【成功体験】40代未経験からプログラミングスクールに通ってWebエンジニア・デザイナーに転職

40代未経験からプログラマーやIT・Webエンジニア、デザイナーになれるのか。

年齢も気になるけど初心者から学習を始めてスキルは十分につくの?40代未経験でプログラマーの道ははやっぱり難しいのかな。

 

こういった疑問について自分自身が見てきたことをもとにお答えしていきたいと思います。

 

 

若い人に比べたら未経験の40代が異業種の会社への転職は狭き門になってしまうかもしれませんが、36~43歳くらいの年齢層で初心者・未経験からシステムエンジニアやWebデザイナー、Webディレクター、ITエンジニアになられた方を見てきました。

この人たちのほとんどが前職は異業種のもの。

 

経緯と、プログラミングスクールの紹介、スクール上がりからIT・Web業界でエンジニアとして働けるまでのプロセスを解説します。




意外にも40代からプログラミングスキルを学ぶ人が多い

私自身通い型のプログラミングスクール出身でWebエンジニア(フロントエンドエンジニア)になったのですが、スクールに通って驚いたのが受講生の半分くらいが30代後半から40代の方だったのと、女性の割合が多かった事。

クラスが2部制に別れていて朝クラスと夜クラスがあったのですが、私が在籍した朝クラスの年齢層は35~43歳といった感じでした。

 

この時代IT・Web業界への中途採用は活発で未経験からプログラマーを目指すのは若い人たちだけでなく30~40代と幅広い年齢層が転職を目指していることが伺えました。

 

またみんなそれぞれ前職はしっかりしていたし、40代となると役職があったりマネジメント経験があるなど立場をしっかりと持っていた人が目立ったなと言う印象でした。

スクールには少しかじった経験者もいましたがほとんどがプログラムとは全く関係ない異業種からプログラミングの道に進もうと受講しに来ている方が全体の8~9割くらいで、本当に初心者から学びに来られていました。

 

プログラミングスクールに来ていた40代の人たちの前職と何故プログラミングを学ぼうと思ったのかについて何人か紹介します。

 

30代後半~40代からプログラミングスキルを学び始める理由

  1. ①時代の流れに乗った需要のある仕事でプログラミングが必要だから(IT・Web業界へ転職希望)
  2. ②今のままの仕事ではいずれ仕事がなくなるor稼げなくなる

 

主な理由がこの二つでした。

 

興味があるのはもちろんではありますが、40代で転職を考えている人で全くの未経験からプログラミングを学びに来ている人は今後需要のある安定した職種に就きたいと考えていて、尚且つ新しい事を始めて行きたいと挑戦心も強い人たちでした。

 

40代となるとその会社で偉い立場になっている人もいて、元チーフだったとか部署を統括していたとか、教育する立場の人間だったと前職でのキャリアがベテランでした。

しかしその仕事を辞めて異業種になるWeb業界を目指してプログラミングやデザインソフトのスキルなどを学びに来ているのでかなりガチな人が多かったです。

 

もう一つは今の仕事は需要がなくなりつつあるのを肌で感じていて潮時かなと思い思い切ってやめられた方も少なくなかったです。

新しい事、今流行りである伸びしろのある業界へ転職したいという意思が強いのは共通点でした。

 

時代の流れに乗らざるを得ないといった感じで、中にはインターネット業界が発展したことが理由で会社が倒産してしまったという理由の人もいましたね。

主に紙媒体の雑誌や印刷系の会社は年々仕事が減っていっているようで、小さな制作会社などは人件費削減で解雇になってしまったり、会社が倒産してしまい、無職状態で時間ができたのと同職系にまた就職しても仕方がないと感じプログラミングスクールでスキルを学びに来ていました。

 

プログラミングを学びに来ていた40代の人たちの経歴

わたしが通っていたプログラミングスクールと、就職したWeb業界で働いていて知り合った方たちでスクールに通ってから就職に成功した人たちについて何名か紹介します。

 

元印刷会社(男性・40歳)

 

前職が印刷業界で、どんどんインターネット業界に傾いてきていることを感じ長年勤めたが退職しプログラミングスキルを学んで、現在ではWeb制作会社でホームページ制作などに関わっています。

 

元映像関係職(男性・40歳)

 

映像関係の仕事をしていてフリーでも映像や音響系の仕事をたびたびしているが、仕事上でWebサイトやアプリケーションの制作などを求められるようになり受講。フリーランスとして働いています。

 

元飲食店チーフ(女性・41歳)

 

飲食店で働いていたがWebデザイナーに前々から興味があったのと、手に職を付けたいと考えたことでWebデザインとプログラミングの知識を学ぶ。

この女性は家庭もあるので派遣としてWebデザイナーとして働いています。

 

元一般事務・役職あり(女性・43歳)

 

一般事務職でそこそこすごい役職でもあったみたいですが一念発起してエンジニアのスキルを学びに来ていました。

理由としてはIT系のディレクター職に興味があり、ディレクターといえどもプログラミングの知識が無いと交渉などで話ができないという事から仕事探しのエンジニアに勧められてプログラミング学習。この人も無事就職しディレクターとして経験を積んでいます。

 

元IT業界のディレクター(男性・37歳)

 

この男性はIT業界にはいましたがプログラミングの知識は無くディレクターと言うポジションで顧客と制作側の仲介をしていたようでした。

取り扱っている商品はITのものだがその中身について全くの無知だったためたびたび仕事での交渉で困ったことがあり、自分もプログラムの知識をつけようと学習していました。

この人は早期に仕事が決まりIT業界でディレクターをしています。

 

元ダイバー(女性・39歳)

 

とても珍しい経歴だなと思った元ダイバーの女性。ダイバーにとって致命的となったのが、ダイビングで着るスーツの素材のゴムにアレルギーが出てしまい仕事ができなくなったそうです。元々写真などが好きだったらしくそこからクリエイティブ系の職を探していてWebデザイナーに興味を持ち受講していました。

デザインソフト知識とプログラミング知識の両方を学習しWebデザイナーとして就職していました。

 

元銀行員(43歳・男性)

 

銀行員として働いていたがプログラミングの仕事に憧れていて一念発起。エンジニアとしてのスキルを付けて現役エンジニアとして働いているようです。

 

 

みなさん私の知人の話ですが前職はプログラミングとは関係ない仕事だった人がほとんどです。

前職での経歴が異業種だとしても転職ではその人の一つのキャリアとして評価されるので40代でも企業が納得のいくスキルがあれば就職は可能ということです。

 

プログラミングスキルはスクールに通って学ぶべき

転職目的でプログラミングを習うのであれば独学には限界があります。

プログラミングスクールは現役のにエンジニアがメンターとなってサポートをしてくれるので業務目線でスキルや業界の常識などが学べます。

就職するにあたってもある程度知識があるのと全くの初心者とでは全くと言っていいほど就活での進み方が違います。

 

あと、専門学校に通うよりも低コストで短期集中型なので早い人で1ヶ月、通常でも3~4ヶ月後には業務で活かせるレベルのプログラミングスキルが身に付きます。

 

プログラミングスキルを付けてIT・Web業界へ転職を考えている人におすすめのプログラミングスクールはテックアカデミーです。

他のスクールと料金比較しても最もコストが低く、プログラミングスクールではここだけなのが1週間無料体験ができるので、レッスンをしっかりと受けてみて納得してから契約に移れます。

また取り扱っているプログラミング言語は19コースからとかなり豊富なので自分が目指すエンジニアや業界に必要な言語への特化コースを選択できるのである意味無駄のないスキル習得に当てられます。

(他のスクールは満遍なくいろいろやらすので自分にとって不要な言語や今はいらなかったなと言う授業もあるがテックアカデミーではそれがほぼないです。)

 

そして全コース転職サポートがありますので、未経験から業界への窓口としては大変優秀なスクールです。

 

テックアカデミーについてはこちら

 

テックアカデミー【Tech Academy】

TechAcademy
料金 99,000円~(※はじめてのプログラミングコース4週間の料金)
受講形態 オンライン型
ここが良い 現役エンジニアから学べる
マンツーマンレッスンで短期集中
1週間無料体験ができる
セットコースにすると最大138,000円(1コース分)お得になる
全コース転職サポートあり
公式サイト https://techacademy.jp

テックアカデミーは他社と比べて圧倒的にコースが充実していることです。

また多くのプログラミングスクールは20~30代向けと年齢の幅が狭いがテックアカデミーは60代まで受講可能です。

 

受講形態は完全オンライン形式でマンツーマンレッスン指導ですので通う必要なし、また自分の課題に応じてカリキュラムが進みます。

分からないことがあればチャットサポート対応ですぐに疑問が解決できるので挫折する生徒が少ないという数値も公式で上がっています。

 

プログラミングスクールでは通常学習期間は3~4ヶ月、長くて9ヶ月が一般的ですがテックアカデミーは4週間でプログラマーになれるカリキュラムを組んでくれますので個々がコスト削減につながっています。

 

プログラミングは長くダラダラとやるよりも短期集中でサクッと終わらせて後は自分で応用で学んでいく方が効率がいいです。

とは言っても本当の初心者の方は8週間~12週間は勉強する事ことをおすすめします。(それでも他社に比べて短期でスキルが身に付きますね)ここら辺はキャリアカウンセラーや担当のメンターと相談し期間を定めましょう。

 

そしてコースを2~3つとセットで組む場合最大で1コース分の月額に匹敵する料金がお得になります。(60,000~138,000円最大でお得)

複数のコースに興味がある人はセットで受講してみましょう。

 

また全コース転職サポートがありキャリアサポートが充実しています。

もちろんテックアカデミーに通えば必ず転職できるというわけではない。スポーツジムに通えば必ず痩せるわけではないように、ちゃんと自分で鍛えて食事制限をしないといけない。これと同じです。

 

実際に転職を成功させている人はいるし、私自身40代からWebやIT業界に入って働いている人を見てきたので本人次第で可能性は年齢を超えます。

 

転職サポートは自分のプロフィールや転職に関する希望条件を登録し学習して習得したスキルやプロフィールを元にスカウトや求人が届き、パーソナルメンターやキャリアカウンセラーと面接に関する相談はもちろん面接の日程調整もスムーズに行えます。内定が決まるまで何度でも利用することが可能です。

 

無料キャリアカウンセリングのお申込み

 

テックアカデミーはフリーランスを目指す人にもおすすめ

プログラミング学習で培ったスキルを転職先の会社のためではなく独立のために学ばれる方も最近では増えてきています。

フリーランスとして独立したい、副業で稼ぎたいという人にもテックアカデミーのプログラミングコースはおすすめですね。

 

プログラミングは割と初心者の人でも5~10万円副業で稼いでいる人がたくさんいます。

クラウドソーシングサービスでもいいし、企業でも在宅ワークを提供している会社も増えてきているので、フリーランスや在宅で仕事をして企業で働くよりも少ない時間で充実した稼ぎを得ている人が増えてきたのもプログラミングができるメリットです。

 

 

40代でプログラミングの知識が無い人は転職は難しい

Web制作会社の採用担当の先輩から相談されたことですがやはりプログラミング知識が無い40代の応募者にたいしては採用するかかなり悩んでいました。

先輩がぼやいていたのが『せめてHTML/CSSの知識があればいいんだけどな』とマークアップ言語(プログラミングのベースとなる基礎言語)があれば経歴としては面接してみたいと話していたんですよね。

それに引き換えプログラミングのスキルがある50歳近い人が応募に来たときは即採用通知を出していました。

 

IT・Webなどのインターネット業界って即戦力になる人が本当に重宝されます。

 

知識があるのとないのとでは例え業界未経験だとして採用される確率が格段に変わってきます。

 

スクールに通っていた40代の人で最初はスクールに通う前に就職活動を始めた人がいたのですが転職エージェントの人にスキルが全くないのは少し厳しいという事でプログラミングスクールを勧められて勉強していました。

その後その人はエンジニア職ではありませんが、IT業界でディレクターのアシスタント職についてクライアントと交渉するのにプログラミングの知識が役立っているみたいです。

 

20代30代前半だと将来性を見込んでスキル無しの全くの初心者でも採用するケースも少なくないがそれが何の知識も無い40代となると採用側は懸念します。

まず教える側の人間が年下になる可能性もあるので、その採用に関わっていた上司は自分より年上の初心者に1からスキルを教えられる自信が無いと言っていました。

 

しかし少しでもコードやプログラム言語が分かるといった人に対しては話だけでも聞いてみようかと面接通知を送っていました。

未経験と言っても社会人としてもキャリアは企業からして魅力的でもあるので、そこでプログラミングの知識があれば転職活動では有利になります。

 

また人材募集をかけていた時にわかったことですが応募者の3~4割くらいは30代後半から40代の人が応募してきていました。もちろん中には経験者からの応募もありますが未経験からの応募も割とあってIT・Web業界への移行需要を感じました。

 

40代未経験からエンジニア職に転職するにはスクールでプログラミングの基礎をしっかりと学ぶことで就職にはかなり強い味方となります。

 

とは言ってもどのコースを選べばいいのか分からない

エンジニアの仕事には興味があるけど仕事はどんな感じなのか、またプログラミング言語と言っても様々です。

 

WebやITの業界でも専門とする言語が違ってきますし、ホームページ制作とアプリ開発や、AIのプログラミングなど目指したい業界に沿った言語を学ぶべきです。

またプログラマーだけでなくWebデザイナーやディレクラーにも興味がある。

自分がどんなコースを受けたら定まらない人は無料体験がおすすめです。

 

テックアカデミーの無料体験はこんな人におすすめ

 

  1. プログラミングに興味があってどのようなものか体験してみたい方
  2. プログラミングを勉強しようと思って挫折した
  3. エンジニアの仕事を体験したい

 

テックアカデミーでは1週間の無料体験でオンラインによるプログラミング学習ができます。

パソコンとインターネット環境があればどこでも受ける事が可能です。

 

体験内容はプログラミングやホームページ制作、アプリケーション制作などに必須となる基礎的な言語(HTML/CSS,JavaScript)の入門を学びます。

 

TechAcademyの無料体験についてはこちら

 

まとめ

40代ともなるとキャリアでもベテランクラスになってきます。

こういった方に備わっているマネジメント能力を企業が求めていてそこにプログラミングの知識もあれば転職は十分に可能ですし実際に40代の転職成功者とも会ってきました。

 

中にはフリータンスとして働いている人もいますし、プログラミングの知識をつけようと方向転換するのは今の時代のニーズに沿った選択のように思います。

 

プログラミングの知識をつけて就活へ挑みたい方はTechAcademy [テックアカデミー]をどうぞ。