WordPressで画面が真っ白になる原因は.htaccessがないからPHPを実行できていなかったから【.htaccessの作成方法】

web制作にあたっての自分用メモブログとして記述していきます。

 

PHPは経験値無なのでくだらない疑問も並べていくと思います。




WordPressのサイト表示が真っ白になる

結論をタイトルに書いていますが、WordPressはPHPというプログラム言語で成り立っています。

そしてPHPを実行させるために必要なのが『.htaccess』です。

 

このファイルがないとWordPressで制作したサイトが真っ白のままです。

 

PHPの記述が全く反映されない時確認すべき事

ひとまず私の状況ですがWordPressで1からテーマを作成しているのですが、WordPressのテーマを作るにあたりHTMLはPHPを使って情報を伝達しあっています。

ほぼ同じ情報なた1つのファイルにまとめてPHPコードを使っていろんなところからその1か所のデータを読みに来させようとしました。

 

使用しているFTP(nextFTP4)でサイトのディレクトリ(階層)を変更しようとファイルを移動させたら、なんと画面が真っ白になってしました。

最初何が起こっているのか分からなかったのですがどうやらPHP働いていないことに気付きました。

 

今回ファイルのディレクトリを移動させたことにより起こってしまった不具合について書いていきます。

 

PHPを実行するのに絶対必要なのが『.htaccess』

 

階層を別にしたため以前の階層にあった『.htaccess』をhtmlが見つけることができなくなりPHPの実行などできなくなりました。

 

(その前は別のブログ用のwordpressが既存であるものを使っていたみたい)

.htaccessってめっちゃ必需品じゃんと初めて理解。

.htaccessはPHPの起動源だったという事がわかりました。

 

PHPを実行させるの.htaccessを作成する方法

まず新しいファイルを作成しその保存名を『.htaccess』にしてください。

メモ帳でもお使いのエディターからでも大丈夫です。

 

保存時は拡張子などをつけずただ.htaccessだけの入力です。

 

ちなみに読み方は『ドットエイチティーアクセス』。

 

そのファイルに以下の記述をコピペしてください。

 

PHPを実行するために必要な.htaccessに書くコード

 

 

とこの3行!

ちなみに.htaccessでのコメントアウトは文字列の先頭に#でその一行がアウト化されます。

何の記述か分かるようにメモ書きしておきましょう。

 

この.htaccessファイルをPHPが書かれたファイルなどが置いてある階層を同じ階層に保存し置いてください。

これでPHPが実行できるようになります。

 

“次のファイルを開こうとしています:”というポップアップが出る

“次のファイルを開こうとしています:”と表示されたポップアップが出ているのはまさにPHP実行のコードに対しPHPファイルが読みに行けないため勝手に別のファイルを自動生成してそれを代わりに開きますというダイアログ(ポップアップ)だったことがわかりました。

 

この自動生成されたファイルはゴミファイルなので削除してください。

ダイアログにある『ファイル場所:…』とあるところに保存されていると思います

読みにいくファイルがないときに出るダイアログ

このポップアップが出る理由はPHP実行のために必要なのは『AddType application/x-httpd-php .php .html』という記述のみなのですがその他に記述がいります。

上記の3行で解決するのですが、このポップアップが出る場合は2行分の記述が抜けているのです。

 

 

の2行を書き足したところ上の画像のダイアログは表示されなくなりPHPの実行に成功しました。

 

 

ちなみに.htaccessにPHP実行のための記述がないとブラウザでctrl + U キーで見れるソースにはPHPの記述が赤文字でエラーが出ています。

この確認は簡単なエラーなどをすぐ見抜けるのでお勧めです。

 

赤文字コード

 

私はこれによりPHPのみが実行していないことに気づきました。

ソースでの赤文字は何か間違えているときになります。