低用量ピルのヤーズの副作用が酷い理由は体質に合っていないから 主な副作用の症状

私は月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれる月経前、月経中に起こる不調を治療するためにピルを飲み始めました。

 

私が飲んでいるピルはその中でも最も副作用がないとされているヤーズを飲んでいるのですが凄まじい副作用に悩まされました。

 

頭痛、吐き気、手のひらと足の裏の異常な発汗、のどの渇き、下腹部の痛み、発熱のような感覚などなど。

 

これらはヤーズを飲み始めた初めての月で起こった出来事です。

 

ヤーズを飲み始めてこのようなつらい副作用に悩まされている方に読んでいただきたいです。

 

専門知識のある薬剤師さんたちから伺った内容でもあります。




ヤーズはピルの中で最も副作用が出にくいのに副作用が出る理由

ヤーズは一般的な婦人科で処方される普通のピルです。

 

その中でもヤーズは副作用が出にくいとされている低用量ピルとされていますが中には副作用が出てしまう人もいます。

 

これの主な原因は体質によるも。

 

ヤーズの成分が自身の体にとっては副作用が強く出てしまう。

いくら低用量といっても体質には抗えないのです。

 

他の成分が強いピルを飲んでも副作用がなかったのに、ヤーズに変えて副作用が出てしまうなんてこともあります。

 

副作用が出にくい弱い成分で作られていても、その成分は薬によって配合が違うため一般的に弱い成分だといわれても体質により反応してそれが副作用という症状で出てしまうことがあります。

 

これが今回ヤーズにより出てしまいました。

 

例えば市販の薬でもアレルギー症状が出てしまう人もいますが、薬のメーカーによっては同じ作用のための薬でもアレルギーが出ないメーカのものもありますよね。

これと同じで体質の問題で体が拒絶反応を起こしてしまう成分が入っていたからという理由でした。

 

薬の作用が強い弱いではなく入っている成分が自分の体質に合うのかで副作用の出方が変わるためヤーズのような低用量ピルでも強い副作用を感じる人も出てきます。

 

副作用で出た主な症状と改善法

  1. 頭痛
  2. 吐き気
  3. 手のひらと足の裏の発汗
  4. 熱っぽさ
  5. 下腹部に刺すような痛み
  6. 眠気
  7. 口内炎
  8. 生理が止まらない(不正出血)
  9. めまい

 

上記の副作用は珍しいものではありません。

副作用の出ない薬はないとも専門医の方に言われました。

 

副作用の出方や強弱は人によって違うため気にならない方もいますが、それでも何かしらの作用が出ているのは薬を飲む以上仕方のないことです。

 

私はこのヤーズで出た副作用で特に耐え難いのが頭痛と吐き気でした。

頭痛は頭が割れるように痛かったです。

ヤーズは市販の薬と併用しても大丈夫なので頭痛がある場合は飲みなれている市販の頭痛薬で様子を見てください。

 

ただ、吐き気だけはどうすることもできませんでした。

酷いときは何もできないほどの症状なため安静にしてください。

 

個人差にもよりますが私の場合副作用が強く出始めたのがヤーズを服用してから10日目~12日目の間でした。

長く続くものでもなさそうですが、酷い場合はピルを処方してもらったお医者さんか薬剤師さんに相談してください。

 

口内炎もできる人がいるようです。

私は舌にできたためご飯を食べるのが苦痛でした。

 

ホルモンバランスを整えるために体が通常の状態とは異なっていますので疲れやすくなっているのが原因ではないかと思います。

口内炎自体ができてしまう明確な理由は未だに分かっていませんからね…。

 

とにかく口内を清潔に保って歯磨きは食後に毎回するのはもちろんで、口濯ぎも気になったら意識的にするようにすれば治りが早いです。

 

生理は4週間以上続くケースも副作用として珍しくないようです。

出血の量としては極少ないですが茶色のオリモノのような状態が続きました。

 

緩い血の量で丸1ヶ月生理だった状態でした。

 

私が相談したところ不正出血はよくあることなので特に気にする必要はないといわれました。

 



ピルを飲んでも最初の月は症状が緩和されない

避妊用ではなくPMSやPDSSといった生理前に起こる症状を緩和させたいために飲んでいる人、または生理痛などの痛みや不快感を緩和させたい人に対しての話です。

 

ピルは飲み始めた一番初めの月はあまり効果を感じません。

生理痛も強く出たし、出血の量もかなり多い。

いつも不快に思っていた症状が何にも緩和されていませんでした。

 

これについては初めの月はホルモンを整えるためあまり作用が感じられない。

人にもよるが3ヶ月以上続けて効果を感じられるようです。

 

ピルは途中で飲むことをやめると意味が無くなってしまいます。

1度のみ始めたら3か月くらいまでは続けないとピルの効果を感じられないと聞いて地獄でした。

 

全然効かねーじゃんと思ってもひとまず1か月飲み切ってみて欲しいとのことでした。

 

しかしあまりに酷い副作用がある場合はかかりつけ医に相談してください。

私の場合はあまりに酷い場合は飲むのを辞めて別の方法を試してみましょうと提案してくれました。

 

いろんな体質や体調の人がいるので自分に合った治療法を先生と一緒に見つけていくのは大事なことです。

 

ヤーズなどのピルが合わないなら漢方を試して欲しい

私はヤーズによる耐えがたい副作用が出ていたが何とか耐えてピルは飲み続け、1か月飲み切りました。

その飲み切った後で婦人科で副作用の事を相談したらヤーズはためておきましょうと何ともあっさりと申告されました。

 

副作用の症状にもよるようですが、軽度ならもう少し試してと勧められることが多いようです。

2か月目から楽になる可能性があるので、自分でこれくらいの副作用なら我慢できそうだし生活にも支障は出ない程度かの判断を医師にしっかり伝えてください。

 

私の場合はとにかく吐き気が無理でした。

PMSなどの月経前の嫌な症状を治していくのは何もピルだけではなく漢方でもできると教えていただき処方してもらいました。

 

漢方は昔漢方専門店などでも見積もりなどを聞きに行ったが月に1万円もかかることが分かり諦めた療法でした。

なのでコストが高いので難しいという相談をすると

“病院で出す漢方は安いよ。”

とその予算はヤーズの2,600円/月の半分の値段、1,300円で30日分の漢方包をいただきました。

漢方の名前は『加味逍遥散(カミショウヨウサン)』です。

 

またこれは余談ではありますが、ヤーズは低用量とあるように最小限に薬の量を減らしたピルです。

私はこの漢方と処方してくれた先生の前に別の薬剤師さんにヤーズによる副作用を相談したところ、錠剤を半分にして飲むことを勧めてくれたのですが、今回の婦人科の先生と別の薬剤師の方に低用量ピルは1錠で最低限の量の薬なのでそれをさらに半分にして飲むことは多くのリスクがあるのと、また飲んでいる意味もないといわれました。

血栓症などの副作用を引き起こす可能背のあるヤーズですので錠剤を半分に割って飲むのは危険だと、かなり苦い顔をされました。

 

 

自身の体にあった治療法を探して行くほかありませんが、漢方は薬ではないのでPMSなどの月経前困難症など治療に理解のある病院ではこの漢方治療は推奨されているようです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX