25歳で未経験からWebエンジニアに転職は遅くない ニート→フリーターの底辺だったけどWeb業界に就職できた

就活失敗してニート・フリーターだったけど一念発起しWeb制作会社に25歳の時に転職

 

新卒で就職に失敗しニートからフリーターになったけど1年半アルバイトを続けて感じたのはこのままアルバイトで終わっても何の刺激も楽しさも成長も無い人生。

しかも週5日不利タイムで働いていたけど月の収入は10万円前後しか稼げないほどの時給でした。

 

接客業をしていたのですが本当に毎日同じことの繰り返しで同じように店で働いている従業員は私以外は学生かパートの主婦。

フリーターは私だけでした。

 

ひとつ年下の大学生のアルバイトの子が無事就職先を決めてバイトを辞める姿を見て私はアルバイトをこのまま続けて年をとって転職が難しくなる前に今この年齢だったらまだ間に合うんじゃないかと次のステップへ行くためアルバイトを辞める事を考え始めました。

行動に移さないと本当に何も変わらずズルズル無意味な人生が続くだけ。

私は1年半続けたバイトを辞めて少し前から興味のあったWeb業界に転職するために行動を始めました。

 

Webの知識はほとんどなかったのですがWebの知識が学べるカリキュラムのスクールにエンジニア・ディレクターコースとデザイナーコースの2つが一緒になった授業を6ヶ月間受けて、スクール卒業後2週間でWeb制作会社の内定が取れました。

 

就職先が決まったのは25歳の時でした。

 

今回は25歳で職歴も無い未経験だった私でもWeb業界に転職できた方法について書いていきたいと思います。

 

未経験・職歴問わずでWeb業界へ転職オススメの転職エージェント

 

  1. Tech Stars Agent
    ⇒Web・IT・ゲーム業界特化型転職エージェント/Web業界の経験問わずで厳選した求人からマッチングを測って自分にピッタリな会社に転職に導いてくれます
  2. ワークポート

    ⇒未経験からのキャリアチェンジに強い/Web・IT系への転職に力を入れている

 




Web業界は20代30代の未経験からでも転職しやすい

年齢の壁

Web業界への転職を考えて求人を探して分かったことは意外にも未経験採用や中途採用に積極的な業界であったこと。

私が入ったWeb制作会社でも中途採用で未経験だった33歳の新人さんが後から入って来たり、一緒に働いていた部署のチームメイトも中途採用で27歳からこの業界に入ったと言っていた先輩もいました。

しかもその先輩はミュージャンを目指していたフリーターだったので経歴が私と似ていました。

 

24歳(満25歳)でWeb業界に転職した私は平均的に見てもかなり早い段階で転職ができた方でした。

 

またWebの勉強で通っていたスクールでも私は最年少で、周りの生徒は30代半ばから40代の人も多くいました。

もう一つのクラスでは10代から20代後半の生徒のクラスだったので総合しても年齢を気にして行動できない業界ではないと言えます。

 

Web業界でも中途採用でターゲットにしている年齢層は20~30代が大半でした。

 

ただ未経験でもHTMLやCSS、プログラミングの多少の知識やAdobeのデザインソフトの基本操作が可能な人はより採用に優遇されます。

なので私はより就活を有利にするためにWeb関係の勉強ができるプログラミングスクールに通いました。

 

この甲斐あってWeb制作会社に応募するときにぼほ必須といえるポートフォリオに載せる制作物も豊富に作れましたし、スクール側は就職を何としてでも成功させたいので就活のサポートとバックアップがかなり充実していました。

 

私はスクールに通ってWeb業界へ転職できましたが、中にはスクールに通ったから方向性が違っていたと辞退する人や、利用していた職安のハローワークではなかなか気に入る会社を見つけることができず半年間フリーター生活をしていた人もいました。

 

Webの勉強ができるスクールに通う事でスキルが付くし受けられる会社の幅は格段に広がりますが、それでも転職活動は自分と企業のマッチング率なのでなかなか決まらない人も複数いるという話です。

 

こういう職場がなかなか決まらない人は少し行動が遅い人やこだわりが強い人に多かったですね。

 

それでもスクール卒業生の半数以上はWeb系の会社で仕事が決まっていましたので行く意味は大いにあると思います。

 

無料でWebのスキルを学ぶことができるオンライン型のプログラミングスクールがありますので気になる方は試しに利用してみましょう。

 

おすすめの無料体験できるプログラミングスクール

 

  1.  TechAcademyの無料体験
    ⇒4週間でWebの知識が付く/1週間無料体験あり

 

25歳までだと再就職に有利だった理由

25歳でフリーターやニートだったとしても4年制大学を出ていることを考えると卒業後の3年以内である25~6歳は第二新卒扱いとして多くの企業が就職採用に積極的であるんです。

 

多くの会社は25歳までとしているところが多いので25歳以下の職歴なしでもWeb業界のみならずいろんな業界に入ることができるチャンスがあるという事です。

 

これに加えWebやIT業界ってまだまだ発展途上な新しい業界であるので、人材不足が問題視されている業界なんです。

そして技術を持った人材が世の中に本当に少なく、現代になってから小学校や中学校の授業でプログラミングの授業が必須になってきているがその子たちが社会に出てくるのはまだまだ先の話。

 

今の時代はコードやプログラミングの知識をしっかりと持ち合わせていないけど業界では人材不足である空白の時代だと思っています。

この時代だからこそ転職がしやすく、また会社自体も試行錯誤している成長段階なので新人への教育に力を入れています。

会社と一緒に成長できる環境が整っているんです。

 

その証拠にWeb業界は一見難しそうでハードルが高そうに感じる業界だけど未経験OKだったり、経験不問の項目が目立ちます。

こういう経験問わずでも積極的に募集を呼び掛けているのは教育も積極的にしてあなたを育てられますってことなんですよね。

お金をもらって勉強ができる時代でもある。

 

今しっかりと新しい人材を育てる事で次の教育者として先を見据えているのかもしれません。



Webのプログラミングスクールは必須なの?

スクールに通うべき?

スクールに通ってWebの知識をつけられるのであれば強くお勧めしたいです。

 

私はWebプログラミングスクールに通う前にWeb業界の求人に応募したのですが書類選考の時点でなかなか通過できませんでした。

ただ全くのゼロではなかったのですが難しかったです。

 

これは私が地方に住んでいたという事も大きく影響していて東京とかだったら未経験から何のWebのスキルをつけずに転職できる会社が見つかったと思います。

その後私は上京したのですが、勤めた東京のWeb会社がスキル問わずな会社だったので。

ただ当たり前ですが経験不問でも積極的に採用してくれる会社の数は経験者募集の会社と比べると確実に少なくなり、採用率も難しい事がほとんど。

 

そして経験不問でも採用するとある会社でもWeb業界の経験者の応募があったら企業はそっちの応募者を採用するのが筋ですよね。

年齢でいくら第二新卒として転職がしやすいとあっても会社は少しでもスキルがある人を採用しがちな現実も目の当たりにしました。

 

それもあって私はWebプログラミングのスクールに通って勉強してからまた就活を再開したら書類選考はほぼ通過しました。

 

未経験でもスキルがある無しで採用率が雲泥の差ですし、少しでも分かるプログラム言語があるだけで求人募集を出している会社の必須条件に引っかかりやすいです。

受けられる会社の母数が全然変わってきます。

 

受けられる会社の数が増えるのに加え採用率も上がるのでハードルがかなり低くなったなと感じました。

 

スクールで学んだことや就職活動で内定が取れた方法についてはニートだったけどWeb業界に就職してエンジニアになれた体験談 最短でIT・Web業界に就職する方法で詳しく書いています。

 

転職できる可能性の幅も上がると同時に優良企業や有名大企業にも転職が可能になってくるのでスクールに短期間でも通う事は自分が転職するのに選ぶ会社のランクが大幅に上がると考えていいと思います。

 

私はスクールにはWebデザインのカリキュラムも受講していたので6ヶ月間通いましたが、Webエンジニア一択でプログラミングやコードの知識だけで良いという人は3か月もあれば会社の即戦力レベルにまでなれます。

 

中には4週間でプログラマーレベルのスキルを学習させてくれるTechAcademyというWeb専門のプログラミング言語をそろえたスクールもあります。

もう一度専門学校に通ったり半年も時間をかけて勉強していたら下手したら年齢が変わってしまうので、この短期的にスキルをつけてくれるオンライン型のプログラミングスクールはおすすめです。

 

TechAcademyは4週間の内1週間は無料体験ができますのでひとまず体験してみてどんな感じかを知るだけでも大きな違いです。

オンライン型スクールなので地方都内関係なく学習ができますので少しでも興味があるなら今からやってみましょう。

 

おすすめの無料体験できるプログラミングスクール

 

  1. TechAcademyの無料体験
    ⇒4週間でWebの知識が付く/1週間無料体験あり

 

 



ぶっちゃけ20代ならプログラミングやデザインスキルがなくてもWeb業界に入社できる

20代ならニート・フリーターでもいけた

スキル無し職歴なしでも25歳前後なら積極的に採用してくれる会社はあります。

ただ上記で書いたように他の応募者でスキル持ちや業界経験者の人がいると採用率が下がってしまいますがゼロではないということ。

これは会社の探し方が大きく影響していましたが下記の項目で改めて説明します。

 

私はスクール上がりでしたがWeb系の会社への転職活動や実際に会社に勤めてから知ったことは、全くコードが書けない人やPhotoshopやillustratorなどのソフトの基本操作も分からないという人でも、その状態から会社に入社したという人がちらほらいました。

これは私の会社だけの話ではなく同じWebプログラミングスクールに通った友達が転職したWeb制作会社での話などを聞いて統計的にみた話です。

 

選べる会社が減りますがプログラミングの知識などが全くなくても採用してくれる会社は一定数いますので不安になることはないです。

ましてや20代前半だったら多少スキルがなくても年齢から将来性を買ってくれて採用されるケースもありますので年齢を武器にしてとにかく行動できるなら早くに行動を始める事をおすすめします。

 

基本的なパソコン操作ができれば全くの未経験でもプログラミングの知識は2~3カ月もあれば即戦力レベルまで伸びます。

 

これは多くの会社が定めている試用期間の間になりますので試用期間中は会社からお金をもらってプロになるためにプログラミングのスキルを学ばせてもらっている状況です。

おいしい話ではありますよね。

 

会社ではスキルがない未経験採用を積極的にしているところは教育に時間をかけます。

Webの仕事はデータを扱う仕事でもあるので1つの操作でデーターが全部消えてしまい恐ろしい損失になることもありますので新人教育には徹底していますしいきなり業務で扱うデータを触らせたりすることはありません。

ダミーサイトや、テスト用のサーバーを教育のために作ってくれてその安全な環境で勉強します。

 

未経験でもまずは会社が扱っている取引先のWebサイトの情報を学びつつ、1か月かけてプログラミングの課題をこなし成長の伸びをプロである先輩たちが判断します。

能力の伸び方や得意不得意などが出てくるのでそれに応じてゆっくりと学習させてくれる期間を設けてくれるのでやる気さえあればやっていける業界であると感じました。

 

実際に私の後に入社した会社でも23歳と31歳と33歳のWeb業界未経験の人が入ってきたのですが全員がプログラミングやデザインソフトの操作はできない人でした。

しかし未経験で何も知らないからこそ変な癖がなく呑み込みが早かったです。

 

2~3ヶ月経った頃には取引先の仕事を先輩と共同でこなすようになり、半年から1年かけて一人前になっていました。

 

なのでスクールに通うのは就活でかなり優遇されるスキルを培えますが、いきなり業過に飛び込んでWebの知識を学びに行くことも意外にも多くの人がしています。

ましてや20代ならばどんな業界でも伸びしろが期待できる若い世代であるので積極的に採用されやすいですし、求人情報も豊富にありました。

 

Web業界に転職したいけど24~25歳そこらで大丈夫なのかと不安になっているなら絶対に今すぐに飛び込んでいきましょう。

若い時からWebの世界でプログラミングやデザインを学んでいた先輩や上司は30代前半で独立されてフリーランスで働いている人もたくさんいました。

 

Web業界ってスキルさえ磨けばかなり自由に生きていくことができる世界でもあります。

 

スクールに通うでも、とりあえず試しに転職活動をしてみて採用率を測るのもありです。

これらは自分がWeb業界に入るための大きなステップです。

行動しなければ何も変わらないまま時間が過ぎ去っていくので、行動するなら早い方が絶対に価値的です。

 

Web業界に未経験で就職できる必勝法

私がWebプログラミングスクールに通う前に就職活動をしていた時に利用していたのはハローワークのみでした。

ハローワークの求人はWeb業界の求人情報がそこまでなく、あったとしても即戦力を求めるような会社か給料がかなり低いブラック企業臭が漂っている会社くらいしかありませんでした。

これだから求人票の時点でのマッチング率が低く採用率ががくんと下がっていたという事が原因だったと今だから思います。

 

そんなところで探していたからなかなか見つからずスクールに行き始めたのがきっかけでした。

プログラミングスクールに通って知ったのはWebやIT業界専門の転職サイトやエージェントが存在するという事。

 

またスクールに通っていた時に、同じクラスメイトが3週間目で就職先が決まったからと学校を修了させていた人もいました。

これは専門のエージェントを利用していたからでしたね。

 

私はそんな専門のエージェントがあることすら知りませんでしたので…。

学校系列のエージェントもあったので複数の転職エージェントに登録して利用していたのですがWeb業界の仕事の案件がほんとにたくさんありました。

 

また転職エージェントが保有している会社はブラック企業を徹底排除している優良企業ばかりですので未経験からでも新人教育に力を入れている会社をたくさん紹介してもらえました。

 

ハローワークも併用して利用していたのですがWeb制作会社の求人の情報量は圧倒的に専門の転職エージェントが勝っていたなと感じましたね。

 

WebやIT業界に特化した転職エージェントは複数ありますが私は4つ併用していました。

複数の転職媒体を利用することで比較ができますし得られる情報も増えます。

 

転職活動は自分と企業とのマッチングの問題ですのでいろんな会社を知れるように窓口は広げておいた方が良いでしょう。

 

その中でも特におすすめのWebエンジニア・Web系の会社に転職したい人におすすめの転職エージェントが以下の通りです。

 

Web業界に興味がある人は必須で利用しましょう。

 

未経験・職歴問わずでWeb業界へ転職オススメの転職エージェント

 

  1. Tech Stars Agent
    ⇒Web・IT・ゲーム業界特化型転職エージェント/Web業界の経験問わずで厳選した求人からマッチングを測って自分にピッタリな会社に転職に導いてくれます
  2. ワークポート

    ⇒未経験からのキャリアチェンジに強い/Web・IT系への転職に力を入れている

 

Tech Stars Agent

 

Tech Stars Agent

Tech Stars AgentのキャリアコンサルタントはWebやIT業界経験者のエンジニアのみを採用しているのでエンジニア目線で転職への適正度を見てくれます。

専門的な目線からスキルやキャリアを見据えた転職支援を行うことができるので転職後のミスマッチも起こりにくいことで評判の転職エージェントです。

 

大手の転職エージェントには真似できないIT・Web・ゲーム業界に精通したコンサルタントが在籍しているのはかなりの強みであり、業界経験者ならではの細かいサポートとアドバイスを提供してくれます。

 

Web系の職種一択で転職活動を考えている人は必須で登録することをおすすめします。

 

業界未経験の人でも対象ですので、一度専門家であるキャリアコンサルタントと相談してみましょう。

 

>>『Tech Stars Agent』新規無料カウンセリングの申込

 

 

ワークポート
未経験から転職相談するならワークポート

ワークポートは未経験・異業種への転職へ力を入れている転職エージェントで、Webのスキルが一切なくても優良な企業を紹介してくれます。

IT・Web系の業界への転職サポートは10年以上のキャリアがありいわゆるインターネット関係の職種への転職サポートの老舗エージェントです。

 

他の業界も保有している企業が数多ありますが特に力を入れているのがWebやIT業界であり、面接や書類添削、待遇の交渉など自分の気になる部分や不安なことを全面サポートしてくれるので信頼と安心の強いエージェントです。

 

無料でプログラミングのレッスンをしてくれるスクールも運営しているので一度足を運んでみてスクールから就職を考えるのもありなところです。

 

>>無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

 

結局は自分の行動次第

結局は行動しないと何も始まらないし現状を変える事はできません。

転職エージェントに登録するのはそこまで気を貼る必要も無く、登録して後は連絡を待つのみです。

 

これくらいの行動だけでやってみると後は面白いくらいに事が進みます。

 

異業種への転職や、ニートやフリーターで社会人としての職歴がないから踏み込めないと諦めている時点で何も変われないんですよね。

 

年齢や職歴で優遇されて転職がすぐに決まる人もいるけれど、私自身ニートからやっとフリーターになってそこからWeb業界へ上がっていきました。

全くの未経験でしたが、Web系の会社に入るために私がしたことはただその世界に近づけるために行動しただけです。

 

職歴はあるのに転職せずにズルズルと今の事を続けている人もいますが、職歴も無い私が行動をしたことで自分よりも優位にあった人と大きな差ができたことになります。

 

本当に結局は自分が動くか動かないかの違いなのでこれを期にWeb業界に興味がある人は一歩前進することを応援したいです。

 

まとめ

いろいろ書きましたがまとめますと25歳までの第二新卒扱いの年齢だと未経験やフリーター・ニートなどの職歴でも転職で優遇されやすい年齢のリミットである。

 

しかしスキルがないので選べる会社や、同じ応募者に経験者がいると採用ではじかれる可能性がありますが25歳以上の年齢の人と比べると比較的採用される可能性が高いです。

 

もっと確実に採用率を上げたい場合や、受けられる会社の数を増やしたいなど挑戦の場のランクを上げたい人はWeb制作専門のプログラミングスクールに通ってから就活すると格段に採用率も上がりますし、自分が行きたいと思える会社を選びやすくなります。

ただ最近ではWeb業界専門の転職エージェントの質が上がっているので未経験や職歴が不安という人でも良い会社とマッチングが測れるようになってきています。

 

Web業界は転職ありきな業界でもありますので1~2年とりあえず未経験でも採用してもらえる会社に勤めてからより良い会社にステップアップする方法もありますので、ひとまずやるべきことは業界に飛び込むことです。

 

一から自分で下調べせずともエージェントを利用すれば下準備やサポートを8割がたやってくれるので登録して試してみてください。

 

おすすめの無料体験できるプログラミングスクール

 

  1. TechAcademyの無料体験
    ⇒4週間でWebの知識が付く/1週間無料体験あり

 

 

未経験・職歴問わずでWeb業界へ転職オススメの転職エージェント

 

  1. Tech Stars Agent
    ⇒Web・IT・ゲーム業界特化型転職エージェント/Web業界の経験問わずで厳選した求人からマッチングを測って自分にピッタリな会社に転職に導いてくれます
  2. ワークポート

    ⇒未経験からのキャリアチェンジに強い/Web・IT系への転職に力を入れている

 

 

 

 

人気記事ニートだったけどWeb業界に就職してエンジニアになれた体験談 最短でIT・Web業界に就職する方法

 

人気記事Webエンジニアが勧めるWeb系に強い転職エージェント4選

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX