【体験談】ニートからwebエンジニアに就職を成功させるためにやったこと

ニート→フリーターからまたバイトを辞めて無職になり、その後Webエンジニアになった実体験から語るニートやフリーターからでもWeb業界に入りエンジニアになる方法についての記事です。

 

私はWeb系の知識はからっきしなかったのみならずフリーター経験しかなかった無職。

Web系の仕事をしたいとざっくりと志してはいたがいきなりハロワークを利用してWeb系の会社に履歴書を送っても書類審査にも引っかからなかったのが現状でした。

少しでもランクアップするためと就活支援が手厚いという事でWebのプログラミングスクールに通ってから転職活動をしたのですが、なんと学校を修了してから2週間でWeb制作会社で採用が決まりました。

 

無料でWebの知識が学べて就職も保証してくれるお勧めのプログラミングスクール

 

完全無料スクールは就職とセットになっていて、就職がほぼ必須になっています。

就職先の企業からお金をもらっているので受講側は無料で学校に通えますし0円スクールに関しては希望をすればスクールが推薦してくれる会社でそのまま正社員として働くことが可能です。

 

気になる方はこのまま詳細が分かる公式サイトへどうぞ!

 

  1.  GEEK JOB
    ⇒転職目的の人は受講料など完全無料で転職支援も受けられるオンライン型スクール
  2. 0円スクール
    ⇒入学金・受講料・教材費全額無料の通学型プログラミングスクールスクール/卒業後希望すればそのまま就職可能

 

ニートやフリーターでもWeb業界は入れるの?

 

結論からいうとITやWeb業界は経歴問わずで採用を積極的にしている業界であります。

最悪スキルがなくても会社が育てる意思があればとにかく人材を増やしたいので、そういった会社には入れる可能性は高いです。

その理由が今IT・Web業界は流行の業界とも言われており今後もどんどん企業が成長していく業界であるのにもかかわらず人材が追い付いていないんですよね。

 

その対策として近年の小学校や中学校からプログラミングの授業を取り入れて教育を始めていたり、外国人留学生にもIT・Web業界で戦ってもらうために育成を強化している団体もあります。

 

なので今の時代はその技術を学んでいる人がまだまだ少ないため人材の空白の時代とも言えます。

 

この時代だからこそプログラミングのスキルがそこまでなくても比較的Web会社に就職がしやすいし、業界自体も日々新しい技術を取り入れて成長段階であるので企業と一緒に成長できる時代とも言えます。

 

ただし就活で場数を踏めばという話です

 

Web系の求人を見たことがある人なら分かると思いますが、意外にも『未経験OK』を項目を記載しているWeb会社は多いです。

実際Web制作会社で働いて感じたのは中途採用で未経験からWeb業界に入っている人が多く、会社に入ってからスキルをつけてきている先輩がたくさんいました。

ただその先輩も20~30社に一気に応募して引っかかった会社でとにかくWebのスキルをつけたと言っていました。

 

当たり前ですが、入れる会社はもちろんあるが決して簡単ではない。

 

その理由が未経験OKとあっても経験者の応募があれば会社は迷わず経験者を採用します。

ニートやフリータのWeb経験が無い人よりもどこかの企業で社会人として働いていた未経験を採用します。

 

ここで感じたのはやっぱりニートやフリーターなど経歴に不安がある人間はWeb業界に入るのはハードルが少し高い。

当時私が利用していた就職サポートがハローワークだったのもなかなか就職先が見つからない原因だったと思います。

 

この理由から私がとった行動はとりあえず基礎的なWebの知識とスキルを身に付けた方が話が速いと感じWeb系のプログラミングスクールに通うことにしました。

Web系の会社に勤めたいならニート・フリーターのみならず異業種からの転職者にもかなりお勧めです。

 

場数を踏んでもいいから就活に挑みたいという人はWeb系専門の転職エージェントを利用しましょう。

正直Web会社を探すのにハロワは辞めておいた方が良いです。

 

Web制作会社での採用は都内でない限り少しハードルが高いのと、どこのエージェントにも頼らずいきなり就活はきついということは念押ししておきます。

 

経験問わずでWeb業界に転職するのに必須なエージェントに登録する

 

  1. Web業界に未経験からでも転職する | 【Tech Stars Agent】
    ⇒Web業界の経験問わずで厳選した求人からマッチングを測って自分にピッタリな会社に転職に導いてくれます
  2. 未経験からの転職ならWORKPORT

    ⇒IT・Web・ゲーム業界に強い老舗転職エージェント

 




ニート生活に区切りを付けるためにしたこと

最初のステップ

どこの企業にも内定をもらないまま大学を卒業し、そのままニート・引きこもりになって、その後何とかアルバイトを始めたフリーター時代はとにかく負い目が酷かったです。

 

新卒で就職活動をしていたのですが40社以上受けた会社が全て惨敗。

エントリーのみを含めると60社は超えていたと思います。

 

就職失敗し内定の無いまま卒業しました。

 

その後何もやる気が起きず引きこもりニート生活を5か月ほどしていたのですが周りの同級生や同じ年の人たちがどんどん社会に出ているのに自分は何もしていない罪悪感からアルバイトを探しフリーターとして働き始めました。

 

稼ぎがない罪悪感に勝るものはなかったですが同じ年代の人や、もっと言うと自分より年下の人が一生懸命働いている姿を見ると

“自分も本当はこういう世界に行きたいんだよな。”

と負い目を感じながら憧れていました。

 

就活に失敗して立ち直るのに時間が掛かりましたが結局は自分が何かアクションを起こし行動に出る事以外にニート生活を終わらせる方法はありません。

 

フリーターには昇格で来たけど自分が定職についておらず家族や親せきからの目が辛く逃げ出したい日々。

結局は何も変わっていなかったのかもしれません。

 

学生時代の友人で正社員として働いている話を聞くのが嫌で関りを断っていた時もありました。

 

ニートとフリーターとで働いているか否かの違いで若干の心の余裕はできましたが仕事は接客業で学生や主婦が適当にやっている世界で何の責任感も無く時給も800円なのに毎日お客さんにいわれも無いクレームを言われる始末。

 

仕事内容も覚えてしまえば毎日同じことの繰り返しであり、今後正社員にしてもらえることも無く、時給の昇格も無い。

 

何の成長も無い生活に嫌気がさしてきたのはアルバイトを始めだして半年たってからでした。

 

学生という肩書が消えるだけで自分の存在価値がアルバイト・フリーターになり周りと比較したり世間体の目が気になり、それに加えて成長のない仕事生活の繰り返しをずっと続ける事は私には限界がありました。

 

同じように大学を出て定職に就かない友達とで今後不安だよねと語った時もありましたね。

 

結果的にそのバイトは1年半続けましたがもっと早くに行動していても良かったと強く思いました。

 

正社員を目指すニートが昇格のないアルバイトを長々やっている期間はもったいない他にないからです。

 

ニートからアルバイトを始めてフリーターになるのは何もしていない罪悪感や周りからの目が気になるという思いに押しつぶされる気持ちでとりあえずなることはできますが、本当に自分がやりたい仕事、世界に行きたいのならまた別の話です。

 

しかしステップアップとしてとりあえずアルバイトを探して数か月仕事をしてみるのはニート脱却するのにはお勧めです。

 

探さないバイトアプリ「ジョブクルバイト」

探さないバイトアプリ「ジョブクルバイト」

Smiloops無料posted withアプリーチ

 

Web制作会社に入社したら意外と未経から入社している同士が多かった

 

私はニートからフリーターになりそこからスクールに通って都内のWeb業界に転職しましたが、Web制作会社に入って分かったのは意外にもスキル0から転職してきた中途採用者が多かったという事。

私は就職を確実にしたかったのでスクールに通いましたが専門スキルが全くないという人でも一定数採用してWeb業界に入ってからスキルをつけて行っている人はいます。

 

このスキルゼロで未経験でも転職している人が多いなと感じた理由としてはWebやIT業界に精通した特化型のエージェントがあったという事。

今の時代のニーズにかなったエージェントなのでスクールに通う手間が惜しい人はWeb業界に特化した転職エージェントを利用してみる事をおすすめします。

 

私がWeb制作会社で働いていて後から一切コードやプログラミンができない新人が3人も入ってきました。

3人の前職は自営でやっている木材屋・美容師・コールセンターで派遣として働いていた人たちでみんな前職はWebとは全く関係のないところからやってきていました。

 

ハロワや有名どころの転職エージェントでも探せばあるという感じですが自分で未経験から入れるWeb制作会社を探すのはなかなか骨が折れました。

 

転職エージェントというパイプがあるって大きなコネができるようなものです。

 

いきなり転職活動をしてみようと考えている人はWeb・IT業界に精通した専門の転職エージェントを利用しましょう。

対策の仕方や、会社のマッチングなどが的確で採用率も定職率も高いです。

 

経験問わずでWeb業界に転職するのに必須なエージェントに登録する

 

  1. Web業界に未経験からでも転職する | 【Tech Stars Agent】
    ⇒Web業界の経験問わずで厳選した求人からマッチングを測って自分にピッタリな会社に転職に導いてくれます
  2. 未経験からの転職ならWORKPORT

    ⇒IT・Web・ゲーム業界に強い老舗転職エージェント

 

 

アルバイトを辞めて無職になり無料のWebプログラミングスクールに通う

プロから学ぶのが近道

アルバイト生活を辞めてWeb・クリエイティブ関係の技術が学べるスクールに週5日で5~6時間授業のカリキュラムで約6ヶ月通いました。

 

バイトを辞めた理由は絶対に就職したいと考えていたため地元を出て上京して、そこのWebプログラミングスクールに通う事を決めたからでした。

 

私はプログラミングの勉強とWebデザインの勉強2つ学んでいたので長期で通っていたのですがプログラミングのみだったらじっくり学んでも2~3ヶ月程度で十分にスキルは身に付きます。

 

Webプログラミングスクールに通えば就職はほぼ約束されていた

 

プログラミングスクールに通うメリットはWebのスキルが短期間で身に付くということと、就職支援が手厚いという事です。

プログラミングスクールは企業の支えがあって成り立っている部分があるのでなんとしてでもスクール生の就職先を確保しなければなりません。

 

あとスクールの卒業生の就職率が高いとやはり人気が出ますよね。

スクール側も生徒をなんとしてでも就職させるのに必死なので学校に通っていた人は途中で辞めた人以外はみんな就職先を決めていました。

 

簡単にいうと『プログラミングスクールに通うと就職が約束されている』という事です。

 

ニート・フリーターだった私にとっては自信の無い塊。

1度就活に失敗しているのでそのトラウマもあったのと無職期間があったので自分で自分のハードルを下げてしまい、就活でどのように自分をアピールすればいいのか、書類選考が通過しやすい履歴書の書き方ってどうやるのか。

これらすべてスクールの社員の方や講師の方が相談に乗って履歴書添削や面接の練習を行ってくれました。

 

スクールの人たちはWeb関係のプロの人たちなのでハローワークで相談するよりもよりコアにWeb会社に就職できるノウハウを教えてくれました。

 

独学とプログラミングスクールに通うのとどっちがいいのか

 

私自身がスクールに通って学んだ身ですのでスクールで学ぶことをおすすめしたいですが、プログラミングスキルを使って何か作りたいものが明確にある、もしくは目標がしっかりしている人は独学でもスキルは習得できます。

ただスクールで学ぶメリットはプロや現役プログラマーから直に学べるので効率よくプログラミングのスキルが最短で身に付くというメリットがでかいです。

 

独学は何もかも自分で調べたり自分が必要としている参考書を探したりと手間と時間が掛かりますし、勉強の仕方も最初のうちは何をまずは勉強すればいいのかという、分からないことが分からない状態の人にとってはなかなか学習が進みません。

 

そんな人にしっかりと課題を与えてどんな勉強が必要なのかあらかじめカリキュラムで組んでくれていて、また自分のレベルに応じて学習内容のレベルを上げたりしてくれるスクールはプログラミング初心者の人が効率よくスキルを身に付けられます。

 

スクールの目的は就職することが第一にあるので趣味的な技術ではなくしっかりと会社で即戦力として扱ってもらえるような知識を教えてくれますので、プログラミング初心者がいきなり独学で学ぶことよりも素直にスクールに通って学んだ方が良いと思います。

 

また独学はとにかく時間が借ります。

長い人で1年とか…。

正直プログラミングの学習に半年~1年と時間をかけるのは時間も費用もかなりもったいないです。

 

プログラミングのベース的なスキルは速い人で1ヶ月程度、一般的でも3ヶ月程度で十分です。

長く学習するとそれだけ勉強へのモチベーションも落ちてきますし、WebやITのプログラミングの書き方はその時代の流行りがあります。

長々とやっていると流行りすたりに追い付かずイタチごっこ状態の学習になりかねません。

 

プログラミングスクールに通ってプロから短い期間に濃密に学んだ方がスキルの向上の質は高いです。

 

プログラミング学習は詰込み学習が必須です。

 

プログラミングスクールに通うと何故就職に有利なのか

確実に成功できる

プログラミングスクールに通うとほぼ必須で就職が約束されたようなものです。

 

Webの知識をスクールで学ぶ大きなメリット

 

  1. スクールのコネができて企業に採用されやすいこと
  2. プログラミングスクールのネームバリューは強い(信頼度が上がる)
  3. 独学では不可能な業界の即戦力となるスキルが身に付いていること
  4. Web業界に精通している学校なので採用されやすいノウハウを教えてくれる
  5. プログラミングのスキルだけでなく社会人としての常識やマナーも学べる

 

などWeb系のスクールに通う=Web制作会社に就職するための訓練学校と同じです。

通っていたスクールの名前を出すだけで

“あぁあの学校に通っていたんだ、それじゃ期待・信用できるね!”

とWeb系のプログラミングスクールのネームバリューはWeb会社からすると保証のようなものです。

 

また就職させるためにスクール側のサポートの徹底はもちろんですが、スキルの付き方が半端なく向上するのでスクールの力を借りなくても書類選考で引っかかる企業が莫大に増えました。

 

スクールに通う前に引っかかった会社は0でしたが、スクールに通ってから書類を送ったら7割は書類選考が通りましたので時間があるニートやスキルをつけてランクアップしたいフリーターにはプログラミングスクールが一番の近道だと思います。

 

プログラミングスクールに通ってみた感想

Web特化のプログラミングスクール

アルバイトを辞めてプログラミングスクールに通い始めました。

3つほどスクールの候補があったので時間を見つけて説明会にそれぞれ行きました。

 

スクールの雰囲気やどんな先生から学ぶのか、カリキュラムの構成とその後の就職率。

スクールはスキル学習だけでなく就職活動のバックアップも充実しています。

 

スクールのカリキュラム内容はどこもほとんど同じだったのですが、自分が目的としている就職支援や就職率が高いところを重視してスクールを決めました。

 

スクールで大変だったこと・楽しかったこと

私は週5日間の月曜日から金曜日毎日授業を受け1日6科目のカリキュラムを受けていました。

毎日課題や宿題が出されてそれについていくのにとにかく必死でした。

 

課題や宿題をこなすのも大事ですがとにかく私が頑張ったことは皆勤で通いきったことです。

 

社会に出たら週5日出勤します。

その体に成らすためと授業とは言え仕事で必要なプログラミングの知識を学習しているのでとにかくインプットすることを徹底しました。

 

ホームページを作るためのコードHTMLやCSSすら分からない状態から学び始めましたが3週間くらいでスラスラかけるようになったのは成長を感じました。

講師はプロの現役Webデザイナーとエンジニア、元カメラマンからWeb業界に入った先生から学びました。

 

HTMLやCSSの書き方はプログラムを書くベースにもなるのでその後のプログラミングの書き方は抵抗が薄かったです。

 

家に帰ってからも深夜2時とかまでコードを書く練習をしたり、復習をしたり、半年間のほとんどの時間を勉強に捧げました。

コードの勉強を自宅でしているとどんどん分からないことや、こうしたいあぁしたいという制作したい欲求があふれてきて次の日までに先生に質問できる事をまとめてがっつり質問していましたが、また次の日には新しい自分だけの課題が生まれる学習生活でした。

正直受験勉強の時より本気で勉強したなと楽しかったです。

 

放課後にクラスの人と一緒に勉強会もしましたが普通に飲みに行ったりもしましたし就職先が決まったらお祝いもしました。

そんな出会いの場でもありましたね。

 

ただほんとに追い込んで勉強していたのでバイトをしながら片手間に学ぶという事はできませんでした。

学生時代に戻ったような感覚で勉強のみをするだけに割り切った方が良いです。

 

なのでプログラミングスクールに通われる方はニート・無職の方が一番おすすめのお状態とも言えます。

 

また就活で必要となるポートフォリオに乗せるために作っていた自作のHPを1からデザインしコーディングし、4つのサイトを作成しましたが完成し先生からの評価を得られた時の達成感は本当に気持ちよかったです。

この気持ちとコードやプログラミングを書いて瞬時に見栄えで分かるというところに惹かれてウェブエンジニアになることを強く思い描くようになりました。

 

スクールには行った時にはWebデザイナーになろうかなとしか考えていなかったのですがコードの勉強は意外にも楽しかったので新しい発見ができてスクールでプログラミングを学んでよかったと感じました。

 

同じ境遇の人と情報交換ができる

 

私は通い型のプログラミングスクールだったので自分と同じようにニートやフリーターだった人や、転職を考えてスクールに通っている人など似たような経歴の人や境遇の方が多くいました。

 

そんな人と一緒に学んでいくので自然と会社の情報や就活の仕方の情報交換ができました。

 

みんなお互いに応援しながら就職活動をしているような感じでしたので挫折することも無く比較的楽しく学習しながら就職活動への準備を行えたのでよかったです。

 

プログラミングスクールに通っても就職できない人

 

就職できないというのはおかしいですがWeb系の会社には少なくとも就職できなかった人たちもいました。

中には仕事やアルバイトをしながら通っている人もいて勉強以外でも忙しい人はたくさんいましが、そういうのを置いておいても勉強についていけない人はいつの間にか消えていました。

30人受講者がいたら2~3人くらいはいなくなっていましたね。

 

最後まで受講した人でもプログラミングの学習をしてやっぱりこの世界は自分には向いていないと別の職種を選ばれる方もいました。

こればっかりはやってみないと分からないことではありますが、大半がWeb制作会社に転職していました。

 

お金がないなら無料のプログラミングスクールがおすすめ

改めて無料スクールについて説明します。

 

必要なのは交通費だけ!完全無料のプログラミングスクールゼロスク(0円スクール)
ゼロ円スクール

通い型のプログラミングスクールです。

全国6か所にスクールがありますので通える方はここが一番安上がりですしスキルもついて就職先も保証されています。

 

このスクールは18~35歳の人が対象になります。

 

こういったプログラミングスクールは大人な人が意外にも多いので高校や大学のようなガチャガチャした雰囲気は無くまじめに授業に取り組んでいる人ばかりです。

 

気になる方は『0円スクール』のサイトでカリキュラム内容などの詳細が分かります。

 

スクールに通うって行動に移さないとズルズル何もできないまま終わってしまいますので『始めるなら今からする!』という気持ちを持っていた方が良いです。

 

>>Webエンジニアを目指すなら完全無料のプログラミングスクール【0円スクール】

 

1週間無料体験ができるTechAcademy(テックアカデミー)
TechAcademy

『TechAcademy』では1週間無料でWebの知識が学べます。

個人的に0円スクールよりもTechAcademyの方がおすすめです。

その理由が就職先の企業が優良なので転職した人の満足度も高い事と、Web系のプログラミングの言語に特に精通しているためカリキュラム内容の質が高く、卒業後のスキルの付き方がプロ顔負けであるという事です。

 

またオンライン型のスクールですので場所や時間を選びません。

 

TechAcademyは他のWebの技術が学べるプログラミングスクールの中でも最短でWebの知識が付けられるので早くに転職したい人にもお勧めです。

WebだけでなくゲームやITなど多岐に渡って言語を学べるカリキュラムありますのでプログラミングスクールの中でこんなに充実した言語を学べるスクールは他にないと思います。

 

Webコースだとコードやプログラミング知識はもちろんWebサイトの制作に必要なデザインやサーバーの知識など多岐に渡って学ぶことができるのでWeb業界に興味がある人にとってはこれ以上ないスクールです。

 

売りにしている最短4週間で未経験からプロレベルにまで育ててくれるオンライン型のスクールですので来月にはWeb業界で働いている自分がいる事を想像するとこんなに手身近なスクールはありません。

ニートで時間があるなら4~8週間、フリーターなら12週間くらい学習することをおすすめします。

 

またTechAcademyは就職できなければ全額返金される保証もついています。

どちらに転んでも痛い思いはしないしコースによっては全額無償プランもあります。

 

>>【TechAcademy】の無料体験についてはこちらから

 

 

完全無料なWebプログラミングスクール【GEEK JOB】
GEEK JOB

GEEK JOBは個人の就職目的にあったオリジナルカリキュラムによる無料講座が受講でき、転職・就職コースを提供していてプログラミングスクールの中で一番おすすめです。

GEEK JOBはオンラインもスクールに通って授業を受ける事も可能な無料のスクールです。

 

GEEK JOBの最大のメリットは初心者でも開発アプリを作成できるレベルまで成長させてくれますし、就職先も500社を超える企業を保有し紹介してくれますのでほぼ確実に卒業後は就職が約束されています。

 

WebやIT業界に就職するためにスキルを身に付け就職先を用意してくれているのでスクール終了後ひとまず就職できるという安心したコースを通れます。

スクール費用が無料な理由が就職先がほぼ決まっているという理由にありますが、辞退して自分で就活して就職先を決める事もできます。

 

何よりも自分が働ける場所が初めから用意されているので就活の事を心配する必要がなく安心して勉強に励めます。

 

エンジニアというよりプログラマー路線。

Webアプリなどに興味がある人はGEEK JOBがおすすめです。

 

>>GEEK JOB:社会人転職コース(プログラマー)

 

Webエンジニア・フロントエンドエンジニアに最適な無料スクール【(コードキャンプゲート)】
CodeCampGate

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は完全オンライン型プログラミングスクールなので勉強する場所を選びません。

 

CodeCampGATEは受講料はかかりますが就職すればキャッシュバックされますのでスクール費用は実質無料のスクールです。(入会金は別途かかります)

多くのプログラミングスクールは東京や大阪など都会にしかスクールがなかったので地方の人間は通えないデメリットがありますがオンライン型だったらそんな悩みは無用です。

 

通学費用などを考えるとオンライン型のプログラミングスクールはかなりの安上がりですしCodeCampGATEは転職できれば授業料がキャッシュバックされます。

 

CodeCampGATEはWebエンジニアやWebデザイナーに必要なWebの知識に特化したカリキュラムを組んでいます。

主に勉強できる言語はPHP・HTML/CSS・JavaScript・jQuery・MySQとプログラミング言語だけでなくサーバー言語まで学べるので就職にかなり有利です。

初心者でも2カ月でECサイトを作れるようになれます。

 

基礎学習を2ヶ月、実践開発を2ヶ月で即戦力を目指す計4ヶ月のコースです。

 

ECサイトを作れるようになれるレベルは未経験の新卒が業界で働き始めて半年から1年働いてつけられる能力と同等です。

それだけ効果的に学習カリキュラムを組んでいるスクールといえるでしょう。

 

4ヶ月間の集中学習で尚且つ転職プロジェクトが売りですので時間をかけてじっくりと学習したい人には向いています。

 

>>Webプログラミング無料スクール【CodeCampGATE】の詳細についてはこちらから

 

 

無料スクールはいくつかあるので自分が続けられるスクールを選ぶこと!

 

学校に通えない人や都内在住で無い人で最短でWebエンジニアになりたい人は『TechAcademy』がおすすめで少し時間をかけて自分のペースで確実にWebの知識をつけたい人は『CodeCampGATE』がおすすめです。

 

スクールに通ってスキルを身に付けたい人、同じ境遇の人と会いたいという人には『『0円スクール』がおすすめ。

スクールの数も散らばっていろんな県にあるので比較的通いやすいですね。

 

通学型もありオンライン型もある完全無料プログラミングスクールなら『GEEK JOB』が一番いいと思います。

 

就職活動はどうだったのか

転職活動

スクールに通っていた甲斐があって受講中に制作した課題の成果物でハイクオリティのポートフォリオを作ることができました。

ポートフォリオ制作も何回も添削してもらい就活をしながら徐々に良いものへと仕上げていきました。

 

スクールに通ったことにより履歴書にスキルについて描くことができ、自分をより具体的に説明できるようになったので書類選考の段階で多くの企業の面接の段階まで進むことができました。

面接までくればその会社の社員とのマッチングで合否が決まるので面接まで進める段階で会社に必要レベルをクリアしているという事です。

 

私はスクール終了の1か月前から就職活動の準備をし始めた甲斐もあってスクール終了後の2週間後にWeb制作会社で内定がもらえました。

かなりとんとん拍子で仕事が決まりました。

 

ニートやフリーターからスクールに通ったことでWeb業界への道が手に入ったのは驚きでした。

Web系の専門学校とかに通う事を考えるとオンラインスクールは無料のところがあったり有料でも安すぎる費用です。

 

お金をかけたくないなら選べる会社へ減りますがWeb業界に精通した転職エージェントを利用しましょう。

 

スクールに通うまでは自分の事を落ちこぼれと思っていたのですが、今流行りでもあるWeb業界の仕事をすることができる人材にまでそんなに時間は必要ありませんでした。

必要なのは今からWeb会社に入るための行動を始めるかどうかで決まります。

 

今この記事を読んで終わる人はここれからもWebエンジニアになることはできないでしょう。

 

ここからWebのプログラミングスクールに通うためにスクールに申請する人は1000人いたら100人程度でそこから実際に勉強を始めだすのはその100人の中で1人ほどの割合です。

皆何となくなりたいなと考えるのは簡単ですが行動にいざ移せる方は1000分の1と考えると自分の行動次第で他の999人から大きな差を付けることができるんです。

 

通い型の完全無料Webプログラミングスクール

 

  1. 0円スクール
    ⇒就職先保証・入会金・カリキュラム受講料・教材費全て無料の神スクール
  2. GEEK JOB
    ⇒オンライン・通学どちらもOK/完全無料のプログラミングスクール

 

 

無料でWebエンジニアのスキルを習得できるおすすめオンラインプログラムスクール

 

  1. TechAcademy
    ⇒1週間無料体験あり/就職できなければ全額返金保証
  2. >>4ヶ月で成長の限界に挑戦 徹底指導のエンジニア転職プログラム【CodeCampGATE】
    ⇒実質受講料無料/就職先の保証がされている

 

スクールに通ってスキルをつけてからの転職は確実ではありますが、経験なしの状態からでWeb業界にも転職は難しくないので専門の転職エージェントはこちらからどうぞ。

 

経験問わずでWeb業界に転職するのに必須なエージェントに登録する

 

  1. Web業界に未経験からでも転職する | 【Tech Stars Agent】
    ⇒Web業界の経験問わずで厳選した求人からマッチングを測って自分にピッタリな会社に転職に導いてくれます
  2. 未経験からの転職ならWORKPORT

    ⇒IT・Web・ゲーム業界に強い老舗転職エージェント

 

人気記事ニートだったけどWeb業界に就職してエンジニアになれた体験談 最短でIT・Web業界に就職する方法

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX