大卒ニートで社会復帰したいがバイトすら受からない【バイトなんかするな】

大学を卒業してそのまま半年以上ニート。

このままじゃダメだと思い重い腰を持ち上げて社会復帰に向けてアルバイトにいくつか応募しているのにバイトすら受からない。

やっぱり今までニートだったからバイトでも雇うのが躊躇されているのか、いっそ経歴をごまかしてフリーターをしていた事にして応募した方が良いのかな。

こんなスタートじゃ会社で働くなんて夢のまた夢だ。

 

こういった不安をお持ちの方に読んでいただきたい記事となっています。

 

私は就職先が決まらず大学を出てから約7カ月ほどニートの引きこもり生活をしていました。

大学を出てからの3~4月あたりはバイト探しをしていましたが5社ほど落ちてから『バイトすら無理なのか』とやる気がなくなり何もしないままその後半年以上引きこもっていました。

 

が現在Web系エンジニアとして会社で働いています。

 

まず過去の自分を振り返って言いたいことですが、大卒後にニート期間があっても自分の価値を下げる必要はないし、社会復帰がしたく正社員を最終的に目指すならアルバイト探しに明け暮れるなんて時間も労力も無駄だという事です。

 

 

本記事で紹介している転職エージェント

  1. 第二新卒エージェントneo:学歴職歴不問!既卒・ニートでも優良企業に就職できる【利用者満足度NO.1】
  2. ウズキャリ:ニートから正社員になれる!モラハラ調査が徹底していることから定職率98%超え
  3. DYM転職:書類選考不要で就活ができる・最短1週間で入社が可能!【体験からバイト探しより楽でした】

 

バイトが決まらない理由『職探しの大変さはバイトでも同じ』

まずはバイトから!(時間の無駄)

私は結局ニート期間を経て接客のアルバイトをすることになったのですが、バイトが今まで決まらなかった理由で1番これだと思うのが『バイトでも人を選んでいる』という事。

当たり前の事ですが、少し暗い子よりも覇気のある子と働きたいし、週3日働けることよりも週4日働ける人の方がありがたい。

バイトで接客経験がある子が応募してくれば経験者を優遇します。

 

アルバイト探しでもネット求人から探すのであればそれなりにライバルの応募者がいるという事。

 

私が勤めたバイト先は店に張り紙をしているところで、ネット掲載が無いところだったので応募ライバルが恐らく極端に少なかったんだと思います。

 

受ける人がそれなりに多ければアルバイトでもなかなか決まらないことは当たり前ですし、自分の何が悪かったのかというのではなく他の応募者の方がそのバイト先にとって利益になりそうだと思ったからその他の人が落とされただけです。

 

自分が悪いとかでは一切ない。(身だしなみができていない発言が暗いなど決定的な理由を除いて)

 

バイトが受からない理由でニート期間が長いからとか考えたときもありましたが結果的に私は7ヶ月ニートしたのに店の張り紙募集のバイトに応募したら即採用でした。

 

店長とその店ですぐに面接したのですが聞かれたことは

『この仕事は覚えることが多いし大変だよ。すぐ辞められたらこちらも困る。それなりに長く勤めてくれる意思はある?週何日で働ける?』

これが主な内容でした。

 

一応接客経験は今まであるのかという質問は受けたけどニート期間とか、過去の接客経験に対しても期待値はそこまでされていなかった。大卒に何も求めないのが普通です。

しかし比較対象として接客経験者で週5日以上働ける同じ年の子が面接に来てたら私は無理だったと思います。

 

正社員とアルバイトでは雇用形態の差別がありますが、雇う側が求めているのはどちらも同じです。

基本的には長く働いてくれる意思があって、まじめに仕事してくれる人であるかどうか。

みんなそれは当たり前でアピールしてきます。応募者が多ければこの他にも特技や経歴などからより会社にとって有益な人を選べるわけです。

 

人気のバイトとかは特に応募者が多いと思うしネットで見つけた簡単そうなバイトもみんな同じ感想を抱いてこれなら簡単そうだ!と人気が殺到します。応募者状況によってもバイト探しはなかなか難しい。

 

ただニートから社会復帰のための第一ステップとしてバイトを探しているならまず念押ししておくべき事が、アルバイトは非正規雇用として会社が責任を持たずに雇える『使いゴマ』のような雇い方であります。

そして正社員に比べて採用に力を入れていない分簡単に就ける仕事ではあるかもしれないが、応募者が多ければ倍率はそれなりにあるのが当たり前です。

 

大卒ニートの後にバイトを始めた経験から過去の自分に言いたいことですが、大卒でバイト探しに明け暮れるなら正社員として雇ってくれる会社探しをした方が絶対に価値的です。

仕事探しをしている行動自体はバイトだろうと正社員だろうと大差ないので、わざわざ将来性のないバイトを探す必要はない。

同じ行動なら将来性のある方をしてください。

 

ニートから社会復帰のために手始めにバイトをおすすめしない理由

結局的外れな行動

大卒でまだ20代であるならニートからのステップアップでアルバイトを探すよりも正社員として雇用してくれる会社を探し始めることに焦るべきだと思います。

まずバイトは別にステップアップにもならないし、社会経験として扱われないので会社からみたらニートでもフリーターでも同じような扱いです。

 

とはいえ今まで引きこもっていたから働くための生活に体を慣らしたい、人と接することに抵抗を持ちたくない、ひとまず雇われやすそうなバイトをして自信が付いてから正社員になるための就活に挑みたいと考えていると思います。

 

まずこれ全てフリーターでなくてもいいですよね。

働くための生活リズムをつけたいなら会社で1週間働けば慣れていきます。

人と接することも同じです。

自信も、バイトから自信をつけたいと考えてもいざ仕事が始まればアルバイトだろうが正社員だろうが同じでした。

 

確かにアルバイトは正社員に比べてすぐに採用してもらえる働き方でもあるが、バイト探しの行動ができるなら普通に就活した方が断然良いんじゃないか。

 

もっと言うとフリーターとしてどれくらい働くつもりなのか?そのフリーターとして捧げている時間は刻一刻と就活に出遅れている時間を作っているのと同じです。

 

私はニートからフリーターにはなれたが1年半も働いていて気づいたら25歳になる年になっていた。

フリーターとして社会復帰のステップを考えていたけどいつの間にかズルズルと働いていて転職しようにもバイトが忙しくてできない。

でも世間的にはフリーターなんて働いていないのと同じ底辺の雇用であると辛い精神状態で働いていました。

 

今より若いときはありません。若いというだけで正社員として完全未経験から雇ってくれる企業はたくさんあるのにその若さをフリーターで過ごして手放す結果にもなりかねない。

 

楽を求めてフリーターを選んでも将来的にクビを締めてしまう結果にもなるので、いきなり就活をするのが不安だからバイトを探すと逃げ腰にならずに、就活を再開してほしいです。

 

フリーター時代と社会人の今を比べてフリーターの方が辛かった

バイトだから簡単!責任もないし楽という考え方があるかもしれませんが私はフリーターをしていた時が一番自分を責めて病んでいたかもしれない。

 

その会社にもよるかもしれませんが、フリーターは確かに会社員の方と比べて仕事への責任感がないです。

もちろん仕事はしっかりしていましたが、何か損失が出たりトラブルが起きたときなどはアルバイトでは何もできないこともありました。

 

会社員は確かに仕事への責任が重いですが、会社が正社員として社員を守ってくれているメリットもあります。

フリーターは何かあったらばっさり切り捨てられます。もちろん何の保証もありません。

病気になったり怪我をしても会社は何もしてくれません。

 

そういう会社にとって楽に扱える人材がアルバイト雇用です。

こちらも重い責任を背負わなくていいので学生やパートで働きたい人からすれば利害の一致で気持ちよく働けます。

 

ただいずれは会社で働きたい、正社員になりたいのであればこんなやるせない働き方は無かったです。

 

仕事内容もハードで必死に働いたとしても、所詮はフリーターでしょ?と世間的にはあまりよろしくない評価です。

 

大学卒業しているのにまだ職にも就けていないの?フリーター続けて何になるの?そんなことを多々聞かれて辛かったですし、学生という肩書のないただのフリーターって社会的に迫害されているのかってくらい下に見られています。

しかし働く内容は会社員の方と同じでした。

ただ何かあった時の責任が軽いというだけで働く重さや辛さはフリーターも同じく大変です。

 

私はフリーターの時に強く思ったのが仕事の責任が欲しいと思いました。

フリーターは責任を持たなくて楽だねとか言われているけどそれなりに全力で仕事はしていました。

それが雇用形態によって責任のいらない仕事と言われ続けて働いていることが何よりも苦痛でした。

 

正社員で働くと責任を持てて堂々と仕事ができる、社会に認められた気持ちになれるので断然気持ちは楽になったし、何よりも期待されたり任されることも増えてきますので自分にしかできない役目を貰える責任感は生きた心地がします。

 

仕事に責任がないから=楽ではない。

フリーターになったらそれなりに時間も浪費し社会人への道が遠のきます。そしていろいろ気にして働きたくなかったらフリーターはおすすめしません。

 

社会復帰を目指しているけど一度挫折していて自信が持てない

自信を持つことは簡単ではない

正社員を目指すための社会復帰を考えるならバイト探しではなく就活を再開すべきなのは尤もだが、何より自信が無い。

そう簡単に行動できるものではない!

それなりの期間引きこもっていたニートにとってはバイト探しを始められたことがまず大成長でもある。

 

しかしバイトすらなかなか受からない現状でさらに社会復帰への希望が薄らいでしまった。

 

自信が持てないなら自信を作ってください。

自信が無くなるのは何かに頑張っているのに思うような結果が出なかったり、失敗してしまったときに起こります。

 

その何故、結果が出ないのか、なぜ失敗するのかの原因が分かれば対策を立てられ自信もついてきます。

 

社会復帰がしたいけど自分に自信が持てないのであればニートから正社員への就職に強い転職エージェントを利用してカウンセラーに相談してみましょう。

独りで闇雲に行動して失敗例を積み上げるよりも、プロの方に相談して分析してもらえれば自分がどんな行動を取ればいいのか、また不安な悩みに対する的確な答えも貰えます。

 

キャリアアドバイザーとカウンセリングをすることで得られること

まず、就職活動に対して何が不安なのか?

働けるかどうかとか採用してくれる会社があるのかなどの不安があるときって仕事への方向性が曖昧な時でもありました。

働きたいけど自信がない。その自信のなさを作っているのは『どの職種が自分にとって適職なのか』『自分は社会に出て何ができるのか』とどんな仕事をしたいのか全然決まっていないことが大きな原因でした。

これらをまず明確にするべきです。

 

社会復帰を考えているけどやりたい仕事が分からない、したい仕事がないという人は自分をまず知ってください。

 

私は何となくではありましたがクリエイティブな仕事がしたいなとは思っていたのですが、どんな職種がいいのかとはっきりとこの仕事がしたい!と方向性が全くありませんでした。

それを解消できたのがキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタントともいう)と面談して、自分が学生時代どんなことをしてきたのか、趣味でもいいので得意なことは何なのか、何をしているときが楽しくて何をしているときが楽しくないのか。

本当にこういった簡単な質問からどんどん分析していきました。

 

私は学生時代は美大で版画を専攻していたのですが、美大出身の人が就職しやすいゲーム会社やデザイン会社にはしっくりこない学科を専攻していたので、ゲーム会社とかデザイン会社とか考えても自分の中で全然つながらなくてやりたい仕事とは思えませんでした。

ただ何かをコツコツと続けることが好きで、制作に関係する仕事がやりたいというのはどこかで考えており、クリエイティブな仕事などのヒントからWeb系の仕事を知るきっかけになりました。

 

現在はWebサイトを作る仕事をしています。

一見学生の時に培ってきたスキルとつながらない気もしますが、コードを書いてコツコツ修正したり更新したり、そしてWebサイトを作って何かを形にする仕事は自分にとって適職でした。

 

カウンセリングをすることでまず『自分には何ができるのか?』というのが見えてきます。

何がしたいかと考えるから仕事探しで難しくなってしまうのですが、何ができるのか?を見つけることができればそれが適職なんです。

今まで何かを培ってきた経験や知識って実は自分が一番興味の持てることなのにそれを仕事としてうまく繋げられずにいたから学生時代の就活も苦戦していたんだなと今だからわかります。

 

何ができるのかが分かれば『自分にもこの仕事はできそうだ』と思える仕事を探せるようになります。

それを手助けしてくれたのがキャリアカウンセリングでした。

私は3回ほど受けましたが、1回目はただ不安で自分がしたい仕事すらわからないという状態でカウンセリングを受けましたが帰るころには自分の性格から考えることが好きなこと、分析力があること、モノづくりに興味があることなど自分の強みを知れました。

2回目からはどの職種に興味があるのかを考えましたが、すぐには答えは出ず少し迷走しましたが何かを制作する仕事はしたいなというのは漠然とあり制作関係の仕事に絞って仕事を見ることを決められました。

この2回目のカウンセリングの後にWebクリエイターの仕事を知り興味がわき目指すきっかけになりましたね。

3回目からはアドバイザーの方と答え合わせのような面談で自分はこの仕事がしたいと明確に答えが出せるようになっていました。

 

人によったら1回で済む面談かもしれませんが、私は3回ほどで自分にとってしっくりくる答えが出せ、また同時にやりたいこと目指したいことが見つかったので自信も出てきていました。

 

方向が分かれば後はそこに向かって行動を移すだけです。

 

自信がないのは何をしたらいいのか何もわからないからという場合も大いにあります。

1つ1つ不安に思うことわからないことを明確にしていけば就活に自信を持てますのでキャリアアドバイザーに相談しに行くのは本当にお勧めです。

 

やりたいことが分からない・自信がないという方に勧める転職エージェント

ここからは20代で高校や大学を出てしばらくニートをしてしまったけど、社会復帰をしたいと思う方に勧めたい就職エージェントを紹介します。

若者向けのエージェントなので自分が仕事で何がしたいのかわからない、自信がない、でも働きたいと漠然としている相談に強いのが20代特化型の就職エージェントです。

 

今ある不安を払しょくして前に進みたい方はまずは無料相談を受けてみましょう。

それだけで大きな進歩ですし確実に社会人になるための大きな一歩になります。

 

幅広い経歴に対応!学歴・職歴不問の『第二新卒エージェントneo』

ネオキャリア
運営会社 株式会社ネオキャリア( NEO CAREER CO., LTD. )
年齢 18歳~28歳
職歴 ・不問(第二新卒・既卒・フリーター・就職浪人・短期退職)
・学歴不問(中卒・高卒・大学中退・大学卒業後の既卒・海外留学から帰国後)
(高校在学中の方は法律上、中退や卒業後のサポート開始となります)
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡
ここが良い ・利用満足度NO.1
・一人一人の個性に寄り添った面接や履歴書のバックアップが定評
・経歴・学歴問わずで幅広い経歴の方を完全無料でサポート
・ブラック企業徹底排除だけでなく企業とのマッチングを重視した転職ができる
・自分に何が向いているのか分からない方はプロのレクチャーにより適職に気付ける
費用 無料
公式サイト https://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントのネオキャリアは『就職転職の相談のしやすさ』『面接対策満足度』『就職転職満足』全てNO.1の実績を持っています。

第二新卒に強いとありますがニートやフリーターなど職歴がない20代から正社員を目指したいユーザーにとってもとても頼りがいのあるエージェントです。

その理由はネオキャリアは幅広い経歴の方を支援していることです。

例えば中卒や高卒、大卒後ニートになってしまった方や、中退して1年ほどフリーターしていた、新卒で入社したけど3ヶ月で辞めてしまった早期離職者などあらゆるバックグラウンドを持った方へサポートに柔軟に対応でき、優良企業をご紹介できます。

 

また未経験から正社員を目指せる企業数も5,000社以上と、保有している会社も豊富ですので数多くの求人から自分の興味の持てる企業をいくつか紹介してもらえます。

ネオキャリアの利用者は主に営業・事務・エンジニア・サービスなどの優良企業に転職成功されています。

 

自分は仕事で何がしたいのかとわからないけどとにかく社会人として働きたいという思いがあるのなら、専任の就活アドバイザーがあなたのお話をしっかりと伺い最適なキャリアプランニングを一緒に考えてくれます。業界や職種についてもレクチャーしてくれるので今まで知らなかった仕事の存在を知ることで適職に気付くきっかけにも繋がります。

 

またネオキャリアで紹介される企業はネオキャリアの第二新卒エージェントが実際に訪問し、オススメできる企業のみなのでブラック企業は徹底排除はもちろんハラスメント調査にも徹底されています。

相談できるアドバイザーが紹介してくれる求人の社風や雰囲気、またその会社の社員たちについての情報を教えてくれますのでリアルな会社情報を手に入れ確実に安心して転職活動に挑めます。

 

第二新卒エージェントneoで転職利用者の満足度はどこを抑えてもNO.1と言う実績は揺るがない事実ですので安心して転職活動を行いたい方はぜひ利用しましょう。

 

 

ニート期間があってもホワイト企業で正社員になれる!『ウズキャリ』

ウズキャリ(UZUZ)
運営会社 株式会社UZUZ
年齢 18〜29歳
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート・転職希望者)
対応地域 首都圏、横浜、名古屋、大阪、福岡
ここが良い ・他社の10倍時間をかける就職サポート
・紹介された会社に入社を強要されることはない
・ブラック企業徹底排除しているから定職率93%
・未経験からでもIT・営業・事務職への転職に強い!
・転職が成功しても入社後の悩みや不安を相談できる
費用 無料
公式サイト https://daini2.co.jp/

ウズキャリは特に既卒や第二新卒、ニートやフリーターなど社会人経験がない20代への就活に力を入れている転職エージェントです。

 

ウズキャリは利用満足度も80%を超えているその理由ですが、他社と比べて10倍時間をかけてキャリアコンサルタントと面談し自己分析や対策、不安なことを解決して自分が自信を持って就職できているスタンスであることです。

求職者の希望を第一に考えての就活を斡旋してくれる。あくまで就職をするのは求職者なので求職者の意見を最優先するという考えです。

なので紹介された求人に興味がない場合でも断りやすいし強制的に面接させようとされることはありません。

 

そしてウズキャリの最大の魅力はブラック企業やパワハラ・モラハラが横行しているようなブラック企業は徹底排除するため企業調査に力を入れていることです。

ハラスメントの有無などを徹底調査しているのでウズキャリ経由で転職できた方々でパワハラ・モラハラで悩むことはまずなくなります。

このことからウズキャリ経由で就職が決まった方は定着率93%とかなりの高い数値が出ている実績をもっています。

 

ただ一つデメリットを上げるのなら保有している求人数がそこまで多くないことでしょう。

特にウズキャリが得意としている職種がIT、営業、事務職への就職です。これらの仕事に興味がない方はあまりお勧めできないです。

とはいえキャリアカウンセラーが職歴がない若者の立場を理解し相談しやす方たちばかりですので今八方ふさがりでとにかく不安な気持ちをまず何とかして前に進みたい方には相談だけでも受けてみましょう。

 

行動へ移すことが社会復帰への第一歩です。

 

対応地域に住んでいる方なら利用すべき優良エージェントです。

 

 

バイト探しより楽だった!書類選考不要で就活ができ最短1週間で入社が可能『DYM転職』

DYM転職
運営会社 株式会社DYM
年齢 18〜35歳
職歴 不要(第二新卒・既卒・フリーター・ニート可能)
対応地域 札幌
仙台
東京、埼玉、千葉、神奈川
名古屋、静岡
大阪、京都、神戸
岡山、広島
福岡、熊本
ここが良い ・学歴・経歴に自信がなくてもはじかれることがない
・書類選考なしで面接ができる
・100%正社員雇用として働ける会社が見つかる
・最短1週間で就職先が決まることも
費用 無料
公式サイト https://talk.dshu.jp/

DYM転職は10~20代の既卒・フリーターやニートなど職歴のない方が正社員を目指せる無料就職サービスです。

DYM転職の最大の魅力は書類選考がスキップできるので合否の通知なしに気になる求人があればエージェント経由ですぐに面接まで進める事です。

またいきなり面接はちょっと早すぎるのでもう少し企業について知りたい場合は無料の説明会に参加することができますので、納得してから面接に入ることも可能です。

 

長ったらしく面倒な就活が嫌いな人、とにかく早く会社を決めたい人には定評です。

 

デメリットを一つ上げるとするならばキャリアコンサルタントの質にばらつきがあることでしょうか。

担当者によったら少し強引に就職させようとするところはありますが、嫌なら断るだけです。

 

それよりも自分が気になる仕事に出会えて受けてみたいと思えれば希望通りに面接できますし、採用率も高いので最短1週間で就職が決まる方も多いです。

 

ちなみに私はDYMを活用して就活したら10日目で一発で採用が貰えました。

企業先はIT系のエンジニア職です。

 

特に既卒やフリーター・ニートなど職歴に自信が無い若者を専門としている転職エージェントですので、日本での職歴が不安だけど正社員を目指したいなら最有力な就職エージェントです。

 

 

若いなら間違った行動で時間を無駄にするな

今を無駄にしない

社会人経験がなければ自信が無くて当たり前ですし就活に不安を抱かない人もいません。

ただ自信が無いからと妥協して『アルバイトならいけるだろう』と自分を下げて行動すると結果的に社会復帰への道が遠回りになってしまいます。

フリーター歴が長い若者ってここから抜け出せなくなってしまっているんですよね。アルバイトって働くための最初の入り口としては楽な感じに思えますが、そこからまた正社員になるための行動を考えるとただ社会復帰を後回しにしていただけなんです。

ニート含めフリーター期間が長いと将来的にどんどん道が狭くなってしまいます。

 

社会復帰を目指すなら最初は少し勇気がいる行動に思えますが、初めから社会人としての就活を目指したほうが将来的に圧倒的に楽ですし周りの人間関係や生活も質の高い人生に変わります。

 

大学卒業してからの就活って出遅れている分なかなか取り組めないのですが、今行動を移せないのであれば刻一刻と受けられる会社の数が減っていくようなものです。

さらに言いますとここでアルバイトをしていたら今の年齢だから受け入れてくれる優良な会社を逃すことにもなります。

時間を無駄にするということはチャンスを逃しているのと同じです。

 

いきなり就活はつらい、めんどくさそう、不安、怖いなど悩みがあるのなら就職活動を全面的にサポートしてくれる専門のエージェントに相談してみましょう。

相談することで不安がなくなり前向きになりますし、エージェント利用者の多くは既卒やニート、フリーターから正社員として就職ができています。自分と何ら変わらない経歴の方でも少しの行動の差で新入社員になれているのです。

みんなできていることなのであなただけができないことはないので、まだ間に合ううちに行動してみましょう。

 

ほかにも既卒や第二新卒向けの転職エージェントについて気になる方は『ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】』でまとめていますので参考にしてください。

 

 

本記事で紹介したおすすめ転職エージェント

  1. 第二新卒エージェントneo:学歴職歴不問!既卒・ニートでも優良企業に就職できる【利用者満足度NO.1】
  2. ウズキャリ:ニートから正社員になれる!モラハラ調査が徹底していることから定職率98%超え
  3. DYM転職:書類選考不要で就活ができる・最短1週間で入社が可能!【体験からバイト探しより楽でした】

 

人気記事ブラック企業徹底排除!第二新卒の転職に強いおススメ転職エージェント【職歴なしOK】