24歳の社会人で彼氏がいたことないってヤバい? 若い時のお付き合いが重要な理由 – Abstract-ous

24歳の社会人で彼氏がいたことないってヤバい? 若い時のお付き合いが重要な理由

年齢=彼氏なしは正直ヤバいのか?

年齢によるんじゃないかと思っていたけど若いころから彼氏がいないとそのまま彼氏ができずに年をとってしまうパターンが現代では多くなってきていています。

結論としては高校過ぎても未だ恋人がいないなら少し焦って彼氏を作ろうと努力した方が良いでしょう。

 

24歳になっても未経験・彼氏がいる友達がうらやましい

 

24歳になっても未だ彼氏ができず、もちろん経験も無し。

 

24にもなると大学を出て社会人になっている人も多い。

学生時代の友達は大学や高校生から付き合っている彼氏がいたり、もしくは付き合っていた経験がほとんどな年齢になってくる。

そんな周りと比べて正直自分が未だに彼氏がいないことに焦りとこれからも彼氏なんてできないんじゃないかと不安を覚えました。

 

それから数年経った今だから言える事ですが、一意見としては長い人生で10代20代前半で彼氏がいないとか経験がないとかを気に病む必要はない。

そう、気に病む必要はないが、何もせずにいつか彼氏できるかなと受け身になっているのであればそれは間違いですとお伝えしたい。

 

彼氏は自然にできるものではなく自分が行動しないとなかなかできないです。

 

もちろん焦って好きでも無い人と付き合うのではなく自分が好きな人ができたときにその人とのお付き合いを楽しむのがベストだけど、若い時に彼氏ができず出会いも自分から求めないで年をとると悲惨なことになることは忠告しておきたい。

 

若いうちに恋愛経験をしっかり積んでいくことがいかに大切かという事を伝えたい記事と、出会いがない、彼氏ができない人に彼氏を作る方法をアドバイスしていきたいと思います。

 

 

本記事で紹介した無料のマッチングアプリ

 

  1. ペアーズ
    【女性は完全無料】20万人以上に恋人ができた実績ありでこれがきっかけで結婚した人も多い

 

若いときに彼氏は作っておくべき理由

女子が男子と付き合うという事は女性が女性として認識して目覚める事でもあります。

異性がいるから可愛く綺麗であろうとするし、異性との交流経験は今後の生き方でも大変有利になります。

 

男慣れしている女性はぶっちゃけモテる

マンガやドラマなんかでは今まで彼氏がいたことがないヒロインが清純そうで無垢な感じがきゅんと来るように描かれていますが、現実では男慣れしていない女性って男性に対して素っ気なくしてしまったり、変に緊張して仲良くなるためのコミュニケーションができなかったりして損することが多いです。

若いうちに男性と付き合って男慣れしている女性って男の扱いがうまく、また男性がぐっとくることも知っているのでモテるんですよね。

 

普通に物事で考えれば練習すれば何でもある一定はうまくなってきますよね。

男性と付き合う事って今後の女としての人生で男性から贔屓にされる環境を作ることもできるスキルもモテる事にもなるんです。

 

実際顔はそんなに可愛くない女性ですが男性に媚びつつも立場を尊重しておだてることを言えたり、女を見せるのが上手な女性は男性から血や冷やされる傾向にありました。

女として楽しそうだし、周りの男性もとっつきやすい女性と交流を深めやすいです。

 

絶世の美女でない限り男性にモテるって結局はコミュニケーション能力が一番強いんですよね。

 

男性と付き合う事で女に磨きがかかる

女性は男性に綺麗だと思われて付き合いたいと思い、化粧をしたり美容に気を使ったりファッションを考えたりします。

男を意識することで女磨きがより洗礼されるし、女性としての喜びも感じます。

 

男性にモテたいから女磨きをするのが一つの大きな目的でもあるので異性との付き合いは自分が女性として美しくなるための要素として大変重要です。

よっぽど美意識が高い人を除いて異性を意識しなくなるとだらしなくなっていくんです。

 

彼氏ができない、いないからと体重を気にしなくなりどんどんスタイルが悪くなったり、ムダ毛処理などもやらなくなります。

意識する相手がいないと美しく居ようとする基準がどんどん下がっていくのは自然なことでもあります。

 

化粧は一応していても内面の美がずぼらになって行き、だらしない見た目になっているのにそれですら『まぁ、まだ大丈夫かな』と女磨きをしなくなります。

 

学生時代で出会った彼氏とは結婚ルートもあるのを逃している

高校の時の友達が大学で知り合った先輩と結婚してそのまま専業主婦コースに永久就職していました。

23歳で子供ができて早々と家庭に入っていました。

 

彼女は高校生の頃から色恋沙汰に敏感で、大学に入ってから2人と付き合っていましたがその2人目でゴールイン。

 

他にも中学の友人はもっと早い段階で高校の時に彼氏を作り何人かと付き合った末に25歳で結婚。

学校でできた彼氏が今の旦那さんルートなんて羨ましい限りですが、早くから異性を意識している子って結婚したり、もしくは彼氏がいたりして男の人に困っていない人が大かたです。

 

また彼氏と別れてしまっても割とすぐに新しい彼氏ができたりしていて、うまく彼氏を作るためのノウハウを熟知しているようでした。

 

学生時代に彼氏を作っているとそのまま結婚もあるし、もしくは今はまだ彼氏彼女の関係だけど婚約者として人生のパートナーがそばにいるって安心します。

 

それがないまま社会人になるとまずは新入社員として1~2年は忙しくて恋愛してられず気が付けば20代後半になっていることもあり得ます。

 

社会人になってからも恋活はしておかないとどんどん年をとるんだなって感じたので、仕事とプライベートをしっかり分けて彼氏を作る余裕も作りましょう。

交流会やイベントに参加したりなど最近では豊富にありますが、手ごろに始められるのはマッチングアプリです。

 

マッチングアプリでも恋人探しのコンセプトに力を入れている『ペアーズ』はおすすめですし女性は無料で利用できます。

 

男慣れしていないと変な男に騙される

男慣れしていないと良い男性かどうかを見極める判断がまるでないんです。

若いころに恋愛経験を積んでいなかったり、男性慣れしていないとすべての異性に対して緊張してしまい無駄に意識してしまう。

これによって悪い男性からはいわゆる『ちょろそう』と思われて近寄ってきます。

 

付き合ってみて変な男だった、暴力を振るわれるDV男だった、お金にズサンで借金まみれな男ばかりと付き合ってしまう負のループにはまってしまうのですが本にはそれになかなか気づけないんです。

その理由の大きな原因は自分への女としての評価を下げ過ぎているのが原因です。

 

女としての自己評価も付き合う恋人の水準も下がる

例えばあなたが女としての魅力が『100』もあるとしましょう。

100もあるのに男慣れしていない、彼氏がなかなかできないことで自信がないなどで恋愛経験が乏しいと付き合おうとする男性レベルを無意識に下げてしまっていて変な男に引っかかる。

 

この変な男たちの魅力レベルが『60』程度しかなく、本来あなたは100レベルの魅力を持つ男性と付き合える魅力を持っているのにそれを自ら下げてしまっていて、自らも50~60程度の魅力しかないと考えてしまうのです。

付き合う異性のレベルを下げるという事はあなた自身の女としての評価も自分で下げているのと同じなんです。

 

本来恋人や結婚相手となる男女間の見た目や経済力、育った家庭の階級などはほぼ同じレベルのものが惹かれ合う専門的にも証明されています。

それが本来付き合える水準の彼氏よりも大きく下回った異性と付き合っても幸せを感じにくかったり、不満を何となく感じながら生きる事になってしまいます。

 

この自己評価がとにかく低いのは異性関係だけでなく仕事や能力、何かに対する目標など仕事や私生活でも大きく影響してしまいます。

 

自分に自信をもってちゃんと理想をもって男性と付き合うのは重要です。

妥協は禁物です!

 

社会人は出会いがない・彼氏いないままアラサーまっしぐら

現代日本は社会人になると本当に出会いがありません。

男も女も学生時代に恋人を作らないまま終わると半数以上が婚期を逃してしまっています。

 

自分から会社以外の場所に積極的に行かないと出会いはないし、そもそも会社ではの仕事が忙しくてそんな時間を作れなくなります。

特に新卒入社である23~25歳くらいまではとにかく会社でのルールや業務内容を覚えることに必死でほかの事にかまけていられない。

 

仕事に集中していると出会いとか考えないまま2年3年と経ってしまいあっという間にアラサーになっている女性が年々増加しているように感じます。

 

アラフォーで初産の苦悩

 

今は晩婚化が普通になりつつありますが、年上の先輩でアラフォーになってから初産を終え子供がまだ2歳くらい。

普通だったらわが子がかわいいと思えてくるものだと思っていたのですが、その先輩はわが子が毎日笑ったりはしゃいだりしているのが理解できないしテンションが追い付けないと育児につかれていました。

育児ノイローゼか?とも疑ったようですが、どうやら違っていました。

 

育児っていくつの人がやっても大変ではあるのですが、この先輩更年期障害になっていたんですね。

更年期障害のせいで若いときに育児をすることよりもまた一つ大きな障害を抱えながらになっていたみたいで、いくら世の中が晩婚化と言っても女性は適正な年齢で子供を産んだ方が良いのではないかと感じました。

 

出会いがない・彼氏できないと待っている人はいつまでたっても彼氏はできない

彼氏がいない人の特徴って『出会いがない』とか『良い人がいない』とか『うち女性しか会社にいない』とか男性と接点がないから彼氏がいないって言っている人が多いです。

接点は自分で作って行かないといつまでたってもできません。

 

出会いがないなら出会いに行くべきです。

 

大学出るまで彼氏がいなかった友達は街コンに参加したり合コンに参加して旦那さんをゲットしていました。

またそういった恋活や婚活系のイベントごとでなくても習い事を始めてみたり社会人サークルに入って友達から輪を広げていくことは、もし出会いを求めているならいろいろやってみるべきでしょう。

 

彼氏ってひょんなことからできたりするので出会いの場はいろいろ作っておいて損はないです。

 

また今では手軽に出会いを繋げてくれるマッチングアプリが便利です。

私自身マッチングアプリで外国人の彼氏を作りました。(もちろん日本人ユーザーが多いですが)

 

国際問わずいろんな人と知り合えるきっかけを作ってくれて尚且つ女性はほとんどのマッチングアプリは無料で利用できるので登録して活用してみましょう。

 

おすすめはマッチングして結婚率も高いと評判な『ペアーズ』です。

20~30代がメインで利用していて若者のユーザーにも人気です。

 

若いなら若いなりに出会いを増やして遊ぶべき

とはいってもいい人がいない、出会いがないという人もいると思います。

それは自分が今いる環境に自分が理想とする付き合いたい異性がいないだけなんです。

 

ミュージシャンと付き合いたいのに球場に行ってミュージシャンの男性を探したりしませんよね。

自分が付き合いたいと思う異性が良そうな環境に自ら赴くことをしていないから出会いがないといって諦めている人が多いですが、少しの行動で環境は大きく変えられます。

 

つまり未だに彼氏ができないことを愚痴っているのははっきり言って自分に原因があるからなんですよね。

 

いろんなところに遊びに行ったり、イベントごとやサークルに参加など人との出会いに対して貪欲になりましょう。

 

本記事で紹介した無料のマッチングアプリ

 

  1. ペアーズ
    【女性は完全無料】20万人以上に恋人ができた実績ありでこれがきっかけで結婚した人も多い