弱小ブログが6ヶ月で100記事書いて1日200PV突破しかたがGoogleアドセンスでは稼げないことが判明




半年で100記事超えて少しずつPVが安定する 100PVからの200PVまでの期間

不安定にも感じる安定

現在114記事目と100記事と突破して結構経ってからの記事になりますが、以前書いた100PVを始めて突破したのが12月20日に投稿した83記事目。

200PVを初めて突破しのは今回ではなく少し前の1月28日になります。

 

期間的に見ると100PV突破した日から丸40日目に200PVに達しました。

 

 

そこから20記事程度でPVは倍になり今も190~240PVの間を行ったり来たりと200PV前後を安定するような数値にはなってきました。

 

 

100PV突破した後も何日か100を切る日はあったものの徐々に上がっていった。

 

そして今月で私はブログをはじめて丸6か月となりました。

 

8月3日に初めて記事を投稿してから半年間、毎日書いた月もあれば中休みを入れる期間があったり、その中休みと称した記事を投稿していないときは過去記事のリライトやサイトの機能やバグの調整などに時間をかけたりと毎日何かしらでこのブログには関わってきました。

 

私のブログはここからPVが劇的に変わることはせず、おそらくこの調子でゆっくりゆっくりPVやアクセス数が増えるようなブログだと分かりました。

まだまだ憶測の範疇ではありますが、100記事前後も書くとなるとだんだんとどんな記事に需要があるのか、それぞれの記事の1日のアクセスの割合などみて推測できます。

アナリティクスでの分析は意外と面白いものです。

 

主にどんなタイトルがアクセスが伸びやすいのか自分が書いているジャンル内の話ではあるがなんとなく分かるようになりました。

なのでその視野はまだまだ狭いものです。

 

100PVも200PVも正直変わらない

半年で1日200PVでもあり100記事超えて200PVでもある。

 

100記事書けば月のPV数が10000PVとなると平均で出されている。

つまり1日330PV程。

そこには及ばないとみるとなかなかのスローペースで需要のない記事を生成していることになる。

 

やっぱり書きたいようにしか書けない。

 

徐々にPVが上がりつつありそれが安定し始めてはいるが、数百くらいのPVだったら全くと言っていいほど気に留めることはないように思います。

 

1000PV/1日を超え始めてからきっとPVは気にした方がいいだろう。

10~20なんてよく変動するし、PV数が大きいブログだと100単位でアクセス数が変わることだろう。

 

大きなブログにとっては私のブログはちょっとした差の中でやきもきしていると考えると無意味に思う。



アドセンス収益で大暴落する

アドセンス収益って本当に伸びないなとモチベーションだだ下がりしています。

 

アドセンス収入は1000円を先月初めて超えましたが、広告のクリック単価が1円や2円と激安のものになる現象が10日ほど続いたため、もしかしたらもう少しあったのかもしれない。

またこういったクリック単価の低い広告が多くあることも考慮に入れると今月は1000円を超えないかもしれないです。

 

それほどGoogleアドセンスの広告によるクリック率もクリック単価も不安定なのです。

 

 

アドセンス広告は本当に滅多にクリックされません。

1日に250PVもみられているのに0クリックの日もあれば深夜日付が変わって1時間もしないうちに2クリックあったり、つまりPVがそんなにないのにクリックされることがあるということです。

 

PVを増やすのはあくまでクリックされる”可能性の確立”を高めるものであって、これくらいのPVでは必ず上がるとも言い切れないなと思いました。

 

恐らくですが1日に1000PVを超え始めたり、またはそれに匹敵するアクセス数のあるブログの統計からすると説得力のあるように思うが、100~200PVまではクリック率はそこまで気にしなくてもいい気がします。

 

まだまだ運の領域ですね。

正直PVを気にするのが少し疲れてきたのもあります。

 

ユーザーのアクセスの仕方

アクセス数ですが100PVが少し過ぎたあたりはブログサークル系のSNSから飛んできている人がほとんどでしたが、それも1~2週間ほどで検索流入によるものが大半になりました。

アクセスの仕方の比較

過去の統計と比較すると結構変わってきました。

 

ほとんどがオリジナル検索でこのサイトを見つけてきているようで、かなり嬉しいです。

 

6か月ブログを続けてみて

継続する

6か月ブログを続けてみて、日に日に頭がクリアになっていく。

 

考えていることを文章にするのがうまくなったように思うし、相手に伝わる言い回しを文章で考えるようになった。

少なからずも他人が見る可能性のある場所に掲載しているのだから人の目は気にしないといけない。

 

何が言いたいのか分からないような変な書き方をした文章を修正するスキルは付いたように思います。

たまに言いたいことがあふれてしまいどこで文章を切ればいいのか悩むこともありますが、リライトを重ねることで良くなっていきました。

このような個人ブログって別にすぐ誰かが見に来るわけでもないです。

 

変な文章だったり、誤字があってもだれも見ていないと思うと、記事を投稿してからスマホで改めて記事を読んで間違え探しをする作業に焦りはありません。

 

ただ私は自分が書いた記事1つ1つを作品のように思う時があります。

ちょっとした間違えとか気になる言い回しが気持ち悪くて、その発見をしてもすぐに修正できない状況にいる場合は誰も見ていないと思っても気持ちがそわそわします。

 

人気記事ブログ50記事書いてもアクセスがない・稼げない人必見 アクセス数10,000PV超えにアップした方法と3ヶ月で効率的に稼ぐ秘訣