新入社員だけど入った会社でパワハラ・いじめを受けていて辞めたい【耐えて働き続けた結果】

新入社員として初めて入った会社だけど一人の人に目を付けられて威圧的な態度を取られたり、人格否定されたり、無能扱いを受けたりと追い詰められる日々。

新入社員だからまだまだ仕事を覚えることが多くて初めのうちは周りに迷惑をかけてしまうから少しのスパルタは我慢するつもりだったけど明らかなパワハラで耐えられそうにもない。

でも、まだ入社して1年も経ってない。

今辞めてしまったら履歴書に傷が付いて転職するのも難しくなるって聞くし、とりあえず1年間だけでも頑張った方が良いのかな。

 

こういった悩みへのアドバイスになればと思います。

 

私は中途採用ではあったのですが初めて入った会社で入社してたったの4日目から先輩から人格否定に当たることをを言われたり、能力に対して無能扱いを言われたり、パワハラやいじめにあたる行為を受け始めました。

悲しかったのはそのパワハラをしてくる先輩が自分以外の新入社員メンバーだけを集めて飲み会を企画していてその企画の話を目の前で堂々とされたとき。あからさまな仲間外れを受けました。

 

正直なところ入社して早々すぐにでも辞めたかったのが本音でしたが、ひとまず試用期間の3ヶ月は頑張った方が良いと思い働きました。そこからズルズルと約10か月辞められずに働き続けました。

 

その結果うつ病の一歩手前まで行ってしまったし、辞めてから分かったことですがこんな劣悪な人間関係の職場なんてとっとと辞めるべきだったという事です。

 

社会人になった私たちは子供ではなく大人です。学校のような環境とは違い自分で自分の環境を変えることができます。

ただ勇気がなかったり、行動するデメリットを考えるあまり劣悪な環境でもしがみついてしまいます。

 

とはいえパワハラを受けている環境下で居続けて自分の体や心がボロボロになってからでは遅すぎます。最悪うつ病になってしまえば人生を棒に振ったのと同じようなものです。

自ら自分を苦しめる環境に居続けることを選ばずに仕事や人間関係を楽しめる明るい職場を選べる力を持っていただきたい。

 

本記事は入社して1年未満の方で会社の人にパワハラやいじめを受けていて会社を辞めたいと悩んでいる方にお届けしたい記事となっています。

 




新入社員でパワハラに遭ってしまったらすぐに辞めるべき理由

退職推奨理由

私が入社して早々からパワハラや嫌がらせを受けていたのにもかかわらずすぐに辞められなかった理由は、まず苦労して入った初めての会社だったから。

それに新入社員でもあったので最初は仕事ができない身分だからここで踏ん張らないとと多少の嫌みには耐えた方が良いと判断したからです。

 

しかし日常は辛かったです。

業務の報告や質問をしても無視され、こんなのも分からないのか?と馬鹿にされる日々。

社員みんながいるフロアで怒鳴られるのが1日数回あり、それが毎日でした。

 

私はこれが辛いというのは分かっていたのですが、パワハラを受ける事が当たり前にもなっていて『自分は無能だから仕方がない。人格ももしかしたら社会人として未熟すぎるから否定されるんだ』と辛い状況であることが正しいとさえ考えていた時期もありました。

 

それとやはりせっかく入った会社を1年未満で辞めると次の転職に不利になる。

この会社はやめる前提で、せめて1年だけでも耐えようと決めて我慢していましたが、結果的に6~7ヶ月目あたりで精神的におかしくなり、体調を崩し始めました。

 

辞めたきっかけはここまで体調が悪くなってきているのに周りは誰も助けてはくれず、また先輩からのパワハラもエスカレートし始めてついに私は気が振れてしまいパワハラをしてくる先輩にブチ切れてしまいました。

私がキレてしまったことでそのパワハラをしてきた先輩はより逆上し、罵詈雑言の嵐。

この時にやっと私はこの人とはもう仕事ができないと判断して翌日に退職願を会社に伝え、あれだけ悩んだのにあっさりと辞めました。

この期間10か月と少しでした。

 

仕事自体はやりがいがあり、仕事内容も好きでした。ただ人間関係が耐えられないほどつらかった。

私はこんな経緯で辞めましたが、なぜこんなになるまで耐えたのか。ただただ傷つくために働いているならその環境から逃げてください。

パワハラを受けていてつらい、会社に行きたくない、怖い。もう辞めたい!と思ったら私のように我慢して働くのではなく例え入社して1ヶ月であろうとすぐに辞めてください。

 

パワハラ行為に耐えるのは自分の精神・体調など何もかも壊してしまい、最悪うつ病になってしまったら年単位の治療になります。

自分で自分を助けてください。

うつ病は蓄積したストレスから突然発症します。一瞬でなるのです。しかし治すのはその何倍もかかります。

 

自分が壊れる前に自分を攻撃してくる環境から逃げてください。

 

とはいえ、せっかく入った会社だしまだ新入社員だし、何より転職活動をするにも大変なのは目に見えている。

そんな簡単に辞められないというのが現実です。

私もこの転職に不利になるということがずっと気になっていたのと、そのパワハラをしてくる人以外の方たちとは適度に仲良くなっていたので会社が楽しい時もあったのです。

いろんな言い訳をしてやめることができませんでした。

 

会社を辞めても何も起こらい

 

会社を辞めるともう後がない、次がないから怖いと主に転職について怯えていたし、収入が止まる怖さが半端なかった。

が、会社を辞めてみて思ったことはそこまで恐怖することは何も起こらない。

ただ会社を辞めた事実があるだけ。

 

そこから自分が転職活動をし始めればいろんな企業を紹介されて書類を送り、面接し、落ちたり採用されたり、その採用をお断りすることもありました。

自分が動けばいろんな選択肢が生まれました。

 

お金に関してはパワハラを受けていたことを理由に会社都合で辞められれば職歴1年未満でも失業保険が申請できます。

私は泣き寝入りして自己都合で辞めましたが。

そうやって賢くお金をもらうのもいいですし、会社を辞めたなら一時的にアルバイトをしながら転職活動をすれば特に金銭的に怖いものはありませんでした。

貯金がないのに豪遊したり、海外旅行などに行かない限りお金ってそんなに減りません。

私は一人暮らしをしていたので毎月どれくらいが生活費で出ていくのかを把握していたので、その分のお金が減るだけでした。想定通りのことばかりで、ただ会社を辞めてもうあのパワハラ野郎に2度と合わなくて済むという解放感はしばらくあって気持ちよかったです。

 

また会社で仲良くなった人たちとは退職後も遊びに行けます。

会社で仲良くなった人がいるからやめられないのは人間関係が充実していることでもあるので良いことですが、そのせいでパワハラに耐えているのであればそれは単なる言い訳です。

仲が良かったら別に会社を辞めてからでもその方たちとは会えます。

 

パワハラされている環境は異常なのに世間知らずだから判断できない

給料や職歴よりも打撃がでかい

これは私が一番後悔したことです。

世間知らずであったという事。そして今いる異常な環境が普通だと思い込んでいたこと。

 

新入社員だったので初めて入った会社が自分にとっての社会人としての世間すべてになります。

他の会社なんて知らないのですから比べようがありません。

その環境が当たり前だと思って相談もできない、ただ我慢して耐えてしまいがちです。

 

パワハラを受けている環境は異常です。そんな環境が当たり前だと思わないでください。

 

周りに相談して激励されても自分が辛いなら他人の言葉は無視しても良い

会社でも仲の良い友達ができ先輩からの嫌がらせに悩んでいることを打ち明けたことは何度もありました。

また親や学生時代の友人などにもパワハラを受けてて今の会社を辞めたいと相談しましたが、返ってきた言葉は

『もう少し頑張ればった方が良いよ』とか『せっかく入ったのにもったいない』という言葉です。

 

確かに新入社員って何もかもが初めてのステージになるので辛い事の方が大きいです。耐えることもたくさんあります。

仕事が辛いからとか、うまく行かないとか、そのせいで上司に注意を受けるという事でへこたれてたらどの会社も勤まらないよと言う意見。

 

もっともである。

 

しかし、人格否定、いじめ、人前で怒鳴って辱めを受けさせたり、無視されたり、無能扱いされたり、あきらかな嫌がせやパワハラって自分でおかしいと気づけますよね。

人を人として扱ってもらえない環境で頑張る必要はない。

 

また周りに相談しても所詮は他人事です。

 

もう少し頑張れば?と自分のために言ってくれている言葉ではあるのは分かるけどその結果体調を崩したり病んでしまった場合責任は誰もとってくれません。

周りに相談したとしても自分が受けている辛さを理解してくれる人はいないを理解してください。

 

私がここで思ったのが友達や親に相談すべきではなかった。でも誰かにこの辛さを打ち明けないとやっていけないし、自分がどうしたらいいのかもわからなかった。

ここで言いたいのが”誰か”ではなく相談したいのであれば”プロの弁護士”に相談してください。

 

当時私は利用できませんでしたが、パワハラで悩んでいるのであれば一番いい方法は退職代行を行ってくれる弁護士に相談することです。

一般的な法律事務所の弁護士相談料や、またいじめやパワハラの被害で慰謝料などの請求をする場合は10~20万円かかってしまいます。

しかし最近では退職代行サービスを弁護士が代行してくれる法律事務所や転職エージェントなどが出てきており、相談に関しては無料です。

 

退職代行を利用したとしても3~5万円ほどしかかかりませんし、一部の弁護士対応している退職代行サービスに限りますが慰謝料の交渉などもやってくれそれが成立すれば数十万~100万円は入ってきます。もちろん証拠などが必要となってきますがひとまずの相談が無料なのは自分が利用にあたり納得できることをしてくれるのかを図るには十分でしょう。

 

いじめやパワハラを受けてことで戦いたい!泣き寝入り退職は嫌だという方は弁護士が対応している退職代行サービスに無料相談をしてみましょう。詳しくは会社を辞めたいなら弁護士に相談できる退職代行サービスを利用すべき理由【無料あり】の記事に解説しています。

 

関連記事:会社を辞めたいなら弁護士に相談できる退職代行サービスを利用すべき理由【無料あり】

 

今の会社を端的に考えているなら職歴よりも将来への投資を

パワハラ環境に依存するな

パワハラを受けてはいるが働いて在職してさえいればその1日1日が職歴になります。

働いてはいるので仕事のスキルとか、社会人としての礼儀とかも学べるのでいい事もある。

 

確かに身に付くものもあるかもしれませんが、それってその環境である必要はありませんよね。

パワハラを受けている環境に依存するべきではありません。

 

私がパワハラ環境にあっても辞められなかった大きな要因は何度も言うが職歴不安で転職に不利になりたくなかったから。

転職に不利になる履歴だけは作りたくないとしがみついていました。

が、職歴なんて1つの会社でずっと仕事をしていれば自然とついてくるものです。

 

転職活動は自分が行動さえ移せば必ず見つかります。転職に不利になるからとその会社にひとまず1年しがみつくよりも、今から行動して長く働きたいと思える会社に移った方が価値ある時間を使っている。

 

不利になるといっても業務経験1年や2年などの職歴を気にする会社には受けることはできなくなるが、別の会社で職歴を積んでキャリアアップする場所として考えればいいだけです。

 

もう一つはすぐ辞めたら転職活動の時に『すぐに辞める人かもしれない』と受けた会社に思われるデメリットを背負わなければない。

確かに早期退職は大きなマイナスポイントであるが、ちゃんと転職エージェントのキャリアコンサルタントと相談をし、今の自分の職歴やスキルでも受けられる希望する職種の中から相性の良い企業を紹介してもらえます。

また、職歴不安なことがネックであるならばそれをカバーできる面接力をつけることで大体の企業は通ります。

そのために転職エージェントでのアドバイザーに相談することって重要なんです。自分が不安に思っていること不利だと思うことをカバーできる能力を分析して引き出してくれます。

 

私自身も業務経験1年未満からの転職活動でしたが新しい会社に就けましたし、パワハラも何も受けていなかったホワイト企業に勤めていた友人も業務内容が合わないからと4カ月で辞めて転職しましたが有名企業に転職し新しい生活をスタートできています。

 

職歴不安で転職ができないという思い込みはただの言い訳です。

 

転職活動に対して不安なのは転職活動をしていないからです。しっかり行動していればその不安は無くなるし、不安がなくなるころには会社が見つかっています。

ただ1人で転職活動は心細いのでしっかりと適正な転職エージェントを活用しましょう。

不安を相談できて転職活動へのモチベーションを上げてくれるサービスがあるなら頼るべきです。

 

すぐ辞めたら後がないってそもそも誰の考えなのか

日本人はすぐに辞めると後がないと考えがちですが、それは極端すぎる考えです。

人生成功ばかりたどれる人なんていません。1度失敗してしまったらずっとどん底だよなんて古い考えである。

 

次への行動ができるのであればいくらでも修正できます。

 

新入社員で初めて入った会社をすぐに辞めるなんてやる気がないというレッテル貼られて将来絶望だよ?とか言っている声をよく聞きますがこれを言っている人のバックグラウンドについて何も分かりません。

 

こういう人はパワハラで悩んだこともなくのほほんを働いていて、世間一般で言われていることをただオウム返しに唱えているだけです。

中身のない言葉です。

 

挫折してこそから起き上がったことがない人、挑戦したことも無い人の意見に真に受ける必要はないでしょう。

1人1人人生が違います。1つ間違えれば全員もれなく負け組ルートになるなんてそんなのナンセスです。

 

それよりも問題なのが、自分が辛くて合わないと思っているストレスフルな環境で居続けて頑張ることが美徳だと思っている方が怖いです。

 

頑張って耐えるのは自分が何かを成し遂げたいための通過点であるなら正しい頑張りですし、耐えた分飛躍します。

しかしただ自分を傷つけているだけの環境で頑張ったり耐えたりしているのは自分をじわじわと殺しているのと同じです。

 

頑張るところ、耐えるところを見誤ってはいけない。

周りの意見に流されて不安になるのではなく自分自身を信じてください。

 

パワハラを受けていて辛いならできる事は3つです

パワハラを受けてたらすべきこと

私自身がパワハラやいじめを受けていた職場を辞めた人間ですし、根本を絶つのは会社を辞めることが1番有効であるが他にもパワハラられて辛いなら行動すべき事を合わせて3つ紹介します。

 

 

  1. ①会社の上司、マネージャー、コンプライアンスなどの職場での人間関係をコントロールできる人に相談
  2. ②パワハラに対して仕返しをする
  3. ③転職する

 

 

職場のコンプライアンスを行っている方に相談する

 

パワハラを受けているならまず会社の上司やコンプライアンスを管理している立場の方に相談すべきです。

人間関係を円滑にし業務を遂行するのが彼らの役目であります。

ただこれにはデメリットがあります。

パワハラをしてくる人間から逆恨みを買う事もあるし、相談したけど改善されなかったなどです。

 

私はパワハラに耐えられなくなったことにやっと上司やコンプラを管理している総務の方に相談して何度か面談をしていただき対策を考えてもらえましたが、私が相談していることに気付いたパワハラ先輩からのあたりがさらに強くなり誰にも止められなくなってしまいました。

そして結果的に会社は相談は乗ってはくれるが何もしてはくれませんでした。

 

ただちゃんとしている会社であれば何らかの対策や改善を考えてくれるはずです。

まずは会社のコンプライアンスを管理している立場の方に相談してください。

 

パワハラに対して仕返しする

 

次にパワハラ野郎への仕返しについてですが、仕返しは正直言って辞める前提になると思います。

不当にいじめや嫌がらせを受ける事で病んでしまいますが、それと同じくらい怒りも出てきます。

どうせ辞めるならそのパワハラをしてくる人に仕返しをしましょう。

 

私は辞める前にそのパワハラをしてきた先輩に怒鳴ってみました。

キレて今までの鬱憤を言いましたが、たった一言でした。

それでも何も言わずに辞めるよりは少し攻撃できてスッキリしました。

 

中には仕事を任されてもすべて断ったり、逆に自分から無視をしたり、パワハラしてくる人の仕事に対してマウントを取ったりなど嫌がらせをしてみる。

パワハラしてくる人間と同じことをするのは自分も同じレベルに立ってるみたいで嫌だと考えてしまうなら何もしなくていいですがやったらやり返すのも大事だという事です。

 

人を人として扱わない人間に対して例え先輩や上司だったとしても敬意など払う必要はありません。

私個人の見解でもありますが、大人なら何もしないとかただの逃げ腰です。パワハラされて縮こまって弱い自分で居続けるくらいなら反撃したほうがずっと誇らしいと思います。

何より自分がスッキリするなら大いに反撃することはおすすめしたい。

先に攻撃してきたのは相手なのですから、戦えるのであれば戦いましょう。

ただ反撃を考えるのであれば退職することを前提に辞める前にやり返してやるというスタンスで行きましょう。

 

個人で弁護士を雇って戦うか、交渉のみなるが弁護士対応の退職代行サービス利用するかで解決させましょう。

弁護士対応の退職代行サービスについては会社を辞めたいなら弁護士に相談できる退職代行サービスを利用すべき理由【無料あり】をご確認ください。

 

関連記事:会社を辞めたいなら弁護士に相談できる退職代行サービスを利用すべき理由【無料あり】

 

転職する

 

最後はそんな職場環境を変えるため会社を辞める事です。

一番合理的でありすぐに解決できる事でもあります。

ただ転職するのが怖い、不安、めんどくさいなどの理由で行動に移せずに辛い環境にとどまってしまうケースが多い。

ここでよく考えて欲しいのが、1年仮に耐えられたとしても転職活動は同じように大変ではあります。

 

転職に有利だとか不利だとかでズルズル会社に居続けたとしても1年そこらであればただ受けられる会社の数が若干増えるだけです。

 

転職をするという行動は同じなので、今の自分の能力を受け入れてくれる会社を探して行動へ移した方が早い段階でその辛い環境から解放されます。

職歴なんて新しい環境でまた積み重ねて行けばいいのです。わざわざ自分が辛くて病みそうな環境で職歴を作る必要はない。

 

関連記事:ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】

 

会社を辞めるのも転職するのも不安なのはぬぐえない

パワハラを受けているなら退職するのが一番の解決法である事はお判りいただけたと思いますが、何かを辞めるという事は1度ゼロになるようなものです。

 

先が決まっていないって本当に不安ですし、今いる会社でも辞めたいとは思うけどどうやってやめたらいいのかも分からない。

辞める勇気がない。

 

ただこれは会社を辞める人みんな同じです。

 

上記でも話したように会社を辞めるって辞める前が一番不安ですがいざ辞めてしまったら別にどうってことはない。

ただ転職については不安は拭えないので、今の会社を辞めたいという方にお勧めするブラック企業徹底排除なうえに職場でのハラスメント調査を行っている20代専門の転職エージェントを紹介します。

 

不安ならその不安をつぶすために行動へ移しましょう。

 

20代限定でパワハラを相談でき転職を斡旋してくれるおすすめエージェント

20代特化型で職歴不安な方の転職を専門としているおすすめの転職エージェントです。

さっそく利用して早期に転職を成功させましょう。

 

職歴不安でもホワイト企業に入りたいなら【ウズキャリ】

ウズキャリ(UZUZ)
会社名 株式会社UZUZ
年齢 18〜29歳
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート・転職希望者)
対応地域 首都圏、横浜、名古屋、大阪、福岡
ここが良い ・他社の10倍時間をかける就職サポート
・紹介された会社に入社を強要されることはない
・ブラック企業徹底排除しているから定職率93%
・転職が成功しても入社後の悩みや不安を相談できる
費用 無料
公式サイト https://daini2.co.jp/

ウズキャリの最大の魅力はブラック企業やパワハラ・モラハラが横行しているようなブラック企業は徹底排除するため企業調査に力を入れていることです。

ハラスメントの有無などを徹底調査しているのでウズキャリ経由で転職できた方々でパワハラ・モラハラで悩むことはまずなくなります。

 

現時点でパワハラやモラハラに悩んでいるが退職できない若手の在職者の悩みにプロが相談に乗ってくれ退職までのアドバイスをしてもらえます。

パワハラに悩んでいるのならまずは相談してみて自分がとるべき行動への判断を貰うのも大事です。

 

ウズキャリ経由で就職が決まった方は定着率93%とかなりの高い数値が出ている実績からウズキャリは求職者側の希望を第一に考えて就職活動を斡旋してくれます。

 

ウズキャリは他社と比べ10倍時間をかける丁寧なキャリアカウンセリングを行っているため自分が何がしたいのか、どんな仕事をしたいのか分からないと就職するにも何も考えられない人には最適です。

 

ただデメリットをあげるならば保有している企業数が少ないのでたくさんの中から選べるほど求人があるわけではないことと、IT、営業、事務職に強いのでそれ以外の職種で転職を考えている方はウズキャリは合わないと思います。

現在、IT、営業、事務職系に転職を検討しているならウズキャリでホワイト企業を紹介してもらいましょう。

 

対応地域に住んでいる方なら、ぜひ受けておきたい優良エージェントです。

 

 

パワハラを弁護士に無料相談できるreフレッシュ転職【転職成功で5万円貰える】

reフレッシュ転職
法人名 Select Wall(セレクトウォール)株式会社
年齢 20〜29歳
職歴 不要(完全未経験から正社員になれる)
サービス内容 転職サポート(無料)
弁護士相談(無料)
退職代行サービス(3万円)
転職成功報酬 転職サービス:5万円プレゼント
退職代行・転職のセット:3万円キャッシュバック+2万円プレゼント
対応地域 全国
ここが良い ・20代特化型なので20代向け、未経験歓迎の求人が多い
・未経験から正社員になれる
・保有している会社の職種が豊富
・転職成功で5万円貰える
・無料で弁護士の相談できる
・実質無料で退職代行を利用できる
費用 転職のみの利用は無料(退職代行の利用は3万円⇒無料にできる)
公式サイト https://refresh-tensyoku.com/

20代のみを対象とした転職エージェントのreフレッシュ転職の最大の魅力は転職成功で5万円のお祝い金を貰えるという事です。

reフレッシュ転職では20代を対象とした完全未経験歓迎の企業を2,000社を超えて保有しています。

 

職歴不安な人でも正社員を目指せるので早期退職してしまった若者に定評のなるエージェントです。

 

またreフレッシュ転職の一番の特徴は他の転職エージェントにはない弁護士対応の退職代行サービスも行っていることです。

主にパワハラやブラック企業で悩む若者の相談にのりストレス・トラブル・損することなく辞めることを代行してくれるので現職を辞めたいけど勇気が出ない若者にとってはありがたい制度です。

 

働く若者の社会の闇に対して精通している弁護士がいる転職エージェントですので保有している会社も信頼できる企業ばかりです。

 

reフレッシュ転職は全国に店舗がありますのでまずは無料相談を受けてみましょう。

 

転職支援サービスは完全無料であり、reフレッシュ転職で転職が成功すれば5万円貰える、なかなか就職でうまく行かない若者を全力で応援してくれる熱いエージェントです。

 

 

 

始めて入った会社でパワハラを受けたら自分のために逃げるべき

逃げるは恥じゃないし役に立つ

最後になりますがパワハラが横行しているような職場でターゲットになってしまったら辞めるべき理由についてですが、まず自分が辛いなら自分を守ってください。

そしてそんな環境で社会人として成長はできません。

パワハラを受ける事で委縮してしまい本来の能力も発揮されず成長できない。

 

またパワハラをしてくる人間は敵と思ってください。

野生の世界でも敵が現れたら戦うか逃げるか本能的に選択するのに人間はなぜかボロボロになることを覚悟で耐えようとします。

自分がただ傷ついて病んでしまう結果になるのであればこんな愚かしいことはありません。動物でも逃げるのです、人間ならなおのことできますよね。

 

戦うのであれば会社のマネージャーや上司に相談する、弁護士に相談するなどして対応してください。

逃げるというと聞こえは悪いと思いますが、逃げ切れなかったらどうなるのか。

野生の世界なら餌食になって食べられる。それは人間界でも同じです。

 

逃げる時に逃げられなければ自分が動けなくなるまでボロボロになってしまい、そして言いなりになって働く人材にしかなれません。

逃げるのにも体力がいります。その体力がなくなってからでは逃げ遅れてしまいます。

 

逃げる事は恥ずかしい事でも負けだという事ではない。自分が賢く幸せに生きるための知恵である。

 

パワハラに耐える事は勝負ではないのですから。

賢く生き幸せになり、また充実した人生を送るために危険から身を守るのは本能的にするべきです。

 

とはいえ辞めるとなっても簡単に辞められない、勇気が出ない、決まってないから行動できないなどの不安があるならパワハラに悩む新入社員の相談に乗ってて転職活動も斡旋してくれる転職エージェントを利用しましょう。

現状が辛い音を理解してくれ的確なアドバイスを貰えますし、reフレッシュ転職に至っては弁護士対応の退職代行サービスも行っています。

 

早期に行動すれば早期に人生を修復できます。自分が辛いなら逃げられる体力と判断力があるうちに実行してください。

 

本記事で紹介した転職エージェントまとめ

 

  1. ウズキャリ
    ⇒保有会社はハラスメント調査が徹底しているので転職後は人間関係に悩まない
  2. reフレッシュ転職
    ⇒弁護士対応の退職代行サービスあり・弁護士に無料相談したいならココ

 

人気記事会社を辞めたいなら弁護士に相談できる退職代行サービスを利用すべき理由【無料あり】

 

人気記事みんなの前で怒る・侮辱するパワハラ上司がいる会社は精神病む前に転職すべき

 

人気記事【20代限定】弁護士対応の退職代行を無料にできる転職エージェント【reフレッシュ転職】

 

人気記事パワハラ上司と喧嘩して退職した【最終的に大満足】