20代後半になっても正社員になれない女はただ自分を卑下しているだけ 正社員になるためにすべきこと

私は新卒での就職活動を失敗しニート→フリーター→契約社員として働いていました。

少しずつ雇用のあり方は良くなっていましたがなかなか正社員として働くことできませんでした。

 

正社員になれないと自分で半ばあきらめかけていたのですが、そんなことはないと言いたい記事です。

 

本記事では正社員になったことがない女性で正社員になれるのか。

その不安を実体験をもとに改称していきたいと思います。




正社員になれなかったきっかけは新卒時代の就活失敗

新卒で就職活動に失敗してそこから自分への評価がかなり下がってしまい、何をするのにも自信が持てない時期がありました。

 

就職失敗してそのままニートを数か月して、何とかフリータとして1年半近く働くことができたけどこのままではだめだと思い就職活動を再び始めました。

 

ここに至るまでもかなりの時間が掛かりました。

 

しかし私が選んだ雇用は契約社員。

正社員として会社を探すのは自分にとってはハードルが高いと思い込んでいました。

 

まず新卒での就職失敗の打撃は大きかった。

何十社と書類選考から始まり、面接やグループディスカッションなどを受けてきたけど全てダメだった。

 

自分の周りで就職先が決まった人を何が違うのか、自分は社会から必要とされていない人間なのか、などかなり落ち込んで悲観的になっていました。

そんな気持ちがお断りメールが届くたびに募っていき就活終盤あたりからはかなりオーラが暗かったし大学を出て仕事が決まらなかったらどうしようと不安でたまらない毎日でした。

 

結果虚しくその不安通りにすべての会社でお断りされ、大学卒業間際になってくるともう就職活動をする気にもなれませんでした。

 

この大きな挫折から自分の価値・評価を必要以上に下げていたように思います。

 

ニート生活期間にも地味にアルバイトに応募したりしましたがそれすらも受からず、自暴自棄になって引きこもっていました。

しかし時間が経ってくると自分が何もしていないこと、自分と同じ年の人や友達なんかは新社会人として働き始めて研修が終わりどんどん社会人となって行く。

みんな忙しくしているけど自分は朝起きてから何もすることがない。

 

友達とたまに話すときに仕事をしている人と何もしていないニートな自分の立場を比べて辛くなった時期もあり連絡を取らなくなった期間もありました。

 

そんな罪悪感と卑屈な気持ちに押しつぶされそうになって、もう一度アルバイト先を探し始め接客の仕事を始めました。

再出発が正社員として仕事を探すことが怖くなっていたのでアルバイトなら正社員と比べて採用されやすいだろうという逃げ腰もありました。

 

アルバイトも暗い感じ初めは面接していたこともあって5社落ちてしまいましたが6社目に仕事が決まりそこからフリーターとして働くようになりました。



挫折経験から挑戦する会社のランクを下げている

就職活動での挫折で正社員として仕事を探すことを諦めてしまっている、もしくは億劫になっている。

挫折経験から立ち直るには自分に自信をつけるほかありません。

1度大きな失敗を感じると人は自分の価値をかなり下げてしまいがちなんです。

 

恋愛でいうと失恋した直後はタイプでもないしょうもない男の誘いでも嬉しくてついて行ってしまうようなもの。

自分に自信があればタイプでもない男の誘いには乗りません。

これは心が傷ついたことによって自分には価値がないと思い込んでしまい本来の価値を引き下げているから起こる現象といわれています。

 

就職活動でも同じです。

本当はもっと高みを目指してもいいのにもう失敗したくない、断られたくないと保守的な気持ちも働いて挑戦することをやめてしまい、妥協で仕事を選んでしまうんです。

 

これは本当にもったいない事です。

挫折をしたからと言って自分を過小評価する必要はありません。

 

契約社員や派遣どまりで悩んで行動できないのは保守的だから

フリーターから契約社員を選んだのは自分には正社員雇用で雇ってくれる会社には受からないと心の奥底で思っていたのも大きかった。

正社員雇用で募集の会社にも受けましたが面接で落ちてしまいました。

 

2回目の就職活動では15社ほど会社を受けましたがそこで早々に引っかかったのが契約社員として採用してくれた会社でした。

正直もっと粘っても良かったと今から過去の自分に戻って言えるなら言いたいですが、この時私はどこかの会社に入れるなら何でもいいと若干投げやりな気持ちも入っていました。

 

転職活動で妥協は絶対しない方が良い。

自分の納得のいくまで会社を探すべきだと思いました。

 

契約社員としてはたき始めて数カ月もすれば仕事も即戦力並みにできるようになってきました。

仕事も任されるようになり、新しい企画の担当制作者にもなりました。

 

ここで私が疑問に思い始めたのは自分の雇用は契約社員だけど周りの正社員として働いている社員の人と何一つ変わらない仕事ができているという事。

つまり自分のレベルは十分に正社員として雇ってもらえる能力があるのではないかと思い始めました。

そして働き始めて5ヶ月もしないうちに正社員として雇用を上げようと思うという話を上司と人事部の管理課の人に直々に言われて本当に嬉しかった。

だが、私が勤めたこの会社は何を隠そうブラック企業どっぷりの会社でした。

 

口では正社員にしてやるという割にいつまでたってもその具体的な契約の話などが来ず、それなのに正社員並みに働かされ、ボーナスも退職金ももらえない待遇に不信感を感じ始めました。

 

この時会社を辞めて転職するか本当に悩んだのですが、結果的に転職するために会社を辞めました。

結果正社員雇用として作用してくれた会社と出会いました。

 

契約社員で働いていた時はとにかく給料面が低いのに残業はあるし正社員並みに責任を任される仕事をこなしていて仕事に対しての報酬が見合っていないと不服でした。

しかしそんな愚痴をこぼすような環境でも新しい環境に移るための行動をすることの方が億劫で、悪い現状を耐える方を選んでいました。

 

これってただ自分が挑戦に対して転職してもいいか分からないなどとネガティブで保守的な考えで動くことをしない理由を必死に探していました。

こういう思考の人は何年も何年も低年収で雇われ続けてただ働きぶりだけ搾取されるような駒人間として会社に使われます。

 

雇用形態は何にせよ手取り14万円で12年間働いている人もいますが、これって何故なのか。

ただ挑戦することに怠けていて今の現状がかなりきついのにそれに気づこうとしていないんですよね。

 

少しの行動でもっと働きやすくて待遇の良い職場はたくさんあります。

行動が遅ければ遅いほどそんな会社に出会えるチャンスを逃していることになります。

 

まずは自分の市場価値を知る

無料で利用できる転職マッチングアプリ『ミイダス』で自分の市場価値を無料で診断することができます。

 

自分の市場価値を無料診断 転職マッチングアプリ『ミイダス』
ミイダス

 

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届く無料のサービスです。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

実際にアプリを登録して自分の市場価値(相場年収)と専攻条件に合致した企業を診断してもらいました。

ミイダスで自分の最高月収を診断

非正規雇用の契約社員な私でもオファー件数が1500件を超えていました。

このミイダスは自分と類似した経歴・スキルを持っているユーザーに実際に届いたオファー・年収から算出しています想定のものですがオファー数は確かなものです。

 

ミイダスは『求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く』システムです。

また7万人の転職データを公開しており自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかも見る事が可能ですので説得力のある参考資料です。

 

 

女だから・職歴に自信がないからと正社員は難しいと決めつけない

自分の今ある現状に妥協して辛いし納得いかないし正社員じゃないという引け目を持っているけどそれでもその状態で働き続けている。

正社員になるには遅すぎるのではないか、自分には無理ではないかと決めつけているのは社会ではなく自分です。

 

また転職活動でして欲しくないのは自分の価値を悲観して会社を探すこと。

求職者と募集企業は本来対等なんです。

 

会社から採用通知がもらえてもこちら側に断る権利もありますしその逆も然りです。

 

正社員になるための転職活動で何社かお断りの通知が来ましたがこれは自分と会社とがマッチングしなかったから。

採用された会社もありましたが辞退したこともありました。

理由は自分がここは妥協したくないという待遇や仕事内容がマッチングしていなかったから。

 

正社員になるために必要なのはステップアップするための行動力と自分の価値をしっかりと知ることです。

 

非正規雇用やフリーターで何年も働くことはこのままでいいやと妥協すれば続けられますが、不安な気持ちや世間体の評価などによる引け目を感じているならそれも一緒に背負っていくことになります。

 

正社員になるための行動

転職活動はとても緊張しますし一歩踏み出すのになかなか時間のいる方も多いです。

しかし今より早い時はありません。

 

私は前の契約社員として働いていたブラック企業に結局1年も務めてしまいましたが、たった一歩て転職エージェントに登録したり、休みを取ってハローワークに行くだけで状況が一変しました。

 

すぐにいろんな仕事の求人票を見せてもらえたり、転職エージェントでは専門のキャリアコンサルタントと相談しに行ったりと自分の今の現状について具体的なアドバイスを貰えました。

少しの行動でどんどん前に進んで会社を退職してから1週間ほどで次の職場の内定を正社員雇用としてもらえました。

 

正社員として雇ってくれる会社を探すのにはハローワークよりも転職エージェントの方がスムーズでバックアップやサポートが充実しています。

 

職歴に不安があったけどしっかりと正社員として働ける会社を提示してもらえます。

 

女性専用の転職サイト

 

とらばーゆ

 

『とらばーゆ』は女性のための転職サイトで、仕事探しや転職の悩みなど目的別にサポートしてくれます。

ユーザーのわがまま条件で仕事が探せるフィット感の高いサイトとしても人気があります。

 

女性向けの転職サイトですので女性目線な待遇や条件の企業が多数あるので利用してみましょう。

 

 

 

20代向けの正社員希望の転職に役立つ転職エージェント

 

  1.  業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス
    ⇒有名大手の転職エージェントDODAは必須で登録しておきましょう/優良案件が豊富でした
  2. ゲキサポ!転職
    ⇒20代30代向け/転職に悩んでいる・休職中の人へのサポートが徹底している
  3. 20代向け就職サービス【DYM就職】
    ⇒20代向け/新卒失敗の既卒・ニート・フリータなど職歴に不安がある人を対象としているが企業案件は優良
  4. 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

    ⇒今すぐ転職を考えていなくても現職に不安や不満を抱えているならここの転職した口コミで『転職すべきか』を判断できます

 

登録して後は求人の連絡を待つだけです。

 

転職に失敗しないために複数の転職エージェントに登録をおすすめする理由

 

転職活動を失敗しないために複数の転職エージェントの登録をおすすめします。

理由としては各転職企業が保有している会社が違ので会社との出会いの場を広げるためと会社の情報をとにかく集められるからです。

 

転職は何度も言いますがマッチングの問題です。

マッチングに必要なのは会社の数があるところだとより厳選して転職先を選べるのと、得られる情報が多いことで面接を受ける前か企業をピックアップできます。

数と情報量の幅を広げられるのは利用するエージェントを増やし自分でも気になる会社のホームページや口コミを検索するしかありません。

 

エージェントを利用する場合は1つの転職媒体のみでしたらその中だけでマッチングる企業を探さなければなりませんが府救う登録していれば自分にが求めている企業がたくさん出てきます。

またそれぞれで比較することも企業選びでは必須です。

 

これだけの行動自分の今の現状を変える事に繋がります。

 

転職活動で後ろ向きな考えをいくらしてもそれは自分の頭の中で勝手に考えた不安要素にすぎない。

行動知れば具体的な働き方や会社、待遇などが見えてきます。

 

転職エージェントがバックについているのでかなりスムーズに仕事探しは進みますのでとりあえず転職への一歩を行動へ移しましょう。

 

正社員になるために利用した転職エージェント

 

  1. 業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス
    ⇒有名大手の転職エージェントDODAは必須で登録しておきましょう/優良案件が豊富でした
  2. ゲキサポ!転職
    ⇒20代30代向け/転職に悩んでいる・休職中の人へのサポートが徹底している
  3. 20代向け就職サービス【DYM就職】
    ⇒20代向け/新卒失敗の既卒・ニート・フリータなど職歴に不安がある人を対象としているが企業案件は優良
  4. 10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

    ⇒今すぐ転職を考えていなくても現職に不安や不満を抱えているならここの転職した口コミで『転職すべきか』を判断できます

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX