【20代職歴ほぼなし】フリーターがdodaを使っても連絡来ないので意味ないよ

学校を卒業してから就活を失敗して未だ会社に勤めたことがない。

フリーターや現在求職中の無職でもdodaって使えるのか?

 

職歴なしでもdodaに登録はできます

 

dodaは登録無料ですので誰でも登録することができますし求人情報を見て気になったら応募ももちろんできます。

権利はありますが職歴がないので落ちる可能性は高い最大の難点があります。つまり使うメリットがあまりないんです。

 

職歴が無い人または会社に勤めていたけど数か月で辞めてしまったなど会社でほぼ働いた事の無い人は転職エージェントdodaはあまりお勧めしません。

理由は、まずdodaは転職エージェントでも職務経験がある人をターゲットにしています。

職歴がない、職務経歴が数か月で履歴書に書けない実質職歴なしの人はそれなりに適正なエージェントを利用しましょう。

 

職歴なしの人におすすめする転職エージェント

 

  1.  第二新卒・既卒・フリーターから正社員に!【DYM就職】
  2. 既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

転職エージェントのdodaは職歴なしでも使えるがお勧めしない理由

一昔前まではdodaを含めリクルートエージェントなどは職歴ありの転職者希望を対象にしていました

名前の通り『転職』エージェントですので、職歴なしの人は就職エージェントであるハローワークなどを利用します。

(※ただハローワークは職歴なしの人にはブラック企業を勧められることが本当に多いのでおすすめしません⇐実際に引っかかった)

 

しかし最近のdodaでは未経験者でも既卒やフリーターなど会社で働いた事のない人でも応募可能な求人情報がちらほら出てきていますが、割合的にはそんなに多くはないという印象ですし、職種にもよります。(Web/IT系は比較的経験問わずでフリーターから応募可の求人もある)

 

会社が安定してきて規模を大きくさせたい会社で教育にも力を入れる事が確保されていることで未経験者や職歴のない第二新卒やフリーターなどを対象に応募をかけている会社も出てきていますが、そんな会社に職歴がある人が応募すれば未経験、職歴なしの人はほぼ確実にはじかれてしまうんです。

 

つまりdodaでも募集条件で職歴なしでも行けそうな求人はわずかにありますが、職種によって全くない業界もありますし職歴がある人が応募すると立場がなくなるのでdodaなどの基本職歴がある人を対象とした求職者のための転職エージェントでは職歴のない人は苦戦するということです。

 

職歴なしの人にdodaをおすすめしない理由まとめ

 

  1. ①職歴がある転職希望者をターゲットにしているエージェントだから
  2. ②既卒やフリーターでも応募可能の求人はわずかにあるが専門ではない
  3. ③経験者が応募したら歯が立たないので苦戦する

 

フリーター時代にdodaを利用してみたけど応募できない求人ばかり紹介される

大学を出てから就職できずに既卒でフリーターになった時にこのままじゃダメだと感じてとりあえずdodaに登録して利用してみました。

Webで会員登録をしたのちに確認メールが来て、担当の方から電話がかかってきて軽い面談と本登録をするための来社日についてのお話をしました。

 

電話では軽く自分の現状を伝え希望職種、何か経歴があるのか、どれくらいまでに就職を決めたいかなど。

 

正直どんな仕事をしたらいいのかもわからずとても曖昧なことしか伝えることができなかったけど、明確に伝える事の出来たのは自分がフリーターであって会社での職務経験がないという事。

担当の人も職歴がないなら難しいとははっきり言いませんが、該当する求人情報があればメールで送りますと電話が終わりました。

 

一度来社するのが普通ではあるけどこの電話でのやり取りの時点でいろいろ察して来社する意味なさそうだなって感じましたね。

 

それから担当者の方から求人情報がいくつか送られてきましたが確認すると業務経験2年以上とか最低限求めるスキルの項目があって未経験者には無理な求人ばかり送られてきて私には応募する資格がないものばかりでした。

 

一応登録して利用してもらっているので担当の方も形だけ求人を送ってくれているという無駄でしかないやり取りで、逆に落ち込みました。

 

職歴がない・フリーターやニートなら既卒者向けの転職エージェントを利用しよう『必ず正社員になれる』

転職エージェントでも求職者の要望に見合ったものを使うべきです。

職歴がないフリーターやニートの方、または新卒で会社は決まって入社したけど1年も経たずに辞めてしまった、など履歴書に職歴をかけない人は既卒者向けの転職エージェントを利用しましょう。

 

私自身が利用して良かったのが『DYM転職』と『ウズキャリ』です。

 

結果的に就職先を決められたのはDYM転職でしたが他にも利用していたウズキャリやWeb職の専門転職エージェント、またおすすめしないとは書いていますがdodaやマイナビなども登録しておいてよかったと思っています。

 

逆に1つのエージェントに絞って就職活動をしてもマッチングする会社がなかなかなかったけど別のエージェントも利用し始めたら1週間で死後tが決まることもあります。

職探しで重要なのはいろんな企業をみてより自分とマッチング率の高い会社を比較するために複数の就職サービスを利用すべきです。

 

いろいろ使ってみたから言える事ですが職歴がなく就職が不安だった私が10日で就職できたので既卒者向けの転職エージェントについて説明していきたいと思います。



職歴なしでも正社員になれる既卒向けのエージェントの就活の仕方

職歴がなくてどんな仕事をしたらいいのか分からない人は専門のコンサルタントに相談しましょう。

Webで登録後に来社して本登録をするのですがその時にコンサルタントの方が担当についてくれて就職にあたる不安やどんな仕事が向いているかの適正診断をしてくれます。

 

私の場合はWeb系の仕事に興味があったのでその旨を伝えて、WebやITなどの仕事を紹介されました。

 

実際にDYMとウズキャリそれぞれ利用してみた感想と書いていきます。

 

すぐに就職を決めたいならDYM転職エージェント
DYM転職
企業案件数 年間5,000社を超える企業のコネクションを保有
対象 10~20代向け・新卒・既卒・第二新卒・フリーター・ニート
ここが良い 学歴・経歴に自信がなくてもはじかれることがない
書類選考なしで面接ができる
100%正社員雇用として働ける会社が見つかる
最短1週間で就職先が決まることも
公式サイト https://talk.dshu.jp/

 

個人的におすすめなのはDYM転職です。

理由はDYMが保有している企業はすべて正社員雇用採用会社のみで、最短1週間で就職が可能。

わたしはDYMを利用して10日目で会社が決まりました

 

また就活で一番面倒ともいえる書類選考をスキップして気になる企業があればコンサルタントの方が企業にアポイントをとってくれてそのまますぐに面接に進むことができます。

 

来社した初日に6社くらいの会社を紹介してもらいましたがいきなり面接に進むのが怖く、もう少し企業について知りたいと打ち明けたら求人を出している企業は定期的に合同説明会を実施していてそれの案内を受けました。

自分が興味のあった会社の4社が同じ日に同じ会場で説明会があったので参加し、そのまま気になれば説明会の後に面接することもできます。(その会社によりますが私が参加した説明会に来ていた企業は可能でした)

 

エージェントのサポートも良く面談日の段取りや、必要書類の添削なども徹底してくれています。

一応企業には書類選考はありませんが履歴書の提出はあります。(身分を企業側に送るのは当然ですね)

なので説明会に参加する時に履歴書を持参するか、もしくはDYMに来社するときに履歴書をコンサルタントに託して企業に送ってもらうことも可能です。

 

会社との面接ですが堅苦しいものはなく基本的なことしか聞かれず『会社で○○という仕事をしてもらう事になるけどやっていけそう?』とか職務に関するフィーリング確認とあとはちょこっとプライベート的なお酒は飲むの?とかそんな会話を交わして拍子抜けするような気楽な面接でした。

 

私の場合はしっかりと説明会に参加して企業を決めたのですが、説明会に参加せずにそのままストレートに面接に進む場合は企業情報を自分でしっかりと調べておきましょう。

基本的に面接は1回で決まってしまったらすぐに採用されて数日後には入社になります。

それだけスピーディー就職ですのでちゃんと会社の事を知ってから就職をしたいなら説明会に参加してじっくり考える事をおすすめします。

 

 

 

じっくりマイペースで就職したいならウズキャリ
ウズキャリ(UZUZ)
企業案件数 登録企業数1,500社以上
対象 18~29歳の既卒・第二新卒・フリーター・ニート・転職希望者
ここが良い 初回2時間にも及ぶ入念なキャリアカウンセリング
紹介された会社への入社を強要されることはない
ブラック企業徹底排除
転職が成功しても入社後の悩みや不安を相談できる
公式サイト https://daini2.co.jp/

ウズキャリも利用していたのですが私が住んでいる地域からちょっと離れていたので何度も来社することができなかったのとDYMで先に仕事が決まったので詳しい感想は書けないですが、初めて来社した時のカウンセリングは本当に親身になってくれました。

初回カウンセリング前に簡単な履歴書をメールで送り、その履歴書をカウンセラーが見ながらカウンセリングが始まりました。

 

ウズキャリを利用してみようと思ったきっかけが書類選考時に企業に登録者の強みをアピールする事で書類通過率80%超えであることと、日本で唯一キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒で自分と同じ経験をしているから気持ちを理解してくれると感じたからです。

 

来社してまず2時間ばかりじっくりとカウンセリングを受けて、その中で私が希望する職種の求人情報を紹介してもらえました。

 

自分が興味のあった技術職を中心に企業情報を持ってきてくれたのですが、企業概要で気になったのがその時紹介された仕事で自社開発系の仕事と受託開発系の会社とでいろいろ話を聞けて、私としてはいろんな会社と関わって付いたスキルを挑戦しやすい受託開発系の会社の方に興味があったのでそちらで話を進めました。

書類選考の段階時にDYMの方で会社が決まり途中で辞めたという形になったのでウズキャリで職探しを進めていても決まってはいたと思います。

 

DYMはスピード就職を売りにしていますがウズキャリは企業と求職者のマッチングを重視しているのと、あくまで就職をするのは求職者なので求職者の意見を最優先する。なのであまり興味がない求人などでも断りやすいし強制的に面接させようとされることはありませんでした。

 

いろんな企業と比較してじっくりと自分のペースで就活を行いたい人にはウズキャリがおすすめです。

 

 

興味のある会社と出会うためにエージェントは複数利用しよう!

就職は自分が働きたいと思える会社と出会うことが一番の近道です。

妥協して会社を選んでもストレスが溜まったり、こんな仕事したくなかったと後悔して働くことになるので就職は自分がちゃんと納得した企業を選びましょう。

 

職歴なしからブラック企業ではないちゃんとしたホワイトな会社で正社員として就職を成功させたいのならこの2つのエージェントを同時に利用することをおすすめします。

どちらのエージェントに自分ぴったりな会社の求人があるかは出会いなので!

 

既卒者向けの転職エージェントに無料登録する

 

  1. 最短1週間で正社員に就職【DYM転職】
    ⇒書類選考スキップで10日で就職できました
  2. 既卒・フリーターの就職サポート!内定率83%以上!【ウズキャリ既卒】
    ⇒カウンセリングに時間をかけ企業とのマッチングを重視して探せる