20代後半になっても正社員になれない女はただ自分を卑下しているだけ【正社員になるための転職法】

もう20代後半にもなるのに契約社員。

今いる会社からも正社員になる話は来てたのに無くなってしまった。

このままでは正社員になることができず30代に突入してもっと正社員への道が狭くなってしまう。

そうなる前に転職したいけど、このご時世20代後半からの転職って厳しいそうで行動できない。

 

そうやってウダウダと現状にとどまっていると将来的に非正規雇用でしか働けなくなる道を進むしかなくなります。

まだ20代なら間に合います。

 

私の経歴を少しお話ししますと本当に悪いもので。私は新卒での就職活動を失敗しニート→フリーター→契約社員として働いていました。

少しずつ雇用のあり方は良くなっていましたがなかなか正社員として働くことできませんでした。

 

その原因はまず仕事を探す段階でハローワークや自分で応募する転職サイトを利用して、専門のエージェントを使わなかったから。

正社員を目指すなら正社員雇用求人を専門に扱っている転職エージェントを利用しないと本当に遠回りになってしまいます。

 

当時勤めていた契約社員で雇われていた会社には不満もあったことから1年ほどで退職し、その後紆余曲折ありましたがしっかりと自己分析に繋がるアドバイスをしていただけて自分がやりたい仕事を紹介してくれる転職エージェントを利用したら正社員雇用で採用されWebエンジニアとして働いています。

 

20代後半に差し掛かってきていて未だに正社員の経験が無い女性。

増税したし今の日本の年金問題、また婚活でも非正規だと不利になってしまうからと将来に不安だから正社員にはなっておきたい。

だけど今の仕事では到底正社員にはなれそうにないし、転職しようにも行動に移せない。

そもそも職歴に自信が無くていい仕事をを紹介されないんじゃないかと不安な方へのアドバイスになればと思います。

 

非正規雇用、フリーター、ニートの20代後半の女性で正社員になりたい人に向けた記事となっておりますので是非お付き合いください。

 




正社員になれなかったきっかけは新卒時代の就活失敗

失敗からの自己否定

新卒で就職活動に失敗してそこから自分への評価がかなり下がってしまい、何をするのにも自信が持てない時期がありました。

 

就職失敗してそのままニートを数か月して、何とかフリータとして1年半近く働くことができたけどこのままではだめだと思い就職活動を再び始めました。

 

ここに至るまでもかなりの時間が掛かりました。

 

しかし私が選んだ雇用は契約社員。

選んだといっても正社員雇用としていずれ契約してくれる会社だと思っていたのですが、入った会社がブラック企業であったためなのか、社員に責任を持ちたくないか者でなかなか正社員にしてもらえませんでした。

 

結局ブラック企業て辛かったこともあって正社員にならずしてその会社を辞めました。

挫折が多い社会人生活です。

 

就活の失敗からアルバイトを探す

こんなにうまくいかないのも、まず新卒での就職失敗の打撃は大きかったせいか自分で受ける会社のランクをかなり下げているためではないかと思い始めました。

大学での就活では何十社と書類選考から始まり、面接やグループディスカッションなどを受けてきたけど全てダメだった。

 

自分の周りで就職先が決まった人を何が違うのか、自分は社会から必要とされていない人間なのか、などかなり落ち込んで悲観的になっていました。

そんな気持ちがお断りメールが届くたびに募っていき就活終盤あたりからはかなりオーラが暗かったし大学を出て仕事が決まらなかったらどうしようと不安でたまらない毎日でした。

 

結果虚しくその不安通りにすべての会社でお断りされ、大学卒業間際になってくるともう就職活動をする気にもなれませんでした。

 

この大きな挫折から自分の価値・評価を必要以上に下げていたように思います。

 

ニート生活期間にもいくつかルバイトに応募したりしましたがそれすらも受からず、自暴自棄になって引きこもっていました。

しかし時間が経ってくると自分が何もしていないこと、自分と同じ年の人や友達なんかは新社会人として働き始めて研修が終わりどんどん社会人となって行く。

みんな忙しくしているけど自分は朝起きてから何もすることがない。

 

友達とたまに話すときに仕事をしている人と何もしていないニートな自分の立場を比べて辛くなった時期もあり連絡を取らなくなった期間もありました。

 

そんな罪悪感と卑屈な気持ちに押しつぶされそうになって、もう一度アルバイト先を探し始め接客の仕事を始めました。

再出発が正社員として仕事を探すことが怖くなっていたのでアルバイトなら正社員と比べて採用されやすいだろうという逃げ腰もありましたが自分がそういう場所に自ら行っているだけだっと今だから言えます。

 

自分にはこれくらいの仕事がお似合いなんだと挑戦心を失くしていては今の現状から変わることはできない。

 

挫折経験から挑戦する会社のランクを下げている

就職活動での挫折で正社員として仕事を探すことを諦めてしまっている、もしくは億劫になっている。

挫折経験から立ち直るには自分に自信をつけるほかありません。

1度大きな失敗を感じると人は自分の価値をかなり下げてしまいがち。

 

 

恋愛でいうと失恋した直後はタイプでもないしょうもない男の誘いでも嬉しくてついて行ってしまうようなもの。

自分に自信があればタイプでもない男の誘いには乗りません。

これは心が傷ついたことによって自分には価値がないと思い込んでしまい本来の価値を引き下げているから起こる現象といわれています。

 

就職活動でも同じだなって感じました。

ただたまたま受けた会社がとの相性が悪かったり、その時の自分のコンディションが悪く面接で良く思われなくて落とされただけで能力的には面接に呼ばれる時点で合格ではあります。

 

本当はもっと高みを目指してもいいのにもう失敗したくない、断られたくないと保守的な気持ちも働いて挑戦することをやめてしまい、妥協で仕事を選んでしまっていました。これが非正規雇用止まりで終わっていたんだなって今だから思います。

 

これは本当にもったいない事です。

挫折をしたからと言って自分を過小評価する必要はありません。

 

契約社員や派遣どまりで悩んで行動できないのは保守的だから

フリーターから契約社員を選んだのは正規雇用の会社に何社か応募したけど全て書類選考の時点でお断り。と言っても受けたのは15社でしたが。

これだけで自分には正社員雇用で雇ってくれる会社には受からないと心の奥底で思っていたのも大きかった。

 

そんな中自分を拾ってくれた会社が契約社員雇用で採用してくれた会社で、受かったことが何よりも安心して自分で『選ぶ』ことを怠りました。

就活はたとえ採用通知が来ても求職者にも会社を選ぶ権利があります。

正直もっと粘っても良かったと今から過去の自分に戻って言えるなら言いたいですが、この時私はどこかの会社に入れるなら何でもいいと若干投げやりな気持ちも入っていました。

 

転職活動で妥協は絶対しない方が良い。

自分の納得のいくまで会社を探すべきです。

 

契約社員としては働き始めて数カ月もすれば仕事も即戦力並みにできるようになってきました。

仕事も任されるようになり、新しい企画の担当制作者にもなりました。

 

ここで私が疑問に思い始めたのは自分の雇用は契約社員だけど周りの正社員として働いている社員の人と何一つ変わらない仕事ができているという事。

つまり自分のレベルは十分に正社員として雇ってもらえる能力があるのではないかと思い始めました。

そして働き始めて5ヶ月もしないうちに正社員として雇用を上げようと思うという話を上司と人事部の管理課の人に直々に言われて本当に嬉しかった。

だが、私が勤めたこの会社は上記にも書いたがブラック企業どっぷりの会社でした。

 

口では正社員にしてやるという割にいつまでたってもその具体的な契約の話などが来ず、それなのに正社員並みに働かされ、ボーナスも退職金ももらえない待遇に不信感を感じ始めました。

 

正社員と変わらない働き方なのに待遇は譲歩されない不満

待遇に不満を抱くと長続きしないなと思いました。ボーナスや正社員にだけある特別休暇や、昇給などが一切ない。

せめて契約社員として雇うなら残業はなし、もしくは残業代をちゃんと時給で出すなどをしてくれればまだよかったかもしれないがガッツリ毎日3時間くらいの残業をして、いわゆるサビ残でした。

 

何度か不満を漏らしつつ働いてはいたけど、自分の雇用を会社に利用されているだけなんだと分かった時にこの会社に長くいても仕方がないなと思い始めました。

 

ズルズルと待遇への不満と正社員にしてくれない不信感を引きってはいたが1年経つ前に会社を辞めて制作会社で働くことになりました。

最初の3ヶ月は契約社員だが試用期間後に正社員にしてくれたちゃんとした会社でしたね。

 

手取り14万で12年も働いて愚痴ってる人は何故その環境を変えないのか考える『自分も同じだった』

保守的で、現状を変えようとしないのに不満ばかり言う人って何年も何年も低年収で雇われ続けてただ働きぶりだけ搾取されるような駒人間として会社に使われます。

 

世の中には手取り14万円で12年間働いている人もいますが、これって何故なのか。

ただ挑戦することに怠けていて今の現状がかなりきついのにそれに気づこうとしていないんですよね。

ただ現状が最悪なのは認めてはいるからSNSなど不満を吐露するが、逆に考えてなんでそんなところに12年もいるの?さっさと転職を使用としない方がヤバいとか、12年もあれば資格とるなりして自分に価値を付けられるのにとか声が上がっている。

 

雇用形態も給料も自分が選んだ会社だからそうなっている。つまり自分が結局悪いんだと思うべきだと思いました。

今に不満があるなら、自分を変えるか、環境を変えるしか方法はないです。

 

大変だけど確実に現状を変えられるのが転職です。私は転職して良かったし1年ほどでさっさと見切りをつけたのは正解でした。

 

女だから・職歴に自信がないからと正社員は難しいと決めつけない

自分の今ある現状に妥協して辛いし納得いかないし正社員じゃないという引け目を持っているけどそれでもその状態で働き続けている。

正社員になるには遅すぎるのではないか、自分には無理ではないかと決めつけているのは社会ではなく自分です。

 

また転職活動でして欲しくないのは自分の価値を悲観して会社を探すこと。

求職者と募集企業は本来対等なんです。

 

会社から採用通知がもらえてもこちら側に断る権利もありますしその逆も然りです。

 

正社員になるための転職活動で何社かお断りの通知が来ましたがこれは自分と会社とがマッチングしなかったから。

採用された会社もありましたが辞退したこともありました。

理由は自分がここは妥協したくないという待遇や仕事内容がマッチングしていなかったから。

 

正社員になるために必要なのはステップアップするための行動力と自分の価値をしっかりと知ることです。

 

非正規雇用やフリーターで何年も働くことはこのままでいいやと妥協すれば続けられますが、不安な気持ちや世間体の評価などによる引け目を感じているならそれも一緒に背負っていくことになります。

 

今が不満なら環境を変えるしかない・周りは変わらない

20代後半、もうすぐ30歳を目前にしても非正規雇用として働いていたけどその働き方に終止符を打つのは勇気がいりましたが想っていたよりもスムーズでした。

 

転職活動でもこのご時世非正規雇用でもありがたいのかもしれないと考えていたけど、実際働いてみたら自分の時間や仕事量に対する報酬が搾取されているだけではないのかと思い始めたのと、とにかく正社員との扱いの差に自分が悲観的になっていた。

なので私は在職中から転職するための行動をし始めてはいました。

 

在職中とにかく企業の情報を集めた

 

在職中でも通勤時間や仕事が終わって家に着いてからお風呂に入る時間、テレビを見ていたらCMの時間、土日などの休日の日など自由な時間はいくらでもあります。

その時間のほんの5~15分くらいを転職サイトを眺めたりしていました。

またその登録した転職サイトがエージェントを利用できるのならプライベートで有休を使ったときの空いた時間に少し行って見たりもしましたね。

 

転職を考えていてひとまず企業情報とかどんな案件があるのかの情報を集めたいなら大手の転職サイトにとりあえず登録しましょう。

 

  1. マイナビエージェント
    ⇒20代の転職に強い!かなり多くの求人から吟味して選べるので非常におすすめ
  2. リクルートエージェント
    ⇒顧客満足度No.1の安心大手!登録してどんな仕事があるのか情報を得るだけでも充実している
  3. リクナビNEXT
    ⇒20代後半から40代の転職希望者の8割が利用!自分で転職活動を頑張りたい人におすすめ

 

転職で求人情報を定期的に見るのは会社を選ぶ判断力が付きますし、思わぬ良い案件が見つかる可能性もあります。

求人情報は日々変わっていくので見たとこ勝負でもありますが、まだ転職の準備段階であるなら正社員雇用としての条件などをいろいろみて見ると今の自分のスキルではどんな会社が良いのかなど自己分析できます。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

人材業界でトップクラスの知名度を誇る「マイナビ」が運営する転職エージェント・マイナビエージェント。

マイナビエージェントは20代に信頼されている転職エージェント1位に選ばれた若い転職者に人気の転職エージェントです。

 

保有企業数は他の大手エージェントに比べて少ないですが20代からの正社員転職を目指すなら登録することをおすすめし、より多くの企業情報を得たいなら他のエージェントと併用することをがベストです。

 

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人案件数・内定決定数ともに業界NO.1の総合型転職エージェントです。

利用ユーザーの80%が25~35歳。

現段階でどの転職エージェントを利用すべきか悩んでいる段階の人やいろんな企業情報を見比べたいなど転職への始め方に悩んでいるならリクルートエージェントがおすすめです。

 

なにより大手転職エージェントですので安心した転職サポートが期待できます。

 

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルート社の転職サービスで、会員は916万人以上転職者の約8割が使っているとされるサービスです。

リクナビNEXTはキャリアコンサルタントに相談したりできないが、自分で情報を集めて頑張るタイプの転職情報サイトです。

キャリアコンサルタントに相談しつつ二人三脚で頑張りたい人はリクルートエージェント、自分ひとりで転職活動をしたい人はリクナビNEXTと使い分けましょう。

 

 

転職に集中するために転職先が決まる前に会社を辞めた

 

一般的には働きつつ転職活動をすべきと言われている。

もし見つからなくても一定のお金が毎月入ってくるので転職先が決まるまでは今の仕事を辞めない方が良い。

しかし私は転職先が決まる前に会社を辞めました!

 

私は在職中に4つほど転職エージェントは利用して、来社が難しかったので電話で面談(相談)をしたり、私情で有休を使ったときの隙間時間の1時間だけアポイントを取ってから来社してみたりしました。

しかし在職中には決まりませんでした。

在職している安心感から転職活動に本腰が入れられないのと、とにかく時間が作れないのが理由でした。

 

私はとにかく今を変えないといけないと思っていたし、会社の待遇があまりにもブラックで疲れてしまい転職活動にフォーカスできなかったので思い切って会社を辞めて転職活動に集中できる環境を作りました。

 

私みたいに思い切ってやめるのもアリではありますが、不安な人は大変だけど働きつつ転職活動が安心ですね。ただ私の考えではありますが人は環境に依存しやすいです。ガラッとその環境を変えないとなかなか現状を変えられないとも思っています。

私は退職して転職活動に本腰を入れられてよかったです。

 

正社員になりたいなら今の環境を変えて正社員になるための環境へ自分から飛び込まないと30代40代になってもそのままです。

そのためにはまず環境をスムーズに変えるための準備で企業情報の収集をしたり、転職エージェントから専門的なアドバイスを受けてみましょう。

独りで悩んでいてもやる気も行動源も出てこないので、やる気を出すためのアイテムとしても私はおすすめします。

 

ひとまず企業の情報収集をしたいなら必須登録

 

  1. マイナビエージェント
    ⇒20代の転職に強い!かなり多くの求人から吟味して選べるので非常におすすめ
  2. リクルートエージェント
    ⇒顧客満足度No.1の安心大手!登録してどんな仕事があるのか情報を得るだけでも充実している
  3. リクナビNEXT
    ⇒20代後半から40代の転職希望者の8割が利用!自分で転職活動を頑張りたい人におすすめ

 

人気記事【次の仕事が決まってないけど会社を辞めた結果2週間で仕事が決まった【転職は情報収集×行動力×目標】

 

人気記事【職歴なしの20代限定】既卒・フリーターがdodaを使っても相手にされず就職に苦戦するだけだった