語学留学中だけどオンライン英会話で英語を学ぶ日本人は割といる

語学留学で英語を学びに来ているけど授業では先生が何を言っているのか分からなくてついていけない。

周りの留学生も自分と同じような英語レベルで正直英語学習においては足踏みしているみたいで上達が遅く感じる。

留学できる期間も時間が限られているし、日本語圏から離れられている今が英語を話すトレーニング環境に適しているのでもっとハイスピードに英語力をつけたい。

 

それになんだかんだ言って留学って暇な時間が多くてこの時間がもったいなく感じてきた。

有効活用したいのと英会話を伸ばしたいのでオンライン英会話をやってみたいけど留学でオンライン英会話ってどうなんだろう。

 

こういった疑問にお答えする記事となっています。

 

私はイギリスとオーストラリアの2カ国留学をしてきたのですが、留学中に特に不満に思ったのが同じレベルのクラスメイトと仲良くなって英語で話していても全然英語の成長につながらないという事と、授業が午前中に終わってしまう事もありかなり暇な時間があったという事。

この時間を英語学習に取り組められればよかったのですが、話し相手は同じレベルの英語力の外国人留学生、もしくは自分と同じレベルの英語力かそれ以下の日本人留学生しか周りにいませんでした。

 

授業ではネイティブの先生から教わってはいたけど1日2時間から多くても5時間程度。

マンツーマンでもないので1日の英語の授業で自分にとって大きなインプットとなったことってそんなに多くありませんでした。

 

物足りないなら自分で+αで1日30分程度の英会話レッスンで劇的に周りの留学生たちと差をつけられます。

実際に留学期間中にオンライン英会話をしていた日本人留学生がいましたのその方の英語の伸び方について客観的視点からではありますが描いていきたいと思います。

 

留学の授業だけでは英語はそこまで伸びない

いうほど英語が伸びるのは早くない

留学して分かったことですが、語学学校でのネイティブの先生から英語を教われる時間ってそんなに長くない。

起きてる時間が16時間ほどだとしたら私はイギリス留学では2時間半ほど、オーストラリア留学では5時間程度しか授業のコマを取っていませんでした。

 

学校の先生も言っていたことなのですが、授業で先生が教えられる時間が限られている。だから授業外でいかに自分で英語を復習・予習するかが重要なんだ。

宿題もできないような留学生はお金を無駄にしているだけ。

 

本当にそうだと思いました。

 

授業が終わってから友達とパブに行ったりちょっと観光したりももちろん留学したなら交流関係に使う時間も大事ですが、勉強する時間、勉強する日を決めて自己学習に投資しないと留学したって英語力は大して伸びません。

 

英語力でも特に英会話(スピーキング能力)を高めたいなら英会話学習に力を入れるべきです。

とはいえ留学してできる外国人の友達といったら自分と同じくらいの英語力の友達が主なので、現状維持な状態から抜け出せない。

 

クラス分けの時点でコミュニティが決まっているようなものですが、英語力が高い留学生と話すのってなかなか勇気もいります。

結果的に気楽に話せる英語力が同じレベルの留学生たちの輪に収まってしまうのはあるあるなことです。

 

自分印むち打ち英語力を伸ばしたいのであればネイティブな環境に自ら飛び込みましょう。

 

授業外でどれだけ英語に触れアウトプットするのが重要

語学留学の授業内で得た英語の知識を自分のものに定借させるには圧倒的アウトプットが重要でした。

授業でのインプットが『3』だとしてアウトプットは『7』は欲しい。

 

そのために他の外国人留学生と学内や放課後に拙い英語でもいいので話したり、今日習った英語を使ってみるのは本当に重要。

学んでもすぐに話せるようにはなりません。

英語を話せるようになるには英語を話す練習をしまくらないと全然上達しませんでした。

 

日本人は頭で考えて納得して終わってしまうような英語学習をしてきたため他の外国人留学生と比べて英語のスピーキングの伸びが本当に遅い。

 

間違えたりすることを恐れないで授業以外で英語を話すアウトプットにとにかく全力になりましょう。

 

暇な時間同レベルの英語力の留学生と話しても英語力は付かない

アウトプットするのは大事なのは分かったけど、上記でもすでに述べているように自分と同じレベルの英語力の留学生と訥々と英会話をしていても新しい気付きがありません。

 

英語力が初級から中級レベルの人はできれば自分の英語のレベルの2つ3つは上の人と話して欲しいがそれがなかなかできないこともほとんどです。

 

英会話って自分だけが話しているのではなく相手と言葉をキャッチボールしています。

相手の話を聞いて理解して受け答えする。

リスニング能力と理解力、もとても重要になってきます。

 

会話ってインプットとアウトプットの繰り返しを同時に行っているとても高度なことをしている。

その会話の質を上げられれば英語の伸びしろがぐんと変わってくるのは理解できると思います。

 

オンライン英会話を利用する日本人留学生は割と多いです

留学+オンライン英会話は最強

私が行ったイギリスでは6人しか日本人がおらず、オーストラリア留学の学校でも日本人とつるまなかったので気づけなかったのですが留学しつつオンライン英会話で英語を学ばれている日本人留学生は割といます。

もっと多くても良い気がしましたが、留学してまでオンライン英会話しようという発想になる日本人って本気で英語を学びたい向上心の高い人だと思うので、語学よりも友達や観光重視にしている留学生にはない発想だと思います。

 

その証拠にオーストラリアでの語学学校を修了して住んでいたアパートで知り合った日本人留学生たちの数名はオンライン英会話をして1日30分は学校以外でも英語を学ぶ時間を自分で作っていました。

ちょっと驚いたのが1ヶ月ほどで英語のレベルが1つ上がったらしく、通常の3倍早い状態で英語力が伸びていました。

その方は特にリスニング力が上がったといっていましたね。

 

当たり前かもしれませんが、人より努力した人は人より伸びていきます。

英語力が高い人はそれだけ英語環境に溶け込めるのが早いので周りの友達の幅も広がっていたし、現地の人も参加するようなパーティーに呼ばれてどんどん友達を増やして行っていました。

 

また英語のスキルが上がればやりたいことも増えてきて来るようで英語の資格を取る勉強も始めていて、ワーホリでの仕事も高給なバイトを手に入れていて絵にかいたような順風満帆な留学生活を送っていました。

 

英語力が伸びて行って話せるようになると自信につながります。

そして何よりすごいのはコミュニティ作りに積極的になるし、何かトラブルになったとしても何が起こっているのかを理解できるので不要な不安にならない。

無敵までとは言いませんが、留学して遊んでいて英語がそこまで伸びなかった留学生たちよりも濃密で質の高い留学生活を送っていました。

 

英語を学んで将来に繋げたいという人もいるかもしれませんが、英語を伸ばせれば今からでも楽しめる。

オンライン英会話は本当に安いので、むしろ留学期間中だからこそオンライン英会話をすべきでもあります。

 

留学期間中におすすめのオンライン英会話『無料体験あり』

オンライン英会話で私が勧めるのは低コストだけどいろんな英語を聞き分けて英語力を高められるスクールです。

オンライン英会話でもネイティブではない、少し訛りのある講師もいますが留学してて感じたのは留学生の母国語の発音になまった英語がほとんどだという事。

 

英語の訛りや癖にも対応した英語にも対応したいし、友達感覚で英会話レッスンを受けたいのであれば『DMM英会話』をおすすめします。DMM英会話でもネイティブ講師も在籍していますのでネイティブの発音で尚且つ緊張せずに学びたい方にもおすすめです。

 

もう一つは予約なしで思い立ったらすぐにレッスンを受けたいし、1日に何度も受講したい方にお勧めなのが『ネイティブキャンプ』です。

ネイティブキャンプは正しい英語の話し方を叩き込んでくれるので、発音に自信が無かったり話しながら文法を考えると混乱してしまう方には綺麗な英語の話し方を特訓してくれます。

基礎的な部分から学びたい、しっかりさせたいならネイティブキャンプの教え方の方がおすすめです。

 

多国籍な講師から学べる『DMM英会話』

DMM英会話
月額費用 6,480円(税別)
対象レベル 初級以上
ここが良い 24時間いつでもどこでもレッスン可能
多国籍な講師がそろっていて講師から国による価値観も知ることができる
オリジナルテキストが追加料金なしで使えるので月会費以外にお金がかからない
初回25分レッスンが2回無料で受けられる
公式サイト https://eikaiwa.dmm.com/

DMM英会話の強みは講師の国籍が豊かな故色何な英語の発音を知れるという点です。

2019年からSkype不要となりネイティブキャンプ同様DMM英会話のホームページから予約を取って、予約確定メールからレッスンページへのリンクが貼られているのでホームページ上でレッスンを受ける形なっていますのでアプリのダウンロードの手間がなくなりました。

 

ネイティブを含む121カ国以上の講師が在籍しているのでいろんな英語の癖が聞き取れるようになるなと感じました。

留学においてまず最初にびっくりしたのが同じ英語なのに出身国によって発音が全然違う事。しかしこの国によって違う発音を聞き盗れてこそ外国人と会話する、英語を話していると思えましたね。

日本人も片言英語と言われていますが、そんな感じで韓国訛り、アフリカ訛り、フレンチ訛りなどいろんな英語が飛び交っているのが留学の英語環境です。

 

いろんな国の英語発音に慣れておくのはむしろ留学向きだと思います。

CDで聞くような綺麗な英語ばかりではないことを知っているだけで、留学後に他国から来た外国人留学生の英語が聞き取れるようになります。

 

またDMM英会話は完全予約制のレッスンなので自分が気に入った講師とレッスンできる分、だんだんと友達感覚で英会話が続けられます。

留学前に外国人の友達と話す間隔ってこんな感じなのかなと感じられるし、楽しみながら英会話で英語を学べるので緊張しがちな人にはお勧めです。

 

そのほかにも 有料会員になれば「iKnow!」という単語ボキャブラリーを強化する英語学習アプリが月額1.480円の有料サイトを無料で使うことがきます。

無料会員期間でも「iKnow!」5回お試しで利用できるので無料アカウント会員でできる事でいろいろ試してみましょう。

 

教材にお金をかけたくないし楽しく英語をどんどん話していきたい人にはDMM英会話がおすすめです。

 

DMM英会話の詳細についてはこちら

 

1日に何度もレッスンが受けられる『ネイティブキャンプ』

ネイティブキャンプ
月額費用 6,480円(税別)
対象レベル 初級から中級まで
ここが良い 予約なしでレッスン受け放題
24時間レッスン可能
100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍
初回7日間無料体験がある
公式サイト https://nativecamp.net/

ネイティブキャンプの一番の強みは1日に何度でも予約なしでレッスンが受けられるという事です。

 

ネイティブキャンプはチケット制やコース制ではないので月額費用そのまま無声ゲイレッスンが受けられる分、英会話力の伸びが短期間で格段に上がります。

留学してからおどおどしたくない、人見知りで話すのが怖い、レベルが高いところから留学スタートを切りたいと英語学習に向上心がある人におすすめです。

 

英語が話せる特訓ができれば、例え文法が間違っていたり、発音が変だったり、ボキャブラリーが乏しくてもとにかく英語で話す力は付いているので自ら周りに発信する能力は格段に上がっています。

そうなってくると授業でも溶け込めるし、他の外国人留学生とも仲良くなるのが早い。そして留学後の英語力の伸びが速いので短期留学だとしても確実に英語力が伸びて帰国できます。

 

ネイティブの講師の質も安定していて、初心者でも聞き取りやすいと評判が高いです。

また会話を楽しむというよりはしっかりと基礎を叩き込むコンセプトを大切にしているので、英語の文法や発音が間違っていたらその都度指摘して正しい英語知識に強制してくれます。

 

留学して英語が話せるようになって帰ってきたいならまずは日本でできる基礎英語を磨いて英語学習への導入口を作ってあげましょう。

 

とはいえいきなりオンラインで英語講師と話すのは不安だ、どんなのか分からない。

という人はネイティブキャンプには1週間無制限で受け放題の体験期間があります。

 

1度受けてみてやっぱりオンラインは合わないなと感じたなら少し値は張るが街の英会話スクールに短期だけ通ってみたりと判断する基準になります。

※トライアル期間が過ぎれば自動更新されるので無料期間内だけで終わらせたい方は無料期間が終わる日をしっかりと把握して退会手続きを行いましょう。

 

留学して授業で何を言っているのか分からないと肩身の狭い思いをしたくないならまずは試してみる価値はあります。

 

ネイティブキャンプの詳細についてはこちら

 

英語圏にいるからこそ英会話学習に重点を置きましょう

英語圏にせっかくいるのにオンライン英会話をするってなんかもったいない気もする。

外に出れば英語が母国語の人たちがたくさんいるのに、パソコンに向かって英語学習って変なのかな。

 

これについてですが、確かに学外にはネイティブイングリッシュの方とすぐに出会えるし、お店やレストランで店員さんに何かを尋ねるときなどそれなりに話すシチュエーションがあります。

が、これってマニュアル化された会話ですよね。

 

例えばハンバーガーが食べたいからカフェで注文する。自分が発信したい事は決まっていて相手がハンバーガーショップの店員ならハンバーガーを売るのは分かり切っているので会話に幅がいりません。

 

しかし、ネイティブの友達ができたとき今相手は何を考えていてどんな話がしたいんだろうと疑問に思って尋ねた場合予測不可能な会話が始まります。それが本来の会話です。

 

マニュアル化されていない自然な会話がしたいけど留学生のほとんどは学外に行ってもマニュアル的な会話でしかネイティブの方々と話せません。

 

臨機応変な会話と言いますか、外国人の友達と英語で話したいなどの目的であるならネイティブの友達を作るか、英会話の授業を増やして英会話力を磨くしかありません。

 

語学留学って学校関係者以外はみんな他国の人ですから、割と現地の人との接点がないんですよね。

 

なので留学してもオンライン英会話をして英会話力を高めるのはむしろ合理的で価値ある学習方法です。