未経験でWeb業界に転職した私が失敗したことは会社選び【会社で能力が決まります】

未経験でWeb業界に転職した時の話ですが、絶対に妥協してはいけないのは会社選びです。

 

失敗をぶっちゃけますとブラックWeb制作会社に入ってしまったのと、プログラミング言語でも他のWeb制作会社が主流としているJavaScriptをあまり使わない会社(その代わりjQueryを使ってた)だったので転職しようにもスキル問題で気になった求人に応募ができなかった。

 

未経験でもWeb業界に入ることは可能だし、むしろ今流行りであるので入れるかどうかという点は自分がWeb業界への道に本気なら心配する必要ありません。

 

ただ会社の選び方で今後を左右することもあるので今回は私が未経験だったから失敗したWeb業界への転職について書いていきたいので、これからWeb業界に行きたいけどどうしたらいいんだろう、ちゃんと教育が整っている会社やステップアップを目指せる環境だと良いなと考えている人に読んでいただきたいです。

 

未経験からWeb業界に転職をしたい人が登録すべきエージェント

 

  1. ワークポート:未経験からWeb業界の転職に強い

 

未経験でもWeb業界への転職は可能【ただ行動するだけ】

私自身が未経験からWeb業界へ飛び込めたので未経験でもWeb業界へ入ることは可能と言う証明になりますが、まず何をするのがWeb業界に入るのに苦労しないのか。

 

プログラミングやデザインソフトの知識があればかなり有利

よく言われている未経験でもスキルがあれば優遇される。

エンジニア志望ならプログラミングの知識、デザイナー希望ならデザインソフトの基本操作をつければ転職に有利だという事ですが、事実ですね。

 

スキルがあればそれだけ書類審査でも通過率は上がりますし、選べる会社も増えます。

 

ただスクールに通っても結局Web業界に転職できなかったという人もいます。

 

スポーツジムと同じでただ通っているだけでは筋肉は付きませんし痩せないです。

プログラミングスクールもただ受け身で通っているならスキルも十分につかなかったり挫折したり、またスクールの転職サポートがあるから大丈夫と思って自分は何もしないのなら就職なんてできません。

 

スキルがあろうがなかろうがWeb業界に飛び込んでぐんぐんスキルを付けて、今では後輩をもって役職を持った現役バリバリの人はたくさんいます。

 

どんな世界に行くにしろ持っている武器よりも行動力で手に入れられるものの方が大きいです。

スキルという武器を使いこなせるなら無経験からの転職では力強い味方になりますのでプログラミングやWebデザインの学習をしてみましょう。

 

スキル無しの未経験からの転職でも職歴を武器に【Web業界では人間性で採用が決まる】

Web系の知識に関して全くの初心者でも前職での社会人スキルを武器にして会社が決まることは十分にあります。

と言うのもWeb業界ってデザイナーにしろエンジニアにしろどのコミュニケーションがすごく重要です。

 

部署内でのコミュニケーションはもちろんですがエンジニアだったらデザイナーとの打ち合わせや、マーケティングの人とサイト情報について話し合ったりなど他部署との接触も多いです。

 

全部署が1つの案件に関わってくるのでコミュニケーションをとるのが好きな人、笑顔が素敵な人、誠実そうな人、など人間性を重視して採用することに注目しています。

 

実際にWeb業界でエンジニアの部門になりますが上司が応募者についてどう思うかと言うのは私たち働いている人間も判断します。

経験ある無しよりも一緒に働きたいかどうか、経歴が面白そう、趣味が似ていて仲良くなれそうなどでGOサインが出ます。

 

ほかにも経験者よりも未経験者が勝っていることで、Web制作会社で未経験からでも募集している会社ってスキルが付いて凝り固まったプログラミングの考え方を持った人よりも、未経験だからこそ面白い発想があるんじゃないかと新しい風を求めて採用する面白い見方をすることもありますので、職歴や自分の性格などを武器にしても通用するという事です。

 

Web業界への転職の秘訣は何度も言うがやる気と行動力だけです

業務経験やスキルがあってもWeb業界へ転職できない人がいるし、全くの初心者で年齢も30代と未経験からの転職としては若くないけど会社が決まる人はいっぱいいます。

この違いはWeb業界へ入りたいと思う熱量と、転職活動への行動力。

これだけです。

 

未経験だからと悲観してスキル付けた方が良いのかな、やっぱり難しいのかなと立ち止まったいる人はこの先何年経ってもWeb業界へは入れないです。

思い立ったらその場所に少しでも近づくために行動しましょう!

未経験からWeb業界に転職をしたい人が登録すべきエージェント

 

  1. ワークポート:未経験からWeb業界の転職に強い

 

【悲報】プログラミングスキルやデザインスキルがあっても未経験は所詮未経験

中にはWeb業界へ入るためにWebエンジニアのスキルのプログラミングを学んだり、Webデザイナーとしてのデザイン力や、マーケティングなどを学んでいる人もいると思います。

スキルもついてきたし転職活動に本気を出すか!と行動へシフトすると思いますが、所詮業界未経験は未経験なんです。

 

スキルを付けて分かるのはどうやってWebでアプリやホームページを作るのか分かるだけで働き方や業界の知識はありません。

スキルがあっても業界に詳しくなるわけではないのです。

 

例えば車を運転するスキルが教習場でついたとして、一般道路でも運転できるようになったとしても街によって周りの車の態度や飛び出しが多いとか、道が細い、ターンが難しいなどがあります。

運転スキルがあっても運転する場所でやりずらさやその土地にあった暗黙の運転ルールのようなものはそこで運転しないと分かりません。

 

 

当たり前ですが、会社についてはその会社に入らないとはっきりしたことが分からないから、あらゆるWeb制作会社への調査が行き届いていて内部情報やその会社の強み、主に扱う言語や職場雰囲気などは転職エージェントから入手するしかありませんよね。

 

こうやって安心で納得のいくWeb制作会社への転職はWebの知識に特化したエージェントを利用するのかしないかで全然違ってきます。

 

登録して相談してみるだけで意外にも自分がこだわりと持ってWeb制作会社を探していることにも気づけるので会社を入ってからの事を考えて情報を得ましょう。

 

 

未経験からの転職だから見逃しがちなこと

ここからは私が未経験からの転職で転職やWeb業界への知識がなかったせいで失敗してしまった話です。

先に言いますと未経験者がハローワークで仕事を探すのはNGです。お勧めしないです。

同業種のものだったら求職者である自分自身がその仕事への知識があったり、転職になれているなら会社選びなどでもハロワでの求人情報とその他の媒体で情報収集ができるので失敗することがありません。

 

慣れていない分野での転職活動をするときは特化型の専門家から適切なアドバイスとサポートを受ける事で今後の自分の将来が大きく変わってきます。

 

しかし異業種への転職で、その世界に全く知識がないのにハローワークで仕事を探すと変な会社につかまってしまいます。

ハロワの人って経歴や希望職種などからちゃんと仕事は紹介してくれますが、紹介する当人はその業界への知識は無いです。

 

転職する人も紹介する人もWeb業界への知識に精通していないのに会社ともマッチングや、また企業の実態がブラックではないのかなどを信用するのはやめましょう。

 

Web業界に未経験から転職を考えているならなおさらWwb系の仕事に精通しているキャリアコンサルタントがサポートしてくれる就職支援サービスを利用すべきです。

 

未経験からWeb業界に転職をしたい人が登録すべきエージェント

 

  1. ワークポート:未経験からWeb業界の転職に強い

 

仕事紹介だけならいくらでもエージェントはありそのエージェントがWeb系の会社も保有していればWeb業界に入れる入り口はいくらでもありますがそれよりも重要なのはその会社に入ってからの事です。

 

『仕事紹介+Web系に強い』の2コンボと、未経験からWeb業界に入りたい人への対応にも力を入れているワークポートは転職活動には必要です。

 

Web・IT業界に強い転職エージェント『ワークポート』

 

未経験から転職相談するならワークポート

ワークポートは総合人材紹介会社であるがIT・Web系などのインターネット業界への転職に力を入れています。

強みであるIT・Web業界だけでも保有している企業数は約2000社。

 

ワークポートがWeb系への転職に強い理由は業界に精通したキャリアコンサルタントが在籍しているので求職者の希望と会社の希望を洗面的目線から分析してマッチングを測ってくれます。

この結果、転職後の『なんか違っていた。』というミスマッチもないし、自分がしっかりと納得して転職できます。

 

業界ついて専門知識があるエージェントからのサポートって本当に重要で、私が利用していたハローワークや既卒向けのエージェントではただお仕事を勧めてくるだけで業務内容を全然理解していないケースがありました。

 

その会社はどんなサイトを作っているのか、エンジニアでもインフラエンジニアや、ITエンジニア、SEなどいろいろあるのにただエンジニアになれますよと言ってフロントエンドエンジニアではないエンジニア職を勧められたこともありました。

 

またWeb制作会社で同じ職種だったとしても会社によって求めているスキルが違います。

自分が今後付けたいスキルを主要としている企業を選択するのは、自分にとって大きなメリットになります。

 

ワークポートは主に社会人の20~40代が利用対象。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア・システムエンジニアなどの案件を多く保有しています。

 

 

Webエンジニアの私が思うWeb業界への転職で重要なのは自分のためになるのか

会社で働けたら十分だと考えていた私ですがWeb業界で働いていると大体の人がスキルアップを目指して3~5年で転職していきます。

 

その時に会社で十分なプログラミングの知識は付くのですが、会社によってはあまり流行りではない言語を使っていることもあって転職しようとしたら業務経験はそれなりにあるのにスキル面でマッチングしないという事がありました。

 

選び方ですがプログラミング言語のJavaScriptとPHPは必須でマスターできる会社を選びましょう。

少し専門的な話になりますが今後使われなくなるjQueryを主に使っている会社やWordPress操作ができれば良いといっている会社はプログラミングの知識を学べる環境ではなくただコピペして成り立っているような会社なので何年務めてもプログラマーとしての成長が見込めません。

 

こういう会社に勤めてしまったらどくがくで知識や技術を補うこともできますが、自分のプログラミングのスキルは会社のレベルに依存します。

これはデザイナーやマーケターでも同じことです。

入った会社が自分にとっての世間になるのでレベルの低い、時代に遅れているWeb制作会社に入ってしまったらその会社のレベルまでしか伸びません。

 

つまり古風なWeb制作会社に入って時代遅れなプログラミングを身に付けて他の会社では相手にされない人間にならないためにもこれから成長していく=新しい事に目を向けている会社を見極められる専門のキャリアコンサルタントに相談すべきです。

 

未経験からだからこそ最初に入った会社で自分のスキルや将来性なども決まってきてしまいますので、それなりに慎重であるべきです。

 

転職を考えるなら未経験からWeb系への転職に強いワークポートを利用して自分にとって価値ある転職にしましょう。