アラサーニート女がマッチングアプリで婚活してみた 家事手伝いができる無職の女性は婚活アプリで勝負しろ

ニート女性でも結婚願望がある。

でも仕事もしていないし引きこもっているので出会いもないし、仕事をしていないことで相手に敬遠されるんじゃないかとなかなか行動に移せない。

 

ただ男性側の本音を言うとニートであることよりもフィーリングを重視する人もたくさんいます。

男性とのコミュニケーションの取り方次第でニートである女性でも十分に恋活や婚活をしていくことはできるという記事です。




何故働かないのか?ニートでいる理由

純粋に知りたい働かない理由

まずニートって聞くと何で働いていないの?と疑問に思う。

 

無職・ニートであることよりも何故ニートになったのかの経緯が気になるのがほんとのところ。

 

社会人経験の無い人はおそらくですが就活の時に挫折してそのまま引きこもったという感じではないでしょうか。

社会人経験があっても、会社が合わなかったりとかパワハラやセクハラに遭ってそれがトラウマになり再就職をする勇気が出ない。

体調を崩していてフルタイムで働けない。

また1度会社から離れてブランクができるとなかなか就職活動をする勇気がわかなかったりなどいろんな理由があると思います。

 

ニートなら仕事探してアルバイトからでも始めればいいじゃないかという簡単なアドバイスですらニート側からすると本当にハードルの高いものです。

 

ただ一つ言えるの働きたくない!ということでニートになったのではなく働く自信がなくて怖い、人と接するのが怖いと感じている人が大半ではないでしょうか。

会社は人間関係で成り立っているので、人との接触に何かしらのトラウマがある人は就職への恐怖があるように思います。

 

また自分への評価を卑下しすぎていて、自身を心底失くしてしまった人がなかなかニートから抜け出せない。

 

これらの理由を理解してくれる男性は少なからずいますし、そういう女性を引っ張りたいという人もいます。

『働いていない=怠け者』という概念を相手に与えなければ十分に婚活でのコミュニケーションはうまくいきます。



ニートは出会いがないけど出会いに行く勇気もない

負い目が強いほど勇気は減る

今でこそ結婚する日本人は年々減少し、出会いがない時代。

結婚したとしても年齢層が上がっていき晩婚化と言われている時代です。

 

その出会いの場を設けるために婚活ブームとして婚活パーティーやイベント、バスツアーなどが盛んに開かれていますが正直大衆の場でいきなり会って自分を試すのに自信がない。

 

婚活会場はやはり一度きっかけがないとなかなか行きづらい場所ではあると思います。

またこういうイベントの多くは社会人向けの会場が多く、会社に勤めている人限定だったり、そうでなくともパーティーで自分のプロフィールに職歴の乱を描かなければならない。

また男性との会話でも仕事や趣味の話が一番無難に話を始められるのでニートのものからするとかなりしんどい場所ではあります。

 

結果的に結婚はしてみたい、彼氏を作りたいと思っていても出会いの場に出向く勇気が出ないまま終わってしまいます。

 

そもそも何故婚活したいのか? ニートだから結婚に焦る理由

結婚をしたいと思ったきっかけ

ニートでも社会人でも婚活したいという人は様々です。

ニートだからというよりも何故結婚に焦るのか。

 

そもそも働いていないので出会いの場がなく将来の事が不安になるのが一番だとは思いますが、他にも世間体の目や自分の周りの友人が結婚していくことに焦っているのも理由の一つです。

両親からのプレッシャー

ニートなら多くの場合実家暮らしです。

親も娘の自立を心配していたり、親と過ごす時間も増えるので話題が結婚の話になりやすい。

 

自立と結婚を含めた親からの将来へのプレッシャーを感じます。

 

疎遠になった友達のSNSを見て病む

TwitterやFacebookにInstagramなど今の時代相当年をとっていない限りSNSを使わない人は少ないでしょう。

 

特にリア友と繋がっている可能性のあるFacebookやInstagramでは結婚した報告や画像が載せられていたり、プロフィール欄が既婚に変わっていたりして友達がどんどん結婚していくことを間接的に知ることになります。

 

よくある出会いだと職場結婚や学生時代から就く合っていた恋人とゴールインしたなどが多い。

 

自分は未だ一人なのにあの時一緒に過ごした友達は家庭を築いていると思うと焦りが出ます。

 

結婚して専業主婦になっている友達

ニートだけど家事手伝いをしている女性は多いように思います。

それと同じように結婚を機に家庭に入り専業主婦として会社を辞める女性もまだまだいるわけです。

 

自分だって相手がいれば専業主婦と言えるくらい家事をしている女性は少しモヤモヤするものがあることでしょう。

知り合いが専業主婦になっていることや、世間一般でも専業主婦としてやっていっている女性を見ると、出会いのチャンスの違いでこうまで人生が違ってくるんだと思います。

 

専業主婦になりたいというよりも専業主婦と同じようなことができるのに一人身なので、何か行動すれば自分も結婚できるのではないかと考えている人は以下で説明している方法で出会いを探しましょう。

 

寂しいニート女を脱するには婚活マッチングアプリがおすすめ

どんな状況でも出会いは必要

ニート期間がつらいし、今後彼氏もできずに死んでいくんじゃないかとか絶望に駆られ本当に寂しくて毎日不安なまま1日1日が過ぎていく。

仕事も役割もないので何の達成感も無く1日が終わるのは虚しいです。

 

孤独や不安ほどつらい気持ちはないですね。

 

だけど社会人が参加するような婚活パーティーやバーやクラブの様な出会いの場なんて行けるわけも無く、どうせニートな自分が参加しても相手にしてもらえないことを先読みして行動を委縮している。

 

でも一人が寂しいし、結婚したいなとは思う。

 

そこでおすすめなのが恋活や婚活を目的としたマッチングアプリです。

 

女性は無料で利用できますし、メッセージのやり取りでフィーリングが合えば意外とニートだという事について気にされる方が少ないと思いました。

ただしそのニートになった理由がしっかりとあればですが。

 

ニートでも婚活アプリで成功する方法

 

  1. ①プロフィール欄はポジティブに
  2. ②いきなりニートであることは打ち明けない
  3. ③専業主婦・養ってほしいオーラはNG

 

この3つは大事です。

 

ニートははっきり言ってマイナスなイメージが強いです。

が、それは伝え方が一番大きいかなとも思います。

 

お互いの事を良く知らない段階でニートですと打ち明けると、社会人経験がないんだとか養ってもらいたいのかなとかいろいろマイナスな考えで勘違いされてしまいます。

 

個人的に思うのはニートであることをプロフィール欄には書かず趣味や今後頑張りたいことなどポジティブなことを書いていってマッチングした人にニートになった理由を段階を経て打ち明けた方が良いです。

実際に『仕事何しているの?』って聞かれた際に事情があって働いていないと、理由があったり、働いてはいないが勉強をしている身であることなど何かに頑張っているなど前向きなことも添えると逆に興味を持ってもらえました。(下記項目で詳しく書きます)

 

他にも前職でパワハラに合ってそこから社会復帰が怖いとか、就活したけど仕事が見つからなくて今はお休みしてますなど、働いていた経歴や今後働く意思があると伝えるだけで、相手側の男性は意外にもあっさりと『そうなんだね』と別の話題に移ってくれます。

 

ニート=だらけていると考えている人も多数いますしニートや無職というだけで誤解されやすいワードではありますが伝え方次第。

 

なので段階を踏んでまずは自分の内面を知ってもらうやり取りの仕方をすれば相手も興味を持ってくれます。

また今はニートだけどもし結婚をしたらパートとして働きたいことや、家事全般が得意なことで男性をサポートしたい意思があればハンデにはなりません。

 

多くの女性は出産を機に一度会社を辞めて子育てに専念します。

結婚して子供をつくることも考えている人であれば今の状況よりも一緒になってからのことをどう考えているかでポジティブに受け取ってもらえます。

 

女性は会員登録無料のおすすめ婚活アプリ

 

  1. 【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith

    ⇒趣味や価値観など内面的なことからマッチングしたい人におすすめ/年齢幅は20~40歳と豊富な印象
  2. ペアーズ
    ⇒恋人探しから人生のパートナー探しまで真剣に恋をしたい人におすすめ/20~30代層が多い印象
  3. 婚活・恋活・再婚活マッチング【マリッシュ】
    ⇒老若男女問わず婚活を目的としたマッチングアプリ

 

男性が求める女性像を知る

そもそも婚活アプリを利用している男性が女性に何を求めているかの点についてです。

スキル的なものだとやはり家事ができ、料理がうまいとポイントが高いです。

その他は仕事よりもフィーリング・相性を重視していたり見た目を気にしている男性が多いです。

 

長く付き合って将来的には結婚したいと思える人を探しているので最も重要視しているのはやはり価値観が合うかどうかという点でしょう。

 

ニート女でも需要がある層はある

 

どんな男性にニート女性は需要があるのか?

 

  1. 年上で給料が安定し始めてくる人
  2. 家事や料理が苦手な人
  3. 家庭の管理が苦手な人

 

給料が安定し始める年上の人にモテやすいです。

仕事に集中したいなどで家事ができなくなっている独身男性は多く、家事手伝いをしてきて家の事へのスキルが付いている女性は評価が高いです。

 

ニート時代実際にマッチングした男性に働いていないことを伝えた結果

自分自身が離職していて長らくニート期間だった時に婚活用のマッチングアプリを2~3個併用していました。

そのアプリは『【メンタリストDaiGo監修】の恋愛婚活マッチングサービス「with」』・『ペアーズ』・『マリッシュ』です。

 

アプリでマッチングした男性に話題作りとしては必ず聞かれる『何のお仕事をしているのですか?』と問いかけに実際かなり悩みながら答えました。

今働いていないと応えたらせっかくマッチングしたけどブロックされたり連絡が途絶える可能性もあったし、それをされたら傷つく自分が予想できたからです。

 

しかし言わないでいても今後もしお付き合いする関係にまで発展してから働いていないことをを伝えてあきれらるなら初めのうちに打ち明けた方が打撃がないと考え正直に離職中であることを伝えてみましたが意外にも連絡が途絶える男性は一人もいませんでした

 

ストレス社会を一番理解しているのは男性側です。

何か事情があるのかなと察してくれたり、中には『今はゆっくりなさってください』と優しい言葉を下さる人もいました。

そこからアプリ内では会話場弾み、男性側が知りたいのは女性が働いているかどうかというよりも内面を知っていきたいという欲求が強い事が分かりました。

働いているかそうでないかは関係ないですときっぱり言ってくれた男性もいました。

 

今の時代女性も働く時代ではあり相手の女性がどんな仕事に就いているのかを興味本位で聞いてきますが、本当にただの話題をつなげるためのテーマにすぎないことがほとんどなので、自分がニートだから婚活や恋活をしてはいけないなどと考える必要もないです。

 

アプリを使って出会いを求めている男性も出会いがなく、しかししっかりと将来を考えた出会いを考えているので一緒に生活して楽しい人を求めています。

内面重視で会話を進めてくれる人が多いです。

 

結論:ニート女でも恋愛・婚活して人生楽しむべき

ニートだからできないは言い訳

ニートだからと恋愛できない婚活できないと考える必要はないと思います。

やりたいことをしないのが一番人生もったいないです。

 

現状が働いていない、もしくは働けない状態であるならばそれを受け入れてしまった方が楽です。

 

また男性側も初対面でいきなりの自分の情報がニートだとマイナスなイメージを持たれてしまうのは事実ですがしっかりと話してから仲良くなっていくスタイルのマッチングアプリではそれが起こりにくいように思います。

 

ただし養ってほしい事や、家事ができない・しないといった完全に男性のお荷物になるような女性では例えその時働いていたとしても断られます。

お互いサポートしあえて一緒に人生楽しくして行ける相手だと思えればあまりニートだという事を悲観する必要もないです。

 

もし自分が今働いていないことを打ち明けてうまくいかなかったというケースが出てきてもそれは縁がなかったと思ってどんどん前へ進みましょう。

男性側が重要視する部分はその人それぞれです。

 

女性には働いててほしいと思っている男性にとってははじかれてしまう対象ではありますが、無職云々以前にも趣味が合う事や価値観が似ているなどでそんな事を気にしないどころか逆に支えになろうと考える男性もいますので。

 

 

女性は会員登録無料のおすすめ婚活アプリまとめ

 

  1. 【メンタリストDaiGo監修】恋愛婚活マッチングwith

    ⇒趣味や価値観など内面的なことからマッチングしたい人におすすめ/年齢幅は20~40歳と豊富な印象
  2. ペアーズ
    ⇒恋人探しから人生のパートナー探しまで真剣に恋をしたい人におすすめ/20~30代層が多い印象
  3. 婚活・恋活・再婚活マッチング【マリッシュ】
    ⇒老若男女問わず婚活を目的としたマッチングアプリ

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX