職業訓練校を終了後も就職できない人の共通点は就職に受け身だから 訓練校はあくまで踏み台です!

職歴はフリーターしかなくこのままじゃダメだと思い職業訓練校に通ってみたけど、スキルは付いてきているのになかなか就職先が決まらない。

ハローワークに通いつつ状況を報告したり、そのたびに新しい求人を紹介されるけどどれもしっくりこなくて応募もぽつぽつとしかできていない。

割と興味が持てた企業があって力を込めて応募してみたけど2週間経って不採用通知が来た。やる気をなくす。

 

貯金も減っていくしブランクも長くなると余計に就職活動に不利になるから早く決めたい。もうどこでもいいから自分を拾ってくれ!

 

このような不安をお持ちの方にお届けしたい記事となっております。

 

私はWebクリエイター学科の職業訓練校に6月間通い学校終了後2週間で就職先が決まりました。

しかし中には3ヶ月、半年たっても就職先が見つからずにアルバイトを始める人や、再び引きこもりハローワークへ近況報告をする日だけ出ていく人もいます。

 

職業訓練校に通っても就職先がなかなか決まらない人や就職できない人を見てて感じた共通点は完全に受け身体制でいて就活に積極的でない人がほとんどでした。

 

とは言ってもハローワークで仕事も探しているし訓練校から勧められた就職エージェントにも相談している。

やれることはやっているけど決まらないという人もいるかもしれません。

 

訓練校に通っている期間中ならまだしも終了後も仕事がなかなか決まらないと辛いし焦ります。

同じ訓練校だったクラスメイトがどんどん就職先を決めていく情報を聞くのが辛い。

 

そんな人がすべきことをアドバイスしていけたらと思います。

 

気になるところから読む

職業訓練校に通ったのに就職できない人がやらない・勘違いしていること

就職は自分の意思です

冒頭で受け身であるから就職ができないと書きましたが、具体的に書いていきます。

 

  1. 訓練校に通っていれば自動的に就職できると思っている
  2. 訓練校を卒業してから就活をしようと考えて、ひとまずは学校の授業に集中しようとしている
  3. バイトと並行して学校に通い訓練校終了後もアルバイト生活から抜け出せない
  4. 前職でのトラウマから吹っ切れず就活に消極的
  5. 仕事先を吟味しすぎてどこにも応募できていない
  6. 仕事探しの媒体をハロワしか使っていない

 

逆にこれらを改善すれば就職は短期間でできます。

一番の問題は職業訓練校に通ってて何人かは見かけたのですが、就職しようと思って学校に来ているように感じない人です。

 

就職の意思がないならココのページにはたどり着かないと思いますので、就職の意思があるのになかなか仕事が決まらない人にお伝えしたいもっと幅を広げた就活の仕方について。

 

訓練期間中でも学ぶことよりも就活することへ意識を向けるべき

まず職業訓練校に通っている目的を見失ってはいけません。

スキルを学ぶことではなく最終目的は就職することです。

そのために就職したい会社に通用するスキルを学びに来ているのですがいつのまにかスキルを学ぶために訓練校に来ていて就職は2の次3の次となっている。

 

もちろん就職するために有利となる技術や知識を身に付ける時間も重要ですが、学校に通いつつ何かしらの就活は常にやっておくこと。

日常的にしておくことは企業情報などは積極的に見ておき、自分が気になった会社があれば積極的に受けに行くべきです。

求人情報を常日頃から見ていないと気になる仕事があるのかさえ気づかないまま掲載が終わっている、つまりチャンスを逃していることになります。

とにかく求人情報には目を光らせましょう!

 

私が通っていた訓練校は6か月間ある訓練期間でしたが早い人で3ヶ月くらいで無事就職先を決めて退学していきました。

 

訓練内容によって1ヶ月間や3ヶ月など様々ありますが学校に通いきろうとしなくても良いのです。

 

これはハローワークや訓練校の先生や職員の人も受講生に言っていることなので認識はしていると思いますが、それでも人って目の前の課題(訓練校での課題)にいっぱいいっぱいになりがちで本来の目的への行動ができなくなってしまいます。

 

訓練校での課題は全く知識がない方からするとスパルタすぎてついていけないこともあります。

とはいえ通学時間や食後のちょっとしたリラックスタイムなど隙間時間はたくさんあります。

そういった時間だけでもいいので求人情報は見ておきましょう。

 

訓練校やハロワでの求人票に頼りすぎている

訓練校にも教室を出たらハローワークで掲載されている求人情報が張られていたり、ハローワークへの指定来所日にも担当の職員と一緒に何かいい求人がないかなど探したりしますがハローワークだけの求人情報だけに頼りすぎているのはもったいないです。

 

あと個人的な見解ですがハロワ経由の求人ってなんか微妙なのが多いです。

 

求人は何もハローワークだけではないので他の転職エージェントには複数登録しておきましょう。

メールでマッチング率の高い求人情報が定期的にきますので気になればエージェント経由で話を進められますので。

 

ぶっちゃけハロワの求人票は良いのがないよ

 

ちょっと本音を言いますが、ハロワでの求人情報って未経験者募集の会社情報で良いのってほとんどなかったなと言うのが私の感想です。

月収14万円とか、なんか堅苦しそうて年配向けな求人とか、年間休日が100日前後だったりとか。

はっきり言いますが未経験募集はしているけど待遇や給料面が悪い会社ってブラック企業やブラックではないけどあまり儲かっていない将来性のない会社な可能性が高いです。

 

またそういうブラックそうな会社に引っかかてしまうのは業界未経験の方や社会人経験が浅い若者です。

業界未経験であり、また現に離職していて不安な状態である求職者はハロワの職員の話を丸呑みしてしまいます。

 

ハロワって掲載する求人情報については特に審査などは無く無料で掲載できるので変な会社とかブラック企業もたくさん紛れています。

そして情報が古いままのものもあってハロワ経由で面接に行ったけど話が違っていたという事もありました。

 

またブラック企業ではないにしろ、未経験からの転職者には少しハイレベルな求人が多いなと思ったのもハローワークです。

職業訓練校に通っている人にとってはハローワークで仕事を探すのは少しミスマッチだと感じましたね。

ただハロワの求人が全部悪いというわけではないので、しっかりと優良企業かどうかを見極められるのでしたらハローワークも利用すべきです。

とはいえもっと企業とのマッチングを重視したい!いい求人票がないから幅を広げたい!と言う方はハローワーク以外の転職エージェントは複数利用して探す場を広げておくべきでしょう。転職活動においてエージェントを複数利用するのは鉄板です。

 

ハロワだけでなくその他の就職支援サービスを利用しよう

転職エージェントで非公開求人を多く扱っているところはコンサルタント経由でしかその非公開求人を紹介してもらえません。

非公開求人のデメリットはエージェントを介さないといけないというめんどくささがありますが、公に公開されていない分応募者が減るので競争率が低くなります。

その結果採用されやすくなったり、早期に採用が決まる場合もありますので非公開求人を多く扱っている転職エージェントは未経験からの就職者にとってはありがたいシステムです。

 

また転職エージェントが評価されるべき点はブラック企業、職場環境などの調査をしているエージェントがほとんどだという事。

これにより求人情報との差異(いわゆる詐欺求人)による応募後のミスマッチは起こらないし、保有している企業であればその会社の離職率の調査、また実際にエージェント経由で就職できた人からの内部口コミも聞けるので信ぴょう性の高く、常に新しい情報が手に入ります。

つまり求職者が求める情報が手に入りやすいので安心して就活に挑めます。

 

ハローワークで求人票を見てもぱっとしなかったり求人票に書いてある内容では情報不足でなかなか良いのがないと感じたことや、その会社のイメージがわかなくて受けるのが不安と感じてしまいなかなか踏み出せない人って割と多と思います。

そういった情報不足がなく、納得した情報が手に入ればその募集がかかっている求人にも興味が湧きます。

 

求人をかけている会社象や働いている人がもっと分かれば踏み入りやすいですよね。

ハロワはそういった『生身』の情報に欠けているし求人情報も落差がありすぎるのでいろんな就職支援サービスのサイトなどを利用して比較対象を増やすべきです。

 

職種別の転職エージェントを見る

 

就職活動に苦戦しているからと焦ってはいけない

焦らない、悩まない、責めない

もう訓練校も卒業間近なのになかなか就活に手応えを感じない。

またはもうすでに訓練校卒業していてそれなりに会社を受けてはいるがなかなか決まらない。

 

焦ってしまい、絶望して落ち込んでしまっている人もいるかと思います。

しかし焦ってはいけない。

 

矛盾したことを言いますが就職は急いだ方が良いが焦ってはダメです。

のんびりマイペースに就活ってするものではないので常に足を動かして就職することを急ぐべきだが、見余ってどこでもいいから就職しようと焦るのは禁物という事です。

 

就職先がなかなか決まらないと

『もうどこでもいいから!』

と投げやりな気持ちになってきますが就活で一番大事にしてほしいのは

『この会社で長く働きたいと思えるところに就職すること』です。

 

焦ってブラック企業や訓練校まで行ったのに自分が全く興味のない会社についてしまい試用期間で辞めてしまうという人もいます。

 

就活でなかなか結果が出なくて焦ってしまっているなら一度客観的に自分を見つめなおして就活の仕方を改めてみましょう。

 

ハローワークだけが相談相手になっているなら別の就職専門エージェントにも相談することも一つの手です。

 

私の話ですが訓練校に通いつつ就活を進めてはいましたがハローワークの職員の人に相談してもなかなかいいアドバイスがもらえなませんでした。

精神論や場数をとにかく踏めという根性論ばかり。

 

しかしとある転職エージェントのコンサルタントと個別面談を受けたら、働き方の話や雇用形態など違う視点から話を進めてくれて職種だけではなく働くにあたって譲れないことから責めて行こうという考えから、選ぶ会社も変わってきて今まで書類審査止まりだったのに面接を受けることができ、内定をもらえました。

 

結果的に辞退したものもありましたが相談する人が1人でなくても良いという事です。

 

就活は1つの会社を探すためにやっている『選ばれるだけでなく選ぶべき』

求職者は決して弱くない

求職者って弱い立場ではあります。

会社で面接をして落とされることを考えると求職者側は面接に行けるだけでもありがたいと思ってしまう。

 

会社が採用をして初めてこちら側(求職者側)も選べる立ち位置に立てます。

 

確かに面接に受かって採用通知を受けるまで採用側は企業と対立になれないが受かったからここで良いと妥協するのではなくしっかり自分も会社を選ぶ権利があると自覚しましょう。

 

そしてとにかくいろんな会社を受けてみるのは当たり前の事です。

私は6ヶ月の職業訓練が始まって3ヶ月目から就活を始めて学校終了後の2週間目にやっと採用が決まりました

自分が納得する会社を1つだけ探すのが就職活動です。

 

ハローワークの人にも言われたことですが少しでも気になったらとりあえず書類を送ってみましょう。

きっかけを作らないと何も始まらないし、良いご縁も逃してしまっているかもしれません。

足踏みしている時間はないし他にも応募者のライバルがいる事も忘れてはいけない。

 

就活でいろんな会社を受けるのは骨が折れますが、こちら側も会社を選ぶために下見に行っているという感覚で動くと幾分楽に受けられるのではないでしょうか。

あくまで就活は企業側と求職者である自分の双方がお互いを知るためのお見合い期間のようなものです。

 

気になる企業があればどんどん受けていきましょう。

 

訓練校で付けたスキルに見合っ転職先を目指せる転職エージェントを利用する

有益なサポーター

ハローワークでの求人情報は確かにマルチではありますが専門ではありません。

せっかく自分が働いてみたいと思える業界でのスキルを身に付けたのですから、その業界に特化している転職エージェントを利用しましょう。

 

ハロワ以外にも幅を広げた求人情報を得たいなら大手が鉄板

CMなどで見かける大手の転職エージェントについての紹介になります。

大手の転職エージェントの強みはあらゆる職種や業界への求人に豊富という事です。

 

ひとまず登録しておいて間違いないでしょう。

 

【社会人経験者推奨】ジョブチェンジで職業訓練校を利用している人に勧める大手転職エージェント

 

  1. リクルートエージェント
    ⇒案件総数・内定決定数ともに国内No.1/他のエージェントにない求人も保有しているので数ある求人情報が欲しいならココ
  2. DODA
    ⇒担当のエージェントの質が高いと評判/しっかり相談して安心できる転職サポーターに出会いたいならココ
  3. マイナビエージェント
    ⇒【20~30代におすすめ】若者への転職サポートが特に手厚い/連絡を密にとって就活したい人はココ

 

すぐにエージェント利用を考えていないなら『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人情報が日本国内1位ですのでとにかく多くの求人を見たい方にお勧めです。

また転職活動でも登録してすぐにエージェントに来社して相談を受ける事は考えていない方でもひとまず登録して、利用したい時にエージェントに相談ができるのでまずは登録だけして求人情報を得ましょう。

 

登録することで優良案件が入ってくることも多くあり、転職のタイミングを逃すことがありません。

またすぐにエージェントに相談しに行ける体制を作っておくのは気になる求人があった時にすぐにアポイントに繋げられるのでとても重要です。

 

数多くの求人情報を見つつ、良いのがあれば動き出したいという就活がしたい方でしたらリクルートエージェントにまずは無料登録です!

 

 

 

質の高いアドバイザーのサポートと優良企業に転職したいなら『doda』

doda

大手転職エージェントのdodaは大手企業や有名会社を多く保有しており、またキャリアコンサルタントの質も高く、担当の当たりはずれが無いと評判です。

就活で少しでも不安な気持ちがありちゃんとしたサポートを受けながら就活したいならdodaのサービスが一番です。

 

またサイトから閲覧できる公開求人が少ないのでdodaを最大限に利用したいなら来社してアドバイザーを付けるのが一番ですが、dodaに来社して相談する大きなメリットはアドバイザーと相談することで提供してもらえる非公開求人情報が6万件を超えているので応募者ライバルのいないところから転職活動を始められ、スムーズに仕事が決まることもありえます。

なのでdodaを利用するなら来社してキャリアカウンセリングを受ける事を推奨します。

 

質の高いコンサルタントに相談して納得のいく転職活動がしたい、大手会社への転職を狙っているならdodaのキャリアコンサルタントに相談しに行きましょう。

 

 

若者の転職に強い『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代から30代の若者の転職に強く、職種の幅が豊富です。

私の友達も職歴4か月程度ですぐに退職し転職活動でマイナビエージェントから某大手の空港会社に採用が決まりました。

 

特に関西圏、首都圏の就職へのパイプが強く職種の幅や数も豊富ですので、大手転職エージェントの中でもすべてが平均点を死守しています。

 

またマイナビエージェントはキャリアアドバイザーがしっかりとカウンセリングしまずは就活で勧める職種の方向性を一緒に考えてくれます。

株式会社マイナビで営業、医業、IT、薬剤、金融など幅広い職種への特化型部門がありますのでまずはマイナビエージェントの広い窓口から相談し適職部門が分かればそちらに移って就活できます。

例えば私の場合ですがまずはマイナビエージェントに相談しWeb/IT系の職種を専門的に探したかったのでマイナビクリエイター
マイナビエージェントに部門を移って仕事を探すような事ですね。

 

エージェントに迷ったならマイナビエージェントは万能な転職サービスです。

 

 

【社会人経験なし】フリーター・ニートから職業訓練校に通っている若者向け転職エージェント

 

  1.  ハタラクティブ
    ⇒【職歴なしの20代向け】対応職種も豊富であり社会人未経験でも正社員への求人を紹介してくれます
  2. 第二新卒AGENTneo
    ⇒【18~29歳まで対応】特に第二新卒に当たる年齢の方に有利です/総合転職サイトではあるが流行りのWeb系の求人にも幅を広げている

 

ニートやフリーターから正社員を目指したいならハタラクティブ

ハタラクティブ
運営会社 レバレジーズ株式会社
年齢 18歳以上
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート可能)
対応地域 東京、埼玉、千葉、神奈川、
名古屋、
大阪、
福岡
ここが良い ・職歴のないフリーターや第二新卒からの転職に強い
・完全未経験でも優良の正社員雇用求人を紹介してもらえる
・やりたいことが分からない人にもアドバイザーが親身になってくれる
・企業とのマッチングを重視しているので定職率は80%超え
・内定が取れるまで徹底サポート
費用 無料
公式サイト https://hataractive.jp

ハタラクティブは若者向けの就職支援サービスで特に既卒・第二新卒などのフリーターやニートを対象にしているエージェントです。

保有している職種も豊富であり、対応地域も多く分布しているので利用しやすいエージェントです。

 

ハタラクティブでは社会人経験がない完全に未経験の方でも正社員として就職できる求人を取り扱っているので訓練校で身に付けたスキルがあればより優遇されます。

 

ハタラクティブの強み3つ

 

  1. 未経験OKの優良求人が多い
  2. マンツーマンでプロが内定までサポート
  3. 短期間で自分に合った仕事に就ける

 

職歴ない状態で訓練校に通い始めた若者に親身になって転職活動を斡旋してくれます。内定が出るまでコンサルタントが付いてくれますので徹底したサポートを受けながら転職活動に挑みたい方はぜひ活用してみましょう!

 

 

幅広い経歴に対応!学歴・職歴不問の『第二新卒エージェントneo』

ネオキャリア
運営会社 株式会社ネオキャリア( NEO CAREER CO., LTD. )
年齢 18歳~28歳
職歴 ・不問(第二新卒・既卒・フリーター・就職浪人・短期退職)
・学歴不問(中卒・高卒・大学中退・大学卒業後の既卒・海外留学から帰国後)
(高校在学中の方は法律上、中退や卒業後のサポート開始となります)
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡
ここが良い ・利用満足度NO.1
・一人一人の個性に寄り添った面接や履歴書のバックアップが定評
・経歴・学歴問わずで幅広い経歴の方を完全無料でサポート
・ブラック企業徹底排除だけでなく企業とのマッチングを重視した転職ができる
・自分に何が向いているのか分からない方はプロのレクチャーにより適職に気付ける
費用 無料
公式サイト https://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントのネオキャリアは何といっても第二新卒利用者の満足度が高く『就職転職の相談のしやすさ』『面接対策満足度』『就職転職満足』全てNO.1の実績を持っています。

個人的にはハタラクティブよりこちらのネオキャリアの方がおすすめです。

 

ネオキャリアの魅力は幅広い経歴の方を支援されていることです。

例えば中卒や高卒、フリーター、新卒で入社したけど3ヶ月で辞めてしまった早期離職者などの方にも優良企業をご紹介できます。

 

また未経験から正社員を目指せる企業数も5,000社以上と保有している会社も豊富ですのでやりた仕事が必ず見つかります。。

ネオキャリアの利用者は主に営業・事務・エンジニア・サービスなどの優良企業に転職成功されています。

 

一度就職してみたものの仕事が合わずに早期退職してしまった方で『自分にはどんな仕事が向いているのか分からない』と迷走してしまっているならネオキャリアのキャリアアドバイザーに相談してください。

専任の就活アドバイザーがあなたのお話をしっかりと伺い最適なキャリアプランニングを一緒に考えてくれます。業界や職種についてもレクチャーしてくれるので今まで知らなかった仕事の存在を知ることで適職に気付くきっかけにも繋がります。

 

またネオキャリアで紹介される企業はネオキャリアの第二新卒エージェントが実際に訪問し、オススメできる企業のみなのでブラック企業は徹底排除はもちろんハラスメント調査にも徹底されています。

相談できるアドバイザーが紹介してくれる求人の社風や雰囲気、またその会社の社員たちについての情報を教えてくれますのでリアルな会社情報を手に入れ確実に安心して転職活動に挑めます。

 

第二新卒エージェントneoで転職利用者の満足度はどこを抑えてもNO.1と言う実績は揺るがない事実ですので安心して転職活動を行いたい方はぜひ利用しましょう。

 

 

紹介した転職エージェントはどの職種であろうと必ず求人があり、また担当となったエージェントが企業とのマッチングを測ってくれます。

ハローワークの求人が頼りない、うまく行かない方はこれらの有名エージェントへの利用は鉄板です。

 

登録したはいいが利用しないとなかなかエージェントに来社するのが億劫になってしまいますので連絡が取れる数のエージェントにまずは登録し必ず相談しに行きましょう。

 

私は訓練校で就活していた時は6社ほど並行して転職エージェントを利用していました。

その甲斐があって多くの求人から自分にマッチングしている仕事を見つけることができたのと、また複数利用していたから自分に合ったキャリアコンサルタントに出会え就活への不安を相談できました。

その結果就活へのやる気と成功へのステップが歩みやすかったです。

 

就活でうまく行かず落ち込むなら就活でやる気を貰いましょう。

 

Web関係・デザイナーやプログラマーを目指す人

私自身が職業訓練校からWebエンジニアに就職できたので未経験からWeb業界に就職を斡旋してくれるWeb業界に特化した転職エージェントを紹介します。

Web業界での未経験歓迎の案件のほとんどは独学かスクールなどでスキルを付けた人が主な対象です。

 

訓練校でWeb系のデザインやプログラミングのスキルが身に付いている方でしたら十二分に採用される案件ばかりですのでぜひ活用しましょう。

ただ対象年齢が20~30代の方となっております。

 

Webクリエイター学科・デザイナーやプログラマー養成でスキルを学んだ人に勧める転職エージェント

 

  1. マイナビエージェント×IT

    ⇒IT・Web業界に強い転職エージェント。Web系のプログラマー・システムエンジニア・デザイナー職を目指したいならココ
  2. マイナビクリエイター

    ⇒Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが在籍している。特にポートフォリオ指導が強み【一都三県在住者のみ対象】

就活で重要なのは行動力と情報収集力

就活はとにかく行動しいろんな企業に応募すべきですが、1つの(例えばハロワだけ)の就職サービスだけで仕事を探してもなかなか良いのがなかったり、情報不足で面接の対策などができないなどがあげられます。

就職サービスは複数利用すべきなのがこの情報不足を補うためです。

 

ハロワにはなかった企業だけどリクルートエージェントにはあったということも多くあります。

探す場所が違えば見つかる会社も違ってくるという事です。

 

私が職業訓練校を終了後してすぐに仕事が見つかったのはとにかく行動したことと利用できる就職サイトや転職エージェントを複数利用していたからです。

この2つを徹底していればそんなに時間をかけずとも会社が決まります。

ぜひ頑張ってください!

 

本記事で紹介した登録すべき転職エージェント

  1. リクルートエージェント:求人情報日本NO.1!自分の好きなタイミングでエージェントに相談したいならココ
  2. DODA:自分の働き方にピッタリの求人に出会える!アドバイザーの質が高い
  3. マイナビエージェント:20~30代の若者転職に強い!希望する職種が決まっているならココ
  4. ハタラクティブ:20代特化型のエージェント!既卒やニート・フリーターから訓練校に通い始めたならココ
  5. 第二新卒エージェントneo:20代特化型のエージェント!経歴や学歴不問でアドバイザーとじっくり相談して仕事を探したいならココ【推奨】

 

 

人気記事Web系の職業訓練校を修了したのに全然採用されない!3か月以上も就活がうまく行ってない方向け