

めちゃくちゃもったいないんです。

知識はあるけど圧倒的にアウトプットが足りないせいで英会話がなかなか成り立たないので、実践的に英会話スクールを利用してネイティブな先生と英語で授業を受けましょう。

英会話による準備はは留学に行くほとんどの人がやっています。

 

ここまで来ると自分に足りないもしくはより伸ばしたい英語力が分かってくるので自分が欲しい知識の教材を見つけることができます。

 

①簡単な英語問題集を短期で終わらす【1週間で終わらすことを推奨】

 

薄い英語の問題集を自分が決めた期間内で必ず終わらせる。

ページ数としては100~150ページ程度の問題集を1~2週間くらいで終わらせる。

 

私がおすすめするのが中学3年間の総まとめ的な問題集です。

 

 

こちらはページ数100ページほどで解説ページを除くと問題ページはその半分くらいです。

問題集ではなく教材本ならこちらがおすすめです。

 

 

英語を始めるにはかなり人気の英語教材です。

1週間はあくまで目安ですが、薄い教材本を短期間で終わらすことのメリットとして達成感を味わえて次のステップへ移る行動力と勉強への意欲が湧くことです。

なので分厚い辞書や英語テキストを長期間で終わらせるよりも中だるみがしないのでお勧めなんです。

 

しかし一番重要なのは時間が掛かってもいいので必ず終わらせること。

1冊だけでもいいので問題集でさらっと基礎英語を復習してみましょう。

 

 

②英会話スクールでアウトプット

 

英会話で実践することは問題集や単語を覚える暗記期間より重要です。

 

基礎問題集で何となくでもいいので英語の知識を思い出したら次は実践です。

もちろん英会話スクール以外にも問題集や英語教材を使ってなるべく英語と触れる時間を増やしましょう。

 

英会話レッスンでも次までの期間が空きすぎると英会話の感覚がまたスタート地点に戻ってしまいます。

効率よく英会話スキルを伸ばすのはやはり短いスパンで定期的に継続しレッスンを受ける事です。

 

英会話教室は街のものや留学エージェントが実施しているものは高額なのでオンライン英会話スクールをおすすめします。

約10分の1にコストに抑えられます。

英会話スクールは留学直前まで続けることがおすすめです。

 

オンライン型の英会話スクールだと無料お試し期間があるので留学を考えているなら1度は試してみるべきです。

 

おすすめのオンライン英会話スクール【初級~中級者向け】無料お試し期間あり

 

  1. ネイティブキャンプ
    ⇒短期で英語力をつけたい/7日間無料/Skype不要/予約不要
  2. DMM英会話
    ⇒1レッスン150円~の格安/3回無料体験あり/Skypeで英会話

 

おすすめのオンライン英会話スクール【中級者向け】

 

  1. 成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】
    ⇒2ヶ月集中型/30日間全額保証/バイリンガル講師在籍
  2. カナンアカデミー英語eラーニング講座
    ⇒6ヶ月集中型・英検3級・TOEIC400点以上向け/180日間無料サポート

 

 

③追い込み勉強法

 

追い込み勉強としては英語のリスニング強化が効果的です。

英会話スクールでレッスン回数を増やしたりするのもいいでしょう。

 

その他にも英語のニュースアプリや学習アプリなどを活用し日常的に英語のリスニングを身近に取り入れましょう。

また自分のレベルにあった英語の本や教材本で学習する。

 

 

 

英会話でスピーキング能力を高めれば自然とリスニング能力が付いてくる

リスニング能力とスピーキング能力はとても密接していてどちらも共にコミュニケーションにはとても重要です。

 

聞き取れる能力が付くという事は話せる能力が付いている。

話せる力があるのなら聞き取る力も備わってくる。

 

リスニングとスピーキングは一緒に伸びていきます。

 

英語は耳から音を覚え話せるようになっていくため英会話で相手の英語を聞き取る能力が付くのは話せる能力が付いてくるという事です。

 

私が留学していて一番感じたのは中級レベルなら聞き取る力が強ければスピーキング能力の伸びが早いという事でした。

実際私より下のレベルだった留学生でリスニング能力が高い人がいたのですがあっという間に抜かされてしまったこともありました。

 

この時に英語は耳から学ぶと理解していたらまた勉強法が違っていたと思いました。

 

しかしその耳で聞いた事を発信しなければ自分の身になりません。

 

英会話で聞きなれたフレーズは繰り返し言い、インプット&アウトプットをすることはとても重要になってきます。

ただ聞くだけのインプットだけでなく、英会話でアウトプットも同時に行うことは本当に重要です。

 

留学中も毎日これの繰り返しでした。

この癖付けがあるかないかで最初のスタートの切り方が全然違ってきます。

 

英語を話す能力をある程度癖付けないといざという時にアピールができなくて留学後に授業に置いていかれることもあります。(経験談)

 

英会話をネイティブ講師から英語を学ぶメリット

ネイティブ講師から学ぶ英会話はテストやスコアを重視した塾のような英語学習ではなく実践的な英語力が備わることです。

これから海外へ行かれる人はネイティブ講師から英語を学ぶことをおすすめします。

できれば日本語が分からない先生だとなお良いです。

 

英会話でトレーニングをしっかりしなかったことでめちゃくちゃ初歩的な英会話すらままならない状態でした。

 

例えば

I want to speak with you in English.

私はあなたと英語で話したい。

What are you doing , right now.

今あなたは何しているの?

 

こんな簡単なことなのに言えなかった。

 

ただ1つのフレーズを覚えるだけで多様できます。

例えば上記例文の中のspeakの部分をeatやgoとかに変えるだけで(in Englishは消してください)

私はあなたと一緒に(ごはんを)食べたい、あなたと一緒に(どこかへ)行きたい、とフレーズを覚えるってとても便利なんです。

 

また英語でこんなことを聞かれたときの話。

Do you have insurance?

保険持ってるの?

と聞かれて

Yes,I have.

と答えるのはとても変なんですが答えがちなんです。

正しくはYes,I do.

 

このようなちょっとした間違いも理解はできているのに起こってしまう。

英語慣れをしておけばこんな間違えはなくなります。

 

英会話でこういった英語慣れをするのは留学前にはすべきだと思いますし、私自身留学前に英会話を短期間ではありましたが習っていてとても良かったです。

また英会話の先生はネイティブな先生であることが一番。

 

私が利用していた英会話スクールは日本語がわからない先生しかいませんでしたので私は必死に英語を使おうと頭をフル活用してました。

そのおかげか数回の授業でしたがかなり英語のスピーキングには自信が付きました。

 

日本人の先生や日本語がネイティブレベルにわかる先生だと安心して

“えっと、なんでしたっけ。

なんて言えばいいのか分からない。”

と甘えてしまうからです。

 

実際通っていた英会話でも、先生がネイティブで日本語がわからないなら周りの生徒に聞いている生徒は多く見かけました。

 

緊張感がなくすぐ日本語が出てしまう人は英語だけで話そうとして一切日本語を言葉にしない生徒と比べるとその伸び方は雲泥の差です。

日本語が出ちゃう人は身に付くのが遅いです。

 

日本人の先生でも絶対に英語でしか返してこない徹底した先生でしたらOKです。

目的は如何に英語が口からスッと出てくるように慣れさせるためなので。

 

英会話で学ぶならオンライン英会話スクールが良い理由

 

  1. 費用が安い(街の英会話スクールと比じゃない)
  2. 1日何回でもレッスンが受けられるので伸びが速い
  3. マンツーマンでモチベが上がる
  4. 時間と場所を選ばないので学習が継続できる

 

以上がオンライン英会話の大きなメリットですがこれは街の英会話教室では無理です。

 

ここからは私が街の英会話教室で留学前に英語レッスンを受けた失敗談です。

 

私は留学エージェンシがやっていた英会話教室に駆け込みの短期間で12回レッスン程行きました。

料金は3万円以上かかりました。

オンライン英会話なら12回程度なら1,000~3,000円程度だったでしょう。

オンライン英会話スクールと比べて10倍の値段の英会話費用を払っていたけど、それだから授業の質が良いとか先生が良いとは限らない。

私はオンライン英会話と留学エージェントがやっている英会話どちらも経験しましたが、レッスンのレベルや内容に大きな差はないです。

 

また私が受けた英語のレッスンは高額だったためレッスン回数の量を節約してしまいこれが留学でのスタートで出ばなをくじかれる敗因になりました。

周りの留学準備のために英会話レッスンに来ていた人は50回~100レッスンとかでした。

数十万かけていましたね。

 

それでもレッスンは少ない回数ではあったが留学直前までネイティブな先生と英会話をしていたおかげで英語をしゃべることに対しては抵抗はかなり減りました。

 

おすすめのオンライン英会話スクール【初級~中級者向け】無料お試し期間あり

 

  1. ネイティブキャンプ
    ⇒短期で英語力をつけたい/7日間無料/Skype不要/予約不要
  2. DMM英会話
    ⇒1レッスン150円~の格安/3回無料体験あり/Skypeで英会話

 

おすすめのオンライン英会話スクール【中級者向け】

 

  1. 成果コミット型、短期集中英会話トレーニング【ALUGO】
    ⇒2ヶ月集中型/30日間全額保証/バイリンガル講師在籍
  2. カナンアカデミー英語eラーニング講座
    ⇒6ヶ月集中型・英検3級・TOEIC400点以上向け/180日間無料サポート

 

おすすめのオンライン英会話スクールの特徴を比較

ここからはオンライン英会話スクールについて興味がある方向けのおまけ項目です。

 

私自身英会話教室でネイティブ講師の授業を受けられて留学の前準備になりましたがやっぱりもっとたくさん授業を受けておきたかったというのが本音です。

以下からは英語力を付けるのが本気なんだ!留学でたくさん外国人の友達を作ってペラペラになって帰ってきてやる!という方に向けてオンライン英会話スクールの特色をまとめたものになります。

 

格安を売りにしていたり、短期集中型を売りにして特徴が分かれているので自身が求めるスクールにぜひ登録してみましょう。

 

ネイティブキャンプ

 

ネイティブキャンプのすごいところは予約なしで専用のアプリを開けばすぐに英会話レッスンが開始できるところです。

iOSのスマホやタブレットに限るが24時間365日に空いた時間に英会話が受けられるのは他にないシステムです。

 

 

こんな方におすすめ

 

■短期間で圧倒的な英語力を身に着けたい!
⇒ネイティブキャンプは定額でレッスン回数無制限!何度も講師と話すことですぐに力がつきます。

■値段がお得なレッスンを受けたい!
⇒定額なのでレッスンすればするほどお得です。1レッスン50円も夢じゃない!

■時間が不定期。今すぐレッスンを受けたい!
⇒オンライン英会話で初!予約不要で思い立ったらすぐにレッスンが可能です。

 

 

レッスンのメリット

 

  1. 初級者から上級者までレベルに合わせた授業が受けられる
  2. 自分で英語を話し意思を発信する能力が備わる
  3. 英会話初心者から日常会話に問題のないTOEICハイスコアを目指す上級者まで、それぞれのレベルで自由にカリキュラムを組める

 

 

ネイティブキャンプのココが良い!

 

業界初の定額レッスン無制限なのでレッスンを受ければ受けるほど1レッスンが安くなります。

1レッスン50円というのも珍しくありません。

オンライン英会話で1番面倒な「予約」が不要でこれはネイティブキャンプのみが今のところ実施しています。

専用のアプリを起動さえすれば24時間いつでもどこでも英会話レッスンが始められるのは画期的です。

 

またネイティブキャンプは多くの芸能人も利用しスキルアップを実感できています。

 

長州小力さんの体験動画

 

 

メイプル超合金・カズレーザーさんの体験動画

 

 

動画を見て分かるように本当に聞き取りやすくゆっくりした話し方で始めてくれます。

分からない発音などは繰り返し教えてくれる。

 

留学では先生は1人に対し複数の生徒に授業をするので自分から分からない事をしっかりと聞いていかないと授業に置いていかれることが多かったです。

 

その質問するにも自身のスピーキング能力に自信がなくてなかなかアピールができなかったのは私にとって本当にもったいない期間でした。

 

ここで丁寧な英会話を叩き込み留学先でどんどん質問できるように自信とスピーキング能力つければ授業に馴染み始めるのも早いです。

 

公式サイト:ネイティブキャンプ

 

DMM英会話

 

DMM英会話は圧倒的な低価格と世界105カ国以上の講師からなる質の高いレッスンが魅力のサービスです。

 

私がDMM英会話に出会っと時は25分の無料体験レッスンが2回でしたが今は3回受けられます。

 

とにかく格安で英会話を始めたい人にはおすすめです。

 

DMM英会話のココが良い

 

■とにかくレッスン費用が安い・1レッスン150円~
⇒英会話スクールの約10分の1の値段 毎日やっても低価格

■ネットで英会話を受けるので時間や場所を選ばない
⇒空いた時間に好きなところで「家でも」「カフェでも」

■他国籍な英語講師陣が揃っています
⇒趣味やレベルに合わせて話せられるので友達感覚で英会話を楽しめる

 

レッスン料金の例

 

■『1日1レッスン計25分プラン』
月額:5,980円
(1レッスン料金:193円)

■『1日2レッスン計50分プラン』
月額:9,980円
(1レッスン料金:161円)

■『1日3レッスン計75分プラン』
月額:13,980円
(1レッスン料金:150円)

 

 

※レッスン単価は月額÷(1日の予約上限×31日間)で計算しています。

 

1レッスンの料金が破格的に安いことで知られているDMM英会話ですが実際に私も受けてみて感じましたがしっかりと英会話学習に力を入れていること。

値段が安いから粗悪なんてことはありませんでした。

 

値段も安すぎるし体験期間があるのでまずは軽い気持ちで登録して実際に使用してみても良いでしょう。

 

講師を予約ごとに自分で選ぶので毎回いろんな人から学べることもできるし、この人と決めた先生に絞って学ぶことも可能です。

留学前に濃密に英会話レッスンを受け英語に慣れてから行かれると度胸が付きます。

 

公式サイト:DMM英会話
 

ALUGO

 

ALUGOは英語基礎がしっかし備わっている中級以上からの英会話スクールです。

 

こんな方におすすめ

 

  1. 留学まで残り3か月もない
  2. 英会話スクール等に通ってはみたが、時間をかけたわりに思うように話せるようになっていない
  3. これまでと同じ英語学習を続けても話せるようになる気がしない方
  4. 自分の本当の課題と目標とすべき状態までの道筋がイメージできていない
  5. ペーパーテストの点数はある程度あるものの英語で思うように『話す』ことができない

 

というようなすでに英語レッスンや独学で英語を勉強しているがなかなか英語力が向上しない人に対して必ず英語力を上げてくれるオンラインスクールです。

 

レッスンのメリット

 

  1. 携帯電話だけで受講できるオンラインレッスンなのでどこでも受けられる
  2. 1人の受講生に対して3人体制で英語力を判定するため、精緻な測定が可能
  3. バイリンガルコーチによる日本語で学べる文法レッスンも受講可能
  4. モチベーションを持続させるために専属のカウンセリングチームが日々の学習を管理
  5. 2か月間という短期間で英会話力がつく

 

留学まで3か月切ってしまった人も安心のALGOは2ヶ月短期集中型のカリキュラムを組まれています。

 

また30日間保証期間があり、英語の伸びが感じない場合は全額返金してもらえます。

 

ALUGOは毎回キャンペーンを実施しています。

無料カウンセリングを受けるだけでAmazonギフト1000円分贈呈。

カウンセリング後の申し込みで3万円割引を現在は実施しています。

 

サービスに関する詳細資料はコチラからご覧いただけます。

 

公式サイト:ALUGO

 

英語eラーニング

 

eラーニングは中級以上(英検3級、TOEIC400点以上)の人向けです。

ちなみに中学生1~2年生レベルですので中級というランクにとらわれますがそこまで高いレベルの段階からではありません。

 

こんな方におすすめ

 

  1. これから留学、赴任をする方仕事で英語を使っているが、自身の英語でのコミュニケーションに不満がある方
  2. 忙しくて英会話スクールに通えないので隙間時間にレッスンを受けたい
  3. 英語をペラペラになって留学から帰ってきたい

 

とややビジネス寄りの英会話に力を入れているスクールのように感じますが『話す訓練』に大変力を入れているスクールですのである程度英語力がある人にはお勧めのスクールです。

 

レッスンのメリット

 

eラーニングの講座は英語中級者(英検3級、TOEIC400点以上)の方が週1〜2時間の学習で、6ヶ月後に「アメリカ人ネイティブスピーカーと対等に英会話、ディスカッションができる」ようになるレッスンをするのでかなり伸ばしてくれます。

ネイティブレベルの会話も理解できるならば留学しても学校や外国での暮らしが楽しくて仕方がないです。

 

講座の詳しい内容についてはコチラまで。

 

公式サイト:カナンアカデミー英語eラーニング講座

 

留学前の準備で差ができる

留学で価値ある期間を過ごしたいならば今の自分のレベルよりも少し上のレベルのクラスに入るのがベストです。

 

ここまで私が留学前に英語スキルのベースをつけておいた方が良いというのは私自身が英語がほとんど話せないまま留学したためかなり後悔した経験がたくさんあったからでした。

留学先の語学学校で知り合った日本人留学生も私より英語が話せない人もいたのですが、英語が中級以下レベルの人はみんな口をそろえて

“もっと勉強しておけばよかった…。”

と語学学校で授業が始まってから日々思い返していました。

 

また留学3か月前くらいからほとんどの人は英会話スクールなどで英語癖を身に付ける準備をし始めます。

ダッシュ期間でも1か月前から駆け込みで英会話で特訓される人がほとんどです。

 

私が利用していたエージェンシで出会った留学を決めた方々は9割以上は英会話スクールで短期間集中の講座を受けていました。

高い留学費用を払っていくならば後悔しないために少しでも自分の英語力にブラッシュアップをかけて行かれることを推奨したいです。

 

 

人気記事英語が話せないままイギリス留学をして後悔した 英語力0でも大丈夫という言葉を鵜呑みにしないで

 

人気記事2カ国留学経験者が語る留学で後悔したこと 日本人が留学でやりがちな後悔体験を反面教師にしてほしい

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX