【新卒1年目で退職】自信がなくて転職活動ができない【気持ちを切り替えて転職成功に必要なこと】

新卒入社したけど1年ほどで会社を辞めてしまった。

キャリアアップとしての退職ではなく、もう疲れた、この会社では働きたくないと限界が来たので退職してしまった。

会社を辞める時の面談で上司から『これから君はどんなことがしたいのか?』とか聞かれたけどぶっちゃけただ今の会社が辞めたいだけで次のことなんて考えていない。

しばらく無職期間を味わっていたけど1か月2か月と経ってくると、働かないといけないという気持ちに押しつぶされそうになる。

 

だけど今の精神状態でまた正社員としてフル勤務で働くのはつらいし、そもそももう自分は働けないんじゃないか?

自分は社会に馴染めない不適合者じゃないのかと思ってなかなか行動に移せない。

 

こういった状況で、働かないといけないけど働くのが怖いと行動に移せない20代の方に向けた記事となっています。

 

新卒で早期退職してしまった理由

辞めた理由

新卒で数か月や1年ほどで会社を辞めてしまうことって実はそんなに珍しいことではありません。

 

早期離職者とは3年以内に離職した場合のことを指し、大卒で約3割の方が初めて入った会社を辞めています。

 

早期離職してしまう理由は『会社が合わなかったから』というのがほとんどの割合です。

就活の時に取り合いえず内定が出たから決めたとか、会社の方針や働き方などをしっかり調べずに決めたりだとかで働き方が合わなかったり、待遇に不満があったりして辞めたい気持ちが募っていきます。

他にも人間関係や社風が合わないなど、ぽろぽろと自分と相性が合わないところが見えてきて会社に行くことが苦痛でなってくる。

 

おそらく自分でも理解していると思いますが、自分がしっかりと納得ができて興味の持てる仕事内容や待遇でないと長く働けません。

好きなことが仕事になった人が何十年も働けるってその仕事が苦痛ではないのと、その環境が好きなことができる環境であるので居心地がいいんですよね。周りの人間関係も少なからず自分が興味の持てることを一緒にしているメンバーなので仲良くもなりやすい。

 

ただほとんどの人が好きなことを仕事にはできません。ましてや学生の時に仕事に繋がる好きなことを探すなんてことはほとんどの方ができていないと思います。

 

自分には好きなことがない、だから仕事でも長続きしないんだというわけではなく、仕事探しの重要な点を疎かにしただけですので、自分が長く働けて、居心地の良い職場に出会うにはどうしたらいいのかについて書いていきます。

 

したい仕事がないなら価値観の合う会社を探すべき

居心地がいい職場はある

会社選びで重要なことってその会社と自分の『価値観』がマッチしているかっていうのがとても重要だと思います。

 

例えばどんどんノルマを達成してその分評価に値するような方針の会社で働くことがやりがいがあって楽しいと感じる人と、苦痛に感じる人がいる。

逆に人に頼まれた仕事は的確にこなし、コツコツ作業する仕事の方が性に合っている人もいれば、これまた合わないと感じる人もいるのです。

 

自分の価値観はどんな価値観を持っていてそれをどう働き方に貢献できるのかを自分で知って会社を選べればストレスを無くして、むしろ楽しくやりがいを持って働けるようになれます。

 

前職が熱量が強すぎてしんどかった

新卒で入った仕事では言われたこと以外にも自分で仕事を取りにってどんどんしろ!残業しろ!元気いっぱいハキハキすべき!と強要されてきつかった。

自分は知識があってそれを発揮できる能力もあり、コミュニケーション能力も高いので人当りもいいという人間ではなく、どちらかというと1つのことに一転集中してコツコツと仕事をする方が性に合っている。

 

このように最初に入った会社と自分の働き方に対する価値観が違うと大きなストレスとなります。その結果自分には価値がないだとか、会社で働ける人間ではないと自信を無くしてしまう。

 

これに関しては絶対にそんなことはないといいたいです。

明るくてハキハキしている人だから仕事ができる環境もあれば、おとなしくて無口だけどその分集中力や頼まれたことをしっかりと終わらせることには長けている人が適している職場もある。

まずは自分の性格や価値観を自分自身で理解し、こんな会社は自分には合わないな、こういう働き方なら楽しめるのになと苦痛ではない働き方ができる環境をイメージしてみましょう。

 

新卒で早期離職したからと落ち込むのは本当に早いし、そこで足を止めてしまうのももったいない。

ただ最初の就活でしっかりと企業調査や、また自己分析をせず企業との相性を考えることなく目の前の内定に飛びついてしまった結果合わない会社を引いてしまっただけ。

この二つを改善すれば自分が居心地の良いと思える会社で働くことは可能です。

 

仕事を探したいけど気持ちが追い付かない人に勧める転職法

つらいなら行動する

とはいえ落ち込み度合いが強すぎて転職活動に乗り切れない。

自信が持てないという方もいると思います。

 

そういう方に勧めるのが第二新卒向けの転職エージェントのコンサルタントに相談してみること。

早期離職の原因や理由について理解があるコンサルタントですのでまずそこから改善できるように的確なアドバイスを貰えますし、働き方でも残業が多いところは避けたいことや、休日が充実しているところ、転勤がないところなどココだけは妥協できないことを伝えればそれに該当する仕事を紹介してくれます。

 

その他に目第二新卒向けのエージェントはメンタル面もしっかり理解して就活をサポートしてくれます。

まず早期離職してしまった方の悩みを聞いてそこから性格分析をし、他にも隠れている能力などを診断してくれるので合わない働き方や方針を持った会社を排除してくれます。

すぐには就職を考えていないけど気持ちを整理したい、とりあえず相談だけしてアドバイスを貰いたいという方にはそのモヤモヤとする気持ちを乗り越えるためのカウンセリングもしてもらえます。

基本的に転職活動は自分で決めることでもあるので、エージェント側も自発的に行動してくれることを待ってくれ、強制的に企業を受けさせようとすることをしないところもあります。

 

ハローワークやキャリアアップのための転職エージェントだととにかくすぐに転職させようとしてきたり、企業とのマッチングを図らずにとにかくたくさん受けてみて場数を踏ませる就活を強要される場合が大いにあります。

また独自でサイトや企業HPに応募して転職活動をするよりもエージェントに紹介された企業の方が得られる企業情報が豊富なので会社との相性を図れるので失敗のない転職が来ます。

 

辞めてから1~2か月程度は休養できて、もうそろそろ働かないといけないと焦りを感じているのに行動に移せないという方はまずは気持ちをリセットさせましょう。

これができないと全く前に進めないです。

 

また無職であると不安な気持ちはどんどん大きくなります。どこかで折り合いをつけないと社会復帰が難しくなり人生が本当に難しくなってきますので、まずは軽い気持ちで相談だけでもしてみましょう。

 

紹介された会社が合わないと思ったりエージェントが合わないと感じたら利用を辞めればいいだけの話です。

自分からどこかにアプローチをかけないと何も変わらないし不安な時間だけが続いてしまうので、不安である、気持ちが整理できずにズルズル時間が経っているならとにかく新しい行動に移りましょう。

 

行動することで不安が消えたり吹っ切れたりして前に進みやすくなるものです。その一歩がなかなか難しいのですが、何とかしたいと感じているのなら絶対に変われますので安心して欲しいです。

 

第二新卒向けで早期離職からの転職に強い転職エージェントについてはブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】にまとめてあります。

 

就活自体がめんどくさいという方は書類選考なしで転職活動ができるエージェントなどもありますので、気になるところにまずは相談してみましょう。

 

腰を上げるのは重いかもしれないですが、その一歩で今後の生き方が楽になります。苦痛でない働き方ができる会社に出会えるように就活では納得してから前に進んでみましょう。

 

人気記事ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】